Myゴルフダイジェスト

【三菱電機レディス】「完成度は50%」渋野日向子が圧巻イーグルでぺ・ソンウとのプレーオフを制す

<樋口久子 三菱電機レディス/武蔵丘GC(埼玉)/6650Y・パー72/10月29日~31日>

埼玉県・武蔵丘CCで行われた三菱電機レディスは、ぺ・ソンウとのプレーオフを制した渋野日向子が優勝。3週間前のスタンレーレディスに続き、今季2勝目を挙げた。

PHOTO/Shinji Osawa

イーグル狙ってギアを入れ替え!

大会2日目、6番から3、4メートルのパットをたて続けに沈めて4連続バーディを奪取し、首位のぺ・ソンウに並んだ渋野日向子。

最終日は2人によるマッチプレーの様相になり、ともに70で回り、通算9アンダーでホールアウト。渋野が優勝した3週前のスタンレーレディス同様プレーオフに突入。18番のパー5で行われた1ホール目で渋野がイーグルを奪って優勝した。

なんといっても圧巻だったのが、本戦18番とプレーオフ18番のセカンドショット。

「17番で2打差がついた時点でイーグルしかないと思ってギアを入れ替えた」と言うように、18番では、残り199ヤードを7番ウッドで、プレーオフでは残り220ヤードを3番ウッドで見事2オンに成功させた。

「毎ショット、同じようにスウィングができていないので、スウィングの完成度は50%ぐらいです。18番とプレーオフのティーショットでは、フィニッシュが取れないくらいマン振りしましたが、いずれも曲がらずに飛んでくれた。(スウィングの)再現性が高くなっているかなと思います」(渋野)

まだまだ、スウィング改造の真っただ中とのことだが、最終戦前のエリエールレディス終了後、12月から行われる米国女子ツアーQシリーズに挑戦する予定。ツアー出場権獲得に向け、この優勝がいい流れになったはずだ。

最終日、渋野との首位タイでスタートしたぺ・ソンウだったが、勝負どころのパッティングが決まらず、またも惜敗

渋野と同じく米国女子ツアーの出場権獲得を目指し、最終予選会Qシリーズ出場を決めた古江彩佳。最終日スコアを4つ伸ばし、3位タイで大会を終えた

<三菱電機レディス・最終成績>

優勝渋野日向子(プレーオフ)-9
2位ペ・ソンウ-9
3位T古江彩佳-6
3位T菅沼菜々-6
5位T渡邉彩香-5
5位T西郷真央-5
7位河本結-4

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より

こちらもチェック!

  • 渋野日向子のゴルフが再び加速し始めた。スタンレーレディスで1年11カ月ぶりの優勝。翌週の富士通レディースは最終日が雨天中止になったものの1打差3位。シーズンオフから着手したコンパクトなトップのスウィングは、現在平均飛距離247ヤード、フェアウェイキープ率68.7%とスタッツも上昇中。ツアー中継の解説などで渋野を見てきた塩谷育代に新スウィングについて聞いた。 PHOTO/Shinji Osawa コンパクトなトップが合うタイプそう感じていました 今年初戦のダイキン(オーキッドレディス)でスウィングを見た際、驚いたことを覚えています。でも、大袈裟にやらないと変えられないのがゴルフの常。強い信念を感じました。私が変化を大きく感じたのは、アドレス。前傾が浅くなり、骨盤が地面と平行に近い角度で回るようになり、結果的にフラットな軌道に変わりました。骨盤を前傾させるより、自分自身の骨格にはこれが合うと考えたのでしょう。実際、軸の安定につながっています。 続きを読む 渋野日向子の1Wスウィング【正面】 トップがフラットでコンパクトな位置になりましたが、体勢にはゆるみやパワーロスの動きが一切ありません。個人的には以前から「渋野選手はトップが深くないほうが合うはず」と見ていたので、これは正解だと思います。春先は手でなぞるように見えましたが、今は骨盤や下半身のリードで動いています。加えて、筋力の強さを高め続けている成果で、ダウンスウィングでの上半身の開きが抑えられています。それらが飛距離と精度に表れていますね。骨格や関節について、もう1点。私も渋野選手と同じ“さる腕”タイプなのでわかりますが、両わきを締めるようにひじ頭を下に向けると左右のひじが近づきます。このひじ位置のまま、前腕を回して左右の手を横からグリップ。ここから腕に頼らず上体を回せば、(前述のように)トップはコンパクトになるのが自然です。今の動きが熟成されれば飛距離もさらに伸びると思います。 体にゆるみがない 「骨盤が平らに回り、股関節が回転をしっかり受け止めています。力むわけでもなく、ゆるみもありません」 上体を開かず振る 「球が大きく曲がる人は渋野選手のようにトップをコンパクトにして体を開かず振る練習をしてみてください。自分に合ったトップの位置がつかめるはずです」 渋野日向子の1Wスウィング【後方】 解説/塩谷育代1962年生まれ、愛知県出身。ツアー20勝、賞金女王に2度(1992年、1995年)輝く。現在はツアーのコースセッティングや中継解説で活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より こちらもチェック!
  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • <スタンレーレディス/東名CC(静岡)/6592Y・パー72/10月8日~10日> 国内女子ツアー「スタンレーレディス」の最終日は4選手によるプレーオフに。2ホール目にバーディを決めた渋野日向子が1年11カ月ぶりの国内ツアー5勝目を飾った。 PHOTO/Shinji Osawa 2019年大王製紙エリエール以来、実に1年11カ月ぶりの優勝。プレーオフ2ホール目で1.5メートルのバーディパットを先に沈めると、最後に打ったペ・ソンウが外し、渋野が国内通算5勝目を飾った。プレーオフの最中もペ・ソンウと笑顔で話していた渋野だが、勝利が確定した瞬間、目から大粒の涙が。全英女子オープン制覇に国内4勝と大ブレークした19年から一転、勝ち星から遠ざかっていた1年11カ月が長く辛かったことが、その涙から伝わってきた。「優勝できるとは思っていなかった。嘘ではないか……そんなことを考えていたら、涙が出て……。19年の成績を超えるために、次週も気を引き締めてプレーします」ここ3試合は連続でトップ10と輝きを取り戻しつつあり、この試合も最終日に4打伸ばして首位をとらえた。久々の勝利が、しぶこフィーバー再燃への序章となるか。 優勝が決まった瞬間、両手で顔を覆い号泣した渋野。でも表彰式後にはしぶこスマイルを見せてくれた 史上8人目の快挙まであと一歩佐藤心結さんはプレーオフで敗れる 惜しかったのが18歳のアマチュアの佐藤心結(みゆ)さん。同じ東名CCで8月に開催されたゴルフダイジェスト・ジャパンジュニアカップを制し、今大会への出場権を得た。そして2日目を終えて首位タイに並び、最終日も2アンダーで回ってプレーオフに残った。1ホール目はバーディ。続く2ホール目でも、グリーンを狙ったパー5の第3打はピンに向かったが、そのピンを直撃して弾かれるという不運が襲う。続く5メートルのバーディを決められず、史上8人目のアマチュアVを逃した。12日からプロテスト2次予選に臨む。勝てばプロテスト免除となるチャンスを土壇場で逃し、悔しくないはずがない。プレーオフを終えてクラブハウスへ向かう途中、18歳の目からも大粒の涙がこぼれ落ちた。 (左)優勝した渋野日向子と/(右)バッグを担いだのは、辻梨恵らも育てた三觜喜一コーチ 身長161センチで平均260ヤード! 茨城県・明秀学園日立高校の3年生。陸上競技で鍛えた筋力で大会の平均飛距離はプロたちを抑え260Yで堂々の1位。8月に今大会と同じ東名CCで開催されたGDジャパン ジュニアカップで優勝し今大会の出場権を得た <スタンレーレディス・最終成績> 優勝渋野日向子(プレーオフ)-102位T木村彩子-102位Tペ・ソンウ-102位T佐藤心結(アマ)-105位T西郷真央-95位T西村優菜-96位山下美夢有-8 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より
  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<
  • TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Hiroaki AriharaMODEL/Nanoka Hagiwara(GOLULU) 飛距離アップのためには、インパクトで骨盤を開くことが重要で、その動きを実現するには「前屈、側屈、回転」の3つが重要だと、渋野日向子の専属トレーナを務める斎藤大介氏は言う。後編では、具体的なストレッチメニューを教えてもらった。 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。小誌で「らくトレ、ゆるスト」連載中 >>前編はこちら 柔軟性を高めるだけで飛距離が大幅UPの可能性も 「前屈・側屈・回転」の動きを理解したら、いよいよ“骨盤開き”メニューのスタートだ。「飛距離アップにハードなトレーニングが必要だと思っている人がいるかもしれませんが、体が硬いことで骨盤を開いたスウィングができていない人のほうが多いです。ですから、柔軟性を高めるだけで飛距離が大幅に伸びる可能性があります」と斎藤氏は語る。ただ、これまで述べてきたとおり「骨盤の開き」だけをマネしても、本質的な動きが伴わなければまったく意味がない。フェースが開いた状態でボールに当たり、弱々しいスライスボールが出るだけだ。見た目の形ではなく、骨格の動きに注目することで、ようやく骨盤を開いたスウィングの感覚をつかむことができる。そのキーワードが「股関節とわき腹の柔軟性にあります」と斎藤氏。「骨盤が開けるようになるには、地味な動きをコツコツと体に染み込ませるしかありません。1日3分(週4)で構わないので継続的に体を動かしていけば、体の中に変化が生じてくるはずです。もともとアマチュアは体が硬いですから、やればやるだけ効果は大きいですし、スウィングが劇的に変化するきっかけになるはずです」最新のスウィング理論を試してみたけど、今ひとつピンとこなかった人は、見た目をマネしただけで、スウィングの土台となる体の柔軟性が不足していたのかもしれない。日々の生活に“骨盤開き”メニューを取り入れることで体の準備が整えば、ボールを遠くに飛ばせるスウィングがきっとマスターできるはずだ。 【1日3分・週4日】3つの基本メニュー メニュー1【前屈】前後に足を開き股関節から折る 股関節から折り曲げる前屈はスウィングの基本姿勢だ。男性は背中が丸まってしまうケースが多いので、クラブを両手で持って背中に抱え、背筋とひざが曲がらないようにしっかり前傾姿勢を作るストレッチが有効。足を前後に開くとストレッチ効果も高まる【3秒キープ・左右5回】 メニュー2【側屈】クラブを掲げて左右に倒す わき腹の柔軟性を高め、正しい側屈の動きをマスターするには、クラブを使ったストレッチがおすすめだ。体を右と左に交互に倒し、クラブが垂直になった状態をキープする。これを左右均等に行うことができれば理想的な側屈といえる【3秒キープ・左右5回】 メニュー3【回転】胸は動かさず腰だけクルッと回す 胸の前で両手をクロスしてクラブを支え、クラブの向きが変わらないように固定しながら腰だけを回すストレッチ。最初は小さな動きで構わない。上下を分離させて動かす感覚が身につくとスウィングが大きく変わる【リズミカルに左右5回】 【週1回】ツイストエクササイズ 寝ながらツイスト (1)両腕を固定し腰を左右に 床に寝転がって両手を広げ、両腕を固定した状態で腰から下だけを左右に動かすエクササイズ。両肩を床につけたまま交互にゆっくりと動かすことで、下半身だけをねじる感覚を覚え込ませる (2)腰を固定し胸を伸ばす ひざを曲げた姿勢で床に横向きに寝そべり、体の側面を床につけたまま両手を大きく広げて胸を伸ばすエクササイズ。腰から下は動かさず、上半身だけをねじる感覚で胸を大きく開くイメージ 立ったままツイスト (1)90度回転ジャンプ 体を正面に向けた姿勢から、ジャンプすると同時に下半身だけを90度回転させる。次のジャンプで最初の姿勢に戻る。リズミカルに体を動かすことで、スウィングに似た体の回転の感覚がつかめる (2)6時→12時ツイスト 自分の腕を時計の針に見立て上半身をねじり、右手が上になる6時と、左手が上になる6時を交互に繰り返す。体が硬い人は時計の針が多少斜め(5時50分や6時10分)になってもOK 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より 斎藤大介氏の連載はこちらから