Myゴルフダイジェスト

打順をうっかり間違えた! これって打ち直さなきゃダメ?

監修/小山混
PHOTO/Hiroyuki Okazawa THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号21
中里さや香

ゴルル会員番号14
渥美友里恵


1番ホールでパー発進と幸先のいいスタートを切った渥美。意気揚々と2番パー3のティーイングエリアに向かったところ……。

パシーン

「あれ? さや香さん、もう打った?」

前のホール、ボギーだった中里が先にティショットを放つ。

中里の打ったボールは見事グリーンオン。

「やったー、バーディチャンス!」

「さや香さん、オナーは私ですよ」(渥美)

「あ、そうだった! ごめん!」(中里)

「私が打ったあと、もう一度打ち直しです!」(渥美)

「え? うそでしょ!?」(中里)

誤って渥美より先に打ってしまった中里に対し、渥美は「打順を間違えたので打ち直し」と指摘。それに対し中里は「準備ができた人から打っていいはず」と反論。果たして正しいのは?

うっかりしていて打順を間違えてしまった! どう処置すればいい?

A. 無罰でそのままプレー
B. 無罰で打ち直し

C. 1打罰で打ち直し

正解は……






A「無罰でそのままプレー」

ストロークプレーの場合、プレーヤーが違った順番でプレーしても罰はない。ただし、複数のプレーヤーが、そのうちの1人を有利にするために違った順番でプレーすることに同意した場合、各プレーヤーは2打の罰を受ける。マッチプレーの場合も、打順を間違えたことに対して罰はないが、相手はそのストロークを取り消すことができる。また、ストロークプレーでは、安全を間違いなく確保できるという前提において、時間節約のために順番を入れ替えてプレーすることが認められ、推奨されている(レディーゴルフ)(規則6-4)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年4月13日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』