Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【飛ばしたいなら“ゆっくり”振る】<前編>速く振ろうとすればするほど飛ばないワケ

【飛ばしたいなら“ゆっくり”振る】<前編>速く振ろうとすればするほど飛ばないワケ

ここ一番で飛ばそうと思うと、ほとんどのゴルファーが“速く”振ることを考えるだろう。ところが横田英治プロは「飛ばしたいときほどゆっくり振るべき」と断言する。果たしてその真意とは?

TEXT/Kenji Oba PHOTO/Hiroaki Arihara、Blue Sky Photos THANKS/クラブハウス

解説/横田英治

プロ、アマ問わず、わかりやすいレッスンが人気。ギアに詳しく試打企画でもおなじみ。女子プロの岸部桃子を指導中。自らが主宰するゴルファーが集まる総合ゴルフサロン「クラブハウス」が千葉県にオープン

速く振ろうとするとデメリットが多い

「アマチュアは飛ばしたいときほど、クラブを速く振ろうとします。ところがプロは飛ばしたい場面でまったく逆のことをします。つまりゆっくり振るんです」と語るのは、スウィング理論に詳しい横田英治プロだ。

横田プロによれば、速く振ろうとすればするほど「デメリットしかない」と言い切る。具体的にどんなデメリットがあるのか?

「速く振ろうとすれば、誰でも力みます。これが一番のデメリットで、スウィングにおいて力んでいいことはひとつもありません。その結果、クラブは外から下りてきます。アウトサイドイン軌道になり、スライスの原因になるのです。また入射角がスティープ(鋭角)になるため、エネルギー効率も悪くなります。いくら速く振ろうとしても、カット軌道のコスリ球では飛ぶわけがありません。なにより力めば力むほど、思いに反してヘッドスピードは落ちますから」と横田プロ。

速く振ろうとすることが与える悪影響は、スウィング軌道やヘッドの入射角だけではない。横田プロによれば、オーバースウィング、ダウンスウィングでの左への突っ込み、左腰の引け、右足体重になった明治の大砲などなど……あらゆるミスショットの原因になるのだという。

「もちろんプロだって人間ですから、試合で緊張した場面になれば当然、力は入ります。ただ、力が入ったとしても、だからこそ、ゆっくり振ろう、脱力しようという意識を持つのです。これはアマチュアにとっても大切なことです。ここにナイスショットを生む、あるいはゴルフの上達につながるヒントが隠されているのです」

ちなみにクルマにたとえるなら力みはブレーキ、脱力はアクセルとなる。速く振ろうと力むのではなく、ゆっくり振ろうと脱力することが、結果としてシャフトをしならせ、ヘッドを走らせる、ということになるのだ。

「ゴルフはクラブを振れば振るほど、ミート率が下がってしまいます。いわゆるマン振りは、デメリットが増えるだけなのです。飛ばしの三要素は『ボール初速・スピン量・打ち出し角』ですが、この3つの数値を整えることが重要で、そのカギが“ゆっくり振る”ことにあるのです」

プロは“ゆっくり振る”からスムーズで力強い。とくに飛ばしたい場面では、あえてゆっくり振るイメージを強く持つという。その意識こそが、アマチュアが参考にすべきポイントなのだ

速く振ろうとするほど……
(1)力む (2)アウトサイドイン軌道 (3)スティープな入射角
早く振ろうとすると逆に飛ばなくなってしまう最大の原因は、ブレーキとなる力み。また、力が入るほど腕とクラブは体から離れ、アウトサイドイン軌道になる。その結果、ヘッドの入射角がスティープになり、カット軌道のコスリ球になる。

>>では、”ゆっくり振る”ためにはどうすればいい?

  • 飛ばすためには、速く振るよりもむしろゆっくり振ったほうがいいと主張する横田英治プロ。では実際にゆっくり振るためにはどんなことを意識すればいいのか。さらに詳しく聞いてみた。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Hiroaki Arihara、Blue Sky Photos THANKS/クラブハウス 解説/横田英治 プロ、アマ問わず、わかりやすいレッスンが人気。ギアに詳しく試打企画でもおなじみ。女子プロの岸部桃子を指導中。自らが主宰するゴルファーが集まる総合ゴルフサロン「クラブハウス」が千葉県にオープン >>“ゆっくり”振ったほうが飛ばせる理由とは? “ゆっくり振る”のは切り返し 「ゆっくり振る」とは具体的にどうすればいいのか。横田英治プロによれば、テークバックに注意が必要だという。「『もっとゆっくり振りましょう』とアドバイスされると、ほとんどのアマチュアは“ゆっくり”クラブを上げようとします。実はこれが大きな間違いです。スウィングの90%は切り返しで決まりますが、ゆっくり振るというのは、この切り返しをゆっくりさせることなんです。そのためには、テークバックは素早く上げたほうがいいんです」横田プロによれば、力の出し方には強弱の波があるという。力が入れば力が抜け、力が抜ければ力が入る……という波だ。つまりテークバックをゆっくり行うと、次の切り返しで力んでしまうのだ。それを逆にするには、テークバックでクラブをスッと上げる。すると切り返しで力みが消え、ゆっくり振れる、というわけだ。「切り返しは自分では見えない部分。ですからここをどうゆっくりできるかが重要です。そのポイントがテークバックにあるんです」切り返しがゆっくりになると、ダウンスウィングでタメができ、クラブがインサイドに下りる。アウトサイドイン軌道はヘッドが直線的に動くが、インサイドアウト軌道は背中側から曲線を描くため、助走距離が長くなり、重力や遠心力の働きが大きくなる。その結果、ヘッドが加速するのだ。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「ゆっくり切り返せるとダウンスウィングからインパクトにかけ、右ひじが体の近くを通ります。インサイドアウト軌道&シャローな入射角ですから球のつかまりもよくなります。一方、切り返しを急ぐほどアーリーリリースになるため、右ひじが体から離れてしまい、カット軌道になるんです」ちなみに力の波で考えると切り返しでゆっくり(弱く)できると、インパクトに向かって自然と速く(強く)なっていくのだ。「最後にフォローはヘッドが加速するか、減速するかの違いです。ゆっくり振ろうとすれば、ヘッドは加速し、速く振ろうとするほど、減速するのです。フォローが大きく、フィニッシュの高いプロや上級者は、ゆっくり切り返す動きができているのです」ゆっくり振る。その意識だけでいいことがテンコ盛りなのだ。 始動ゆっくりするのは切り返しテークバックは速くていい テークバックはスッと素早くを意識しよう。ゆっくり振れというとテークバックをゆっくり、あるいは緩んで手上げになるアマチュアが多い。ここでエネルギーを使うことで、切り返しの力みが防げる 切り返しゆっくりを意識すればクラブはインに下りる “ゆっくり”振るのはテークバックではなく切り返し。切り返しをゆっくりにすることで、クラブが自然とインから下りやすくなる ダウンスウィングクラブが曲線を描くと助走距離が長くなる アウトサイドイン軌道では、ヘッドが直線的に下りてきて入射角が鋭角になりやすい。切り返しをゆっくりにしてインから下ろすことで、ヘッドの軌道が曲線を描き、助走距離が長くなってヘッドを加速させやすくなる インパクト右ひじが体の近くを通る 切り返しで脱力できると右ひじは体の近くを通る。ダウンスウィングのタメが生まれるほか、入射角がシャローになって、打ち出し角やスピン量なども適正になる フォローゆっくり振ればフォローも大きくなる プロや上級者のフォローが大きく、フィニッシュが高いのはヘッドが加速している証しだ。一方アベレージゴルファーの多くが、フォローが小さく、フィニッシュも低いのはヘッドが減速しているから 「ゆっくり振る」を身につける3つのドリル ゆっくりの効果はわかったが、実際にゆっくり振るためには、どんな練習をするといいのか? 横田プロが一番にすすめるのが、砂や水の入ったペットボトルをヘッド後方に置き、それを真っすぐ押し退けてボールを打つドリルだ。 Drill 1ペットボトルを真っすぐ押し退ける 「始動でエネルギーを使うとゆっくり切り返せる」テークバックで水の入ったペットボトルを後方に押し退け、ボールを打つ。最初にエネルギーを使うと次の段階、つまり切り返しで力が抜け、ゆっくり振れるようになる 【メリット1】重さを感じて上げる>>素早いテークバックヘッド単体だと重さは感じづらいが、水の入ったペットボトルを押せば、誰でも重さを感じられる。重さを感じることで、理想的で素早いテークバックが身につく【メリット2】アウトサイドに上がる>>インサイドに下ろしやすいペットボトルを真っすぐ押し退けると、クラブがややアウトサイドに上がっていく。その結果、切り返しでループし、インサイドに下ろしやすくなるのだ【メリット3】体を使って上げる>>切り返しがゆっくりになる水や砂の量にもよるが、ある程度の重さがあると手上げ防止になる。体を使ってクラブを上げる=エネルギーを使うことで、切り返しのゆっくりが生み出せる Drill 2極端に短く持って打つ 切り返しの力みが自然に抑えられる 可能な限り短くクラブを握り、ボールの上にヘッドをセット。普段のアドレス状態からボールを打ってみよう。速く振ろうと力むほど、ヘッドがボールに届かなくなる。切り返しの力みが自然にとれる Drill 3クラブ逆さ素振りから球打ち クラブの重さを感じることでゆっくりがわかるまずクラブのヘッド側を持ち、思い切り振る。そのあとすぐに通常の持ち方に切り替え、ボールを打つ。軽いモノから重いモノへと感覚を変化させることで、クラブの重さを実感できる。「速く振ろうとするのは、クラブの重さを見失うこと。クラブの重さを感じられると、ゆっくり振る感覚もつかみやすくなるんです」(横田) 週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より