Myゴルフダイジェスト

PGAツアー新人王候補はマスターズ2位のザラトリス。ツアーメンバー外の選出は異例

今年のマスターズで優勝した松山英樹に1打差の2位に入ったウィル・ザラトリス。PGAツアーメンバーの資格を持たない彼がルーキー・オブ・ザ・イヤーの候補となった。改めてザラトリスってどんな選手?

通常、各賞の候補者はツアーメンバーに限られるが、ザラトリスはテンポラリー(仮)メンバー。正式にツアーカードを保持していないものの、20-21年シーズンの成績は特筆すべきものがある。出場25試合で予選通過21回、20年初出場の全米オープンで6位タイに入ると、マスターズの単独2位を含むトップ10入り8回、平均ストロークは全体の18位。トップ10入りの回数で彼を上回ったのは、J・ラームやD・ジョンソンら5人だけと抜群の安定感を誇った。しかしノンメンバーのため、フェデックスカップのポイントランクは対象外。プレーオフシリーズには出場できなかったが、好成績が評価され異例の新人王候補に挙がった。

対抗は6月のパルメット選手権で優勝した南アのG・ヒーゴ。しかし優勝以降7試合に出場し、予選落ち3回、最高位41位と現在は低迷しており、ザラトリス優位の状況だ。

25歳のザラトリスは、14年に全米ジュニアを制して注目を集め、名門ウェイクフォレスト大ゴルフ部時代には年間最優秀選手賞を獲得するなど、同世代のC・モリカワと並び称される存在だった。だが大学を3年で中退しプロ転向すると、18年下部ツアーの予選会に失敗。マンデー予選会や主催者推薦で出場権をつかみ、20年にはコーンフェリーツアー(下部ツアー)の正式メンバーに。PGAツアーでも数少ないチャンスを生かしテンポラリーメンバーとなった。

もしルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたとすると、ノンメンバーでの受賞は、01年のチャールズ・ハウエルⅢ以来20年ぶり2人目となる。投票はすでに締め切られ受賞者は後日発表されるが、果たして結果は?

188㎝・75㎏の細身の体ながら平均307Yの飛距離を誇る。ショット貢献度も9位のショットメーカー(PHOTO/Blue Sky Photos)

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月5日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Hiroaki Arihara 鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週の注目選手は、今年のマスターズで2位になったウィル・ザラトリス。 4月のマスターズで2位、5月の全米プロで8位、現在世界ランク29位と好調なのが24歳のウィル・ザラトリスです。タイガーの影響で、この世代にはインターロッキンググリップが多いのですが、ザラトリスはオーバーラッピング。理由はゴルフを始めた少年時代にさかのぼります。父親がメンバーだったセレブなプライベートコースでゴルフを覚えましたが、「いいか、この握りだけは絶対に変えるな」と教えてくれたのが、所属プロだった故ケン・ベンチュリーだったのです。また彼の近所にはラニー・ワドキンスがいました。息子とはゴルフ仲間の同級生で、ワドキンスの母校でもあるウェイクフォレスト大学に一緒に進む間柄。マスターズでの優勝争いには、ワドキンスの存在もありました。「おそらくラニーは覚えていないだろうが、14歳のボクにこう教えてくれたんだ。オーガスタの12番(パー3)は向かい風はあまり考慮に入れなくていい。ただ、追い風のときはやっかいで、手前の池を意識してつかまりやすい、と」。それを覚えていたお陰で初日、2日はバーディ、優勝争いで緊張する場面の最終日は「やや向かい風で、なにも気にすることなく普通に打てた」と答えています。ゴルフ殿堂入りの2人との交流があったにせよ若手選手からは普通こうした歴史を感じさせるエピソードは聞かれないもの。しかもウィットに富んだ話しぶり。彼の頭のよさを感じます。オーガスタには12番の前に、ホーガンブリッジと呼ばれる橋があります。映像を見ると4日間、左を見て振り返りながら橋を渡るザラトリスの姿が。これはオーガスタをラウンドしたことのある、パイロットの父からのアドバイスでした。「ここは出場選手だけしか入れないエリア。パトロンを見ながらマスターズを楽しめ」と。ジョーダン・スピースとはジュニア時代から兄弟のような間柄。サンフランシスコからテキサスのダラスに引っ越したとき、ジュニアの試合で最初に一緒に回ったのがスピースでした。当時、テキサスのジュニア界にはスピースが君臨しており、そのすごさを彼は記憶力のよさと得意の話術で、面白く、興味深く伝えてくれます。こうした話は後世に伝えるゴルフ界の大切な歴史になります。元々コーチはスピースと同じキャメロン・マコーミックでしたが、現在はジョッシュ・グレゴリー。オーガスタ州立大でパトリック・リード、その後、サザンメソジスト大でブラインソン・デシャンボーを指導、現在でも10人以上のツアープロを抱える名コーチです。3歳年上のスピースの背中を見て育ってきたザラトリス。スピースと同様全米ジュニアを取り、Qスクールに失敗し、どのツアーのカードも持たないところから素早く這い上がってきました。そしてスピースと同じように初マスターズで2位となり、この後スピースと同じようにツアー優勝を挙げUSAの国旗を背負ってカップ戦まで辿り着けるのか注目しています。 ショット力の高さは折り紙付き 「188㎝、75㎏と細身の体で平均飛距離は306Yの飛ばし屋。イーグル数は14で、C・オルティスと並びトップ。コーチのグレゴリーをして、ブレーク前から『今まで見てきたなかで一番のショットメーカー』と言わしめています」 佐藤信人 さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月29日号より
  • マスターズの切符を最後につかんだウィル・ザラトリス(24)が初出場で松山英樹に1打差の単独2位に入った。覚えておいて損はない超有望株だ。 「2年前ミニツアーを転戦していた僕がマスターズで2位。勝てなかったのは悔しいけれど、かなりクールだね」 ラウンド後、インタビューエリアでジョーダン・スピースとグータッチ。スピースは「全然驚かない。絶対来ると思っていたから」と24歳の後輩を誇らしげに祝福した。 祖父が空軍のパイロット、父と叔父もパイロット。サンフランシスコ生まれの彼が6歳でクラブを握ったとき、手ほどきをしたのがケン・ベンチュリ。ゴルフ環境の良いテキサスに移住すると、最初に親しくなったのが金髪をなびかせパットを決めまくるスピースだった。 14歳でラニー・ワドキンスから、たとえば12番パー3は風のチェックを3度すべし、といったオーガスタ攻略法を伝授され、17歳で全米ジュニアに勝ち、アーノルド・パーマーの出身校であるウェイクフォレスト大に入学。17年にはコリン・モリカワやキャメロン・チャンプ、スコッティ・シェフラーらと英米対抗戦ウォーカーカップのメンバーにも選ばれた。 しかし、仲間がプロ入りし次々と優勝するなかザラトリスはミニツアーで低迷。昨年ようやくPGAツアーのスペシャルメンバー(出場試合が限られる)に昇格すると、全米オープンで6位タイに入って注目された。以降コンスタントに上位に入り(予選落ちは1回のみ)マスターズで実力の片鱗を見せつけた。 「仲間が結果を出しても焦りはなかった。僕にもできると信じていたから。マスターズに勝つなんて大それたことを考えた自分が恥ずかしいと思ったこともある。それがバカげた夢じゃないことが分かってうれしい。実感はないけれど、しばらく余韻に浸りたい」 これで世界ランクは一気に27位。スター候補の誕生だ。 マスターズ制覇まであと1打に迫ったザラトリス。今後も目が離せない(PHOTO/Taku Miyamoto) 週刊ゴルフダイジェスト2021年5月4日号より