Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

ボールがバンカー内の水たまりに! バンカーの外にドロップしてもいい?

監修/小山混
PHOTO/Hiroyuki Okazawa THANKS/武蔵野CC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号21
中里さや香

ゴルル会員番号14
渥美友里恵


雨上がりのラウンドとなったこの日。渥美のパー3のティショットはグリーン右のバンカーへ。

「あ、水たまり!」

前日の雨の影響で、バンカーの中に水たまりが。渥美のボールはその水たまりの中に……。

「うーん、打てないことはないけれど……」(渥美)

「水たまりだから救済したほうがいいね」(中里)

「では、救済しまーす」(渥美)

渥美は救済を宣言してボールをピックアップ。

「ここから打ちまーす」(渥美)

「え? バンカーの外??」(中里)

バンカー内の水たまりに入ったボールを、後方のラフにドロップしようとした渥美に対し、中里は「バンカー内にボールがあるときは、救済しても同じバンカー内にドロップしなければならない」と指摘。果たしてバンカー外からプレーすることは認められる?

バンカー内の水たまりから救済を受ける際、バンカーの外にドロップしても良い?

A. バンカー内にドロップしなければならない
B. 1打罰でバンカー外にドロップできる

C. 無罰でバンカー外にドロップできる

正解は……






B「1打罰でバンカー外にドロップできる」

球が水たまりの中にある場合、「異常なコース状態」として罰なしの救済が認められる。バンカー内で罰なしの救済を受ける際には、完全な救済のニヤレストポイントと救済エリアはそのバンカーの中でなければならないが、2019年のルール改正で、もう一つの選択肢として、1打罰のもとバンカーの外からプレーすることができる「罰ありの救済」が加わった。これにより、元の球とホールを結んだ後方延長線上のバンカー外に、1打罰でドロップできるようになった(規則16.1c)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年4月6日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』