Myゴルフダイジェスト

【PGAツアーHOTLINE】Vol.17 サム・バーンズ<前編>タイガーをも臆さない強心臓の25歳

PGAツアーアジア担当ディレクターのコーリー・ヨシムラさんが米ツアーのホットな情報をお届けする隔週連載「PGAツアーHOT LINE」。第17回は、今季すでに1勝を挙げ、世界ランク13位につけるアメリカのサム・バーンズを取り上げる。

ARRANGE/Mika Kawano

Photo by Sam Greenwood/Getty Images

緊張をほぐすためにタイガーも“利用した”

サム・バーンズをご存じですか? 25歳にしてすでにPGAツアー2勝。今秋のサンダーソンファームズ選手権でも優勝し、目下フェデックスカップのポイントランクで2位につける若手の有望株です。

17年アマチュア時代に出場したPGAツアーのバルバソル選手権では21歳の誕生日と最終日が重なるなか、6位タイの好成績を収め、自らのバースデーを最高の形で祝福。

同年にプロ入りし、まだ下部ツアーを主戦場にしていた18年は、ホンダクラシックでタイガーと同組でラウンド。そのときのエピソードは今も語り草になっています。

ティーショットでタイガーをアウトドライブすると、レジェンドの肩に腕を回し「こんなに大勢のギャラリーが僕のために集まってくれたなんてヤバイよね?」とタイガーに話しかけたのです。

これは極度の緊張にさらされた21歳が無理やりそれを和らげるためとっさに取った行動。ツアーで生き残るための術を探った瞬間でもあリますが、それにしてもタイガーの前に出るだけで緊張する選手が多いなか、大した度胸です。


1996年生まれの25歳。ルイジアナ州立大ゴルフ部で、アマチュア時代から活躍。パワフルなスウィングが特徴で300ヤード以上飛ばすが、昨シーズンのストロークゲインドパッティングは全体の9位とオールラウンダーだ

伝説の人をアウトドライブしたバーンズの飛距離には定評があります。18年コーンフェリーツアーでマークした平均飛距離は320ヤード。PGAツアーに昇格してからゲームプランを変更し、やや飛距離は落としましたが、平均305ヤードで30位前後につけています。飛んで曲がらないドライバーの精度は彼にとって大きな武器。

しかしそれだけではありません。すでに世界ランクトップ20圏内に名を連ねるバーンズの卓越したパッティングセンスは、若かりし日に母が与えた環境の賜物。当時彼が夢中だったアメリカンフットボールをもう1年続ける代わり、母が裏庭に設えたパッティンググリーンで練習することが交換条件だったそうです。

2つのスポーツを天秤にかけていた頃、バーンズはカーター・トムズという少年と出会います。カーターくんの父親は01年の全米プロチャンピオン、デビッド・トムズ。粗削りだった彼のゴルフが劇的に変わったのはトムズのお陰。次回はバーンズがなぜ現在の栄光を勝ち取るに至ったのか、トムズのアドバイスの全貌をお話ししましょう。

コーリー・ヨシムラ

PGAツアーのアジア全体のマーケティング&コミュニケーションディレクター。米ユタ州ソルトレーク出身でゴルフはHC6の腕前

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • 米男子ツアーの「サンダーソンファームズ選手権」で、サム・バーンズが優勝を飾った。昨年5月の「バルスパー選手権」以来となる通算2勝目を黄色のウェアで勝ち取った意味とは? 初日から首位を走ったルーキーのS・シーガラを逆転で下した25歳は、「何が起きたのか状況が飲みこめていない。ライダーカップに出られなかったことがモチベーションになった。次は絶対出るという強い気持ちでプレーしました」と感激の面持ち。PGAツアーでは日によって特定の色のウェアやリボンを身につけるよう選手や関係者、ファンに推奨することがある。当大会でも金曜日に乳がん撲滅の啓蒙活動を意味するピンク、最終日にはJ・ニクラスと妻バーバラさんが支援する小児病院で治療を受ける子供たちのためのチャリティを意味する黄色を身につける“プレーイエロー”が実施された。優勝したバーンズも黄色のポロシャツを身にまとい逆転Vを達成したが、そのワケを問われると、「自分にとってイエローのウェアは大きな意味がある。じつは生後6週間の甥っ子がダラスの小児病院に脊髄性髄膜炎の治療のため入院していて、家族全員が大変な思いをしているんだ」と打ち明けた。闘病中の甥とは、バーンズの姉トリさんの息子。バーンズは黄色いウェアに思いを込め、「(病に苦しんでいる子供たちに)祈りを忘れないでほしい」と訴えたのだ。「甥はまだ小さいから僕がこうして優勝したこともわからないでしょう。でも家族は皆わかっているし、こういう状況で勝てたことが何よりも嬉しい」とバーンズ。バーンズはまた小児糖尿病のチャリティ活動にも力を入れている。親友が糖尿病を患っていることが動機だという。25歳にして昨季はツアー選手権に進出しフェデックスランキング18位、世界ランクも目下18位。近い将来怖い存在になりそうだ。 試合会場が自宅近くということもあり、仲間の応援も後押しした(Photo by Sam Greenwood/Getty Images) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より
  • 鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週の注目選手はバルスパー選手権で初優勝を遂げたサム・バーンズ。 ビクトール・ホブランやコリン・モリカワ、マシュー・ウルフなど、次代を担う25歳以下の若手がしのぎを削るPGAツアー。そうしたなかで5月のバルスパー選手権で初優勝、続くバイロン・ネルソンで2位となり、ようやく頭角を現してきたのがルイジアナ州立大出身、24歳のサム・バーンズです。ようやく、と言うのには理由があります。同年代では5~6番手といった印象のバーンズですが、アマチュア時代の実績は彼らにまったく引けを取りません。全米ジュニアゴルフ協会の最優秀選手に選ばれ、地元のルイジアナ州立大に進学。1年からオールアメリカンに選ばれ、2年では15戦に出場し4勝をマーク。大学ゴルフの最高栄誉のひとつジャック・ニクラス賞も獲得しました。その後、2年で大学を辞めプロ転向します。大学を中退する一流選手のプロ転向は、全米学生との兼ね合いから通常5月か6月になるもの。ところがバーンズは17年秋に開催される大学の対抗戦・ウォーカーカップへの出場と、その後のプロ転向を表明します。そのため7月のバルバソル選手権にはアマチュアで出場、6位に入る健闘を見せました。ところがウォーカーカップにはまさかの落選。選出方法を巡ってゴルフ界に物議を醸しました。これでプロデビューが1シーズン遅れたのは確かです。春にプロ転向して推薦で何試合か出ていれば、前出のバルバソル選手権のときプロだったら……と残念がる声もありました。でも当人はウォーカーカップでは「アメリカチーム頑張れ!」と応援するナイスガイなんです。その後、Qスクールを経て下部ツアーからのプロ生活が始まりますが、その存在をアピールしたのは18年のホンダクラシック。この年は、4度の手術を経てタイガーが復活を果たした年。この試合の最終日、赤黒ウェアのタイガーと2サムで一緒に回ったのがバーンズでした。「緊張して何も覚えていない」とのコメントとは裏腹に、解説をしていたボクには落ち着いているように見えたし、2バーディ・ノーボギーの68で回り、タイガーより上位の8位に食い込んだゴルフには非凡なものを感じました。さらにホンダの1カ月後には下部ツアーで初優勝しています。 「バックスウィングでグッと沈み込みながらアーリーコックで上げていくのが特徴的。上半身と下半身の捻転差が非常に大きく、深い前傾を終始キープしたまま一気に左に振り抜いていく、いわゆるボディターンの代表のようなスウィングです」(Photo by Julio Aguilar/Getty Images) ドライバーとパットが上手い、ケプカタイプの選手。19年はバスケットで遊んでいてケガをしプレーオフには進出できませんでしたがケガも完治。アイアンのスタッツも今シーズンは改善しています。ガッツポーズなどがなくファンには少し面白くない選手に映るかもしれませんが、ここからの活躍には注目です。同じ大学出身で、メジャーチャンピオンのデビッド・トムズとはご近所。トムズの息子とは「2階でプレステで遊んだ」という子ども時代からの親友で、大学でも一緒にゴルフに励みました。トムズ以外はプロ転向後にパッとしない同大出身選手が多いなか、久々のルイジアナの期待の星なのです。 佐藤信人 さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月27日号より