Myゴルフダイジェスト

池を越えたのに、戻ってポチャ。この場合、池の向こう側にドロップできる?

監修/小山混
PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号44
水谷花那子

ゴルル会員番号47
満石奈々葉


グリーン右手前に池が広がるホール。水谷はセカンドを右に曲げ、ボールは池に入るかと思われたが、池のギリギリ手前に止まった。

池は免れたものの、水谷の3打目は池越えの難しいアプローチ。

「緊張するな~」(水谷)

「てやっ! あ……!」(水谷)

水谷のボールは池を越えるか越えないかの微妙な弾道……。

「やめてーーー」(水谷)

いったん池を越えたものの、手前に戻ってきてしまい、ボールは無情にも池へ。

「この場合、こっちから打ってもいいんだよね?」(水谷)

「うーん、手前からじゃないですか?」(満石)

「いったんペナルティーエリアの赤線を越えてから池に落ちたわけだから、ピンに近づきさえしなければ、最後に赤線を横切った地点から2クラブのところにドロップできる」と主張する水谷に対し、満石は「池に入った場合は池の手前から打ち直さなければならない」と反論。果たして正しいのは?

いったん池の赤線を越えたボールが、傾斜で戻って池に落ちてしまった。池を越えたサイドから打つことができる?

A. 打つことはできない
B. 打つことができる

正解は……






B「打つことができる」

レッドペナルティーエリア(赤杭や赤線で示された区域)に球が入った場合、1打罰のもと(1)前打位置から打ち直し、(2)球が入った場所とホールを結んだ後方延長線上にドロップ、に加え、(3)ラテラル救済を選択することができる。ラテラル救済を選択した場合、球がレッドペナルティーエリアの縁を最後に横切った地点を基点とし、2クラブレングス内でホールに近づかない範囲を「救済エリア」として定め、そこにドロップすることができる。今回のケースも、レッドペナルティーエリアを最後に横切ったのは池を越えたサイドのため、池の向こう側でホールに近づかない場所にドロップできる(規則17-1d)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年5月11・18日合併号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』