Myゴルフダイジェスト

前季まで「賞金ゼロ」からの大逆転シード! 29歳の苦労人“ケンシロウ”を直撃

男子で初シードを獲得したのは16人。その中の1人が、昨季フジサンケイクラシックで一躍話題となった29歳の苦労人、池上憲士郎だ。

PHOTO/Takanori Miki、Hiroyuki Okazawa ILLUST/Koichi Tanaka THANKS/ BC PROJECT

池上憲士郎(29歳)
1992年生まれ、岡山県出身。2014年にプロ転向。賞金ランク56位で見事シードを獲得した。名前はマンガ「北斗の拳」の主人公ケンシロウに由来する

今年初シードを獲得した男子プロは史上2番目に多い16人。男子も世代交代が進むが、その中には29歳で初シードを獲得した苦労人がいる。フジサンケイクラシックで2位タイに入り、一気にシード圏内に入った池上憲士郎だ。

「フジサンケイはラッキーでした。あ、これシードいけるかも。みたいな、そんな感じでした」と、本人はひょうひょうと話す。あまり考えすぎないことが飛躍の1年につながったと言う。

「集中すると周りが見えなくなって、ひとつのミスに対して自分を許すことができなかったんです。自滅してチャンスを逃していました。その考えを改めて、もう少し気楽にやろうと思ったんです。すると、気負わなくなって、いい意味で力が抜けたのか、結果もいいほうに傾きました。周りの初シード選手に比べると年齢は上ですが、自分のペースで階段を上っていきたいですね。今年は優勝目指して頑張ります!」

ウェイティングから2位! フジサンケイで起きた奇跡

【ケンシロウDATA】
●2020-21シーズンまで獲得賞金は“0”

14年にプロ転向したが、昨シーズン開幕までレギュラーツアーでの獲得賞金は0
●約半分の出場試合数でシードを獲得
30試合中、16試合と限られた試合数で見事賞金ランク56位、シードを獲得した
●同級生は堀川未来夢や今平周吾
通算5勝・賞金王2回の今平周吾や通算2勝の堀川未来夢、出水田大二郎らが同級生

【躍進の理由1】
アームロックにしてストロークが安定

「ダンロップ福島オープンからアームロックのスタイルにして、パットが安定しました。そこから少しずつ、自分のプレーに自信がついてきました」

【躍進の理由2】
「ま、いっか」精神でできるようになった

「以前は1打のミスに一喜一憂していたのですが、ミスを受け入れられるようになり、気持ちの面で余裕が出てきたのも大きいと思います」

【これからの課題】
「体をひと回り大きくしてスウィングを強くしたい」

「トレーニングをすることで、スウィング中の筋肉の動かし方がわかるようになってきました。全体的にパワーアップさせて、それをもっとスウィングに生かしていきたいですね」

平均年齢26歳
初シード獲得者一覧

月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より

こちらもチェック!

  • カシオワールドオープン終了時の賞金ランキングによって、国内男子ツアーの来季のシード権が確定。15人が初シードを獲得した。 PHOTO/Tadashi Anezaki 初の賞金シードを獲得したのは15人。プロ4戦目にしてツアー優勝を果たした片岡尚之、現役大学生プロの石坂友宏、伸び盛りの19歳、久常涼など、期待できる顔ぶれが出揃った。15人の顔ぶれを見ると、10代が久常涼の1人、20代が12人、30代が32歳の阿部裕樹と39歳の内藤寛太郎の2人で、平均年齢は26.1歳。男子も確実に新陳代謝が進んでいる。来シーズンの活躍が期待されるところだ。 賞金ランク19位 片岡尚之(23) 今季、初優勝で一気にブレーク北海道出身、東北福祉大卒。高校時代に日本ジュニアを制するなどジュニア時代から活躍。プロ4戦目のジャパンプレーヤーズチャンピオンシップで初優勝。ブリヂストンオープンでも2位に入るなど、トップ10入り6度。「今年はアベマTVツアーで頑張ろうと思っていたので、優勝は想定外だった。来年は2勝目と賞金王が目標」 賞金ランク18位 石坂友宏(22) 現役大学生プロのシード選手が誕生神奈川県出身、日本ウェルネススポーツ大在学中。19年QTでファイナルまで勝ち上がってプロ転向。20年ダンロップフェニックスではプレーオフで金谷拓実に敗れ惜しくも優勝を逃した。「夏に向けて調子が上がって『1勝できるかも』と思っていたけど、チャンスがつかめなかったので、来年は頑張ります 賞金ランク50位 久常涼(19) ピカピカの高卒ルーキー。下部ツアーで3勝岡山県出身、作陽高卒。21年高校卒業後アベマTVツアーに参戦し、早々に3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。VISA太平洋で4位タイに入るなど存在感を見せた。「今年は上出来。いいペースで段階を踏んでいけていると思います。来年はレギュラーツアーで早く1勝して、複数年のシードを持って海外のQTなどにも挑戦したい」 賞金ランク21位 杉山知靖(28) 神奈川県出身、中央学院大卒。明徳義塾高で松山英樹の2学年後輩。15年にプロ転向。10月のブリヂストンオープンで初優勝 賞金ランク22位 大岩龍一(23) 千葉県出身、日大中退。パナソニックオープンでは最終日をトップで迎えるも3位。ほかにもツアー選手権などトップ10が7度 賞金ランク27位 阿久津未来也(26) 栃木県出身、日大卒。18年日本プロで優勝争いを演じた。21年ダイヤモンドカップで4位タイに入るなど活躍し初シード獲得 賞金ランク30位 古川雄大(24) 福岡県出身、東海大卒。19年QT59位。21年日本プロで9位タイ、ツアー選手権2位とメジャーで強さを見せ、初シード獲得 賞金ランク36位 小斉平優和(23) 大阪府出身、日本ウェルネス高卒。20年は米下部ツアーに参戦したが、コロナの影響で秋に帰国。日本ツアーに専念した 賞金ランク37位 植竹勇太(26) 北海道出身、東北福祉大卒。比嘉一貴は大学の同期。19年QT7位。ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップで優勝争いを演じ2位タイ 賞金ランク39位 幡地隆寛(28) 広島県出身、東北福祉大卒。日本人屈指の飛距離を武器に21年ツアー選手権5位、ダンロップフェニックス4位タイ 賞金ランク40位 内藤寛太郎(39) 福島県出身、東北福祉大卒。宮里優作や岩田寛の2学年後輩。20年日本オープンで3位タイ。06年のプロ転向後初となるシード獲得 賞金ランク47位 杉本エリック(28) 千葉県出身、南カリフォルニア大卒。16年に米3部ツアー参戦。21年ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ2位タイ 賞金ランク53位 清水大成(22) 福岡県出身、日大卒。大学在学時の20年日本オープンで13位タイ。20年QT55位。21年日本オープンなど3度トップ10に入る活躍を見せた 賞金ランク56位 池上憲士郎(29) 岡山県出身、東北福祉大卒。19年QTで4年ぶりにファイナル進出し27位。21年フジサンケイクラシック2位タイ。FWキープ率6位 賞金ランク62位 阿部裕樹(32) 栃木県出身、日大卒。20年QT66位。21年は16試合に出場。トップ10入りは1度のみだったが、コンスタントに予選通過しシード獲得 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • 先日のフジサンケイクラシック、ツアー未勝利の池上憲士郎が堂々の2位に入り、一躍“ケンシロウ”の名を全国に知らしめた。ウェイティングからの出場で得た貴重なチャンスを見事モノにした格好になったが、そもそも「ウェイティング」とはどんな制度? https://my-golfdigest.jp/tournament/p36810/ 関連記事 ウェイティングとは、出場資格を持たない選手が、欠場者が出た場合、繰り上がりで出場することができる資格で、出場優先順位順に与えられる制度。ただ、当週に会場に入って手続きを行う必要があり、当たり前のことだが出場できなかったときには交通費などは丸々自己負担になってしまう。選手たちはウェイティングをどのようにとらえているのだろうか? 今年、ウェイティングに翻弄されて、2日間で大阪から埼玉、そして岡山へ車移動したという新木豊プロに話を聞いた。「その週は埼玉でAbemaTVツアーがあって、着いて練習をしていたらミズノオープンのウェイティング(待ち順)が1番ですとの連絡があり、それで岡山に向かうことにしました。結果、移動の途中で出場資格が下りたという連絡があったので、現地で繰り上がり待ちする必要はなかったんですが、長いドライブでした。ウェイティングの順番が1番なら、100%向かいますが、仮に2~3番目だったら、その時の自分の状況や試合会場の場所などにもよりますが、基本的には行くと思います。何のために練習しているのか、何のためにチャレンジに出ているのか、それはすべてレギュラーツアーに出るためなので、少しでもチャンスがあるならそこに懸けるべきだと自分は思っています。過去には700番目の選手が出場したこともあると聞いたこともありますしね」今年は女子ツアーでもウェイティングで出場した西山ゆかりが、順位こそふるわなかったがホールインワンを達成して高額賞金を手にして話題になった。選手にとってはリスクを伴うウェイティングだが、少ないチャンスに懸けることをしなければ道は開かれないということだろう。 ウェイティングからという少ないチャンスをモノにした「ケンシロウ」(PHOTO/Hiroyuki Okazawa) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より こちらもチェック!
  • <フジサンケイクラシック/富士桜CC(山梨)/7566Y・パー71/9月2日~5日>PHOTO/Hiroyuki Okazawa 山梨県の富士桜CCで行われたフジサンケイクラシック最終日、首位と3打差の3位タイからスタートした今平周吾が、7アンダーと大爆発。2年ぶりとなる通算5勝目を鮮やかな逆転で飾った。 仲良し同級生と優勝争い2年連続賞金王の貫録勝ち! 昨年はコロナの影響で無観客開催となったが、今年は感染対策を徹底したうえで、1日上限1000人という条件付きで有観客開催されたフジサンケイクラシック。初日、2日目と降雨の影響により日没サスペンデッドとなると、3日目も濃霧による2度の中断を挟むなど厳しい天候が選手たちを襲った。雨模様のなか、704人のギャラリーが応援に駆けつけた最終日。単独首位で出た石川遼がスコアメークに苦戦するのをしり目に、今平は5番でグリーン右奥からチップインバーディを決めると勢いに乗り、見事逆転優勝。今季はここまで苦戦を強いられていた今平だったが、「筋トレによって飛ぶようなったけれど、そのせいでアイアンやアプローチ(の精度)が落ちた」。そこで、トレーニングを元のやり方に戻し、徐々に感覚が戻ってきたという。また今回、最終組で優勝を争った池上憲士郎とは同級生でよく練習ラウンドを一緒にするという間柄。「池上選手とバーディ合戦で2人ともいいゴルフができたのと、(池上が一緒で)リラックスできたのがよかった。でも憲士郎には優勝させたくないと思っていた(笑)」と、同級生に刺激を受けながらこの日の最小スコア7アンダーを記録した。2年ぶりの優勝を狙った石川も「本当にいいプレーをしていた。どんどんスケールが大きくなっている」と舌を巻くほど、終始安定したプレーで、2年連続賞金王の実力を見せつけた。男子ツアーは来週のANAオープンから連戦が続く。長い20-21年シーズンもこれから佳境を迎え、賞金王争い、シード権争いも本格化していく。 20代最後の試合は悔しい逆転負け 20代最後の試合を優勝で飾れなかった石川。「そんなに悪くない部分もあったけど、硬いところや緊張もあった。それをカバーできる技術がまだまだ足りない。やるべきことは見えているので、練習するしかない」30歳の誕生日を迎える次戦、ANAオープンに向けて前を向いた ウェイティングから堂々の優勝争い 岡山県出身で東北福祉大では松山英樹の1学年下だった池上憲士郎は初の最終組で、手引きカートと一緒に孤軍奮闘したが一歩及ばず。「流れをつかみかけていたときにパー5で取れなかったのが大きい。いい経験になったけど、最後ああやって外しちゃうと(18番でボギー)、やっぱり悔しいほうが大きい」と語ったが、これで次戦の出場権を獲得。優勝争いのさなか、16番パー3ではホールインワン賞の「800万円を狙ってました(笑)」という強心臓ぶりで、今後の活躍を誓う <フジサンケイクラシック 最終成績> 優勝今平周吾-122位T池上憲士郎-82位T石川遼-84位金谷拓実-65位T木下稜介-55位TC・キム-55位TS・ノリス-58位T大岩龍一-48位TS・ビンセント-48位T高山忠洋-4 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月21日号より