Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】スタンスは修理地の中だけど…そのまま打っても問題ないよね?

【ゴルルとルール】スタンスは修理地の中だけど…そのまま打っても問題ないよね?

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

監修/小山混
PHOTO/Hiroyuki Okazawa THANKS/武蔵野GC

ゴルル会員番号40

萩原菜乃花

ゴルル会員番号44

水谷花那子

萩原の1打目はナイスショット。フェアウェイやや右に外れるも距離は十分で、残り100Yほど。

「ラフは短いし、打ちやすそうね」

「よーし、ピンにつけるわよ!」

アドレスを取ると、スタンスが修理地にかかったが……

「ライはいいし、このまま打とう!」

「待って! 救済しないとダメじゃない?」(水谷)

「え? そうだっけ?」(萩原)

「修理地にボールがあるときはもちろんだけど、スタンスがかかるだけの場合も救済を受けなきゃいけないのよ」と指摘する水谷に対し、萩原は「ボールが修理地の外であれば、スタンスがかかっても救済を受ける必要はないのでは?」と主張。果たして正しいのは?

スタンスが修理地にかかっているとき、そのまま打つことは認められる?

A. 認められる
B. 認められない

正解は……

A「認められる」

動物の穴、修理地、動かせない障害物、一時的な水などの「異常なコース状態」にプレーヤーの球が触れている場合だけでなく、スタンスやスウィングの妨げとなる場合も、罰なしの救済を受けることが認められる(規則16.1a)。今回のように、救済を受けなくても問題なく打てると判断した場合、そのまま打っても問題はない。ただし、救済を受ける選択をした際には、その異常なコース状態からの「完全な救済」でなければならず、スタンスがかかるだけでもNGとなる(規則16.1b)。また、異常なコース状態からそのまま打つことは危険なケースもあるので、できるだけ救済を受けることが望ましい。

週刊ゴルフダイジェスト2023年4月4日号より

最新のルールをどこよりも分かりやすく解説!

『2022-2023 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

サンプル版をご覧いただけます