Myゴルフダイジェスト

【PGAツアーHOTLINE】Vol.11 トニー・フィナウ<前編>「自分を信じ続けられる力」

ARRANGE/Mika Kawano

PGAツアーアジア担当ディレクターのコーリー・ヨシムラさんが米ツアーのホットな情報をお届けする隔週連載「PGAツアーHOTLINE」。第11回の注目選手は、先日のザ・ノーザントラストで5年ぶりの優勝を果たしたトニー・フィナウ。

シルバーコレクターの汚名返上

16年のプエルトリコオープンで初優勝を挙げてから1975日。トニー・フィナウの心は決して揺らぐことはありませんでした。PGAツアーのプレーオフシリーズ初戦、ザ・ノーザントラストでおよそ5年ぶりにツアー2勝目を挙げた彼は、記者の質問に対してまばたきもせずこう言ったのです。

「ずっと自分を信じてきました。それがすべてです」

恵まれた体格に加えて、ゴルフ以外のスポーツもこなす高い身体能力。ドライビングディスタンスは常に上位。勝つための条件をすべて満たしながら勝てなかったここ5年、フィナウは40回トップ10入り(今年だけで7回! )し、8度の2位を積み重ねてきました。そんな彼はいつしかツアー指折りのシルバーメダルコレクターと呼ばれるように。

才能がありながらなぜ勝てない? そう言われ続け、性格がやさしすぎるからでは? と解説者や専門家たちが理由づけしてきました。いくら外野の声に惑わされないようにしても次第に自信が揺らぐのが人の常。しかしフィナウはもう2度と勝てないかもしれないという雑念を振り払い、「自分を信じ続けた」のです。

フェデックスランキングは常に上位にいるが、なかなか勝てずにいたフィナウ。焦ることなく、コーチのサマーヘイズとじっと腕を磨いてきた。その努力がようやく報われた。松山英樹とも仲良し

フィナウは言います。「今日はジャスティン・トーマスに勝つ。今日はジョン・ラームに勝つ。自分ならそれが絶対できると信じて1日をスタートさせている」と。

だからプレーオフシリーズ初戦のザ・ノーザントラストで世界ランク1位のラームの楽勝ムードが漂っても、決着がこれまで1勝3敗と苦手なプレーオフにもつれ込んでも、決して諦めることなく自分を信じ続けたのです。

するとプレーオフ3戦負けなしのキャメロン・スミスがサドンデス1ホール目でティーショットをOBゾーンに打ち込む痛恨のミスで自滅。フィナウに待ちに待った2勝目が巡ってきたのです。

「5年前も今も自分のメンタルは変わっていません。勝てないことを周囲にいろいろ言われてもなにも影響を受けませんでした。自分を信じること。たとえアプローチがとんでもない方向に飛んでしまっても次のショットに自信を持って立ち向かいベストを尽くす。これからも僕はずっとそうするつもりです」

コーリー・ヨシムラ

PGAツアーのアジア全体のマーケティング&コミュニケーションディレクター。米ユタ州ソルトレーク出身でゴルフはHC6の腕前

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より

こちらもチェック!

  • PGAツアーのプレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザントラスト」は、ハリケーン襲来でコースがクローズに。一昨年のZOZO選手権以来の月曜日決着と相成った。 初日から首位を走った本命J・ラームは、予期せぬ中休みに「(コロナを2度経験し)自粛期間が長いから、ホテルでいかに退屈せず過ごせるかわかっている」と余裕のコメント。多くの選手が「部屋で休む」「映画を観る」とインドア派だったなか、2打差の4位につけていたT・フィナウは「どこか開いているコースを探して練習したい」と、はやる気持ちを抑えきれずにいた。そして迎えた最終日、予想通りラームが横綱相撲で世界ナンバー1の貫禄を見せつけ首位を走る展開となった。ところが後半、磐石だったはずのラームが失速し、対するフィナウは12番からバーディ、イーグル、バーディで猛追。結局、フィナウとC・スミスのプレーオフとなった。プレーオフで負けなし3連勝のスミスに対し、フィナウは1勝3敗と分が悪い。ツアー屈指の身体能力と飛距離を誇りながらも、いまだ1勝しかしていない理由は「性格が優しすぎるから」といわれ、またも敗戦の色が濃厚だったが、1ホール目でなんとスミスが無念のOB、フィナウが5年ぶりの栄冠に輝いた。「初優勝のころと比べると、あらゆる面で進化を実感している。諦めず走り続けてきてよかった」と感慨深げに語ったフィナウ。この勝利で2000ポイントが加算され、ポイントランクは23位から一気に1位へジャンプアップ。年間王者争いに名乗りを上げた。「あと2つ大きな試合が控えている。いいプレーができているのでこれからが楽しみ。未来が明るいことを願っているよ」世界ランクも自己最高タイの9位に浮上。仲の良いラームに競り勝ったことが「大きな自信になった」というフィナウが台風の目になりそうだ。 “心優しき巨人”が待望の2勝目(写真は2020年ファーマーズインシュランスオープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より
  • 優勝争いを続けるトニー・フィナウがまた勝てなかった。先のジェネシス招待でマックス・ホマとのプレーオフに敗れ、3試合連続の2位。もはや彼が勝てないのは「ツアーの七不思議」の1つだ。 フィナウが初優勝にして唯一の勝利を挙げたのはいまから5年前(16年)のプエルトリコオープン。そのときもプレーオフでの決着だったが、勝ちきってトロフィを掲げた。以来ここまで2位に甘んじること8回。完全なシルバーメダルコレクターである。ツアー屈指の身体能力の持ち主で、飛ばしだけでなくショートゲームにも定評がある。ここ5年でトップ10入りはじつに37回。過去2年の成績が反映される世界ランキングでは未勝利ながら現在13 位につけている。直近の1カ月はさらにすごい。アメリカンエクスプレスで4位に入ると、ファーマーズインシュランスで2位タイ。直後の欧州ツアー、サウジインターナショナルで2位。そしてジェネシスで2位だから、この4週間で約2勝分相当の賞金を稼いだことになる。過去にもシルバーメダルコレクターと呼ばれる選手はいた。たとえばコリン・モンゴメリーやリー・ウエストウッド。だが彼らはメジャーに勝てなかっただけで通常の試合では何勝もしてきた。バッバ・ワトソンも「飛ばすだけで勝てない」といわれた時期がある。だがデビュー5年目に初優勝してからは毎年1勝のペースで勝ってきた。ではなぜフィナウほどの才能の持ち主が勝てないのか?多くの人が指摘するのは彼の“優しすぎる”性格。生き馬の目を抜く世界で人を蹴落とそうなどとは思えない。プロコーチ内藤雄士の見立てはこうだ。「もしかすると関節が“緩い”のかもしれません。年をとって体が硬くなるとバランスがとれてくるビジェイ・シンのようなタイプなのかもしれません」「勝つ準備はできている」と胸を張る本人。フィナウの全盛期はこれから? 今季こそシルバーコレクターの汚名返上なるか(写真は2020年ファーマーズインシュランスオープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月16日号より