Myゴルフダイジェスト

【ゴルフはつづくよどこまでも】Vol.75 ホールインワンは調子がいいときは出ない?

高松志門の一番弟子として、感性を重んじるゴルフで長く活躍を続ける奥田靖己。今週もゴルフの奥深い世界へと足を踏み入れていく。

PHOTO/Masaaki Nishimoto

前回のお話はこちら

先日、宝塚GC旧コースでアマチュアの人とまわっていて、16番パー3でホールインワンをしました。

アマチュアの人が、そこまでたびたび失敗してはったから、狙い方の解説をしてから打ったのです。

風はちょっとフォローで、距離は185ヤード。ピンは奥のマウンドの一番上に切ってありました。

「グリーンは硬いし、あの雲の上にポーンと放り上げといたら一番ええ感じで飛ぶんですよ」と説明してから、ポーンと打ったら、ちょうどそこに飛んで行ってポコッと入りました。

「言った通りでしょ」と。まあ、こんな解説通りにいくとは、まぐれもええとこですけど、説得力はありです。


僕のホールインワンはこれで18回目です。その経験からすると硬いグリーンにフック系の球筋でいったほうが入りやすい気がします。グリーンがソフトやと、落ちたところでピタリと止まってしまうことが多いですけど、硬いとボールが転がるので、それで入る確率が高くなるのかもしれません。

初めてのホールインワンは学生時代でしたけど、どこでどんなふうに入れたのかまったく記憶から抜け落ちています。

記憶に残っておるのは、やっぱり試合でのホールインワンです。91年の中日クラウンズ。セベ・バレステロスが優勝した大会です。

初日、17番ホールで入れたのははっきり覚えています。中日クラウンズでのホールインワンは、これが大会史上初やという話です。

一緒にまわっておったのは鈴木弘一さんと新関善美さんでした。157ヤードやったのですけど、台風並みのアゲンストの風が強くて、オナーやった飛ばし屋の鈴木さんは4番アイアンでグリーン奥に外しておりました。

それを見て僕は3番アイアンで打ちました。バーンと打ったら「あっ!入った」という感じです。

今ホールインワン賞は決勝ラウンドだけというのがほとんどですけど、あの頃は日本も景気がよかったんやね。初日やのに賞品はソアラ3000GTですわ。僕は新発売やった4000GTが欲しくて差額を払って替えてもらいました。

師匠は「ホールインワンはあまり調子がええときは出ない。限りなくカップインに近いショットが出ているときのほうがええんや」と言っておりましたけど、次の18番ホールはOBでスコア的にはいってこいでチャラでした。結局、結果は予選落ちやったのです。

「調子がええときは出ない。これは本当かもしれません」

奥田靖己

おくだせいき。1960年、大阪生まれ。93年日本オープンなど6勝。シニアで2勝。ゴルフの侘び寂び、温故知新を追求する

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

こちらもチェック!

  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、「プロより強いアマ」と称された伝説のゴルファー・中部銀次郎の言葉をご紹介! 「ショートホールでカップは狙わない」 中部銀次郎といえば日本アマ6勝、プロトーナメントにも勝ち「プロより強いアマ」と称された人物。生涯アマチュアを貫き通し、とうとうプロに転向することはなかった。中部は寡黙の人であった。プライベートで仲間たちと回っていても、自分からレッスンなどはしなかった。訊かれてはじめて、短いながら適切なアドバイスをおくるというのが常であった。だから、公式の場などでは自分のことや、名言といわれるような言辞を呈したことはないはずだ。しかし、酒がはいると、中部のゴルフ談義はとどまることはなかった。だから残っている言辞は、酒席でのものと思って間違いない。だが、この冒頭の言葉は例外で、世界アマ監督として、合宿していたときに発したものだという。中部は日本アマ6勝という戦績を残しながら、ホールインワンは一度としてない。なぜか。答えは「ピンを狙わないから」である。ピンを狙わないなんて、誰もが疑問に思うに違いない。中部は必ず次打のことを考えてショットをする。だから、パー3では、パットのしやすい簡単なラインのサイドに打つのである。上りのまっすぐなラインが残るサイドがピンから離れた場所でも構わず、そこへ打つ。ピンに近いかどうかを競うのではなく、次のパットをいかにカップインさせるかが肝心なことを熟知しているからである。まして、その頃のグリーンは受けていることが多かったので、ピンをオーバーなど決してしない。それが中部のゴルフだった。ホールインワンの機会は減るわけである。 ■中部銀次郎(1942~2001年) なかべ・ぎんじろう。山口県下関市に大洋漁業を営む一族の御曹司として生まれる。虚弱な体質のため、幼少より父の手ほどきでゴルフを始める。長ずるにしたがって、腕をあげ天才の出現と騒がれた。甲南大卒。60年、18歳で日本アマに出場。62年、20歳で日本アマ初優勝。以後64、66、67、74、78年と17年にわたり、通算6勝の金字塔をうちたてた。67年には西日本オープンでプロを退けて優勝。プロより強いアマといわれた。しかし、プロ入りはせず、生涯アマチュアイズムを貫いた。01年、永眠。 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!