Myゴルフダイジェスト

【マスターズ】いったいどこまで強くなる? 現地記者が見たスコッティ・シェフラーの“強さ”

2022年のマスターズを制したのは、25歳のスコッティ・シェフラー。その急成長ぶりを間近で見てきた記者が、強さの秘密をレポート。

PHOTO/Blue Sky Photos

PGAツアーの取材のため、この約1カ月間アメリカに来ていたが、私はこの25歳の急成長ぶりを目の当たりにすることとなった。アーノルド・パーマー招待の優勝を見て、「シェフラー、最近強いなぁ」と思っていたら、WGCデルマッチプレーでは準決勝でダスティンを撃破すると、決勝戦では“マッチプレーの鬼”であるケビン・キズナーをまったく寄せ付けない圧巻のプレーで優勝。今季3勝を挙げ、気づけば世界ランキング1位となり、その勢いのままオーガスタに乗り込んできた。

2022年シェフラーの世界ランク推移

1月23日15位ザ・アメリカンエキスプレス 25位タイ
1月30日14位ファーマーズインシュランス 20位タイ
2月13日9位フェニックスオープン 優勝
2月20日6位ジェネシス招待 7位タイ
3月6日5位アーノルド・パーマー招待 優勝
3月13日5位ザ・プレーヤーズ選手権 55位タイ
3月27日1位WGCデルマッチプレー 優勝
4月10日1位マスターズ 優勝

首位で迎えた最終日、この男にメジャーの緊張感はなかった。スコアを崩す様子がまったくなく、むしろ前半で2つスコアを伸ばして後半へ。同組で競っていたキャメロン・スミスにじりじりと焦りが出てきて、スミスは11番でトリプルボギー。ここでシェフラーと6打差になり万事休す。最後は18番で4パットがあったが、それでも2位のマキロイに3打差をつけてのメジャー初制覇だった。

でもシェフラーはいったい何が上手いのか? ここ数週間何度も彼のプレーを見てきた答えが、「全部がそつなく上手いオールラウンダー」ということ。ドライバーの飛距離は平均310ヤード。身長が高くアップライトにクラブを振れてアイアンも上手い。テキサス出身で風にも強いし、アプローチの技も多彩で、何よりパットが極上に上手い(4パットしたけど!)。そして今どきの大学ゴルファーはマネジメントのレッスンも受けているので、とにかく隙がない。キャディのテッド・スコットはバッバ・ワトソンの元キャディで、マスターズ2勝を陰で支えた男だ。

しばらく彼の勢いは止められないだろう。ひょっとしたら年間グランドスラムも……、まだ気が早いか。

ドライバーは平均310ヤード

古風なスタイルながら高身長を活かしたスウィングで飛距離も十分

パットが抜群に上手い

長い距離は確実に寄せきり、短い距離も確実に沈める。パットの上手さも卓越している

バッバのマスターズ優勝キャディとタッグ

キャディのテッド・スコットとコンビを結成してから、その才能が一気に開花した

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より

こちらもチェック!

  • <マスターズ/オーガスタナショナルGC/7510Y・パー72/4月7日~10日> オーガスタナショナルGCで行われたマスターズは、世界ランク1位のスコッティ・シェフラー(25)が最終日もスコアを1つ伸ばし、逃げ切りでメジャー初優勝を飾った。 前回覇者の松山からグリーンジャケットが手渡された(Photo by Andrew Redington/Getty Images) 2022年に入り7戦3勝、一気に世界ランク1位に上り詰めたスコッティ・シェフラー。190cm・91kgという恵まれた体格から繰り出される飛距離もさることながら、卓越したアプローチ&パットでピンチを凌ぎ続け、他の追随を許さなかった。最終日、3打差の2位でスタートしたキャメロン・スミスが1番、2番と連続バーディを奪い、一時1打差にまで詰め寄ったものの、3番でシェフラーがチップインバーディを奪うと、スミスはボギーとし、再び3打差に。その後は差をキープしたまま、迎えた12番パー3。スミスがティーショットを池に落とし、痛恨のトリプルボギー。一方のシェフラーは池を避けグリーン左奥に外すも、難しいアプローチを2.5mに寄せ、パーセーブ。この日7つスコアを伸ばしていたローリー・マキロイが、最終18番でバンカーからチップインバーディを決め、この時点でシェフラーと3打差まで詰めるも、シェフラーが14番、15番と連続バーディを奪い、勝負あり。最終ホールではそこまで抜群の勝負強さを誇っていたパッティングが精彩を欠き、2オン4パットのダボとしてしまうも、そこはご愛敬。トータル10アンダー、2位に3打差の圧勝で世界ランク1位の実力を見せつけた。ディフェンディングチャンピオンとして連覇を狙った松山英樹は、2日目を終え2位タイと優勝圏内で決勝ラウンドを迎えるも、3日目の「77」で後退し、トータル2オーバー、14位タイでフィニッシュ。またケガからの復帰戦となったタイガー・ウッズも見事予選を通過するも、3日目、4日目とスコアを崩し、トータル13オーバー、47位で大会を終えている。 <2022マスターズ 最終成績>優勝 スコッティ・シェフラー -102位 ローリー・マキロイ -73位T シェーン・ローリー -53位T キャメロン・スミス -55位 コリン・モリカワ -46位T ウィル・ザラトリス -36位T コーリー・コナーズ -3---------14位T 松山英樹 +247位 タイガー・ウッズ +13
  • 鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週の注目選手はここ2カ月で3勝を挙げ、一気に世界ランク1位まで上り詰めたスコッティ・シェフラー。 PHOTO/KJR 第5のメジャー、ザ・プレーヤーズ選手権終了時点で、ワールドランク上位5位までを20代の選手が独占。これは制度が始まって以来、初めてのことだそうです。そして自己最高の5位にいるのが、25歳のスコッティ・シェフラー(このあとWGCを制し世界ランク1位に)。テキサス大3年のときに全米オープンでローアマに輝くと、翌18年にプロ転向。下部のコーンフェリーツアーで2勝をマークし、賞金ランク1位でPGAツアーに昇格。19年にはルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝き、20年には全米プロで優勝争いを演じ、プレーオフシリーズ初戦のザ・ノーザントラストで、史上11人目の50台(59)を叩き出しました。21年にはライダーカップに選ばれジョン・ラームに4&3と圧勝しました。ところがこれだけの成績を挙げながら「なんで勝てないの?」と不思議がられる選手でもありました。それが今年2月、フェニックスオープンでパトリック・カントレーとのプレーオフを制して念願の初優勝。さらに3週間後のアーノルド・パーマー招待でも2勝目を飾り、フェデックスポイントでも1位に。なかなか勝てなかった強い選手が1勝すると、一気にゲートが開いて……というパターンはデビッド・デュバル、ジャスティン・ローズ、ジミー・ウォーカーらが思い浮かびます。いずれもメジャーチャンピオンだけに、シェフラーにはさらなる活躍が期待されます。ジュニア時代は136戦90勝という天才少年。そのゴルフもさることながら、注目したいのはキャディのテッド・スコットの存在です。テッドは昨年までバッバ・ワトソンのキャディで、2度のマスターズチャンピオンに導きました。何より、バッバのワガママな性格に付き合えるのはテッドしかいない、がツアーでの評価でした。しかし昨シーズンのプレーオフシリーズ後、そのコンビ解消が発表され、そのタイミングですぐシェフラーからオファーをかけます。2人は「バイブルスタディ」、クリスチャンで聖書を熱心に研究する会の仲間だったそう。また昨年のダブルス戦のチューリッヒではバッバと組み、隣でテッドの仕事ぶりも見ていたのでしょう。テッドはジュニアティーチングの世界に進むつもりだったようですが、悩んだ末に奥さんの助言で申し出を受けたそうです。よき相棒との出会いのタイミングをつかむのも運ですし、信じるものが通じると強い。ポジティブで穏やか、でも堅くない雰囲気も通じる2人です。2勝目を挙げたパーマー招待で、ボクはスタジオ解説をしていましたが、会場のベイヒルはラフが深いうえに、日を追ってグリーンは硬くなり、おまけに最終日は風も吹く超タフなセッティング。多くの選手が苛立ちを隠せずにいるなか、明らかに他とは違う雰囲気で終始穏やかに淡々とラウンドしていた2人。昨年は全米プロ、全米オープン、全英オープンでトップ10フィニッシュをしているシェフラー。そこにキャディのテッドの経験が加われば……マスターズでの期待が高まります。 「飛ぶし小技も上手く穴がないゴルフが特徴。テキサス出身の選手は低いボールを打つ選手が多いが、ハイフィニッシュをとって高いボールも打てる。今風の“ダウンから左手が掌屈”“左足がズレる”スウィングではなく、逆に右足が少しズレるノーマンのような独特なスウィングです」 佐藤信人 さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より 「さとうの目」バックナンバー こちらもチェック!
  • 1週間で数十万人のギャラリーを集める「ウェイストマネジメント・フェニックスオープン」で、スコッティ・シェフラーが念願の初優勝を飾った。一昨年ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝き、デビュー以来2位が4回、ベスト10入り16回を数えながら、なぜか勝利とは無縁だったシェフラーに、歓喜の瞬間が訪れた。最終日の上がり6ホールで4バーディを奪って先を行くP・カントレーに並び、プレーオフに進出。18番で行われたサドンデス3ホール目で7.5メートルのパットを沈め、バーディを奪ったシェフラーが勝利を手繰り寄せた。グリーンサイドから猛ダッシュで駆け寄ってきた妻メレディスさんと抱き合うと、190センチの大男の瞳から大粒の涙がこぼれる。「これまでの努力が報われた。彼女にも苦労をかけてきたし、どれだけの人に感謝を伝えればいいのかわからない」ルーキーイヤー(19-20年)に未勝利ながらポイントランク5位に入り、トッププロの仲間入り。まだ25歳の若者は優勝を目指して邁進するも、これまでの70試合はトロフィに手が届かなかった。それでもメジャーで4度トップ10に入り、ライダーカップでは世界ナンバー1のJ・ラームと対決して勝利するなど、数々のストーリーを紡いできた。世界ランク15位の彼についたニックネームは“未勝利の最強男”。「(最終日の)13番で、キミはプレーオフまで行くよ、と誰かに予言されたら、まさかと思いながらも『それはありがたい』と言ったはず。でも本当に、そこから3連続バーディでトップに食らいついていけた」本戦の18番で3メートル弱を沈めていれば、プレーオフなしで勝てていたが、「あれは仕方ない。むしろプレーオフになって大会を盛り上げられて良かった」と新チャンピオンは白い歯を見せた。1つ勝って肩の荷を下ろした大器の今後が楽しみだ。 ついに悲願の初勝利を挙げた25歳。今季の台風の目となるか(写真は2021年全米オープン。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より