Myゴルフダイジェスト

【TOTOジャパンクラシック】古江彩佳が逃げ切りV! 賞金1位・稲見との差は400万円に

<TOTOジャパンクラシック/瀬田GC 北C(滋賀)/6616Y・パー72/11月4日~7日>

滋賀県の瀬田GC北Cで行われたTOTOジャパンクラシック。賞金ランク1位と2位の直接対決は、2位の古江彩佳に軍配が上がった。

PHOTO/Shinji Osawa

TOTOジャパンクラシック前までの2人の獲得賞金は、トップの稲見萌寧が2億1448万円。2位の古江彩佳が1億9759万円。

今大会、3日目を終えた時点で13アンダーの古江が首位、11アンダーで上田桃子と並び、稲見が2位タイにつけた。その結果、最終日は最終組で賞金トップ2の直接対決が実現。フロントナインを1バーディ、1ボギーとスコアを伸ばせない稲見に対して、古江は2番と6番でバーディを取り、15アンダーまでスコアを伸ばす。

バックナインのスタート10番で稲見がバーディを奪い3打差に。16番のパー5はともにバーディ。安定感抜群のフェードで逆転を狙う稲見だったが、その上を行く安定したドローボールで確実にフェアウェイとグリーンをとらえ続ける古江。最終パー5も1打目フェアウェイ、2打目フェアウェイ、3打目の125ヤードもピン手前に乗せて2パットのパーで逃げ切り優勝。

「3打差あっても安心できなかった。でも、自分にプレッシャーをかけないよう笑顔を心がけていました。あと数試合、賞金女王を考えすぎずプレーしたいです」(古江)

これで古江の獲得賞金は2億3059万円、稲見は2億3456万円とその差は縮まった。今年の女子ツアーはあと3試合、賞金女王争いが熾烈だ。

最終日、古江がパーオンを逃したのは2ホールのみ。ツアー屈指の安定したショットが強み。最後は稲見と健闘を称え合う

バーディが決まらない苦しい展開だったが、きっちり単独2位でフィニッシュした稲見。賞金約2000万円を積み上げた

渋野日向子は4日間72ホール中、56ホールでパーオンに成功。これは全78人中9位の数字。好調なショットは持続中、7位タイでホールアウト

<TOTOジャパンクラシック・最終成績>

優勝古江彩佳-16
2位稲見萌寧-13
3位西郷 真央-9
4位T青木瀬令奈-8
4位T大里桃子-8
4位T上田桃子-8
7位T渋野日向子-7
7位T高橋彩華-7
7位T森田遥-7

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

こちらもチェック!

  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<
  • PHOTO/Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 2019年にアマチュア優勝を果たし、2020年も14試合で3勝と、無類の強さを誇る古江彩佳。その強さの秘密は、どんなときでも曲がらないショット力にある。ナショナルチームのテクニカルコーチを務める岩本砂織プロに、スウィングを分析してもらった。 解説/岩本砂織LPGAティーチングプロA級。横浜元町のSALTO GOLFを拠点にレッスン活動を展開。ナショナルチームのテクニカルコーチを務め、渋野日向子、古江彩佳など多くのトップ選手を見てきた ホームランバッターと同じ股関節の使い方 古江選手のスウィングで感じるのは、軸ブレがまったくないこと。そのため、インパクトの精度が高く、球が曲がりません。これは、昨年のフェアウェイキープ率75.62%(4位)という数字にも表れています。軸がブレないスムーズな回転を生み出すカギは、たとえば、ひざを正面に向けたままトップまで上げられる柔軟性の高さなどもありますが、関節の使い方のうまさ、とくに股関節の使い方にあります。ビジネスゾーンの後半、つまりインパクトから左腕が水平になるポジションまで、股関節の動きが止まります。写真で見てもわかるように、腕は約90度動いているのに、腰の回転角度はほとんど変わっていません。実際には、腰をわずかに戻すツイストの動きさえ入っています。これは、往年の王選手など野球のホームランバッターと同じ動き。スウィング軸をブラすことなく、インパクトゾーンを長くすることができます。ただし、これは一朝一夕にできる技術ではなく、古江選手の日々の練習の賜物といえます。 フォローにかけて腰の回転は止まったまま インパクトからフォローにかけて、腕は大きく動いているが、腰はほとんど回転していない。これにより、軸をブラさずに長いインパクトゾーンをとることが可能になる(代表撮影:上山敬太) >>古江彩佳のスウィングを別ウィンドウでじっくり見る 直ドラ練習でインパクトの精度アップ 「直ドラ」で打ち、同じ場所でティーアップしてドライバーを打つ練習をする古江。直ドラは上下の打点が極めてシビアになるため、正確なインパクトが要求される アブソーバーのようにひざを柔らかく使っている 古江選手のショットでもっとも驚くのは、ショートアイアンやウェッジの精度です。ナショナルチーム時代から、セカンドショットの上手さは群を抜いていました。その理由は、スウィングを見るとわかります。 古江選手はひざを柔らかく使うのが特徴です。ひざを伸ばし気味に、腰高に構える選手が多いなか、両ひざとも少し曲げ、重心を下げて構えます。 ゴルフコースに真っ平らな場所はありません。この写真のラフは、ややつま先下がりの左足上がりですが、古江選手はこういう微妙な傾斜に対応する能力に優れています。まるで自動車のショックアブソーバーのように、両ひざのクッションを利かせています。インパクトでもひざが伸び切ることはありません。 これにより、さまざまなライや傾斜で、インパクトの上下のズレが最小限に抑えられ、ショートアイアンやウェッジの高い精度につながっています。 左ひざが決して伸びない古江彩佳の極上アイアン 地面反力を得て、インパクトで左ひざが伸びる選手が多いなか、古江の左ひざは、アイアンでは決して伸びない。この粘るひざが、ショートアイアンの高い精度の秘密だという 2021年2月23日号より
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Arihara Hiroaki 笹生優花、古江彩佳、原英莉花、小祝さくら。2020年の賞金ランク上位4人のフレッシュな女子プロたちにリモートインタビューを敢行。2020年を振り返ってもらうとともに、2021年の豊富を語ってもらった。2人目は、20年に3勝を挙げ賞金ランク2位と大活躍の20歳、古江彩佳だ。 GD 2020年の成績を振り返ってみていかがですか? 古江 なんとか1勝したいという気持ちで臨んだので、3勝という結果には自分でもちょっと驚いています。しかもコロナ禍で無観客という異例の事態。とにかくいつもと勝手が違いました。初勝利は6戦目のデサントレディース。勝因は“気楽さ”でしょうか。「絶対優勝」と思うでもなく、自分のできることを淡々とこなしていたら、3日間60台でまとめることができました。 GD 昨年のスタッツを見ると“穴”がない印象です。 古江 これまではショットが好きで、褒めていただくことも多かったんです。嬉しいんですけど、実はシーズン前、いちばん練習したのはアプローチでした。30~60ヤードくらいの中途半端な距離を徹底的に練習しました。試合が始まるまで長かったですが、それが逆に功を奏したというか、自信になりました。これまでは練習しても試合でやる勇気がないこともあったんですが、十分練習したので「よし、やってみよう」と思えたんです。 GD 2020年「印象に残る1打」を選ぶとしたら? 古江 うーん、2ついいですか(笑)。2つともプレーオフのパー4の2打目です。まずは、プロ初勝利のデサントレディース。池絡みの18番パー4の1打目が思いどおりのどころにレイアップできた。するともう池が見えなくなりました。実は記憶もあまりないくらいなんです。で、2打目にピッチングでベタピン。それを沈めて勝てました。2つ目は伊藤園レディス。プレーオフは18番パー4の繰り返しだったんですが3ホール目に突入したところでカップが“攻められる位置”に切り直されたんです。そこでセカンド約160ヤードをピン狙い。キャリーは思いどおりでランもいい感じ。ピンに当たったようで30センチのところで止まってカップイン。あの距離を寄せられたことに「よし」と思いました。 2020年のデサントレディース最終日、東浩子とのプレーオフ1ホール目で、セカンドをベタピンにつけ、プロ後初優勝をたぐり寄せた GD 全米女子オープン初参戦の感想は? 古江 日本ではできない経験をさせてもらいました。たとえば芝。ティフトン芝は日本でも経験があったんですけれど、アメリカはまた違うんです。あとは気候の変化への対応や英語……。予選落ちした後はYou Tubeでまずは英語の学習法を探したりしました。なかなか続かないんですけど(笑)。ただ、当面は米ツアー参戦は考えていなくて。日本ツアーに集中しながら、タイミングが合ってスポット参戦できるような試合があれば考えたいです。 GD 束の間のオフ。何をして過ごしますか? 古江 普段だったら友達と食事や買い物に行くんですけど、いまはなかか……。音楽ならayu(浜崎あゆみ)です! 私が5歳のころ父がCDを持っていて、それについているライブDVDも見ていたんです。何度も見ているので歌や振付けはもちろん、ファンとのやりとりも完全に覚えちゃって(笑)。試合中、とくに調子が上がってこないときは頭のなかでayuのアップテンポの曲を流してテンションを上げます。いつかayuに知ってもらえるように頑張ります! ゴルフ以外のスポーツも好きで、学生のころはバレーやバスケットをやっていました。年末はフィギュアスケートをずっと見ていて大感動しました。同世代の選手を見ていると刺激を受けるというか「私も」という気が湧いてくる。「感動を与える」という言い方はちょっと違うかなとも思うんですけど「よし、私も頑張ろう」みたいな気持ちを選手と見ている人が共有できるってすごい。 そう考えると、ゴルフも早く有観客になるといいですよね。ギャラリーの方に喜んでもらいたいし、私もそういう雰囲気を楽しみたい。 2020年は、ゴルフができないという経験をしたからこそ逆にゴルフができることに感謝する気持ちが強まりました。2021年も楽しみながら目標をひとつひとつクリアしていきたい。開幕戦のダイキンには準備万端で臨むつもりなので、今年もよろしくお願いします! 週刊ゴルフダイジェスト2021年1月26日号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p7365/