Myゴルフダイジェスト

64歳で年間王者のランガー。38試合フル出場で最後は「ボールを拾えない」ほどの満身創痍

米国シニアツアーの今季最終戦「チャールズ・シュワブカップ選手権」で、64歳のベルンハルト・ランガーがエージシュートを達成。6度目のシニア年間王者に輝いた。

大会3日目に8バーディ、ノーボギーの猛攻で『63』をマークし「人生最高のラウンド。シャンディ(ビール&ジンジャエールのカクテル)でお祝いしたい」。「コースに出れば毎回エージシュート」と豪語する86歳のG・プレーヤーとは訳が違う60代前半でのエージシュートは値千金だ。

だがランガー、64歳の誕生日に『64』をマークしており、エージシュートは今回が2度目。「(キャディを務めた)数字に強い息子と計算したら、2位のフューリックが優勝しても自分が18位以内に入れば、タイトルを獲れることがわかっていた」そうで、3日目、トップに立ったフューリックの動向をにらみながらのプレー。最終的にはフューリックが優勝を逃し、ランガーが17位に入って自身6度目の栄冠に輝いた。

「年間王者を獲るために頑張ってきた。試合に出る回数が多いほどチャンスは広がるから」と、多忙でありながらスケジュール調整はせず、あえて21年シーズンは全38試合にフル参戦。優勝2回、ベスト10入り24回で見事、目標を達成した。

しかしその代償もある。大会初日には筋肉疲労のため背中が痙攣を起こし、カップからボールを拾い上げることができず、「息子に助けてもらった」。ドクターストップ寸前まで自分を追い込むストイックな姿勢の裏には、64歳という年齢もある。ひと回り以上も年下のライバルたちの活躍に、自らのキャリアが終盤に差し掛かったことを実感しているのだ。だからこそなんとしても年間王者のタイトルを獲りたかった。

米国シニアツアー42勝の鉄人は、すでにシニアでただひとり生涯獲得賞金3000万ドル(約33億円)超え。残すミッションはH・アーウィンが持つツアー最多優勝記録『45』超えだ。

64歳でのフル出場、そしてエージシュートはまさに鉄人!(写真は2016年全英シニア。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より

こちらもチェック!

  • フィル・ミケルソンがアリゾナ州フェニックスで有終の美を飾った。 米シニア最終戦「チャールズ・シュワブカップ選手権」で、ミケルソンが最終日にノーボギーの『65』をマークして逆転優勝。シニア6戦目にして4勝目を、大学時代を過ごし、現在は住まいを持つ“第2の故郷”で達成すると、「エイミー(愛妻)と出会い、ここに住んで地元の人々の前でトロフィを掲げることができ、本当に特別な一週間だった」と感無量の表情を浮かべた。2日後に結婚25周年を迎えるという妻はNBAフェニックスサンズの元チアリーダー。アリゾナ州立大学在学中に地元開催のPGAツアー「ノーザンテレコム」でアマチュア優勝した当時も2人は愛を育んでおり、やがて結婚。「エイミーのおかげで自分がいる」という愛妻家だ。フェニックスはまた、3勝を挙げている「ウェイストマネジメントフェニックスオープン」の舞台でもあり、2度目の優勝を飾った13年には、第2ラウンドであわや60切りのスーパープレー。1週間で60万人を動員するなどギャラリーがもっとも多いことで有名な大会で、最終ホールバーディを逃し、『60』に終わったときの観客の落胆ぶりといったら……。同組で回ったR・ファウラーは、そのときの光景を振り返り、「まさにフィルのワンマンショー。ファンの熱狂ぶりは正気の沙汰ではなかった」という。フェニックスを愛し、フェニックスから愛されたミケルソンが愛妻の見守るなか優勝したのだから、感慨もひとしお。年間王者のチャンスがあったJ・フューリックも、バック9で『31』をマークしたミケルソンのプレーに圧倒され、スコアを伸ばせず5位に終わった。そして表彰式で彼が口にしたのは64歳で年間王者に輝いたランガーへの賛辞。「才能、努力、すべてがゴールドクラス。自分もあやかってオフは体づくりと練習に励んでまたメジャー獲りに挑みたい」頼もしいぞミケルソン! シニア42勝の鉄人・ランガーを超えられるのはこの男だけ?(写真は2021年全米プロ。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より
  • 米シニアツアーの「ドミニオンエナジーチャリティクラシック」で64歳のベルンハルト・ランガーが史上最年長優勝を達成した。 12歳年下のD・バロンとのプレーオフを制し、約19カ月ぶりの優勝を飾ったランガーは、「1年半以上プレーオフに何度も進みながら負け続けてきたからね。今回は前だけを見た」と久々の勝利に安堵の表情。敗れたバロンは「自分が彼の年になったとき、あんなゴルフができるとは、とても思えない。才能あふれる尊敬する友人だけれど、あの強さはちょっと異常……」と、なかば呆れ気味でひと回り上の先輩の快挙を称え、「でも、彼に負けるなら悔いはない」とつけ加えた。20年の3月に「コロガードクラシック」を制して以来、ランガーは4度プレーオフに進出して全敗。“2位の山”を築き上げてきた。コロナの影響で20年と21年が統合シーズンとなり、2年近く続いている今季は37試合に出場。うちベスト10入り24回、トップ3に7度入る抜群の安定感で、年間王者(チャールズ・シュワブカップ)のポイントランク1位。シニアデビュー以来、すでに5度年間王者に輝いているが、いよいよ6度目の戴冠目前だ。ちなみに年間王者を2度以上獲っている選手はランガーを置いてほかにいない。それにしても64歳にしてP・ミケルソンやE・エルス、J・フューリック、V・シンといったかなり年下のメジャー王者たちを凌駕しているのだから、バロンの言うように「異常」な鉄人ぶり。これで同ツアー通算42勝目。H・アーウィンが持つ最多優勝記録まであと3勝と迫っている。今季の獲得賞金もただひとり300万ドル(3億3000万円)を超え、シニア通算獲得賞金は3180万ドル(34億円強)となり、もちろんこれは歴代1位。何から何までケタ違いな64歳である。 世界ゴルフ殿堂(2002年)、大英帝国勲章(2006年)と、肩書きもケタ違い(写真は2018年全英オープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より