Myゴルフダイジェスト

スピースにファウラー……復活イヤーだった2021年。2022年に復活を果たすのは?

PGAツアーの21年は“復活イヤー”だった。ここ数年不振を極めていたジョーダン・スピースやリッキー・ファウラーの復活が大きく取り上げられた。次に復活するのは果たして……?

世界ランク三桁に陥落する寸前に調子を取り戻し、15位に返り咲いたスピース。ファウラーはまだ完全復活ではないが、ザ・CJカップで3位に入るなど底を脱している。

そしてもうひとりの注目がJ・デイだ。先の「QBEシュートアウト」はダブルス競技ながら同郷のM・レイシュマンと組んで初日16アンダー「56」をマーク。2人のうち良いほうのショットを選んでプレーするスクランブル方式だけに好スコアが続出するものだが、それでも2人が好調でなければ、このスコアは出せない。最終的にチームは3位に終わったが、デイは「スウィング改造が正しい方向に進んでいるのを実感できた。良い兆候を感じたし、状況は圧倒的に改善されている」と自信をのぞかせた。

2015年全米プロでのメジャー勝利を含めツアー通算12勝を挙げているデイだが、18年を最後に勝ち星から遠ざかっている。

当時、優勝争いをした松山をして「差を見せつけられた」と言わしめるほどの強さを誇ったが、持病の腰痛が悪化。

昨年には父親代わりだったコーチ、コリン・スワットンとの20年に及ぶ師弟関係を解消。しばらくタイガーにスウィングをチェックしてもらったりしたが、現在はタイガーの元コーチ、クリス・コモに相談しているようだ。

「以前は体を強くひねって大きなトップで振っていたが、それが原因で腰痛が酷くなった。今は捻転の少ない新しいスウィングに挑戦している。まだ100パーセントじゃないけれど、手応えはある。必要なのはツアーで結果を出すこと。来年は1勝といわず複数回勝ちたい。辛い時期を乗り超えた後の勝利はきっと喜びも大きいはず」

事故からの復活を目指すタイガー同様、デイは2022年、台風の目になるかもしれない。

輝きを取り戻せるか?(PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • PGAツアー年内最後の試合「RSMクラシック」で、30歳のテーラー・グーチが初優勝を飾った。自らを“ジャーニーマン”と呼ぶ苦労人のこれまでのゴルフ人生とは? ノーボギーの『64』で最終ラウンドを締めくくり、大会最少ストロークタイ記録となる22アンダーで勝ったグーチ。勝利者インタビューの席に着くと、「トロフィをかかげて記者会見に臨む、こういうシーンを何度も夢見てきました」と感無量。オクラホマ州立大学ではR・ファウラーの2年後輩。プロ転向と同時にスターダムにのし上がった先輩とは違い、グーチの歩みは遅かった。9歳でキッズ世界ジュニア選手権で優勝し、「全米アマ」に何度も出場するなど、地元では知らない者はいないエリート。しかし14年にプロデビューしてからは、下部ツアーでも苦戦を強いられレギュラーツアーに定着するまで5年かかった。「16年に3度目のQスクールに出場したことを思い出します。セカンドステージの3日目に、出だし4ホールで3オーバーと最悪の状況に立たされたのです。軍資金が底をついて稼がなければならないのに、これじゃらちがあかない。で、突然頭をよぎったのは『Best Buy(家電量販店)で働いて日銭を稼ごう』ということ。あのときのプレッシャーを思うと、初優勝のプレッシャーは大したことがなかった」とグーチ。幸いセカンドステージはクリアしたが、もししていなかったら「グーチ」の名札を胸につけ家電量販店で働いていたかもしれない。昨シーズンは2年連続3度目のプレーオフシリーズ進出を果たし、ポイントランクは68位。今季は6試合に出て優勝1回を含むトップ10入り3回で、現在フェデックスカップのポイントランク堂々の1位に浮上した。「ツアー選手権に勝つのが究極の目標」というジャーニーマンの旅は続く。 今季の獲得賞金はすでに2億5000万円超え。最終戦のビッグボーナスも夢じゃない(Photo by Sam Greenwood/Getty Images) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • ARRANGE/Mika Kawano PGAツアーアジア担当ディレクターのコーリー・ヨシムラさんが米ツアーのホットな情報をお届けする隔週連載「PGAツアーHOTLINE」。第11回の注目選手は、先日のザ・ノーザントラストで5年ぶりの優勝を果たしたトニー・フィナウ。 シルバーコレクターの汚名返上 16年のプエルトリコオープンで初優勝を挙げてから1975日。トニー・フィナウの心は決して揺らぐことはありませんでした。PGAツアーのプレーオフシリーズ初戦、ザ・ノーザントラストでおよそ5年ぶりにツアー2勝目を挙げた彼は、記者の質問に対してまばたきもせずこう言ったのです。「ずっと自分を信じてきました。それがすべてです」恵まれた体格に加えて、ゴルフ以外のスポーツもこなす高い身体能力。ドライビングディスタンスは常に上位。勝つための条件をすべて満たしながら勝てなかったここ5年、フィナウは40回トップ10入り(今年だけで7回! )し、8度の2位を積み重ねてきました。そんな彼はいつしかツアー指折りのシルバーメダルコレクターと呼ばれるように。才能がありながらなぜ勝てない? そう言われ続け、性格がやさしすぎるからでは? と解説者や専門家たちが理由づけしてきました。いくら外野の声に惑わされないようにしても次第に自信が揺らぐのが人の常。しかしフィナウはもう2度と勝てないかもしれないという雑念を振り払い、「自分を信じ続けた」のです。 フェデックスランキングは常に上位にいるが、なかなか勝てずにいたフィナウ。焦ることなく、コーチのサマーヘイズとじっと腕を磨いてきた。その努力がようやく報われた。松山英樹とも仲良し フィナウは言います。「今日はジャスティン・トーマスに勝つ。今日はジョン・ラームに勝つ。自分ならそれが絶対できると信じて1日をスタートさせている」と。だからプレーオフシリーズ初戦のザ・ノーザントラストで世界ランク1位のラームの楽勝ムードが漂っても、決着がこれまで1勝3敗と苦手なプレーオフにもつれ込んでも、決して諦めることなく自分を信じ続けたのです。するとプレーオフ3戦負けなしのキャメロン・スミスがサドンデス1ホール目でティーショットをOBゾーンに打ち込む痛恨のミスで自滅。フィナウに待ちに待った2勝目が巡ってきたのです。「5年前も今も自分のメンタルは変わっていません。勝てないことを周囲にいろいろ言われてもなにも影響を受けませんでした。自分を信じること。たとえアプローチがとんでもない方向に飛んでしまっても次のショットに自信を持って立ち向かいベストを尽くす。これからも僕はずっとそうするつもりです」 コーリー・ヨシムラ PGAツアーのアジア全体のマーケティング&コミュニケーションディレクター。米ユタ州ソルトレーク出身でゴルフはHC6の腕前 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より こちらもチェック!
  • 米ツアーのジョンディアクラシックで実に10年2カ月ぶりの優勝を果たしたルーカス・グローバー(41)。「また必ず勝てると信じていた」という41歳が辿った波乱万丈の人生とは? 09年の全米オープンでメジャー制覇を果たし、05年から11年にかけ3勝を挙げたグローバーは、怪我や家庭内の問題でここ10年表舞台から遠ざかっていた。12年に左ひざを負傷してから成績が振るわず、下部ツアーとの入れ替え戦行きを経験するなどシードぎりぎりの状態が続いていた。さらに19年には妻クリスタさんが家庭内暴力で逮捕されるという事件が起きた。同年5月のプレーヤーズ選手権に出場していた夫が第3ラウンドで「78」を叩いたことに激怒。滞在先の宿舎でクリスタさんが「義母に襲われた」と警察に通報し、その直後グローバーが「通報は間違い。妻がおかしくなってしまったみたいだ」と電話をかけ直している。警官が到着したとき夫婦は口論をしており、グローバーと彼の母親の腕に裂傷が確認され、DVと薬物乱用の容疑で妻が逮捕起訴された。「トーナメントでいいプレーができないと妻は僕を敗者だと罵り怒鳴りはじめる」とグローバーは事情聴取で語っていたが、その後クリスタさんはメンタルヘルスを取り戻し夫婦はいまも婚姻関係を続けている。P・ミケルソンが50歳で全米プロを制覇。42歳のS・シンクが今季2勝を挙げるなどPGAツアーではベテランの活躍が目立っている。「20代の頃よりむしろ調子がいいし効率よく課題に取り組めている。大変な10年だったけれど一点の曇りもなくまた勝てると信じていた。優勝なんてもう無理と言った人々が間違っていたことを証明できて本当にうれしい」。苦難を乗り越え家族と味わう勝利の美酒は格別だったに違いない。 19年は世界ランク69位まで復調したが、長い間、100位前後を行き来していた(写真は2019年ZOZOチャンピオンシップ) 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月3日号より