Myゴルフダイジェスト

なぜゴルフの試合のスポンサーに? #2 アース・モンダミンカップを支援する「アース製薬」の場合

今年6月に行われた「アース・モンダミンカップ」はJLPGAツアー最高の賞金総額3億円。協賛企業であるアース製薬・大塚達也会長に「ゴルフ」を支えるに至った経緯を聞いた。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa

大塚達也 アース製薬取締役会長

1958年徳島県出身。東大大学院卒業後、86年大塚製薬、90年アース製薬入社。98年代表取締役社長、14年取締役会長。HCは14。最高は9。得意クラブは、昔は7Iで今はパター。「ほんのちょっとしたことで変われるところにゴルフの面白さはあります」

「多くのプロにチャンスを与えたい」

アース製薬が女子ゴルフの試合のスポンサーになったきっかけは、女子プロの待遇改善にあるという大塚達也会長。

「あるプロアマ大会で女子プロに聞いたんです。年に1度のQTで上位を目指して日々努力をしているけどまったく試合のない選手も多く、キャディや居酒屋のバイトで生活費を稼ぎながら練習や試合の遠征費、参加費を捻出していると。華やかな一面しか知らなかったのでいびつな世界だなと思いました。多くのプロにトーナメントへの門戸を広げたい、チャンスをあげたいというのが根本にありました。また、プロになったら一生食べられて、若者が目指したくなる、皆が憧れる職業になってほしい。会員の待遇改善にはJLPGAとコネクションを持ちたい、それにはトーナメントを開催するしかないと考え始めました」

ゴルフ界に恩返ししたい思いもあったという。

「私自身、ゴルフでビジネス的にもすごく助けられた部分がある。トップ同士の人間関係をつくっていくうえでよい潤滑剤、栄養剤になり、いろいろな情報交換ができる場でもあります。しかも老若男女関係なく、同じ場所で長時間、一緒にお話をしながら、相手の人間性も感じながらプレーしていくのが楽しい。どんどん人とつながっていけます。それに、松山英樹くんや畑岡奈紗さんなど世界で活躍されている方もいて、テレビなどを通じてゴルフに関心のない方でも勇気をもらえるし、一緒に喜べるスポーツでもあり、インターナショナルでもある。すべての要素がそろっている気がします」 

社長を退任する前に、大会開催を会社に提案した。


「会社の大切な利益を使いますから、社長が勝手に決めるわけにはいかない。それまでトーナメントはゴルフに関連する主催者が多かったですし、うちもスポーツに対してスポンサーになったことのない会社でしたから。社員や株主さんのことも考え、2、3年悩み、準備をしながら、最後の私のわがままでと話をしました」

思いが人や組織を動かす。

「もちろん、アース・モンダミンカップと名前がつきますので広告宣伝でもあります。ゴルフというスポーツを通じて、製品や会社名を周知させていきたい」

アース・モンダミンカップは来年、11回目を迎える。「私の思い入れで無理やり引っ張っている部分もありますが、ありがたいことに社員の方も非常に協力的で、わりあい楽しみながらやってくれています。現場で、ボランティアで草抜きや掃除をしてもらってもいます」。

「皆が憧れる職業になってほしい」

「経営者として考えると、役員から新入社員まで生活の保障をする責任があり、誰一人不幸にしたくない。そのなかで頑張れば上にいける組織であるべきではないかと思います」

スポーツの面白さにお金を払ってほしい

大塚会長は、“ものを言える”スポンサーでもある。それは、協会の発展、ゴルフ界に貢献したいという思いが強いからだ。

「ダメ元で言い続けることで何とかなるものです。既得権やブラックボックスがあるなか、小林(浩美)会長をはじめ皆さん努力をされてきたはずです。最近、いい方向に動いた放映権問題も、私はずっと、野球やサッカー同様、JLPGAに帰属すべきだと思ってきました。モンダミンカップでは、以前からテレビ局に少しでも放映権料をもらう流れにしていたんですよ。そして昨年から、インターネット中継にチェンジしました」

大塚会長の理想の試合は、「マスターズ」だ。

「ひとつの興行として、プロの神技のようなテクニックを生で見られて優勝争いを楽しめる。ゴルフというスポーツの面白さを見せて、それにお金を払ってもらい、テレビを通してご覧になる方には視聴料を払ってもらう。それが運営費用となり選手にも還元されます。我々は、儲けるつもりはないのですが、少なくともリスクなしで、少しの手間暇をかけてイベントを主催することを目指しています。でも放映権もこれからだと思います。コンテンツの価値をどれだけ認めてくださるのか。買ってもらえないと意味がない。そういう意味ではまだ初期段階。一歩を踏み出したという感じです」

「ゴルフ界への恩返しでもある」

プレーしても見ても楽しめるゴルフ。「娯楽でもありスポーツでもありビジネスツールでもあるゴルフを、一般の方々にももっと目的に応じて活用してほしい」

「ダイバーシティ」に合う発想で盛り上げる

日本のゴルフに関わる全体で、どれだけ盛り上げられるかが大事だと熱く語る。

「女子プロツアーを接待として考えてらっしゃる方もいるかもしれない。でも、やはり強いものが勝つというスポーツの大原則を実現できる場であるべきだと強く思います。ダイバーシティなどと言われる世の中で、若くて可愛い子などという要求があるとしたら非常に残念。逆にそれに甘えるプロたちもいる。変えていかなければいけない。男子プロは、そういう部分は比較的少なく、最近若い選手も頑張っています。ただ、青木功会長にもお話ししたりしますが、ジャニーズみたいなシステムでスターをつくるべきだと。JGTOが、技術面、経済面から後押しして、強化選手として経験を積む場を与え育てていくのもいいと思います。男子ツアーの支援は、モンダミンカップがビジネスモデルとして確立してからでしょうか(笑)」

アース・モンダミンカップも進化し続ける。

「昨年はユーチューブで今年はユーネクスト、そして来年はゴルフが好きな方とより親和性のある媒体・プラットフォームも検討しております。せっかく中継するのだからより多くの方々にと。もちろん放映権料もいただきます。将来のためお金を払って見る習慣をつけてほしいんです。多チャンネル放映もします。ゴルフはいろいろな場所でいろいろなことが起きるので、いろんなメディアでいろんな形で見られたらいいですよね」

今年、50席限定、5万円で販売した特別席のダイヤモンドボックスシートも大好評だった。

「一昨年のZOZO選手権でスポンサーとしてホスピタリティテントを経験させてもらい刺激を受け、今年のモンダミンカップで実現させました。また今年、三井住友銀行さんの顧客向けにガイドツアーを行いすごく評判がよかったので、来年はインサイドロープツアーをやりたいですね。コースもカメリアヒルズさんと話をして、毎年1ホールくらい改造しています。オーガスタのような少し神々しさがある雰囲気になればいいなと」

「10年間、グレードアップしてきたつもり。
常に新しいことにチャレンジしてきました」

毎年話題になる高額賞金は、来年も総額3億円維持の方向だ。

「上限はないのでJLPGAさんと話し合いながら上げていきたいですね。私どもに追随してくれる方がいればと思っていたら、GMOインターネットさんが3億円を目指すという発言をされたそうで嬉しい限りです。高いほど手っ取り早く注目を集め、選手の向上心にもつながり還元もできる。一方で総額6000万円の試合などはステップ・アップ・ツアーと“入れ替え戦”をすれば、こちらも底上げになり、いろいろな意味で注目を集めるはず。やるべきことはまだあります」

アース製薬は試合に出られない女子プロを対象に「OKトーナメント」も主催しており、すでに16回になった。「年に2度、10年間で20回実施すると最初に宣言し、当初は私が運営費を出していましたが、そのうち協力者も出てきて、無条件で支えてもらっています」。

また、サッカーの徳島ヴォルティス、女子サッカーのアイナック神戸やハリマアルビオン、長距離ランナーの新谷仁美なども支援する。「スポーツを支援するのは、言ってしまうと自己満足です。損得ではない。でも社会貢献も同じですよね。企業が果たすべき責任だと思っています。損得の話をするとお金が出せなくなる。それでは世の中面白くないですから。ゴルフ界も世界ランクが日本ツアーにも反映されるようになったり、世界に出やすい環境も整いつつあります。これからも日本からどんどん世界に羽ばたくゴルファーが出ることを期待しています」。

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より

こちらもチェック!

  • これまで4年間、くすぶっていた女子ツアーの放映権問題が一応の決着をみた。多くのファンを抱える女子ツアーは今後、どう変わっていくのだろうか。 JLPGAは10月、女子ツアーの放映権に関し、「来年度の公認競技すべてにおいて、放映権が当協会に帰属することになった」と発表した。欧米の多くのスポーツ団体は放映権を自ら持ち、その権利をテレビなどの映像メディアに売ることで団体の財務基盤を確立している。ところが日本の場合は、女子プロ草創期に、ツアーがテレビのコンテンツ事業としてスタートしたため、「放映権は主催者にある」という曖昧な形のまま放置してきた経緯があった。その改定に着手したのが4年前。発表が唐突で、しかも情報量が少なかったこともあり、スポンサーやテレビ局だけでなく、選手からも異論が続出した。この間の事情に詳しいタケ小山プロが説明する。「紛糾したのは、テレビ局が主催する試合があったからです。テレビ側からすれば、ここまで育てたのに、人気が出たらサヨウナラというのはどうなの、というわけですね」テレビ局側の言い分もわかるが、今や映像メディアは地上波テレビに加えBS、CSもあり、何よりもインターネットの登場で世界中の試合を簡単に見られるようになった。「主催者の大半は、放映権はJLPGAに行ってもいいと考えたようで、そういう時代の趨勢からいえば、テレビ局も折れざるを得なかったと言えます。ただし、従来からの地上波に親しんできたファンも多く、彼らを置き去りにはできません。ネットで4日間ライブ中継をしたうえで、決勝ラウンドは地上波という形が理想ではないでしょうか」(タケ小山)問題は、放映権料をテレビ局が買ってまで放映するか。22年度の地上波、BS、CS放送の放映権料金は無料とされているため、ひとまず問題はなさそうだが、今後に注目したい。 最終日だけでも地上波で放送してほしい!(PHOTO/Shinji Osawa) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より こちらもチェック!
  • 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)からツアースポンサーに届いた通達は、今後、賛否を呼びそうだ。 その内容を結論から言うと──。10月以降の大会から一括して「GOLFTV」でインターネット配信を行う。その最初の大会が、先日のスタンレーレディスだというのだ。まずは同大会の3日間、すべてライブ配信を行い、今後については適時、同協会サイトで知らせていくという。ちなみにGOLFTVは、ゴルフ関連のケーブルテレビチャンネル「ディスカバリーゴルフ」が運営し、グローバルに展開するゴルフ動画配信サービスで、これまでは米国男子ツアー、米国女子ツアーを日本国内で配信してきた。同協会で“放映権”を持ち、発信していくことは小林浩美会長の宿願ともいうべきもの。その実現のための一歩というところだろうが、ネット配信だけということでは、問題も生じている。その最たる例が、9月に始まったサッカーの2022年W杯アジア予選。アジアサッカー連盟が有料のスポーツ専門ネット配信「DAZN(ダゾーン)」へ超高値で放映権を売ったため、ホーム戦以外のテレビ放映ができなくなってしまったことで、公共性が失われたと批判を浴びているのだ。同じくGOLFTVも基本的には視聴料金を払わなければ見ることはできない。今回のスタンレーレディスは録画でテレビ放送もあり、以後の大会も地上波と併映する形はとられたものの、同協会は、ゆくゆくはネット配信1本に絞りたいと思っているようだ。これらの状況に待ったをかけるのは、スポーツ好きで、雑誌にコラムも持つノンフィクションライターの川上貴光氏だ。「問題は“視聴者ファースト”を忘れてほしくないということです。どっちが便利か、視聴者が選択できることが大事です。モバイルで料金を払ってでもライブで見たいという人もいるだろうし、僕みたいに録画でもいいから大画面で見たい人もいます。だから併用でいくべきなのではないでしょうか」どうなっていくか、注目されるところだ。 時代の流れとはいえ、地上波での放送がないのはやはり寂しい(PHOTO/Shinji Osawa) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa 今年のゴルフ界は松山英樹のマスターズ制覇、笹生優花の全米女子オープン優勝と、明るい話題で持ちきりだが、その一方で、全米女子オープンも男子メジャーの全米オープンも、テレビ地上波での放送が見送られた。さらに先日の国内女子ツアー、アース・モンダミンカップも動画配信サービスのU-NEXTでの有料ライブ配信のみ。さみしい週末の午後を過ごしたゴルファーも少なくなかったことだろう。 ネット配信のメリットは大きいが…… 昨年のアース・モンダミンカップも地上波テレビ放送はなく、大会の公式ホームページとYouTubeで生中継だったが、誰でも無料で見ることができ、総視聴者数は延べ868万人。月曜に順延された最終日は最大で24万人超が視聴していたとみられている。主催のアース製薬に話を聞くと「マスターズでは、多チャンネルでのインターネット配信を実施しており、どこにいても視聴できるというのが、大変素晴らしいと思っていました。これを受けて昨年より、アース・モンダミンカップでも、いろいろな角度から番組を制作できるネット配信にチャレンジしております。本年は昨年の4chからチャンネルを増やし7chとしました。ゴルフはひとつのボールを追うわけでなく、いろいろな場所でそれぞれのプレーが行われており、多チャンネルが適していると考えております。また、インターネットであれば、急な時間変更等への対応も可能です」(アース製薬広報)とネット配信の利点を語る。確かにスタートから全組ホールアウトまでの生中継だけでなく、試合終了後1週間はいつでも見られる「見逃し配信」もあり、テレビ中継よりも内容は充実。とはいえ、4日間で2200円の視聴チケットを果たして何人が購入したのか。「視聴者数は非公開とさせていただきますが、中継には多額の費用がかかります。ゴルフファンの皆様に映像をお届けしたく、その一部をご負担いただけると非常にありがたい、一緒に盛り上げていきたい、という思いから有料といたしました。144名全選手のスタートからホールアウトまで完全中継をしており、有料でも見る価値のある番組作りを目指しました。金額設定に関してはいろいろなご意見があるかと思いますが、初年度の試みとして多くの方のご意見や情報収集をし、設定させていただきました」(同広報) 有観客試合で行われた今大会、本戦1日券は1万円。「以前より決勝ラウンドは1万円で設定しております。いろいろなご意見があるかと思いますが、女子プロゴルファーの熱戦を直に観戦でき、4カ所のギャラリープラザでの飲食無料やシッティングエリア・観戦スタンド等にご満足いただけているお客様も一定数いらっしゃると考えております」(アース製薬広報)。4日間の合計入場者数は7832人だった トーナメント運営に携わる、ある会社の代表は「従来の中継体制から前に進む挑戦ととらえています。昨年は無料のYouTube、今年はサブスクのU-NEXTと組んだわけです。従来のファンを置き去りにしたとの意見・批判は当然予想できるなか、あえて女子トーナメントビジネスの価値を前進させたかったのでは」と指摘する。これまで大会の主催者は、自社CMの流れる中継番組と大会運営のセットを大金で購入し、放映を託されたテレビ局、広告代理店などがスポンサーを探してくるという流れが基本だった。だが、ここ数年、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は、財政強化のため「放映権」の協会による一括管理を主張してきた。米欧ツアーのように、テレビ局が協会から放映権を買って放送する仕組みに転換するためだ。2年前のインタビューで小林浩美会長は「大会全体をまとめて動画配信業者に販売することで、対価を得て、その収益で協会の財務基盤を整え、選手や会員に投資してさらなるツアーの価値向上を図り、主催者の皆様やゴルフファンの皆様に長く応援していただけるようにしたい」と答えている。このときインタビュアーを務めたタケ小山氏は今回の有料配信について「JLPGAが放映権を売ること自体には賛成です。世界的に、どのプロスポーツでも、お金を出して試合を見るという流れになっているので、今後もこういったやり方が広がっていくと思います。ただ、例えばサッカーのチャンピオンズリーグやセリエAは課金システムにしたことで、新しいファン層を獲得できていない。そうなると、そのスポーツ自体の先細りは目に見えています。そもそもJLPGAは、“日本に女子ゴルフを広める”という命題で法人化されているわけだし、地上波の無料放送がなければゴルフを始めていない人や子供は決してお金を出しては見ない。これではゴルフファンの裾野を広げることはできません。なぜ相撲が国民的スポーツなのか。それはNHKが昔から放送しているから。相撲に興味のない新しい世代でも最初のうちは何となく見ていたものが、そのうち好きになる。そうやって新しいファンを獲得してきたからだと思います。今回のアース・モンダミンカップも賞金総額3億円という、国内男子ツアーにもない、世界でも大きな大会なのに、話題にしている人がどれだけいたのか。アメリカでは初日、2日目は課金制でも、3日目、最終日の決勝という、いちばん盛り上がる部分はキー局のテレビ放映があるんです。せめて最終日だけでも地上波で誰もが見られるようにしないと、ゴルフの裾野が広がらず、次の世代を育てることができない」 最終日のスタートホールで選手を送り出すJLPGA小林浩美会長とアース製薬・大塚達也会長。これからのゴルフ中継のあり方に一石を投じた https://my-golfdigest.jp/tournament/p27291/ アース・モンダミンカップ大会結果はこちら 今後はネット中継が主流になる? 今大会でキャディを務めた大西翔太コーチは「いろんな端末から視聴できて、普段の中継では見られないシーンも多かったので、熱狂的なゴルフファンの方には満足していただけたと思います。ただ、ゴルフをもっと身近なスポーツにしたいという観点からすると、地上波での放送があると、ゴルフになんとなく興味のある人が見てくれたり、テレビ中継を見て、プロゴルファーになりたいという夢を持ってくれるかもしれません。現在プロで活躍している選手も、ほとんどがテレビで試合を見てきたと思います」アース・モンダミンカップでのネット中継についてJLPGAに問い合わせると「放送を含め、すべての最終的な決定は主催者(アース製薬)の判断なので、我々から申し上げることはありません」とのこと。では今月末に開催される新規大会「楽天スーパーレディース」(JLPGAが公式競技以外では初めて主催者となる。楽天は特別協賛)は、果たしてどのような形で試合が見られるのだろうか?「楽天スーパーレディースは、我々が主導で組み立てられますが現在調整中なので、確定事項として申し上げられるものはありません。ただ、五輪期間中(男子ゴルフと同じ週)ということもあり、地上波での放送は難しいのではないかと考えているので、ネット中継を含めて検討しています。先日のネット中継に賛否両論があることは把握していますし、多くのご意見を頂いています。頂いた意見を参考にしながら、これからもより良い方法を模索していけたらと考えています」(JLPGA広報)だが「これはJLPGAや主催者だけの問題ではない」というのは前出のタケ小山氏。「テレビ局やクラブメーカー、その他、ゴルフ産業に携わる企業全体の課題なんです。ゴルフを中継するには放映権を購入しなければならず、そのためにはお金が必要になる。そこで、たとえばメーカーや企業などがテレビ局にスポンサードして地上波で見られるようにすれば、より多くの人が見られる。そうなれば結果としてファンが増えると思います」いまやF1やサッカー欧州選手権でさえ地上波で見ることができない時代。ゴルフ中継はどう進むのか? 今後も注視していきたい。 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月20日号より