Myゴルフダイジェスト

タイガー主催「ジェネシス招待」の出場枠“チャーリー・シフォード推薦”とは?

タイガー・ウッズがホストを務め2月17日に開幕するジェネシス招待に無名のプロ、アーロン・ビバリーがチャーリー・シフォード推薦枠で出場する。

同大会は16歳のときタイガーが初めてプロの試合に出場したことで知られている。タイガー財団が主催するようになってからは毎年有色人種などマイノリティから1名招待しており、それがチャーリー・シフォード推薦。

シフォードは白人オンリーのツアーだった1960年代、アフリカ系初のメンバーとなったレジェンド。タイガーがツアーで82勝できたのは、下地を築いたシフォードというパイオニアがいたからだ。

今回推薦を受けたビバリーは、カリフォルニアの州都サクラメント出身の27歳。3歳でゴルフと出合い、クラブプロである父に手ほどきを受け頭角を現した。現在アドボケイツプロゴルフ協会(APGA/アフリカ系アメリカ人などマイノリティに高いレベルの競技を主催するツアー)に所属しており、昨年同ツアーの最終戦で優勝。豪州やカナダツアーで修業を積んだだけでなく、コーチ経験もある。

「選ばれてとても驚いています。こんなに嬉しいことはありません。父と毎日語り合ってきた夢が叶ったのですから」とビバリー。

実はAPGAツアーにも“チャーリー・シフォード育成プログラム”なるものがある。恵まれない子どもたちに無償でレッスンを行い道具を提供し、トーナメントのエントリーフィーを免除するなどの活動を行っている。シフォードはアメリカのゴルフ界でかくも重要な存在なのだ。ちなみにタイガーの長男「チャーリー」は、チャーリー・シフォードからとって名付けられたといわれている。

黒人初の米ツアーメンバーとして活躍したチャーリー・シフォード(1922-2015)

週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より

こちらもチェック!

  • 米国ゴルフ界に黒人ゴルファーの道を拓いた先駆者の一人、リー・エルダーが逝去した。享年87歳。 エルダーは1934年、テキサス州ダラスで10人兄弟姉妹の末っ子として生まれた。父は第二次世界大戦で戦死し、その3カ月後に母も他界。伯母のもとで育てられている。成人して陸軍に従軍したときにゴルフ好きの上官と出会い、キャディとして付き添ったのがゴルフ人生の始まりだった。その後、腕を磨き25歳でプロ転向。しかしPGAツアーは61年まで白人しか出場資格がなく、UGA(黒人ツアー)でプレーした。173㎝と小柄ながら、同ツアーで圧倒的成績を残して、黒人参加も許されたPGAツアーに参戦。74年、同ツアーで初優勝(合計4勝、シニアツアーで8勝)。そして、エルダーの人生のハイライト──。75年、マスターズ委員会から黒人へ初となる招待状が届いたのだ。これは画期的なことだった。このときの時代状況を述べておこう。マスターズの舞台、オーガスタナショナルGCはジョージア州アトランタ近くにあって、南北戦争における南部の“本拠地”。オーガスタでのキャディ及び従業員はすべて黒人だった。64年、公民権法は成立していたが、人種差別はそう簡単に払拭されていない時代だった。ましてその頃、マスターズの招待レギュレーションは公開されておらず、すべてマスターズ委員会の独断だった。エルダーの場合、前年優勝が招待の決め手になったといわれているが、67年と69年にPGAツアーで勝利したエルダーの先輩格、チャーリー・シフォードには届いていない。招待への伏線もある。PGAツアーは68年から始まり、初代コミッショナーはUSGAの“良心”と謳われたジョー・ダイ。ダイが世論とともに無言の圧力をかけたともいわれた。余談だが、オーガスタが黒人会員を受け入れたのは90年だった。こうした経緯があり、招待されたエルダーは、その後5回出場し、マスターズでの最高成績は79年の17位。初出場が40歳だったことを思えば健闘したともいえる。全米オープンと全米プロでは11位が最上位だった。97年、マスターズに初優勝したタイガー・ウッズは「私はパイオニアではない。リー・エルダーのおかげだ」と語った。今年、マスターズの始球式にはゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラスともに、酸素ボンベからのチューブを鼻に挿したエルダーがいた。ニクラスは訃報に際し「彼を招待できたことは名誉なことだった。私にとって永遠の記憶に残るだろう」と偲んだ。(特別編集委員・古川正則) 黒人ゴルファーの道を切り拓いたパイオニア 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • 米男子ツアーの3Mオープンでキャメロン・チャンプが1年10カ月ぶりにツアー3勝目を挙げた。 最終18番パー5でティーショットを左に曲げ、2打目は出すだけ。3打目もグリーンに届かず、残り127ヤードの第4打をピンそばに寄せてパーパットを沈めると、渾身のガッツポーズで喜びを爆発させた。「最後まで退屈させなかったでしょ?」とヒヤヒヤのパーセーブに苦笑いだ。思えば今年は腰の怪我で苦戦の連続だった。出場16試合で予選落ち9回、棄権1回回。ベストフィニッシュは17位タイで大会前のポイントランクは142位。間もなくはじまるプレーオフシリーズ(出場はトップ125のみ)への進出さえ危ぶまれたが、この優勝で一気に49位まで浮上。過去3シーズン連続で優勝した28歳以下の選手(C・モリカワ、J・ラーム、B・デシャンボー)のひとりとなった。チャンプはアフリカ系の血をひくいわゆる“カラード(有色人種)”。祖父マックさんの手ほどきでゴルフを始めた彼は、自身のファウンデーション(財団)が主催する有色人種の子供(9歳から18歳の男女)のための大会を祖父にちなんで『マック・チャンプ招待』と名付けている。タイガーの活躍でアフリカ系のゴルフ人口が増えるかと思われたが、実情は全体の3%にすぎず、競技人口となると1.5%にとどまる。黒人ゴルファーの裾野を広げる活動に熱心なチャンプは、一昨年のブラック・ヒストリー・マンス(黒人歴史月間)に行われた試合で左右別々の白と黒のシューズを履き、差別問題に抗議する姿勢を示したインフルエンサーでもある。優勝後のインタビューでチャンプは、「楽しめないゴルフは意味がない。結果が出ないと苦しいけれど、オンとオフを切り替え、せめて家では心安らかに過ごすようにしたのが復活につながった」プチスランプを乗り越えた男は清々しい笑顔を見せた。 白黒シューズで人種差別への抗議を示したチャンプ(2019年フェニックスオープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月17日号より