Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ゴルフジム】「どんな砂質のバンカーでも安定して出せるようにするにはどうすれば?」

【ゴルフジム】「どんな砂質のバンカーでも安定して出せるようにするにはどうすれば?」

読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「バンカーショットが苦手」というもの。その解決法とは?

PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei Sugawara THANKS/アーリーバード.ゴルフクラブ

教える人/桐林宏光

きりばやしひろみ。64年生まれ、東京都出身。06年プロ入会。05年筑波大学で修士課程を修了、プロゴルファーでありながら、スポーツメンタルトレーニング指導士の資格も持つ。「桐林宏光ゴルフ塾」を主宰

<今週のお悩み>
「バンカーの砂質の違いで
うまく出たり、出なかったりします」

●山村百音さん(22歳/身長157cm/ゴルフ歴14年/ベストスコア72/平均スコア82)
ヘッドが落ちる位置がボールの直前なので、取れる砂の量が少ない。これだと、ほんの少しのミスで、薄く当たりすぎる危険性が高い。もう少し、砂を取る範囲を大きくイメージしたほうが、ミスになりにくいし、いろいろな砂質に対応できる

山村 どんな砂質のバンカーでも、安定して出せるようにしたいんです。

桐林 バンカーのコツは、ボールを中心にして、「はがき」くらいの長方形に砂を取ること。洋芝のターフって、「わらじ」みたいに取れるでしょ? あれを砂でやるイメージです。

山村 一応、ボールの下にソールを潜り込ませる感じで打ってはいますが……。

桐林 インパクトしてから、すぐ左ひじを引いているので、スパッと砂を切る感じになってるんです。それだと砂が「爆発」しないですよね。インパクトで砂をすくって、フェースに砂をのせたままフォローを出す感じにすると、ザバーッと砂が多く取れます。

山村 なるほど。

打ってすぐヘッドをインに抜きすぎです

桐林 砂の上に、「はしご」みたいに長方形をたくさん描いて、その中の砂を飛ばす練習をするといいんです。砂が飛ばせるようになれば、その上にあるボールは勝手に飛んでいきますから。

山村 砂を大きく取るのが、意外と難しいです。

桐林 実際にフェースに砂をのせて、フォローの形を作ってみましょう。左わきを締めて、ヘッドを目標方向に出していかないと、砂が落ちちゃいますよね?

山村 体全体を使って砂を「運ぶ」感じですね。

桐林 そうです。今まではフォローで少し右に重心が残っていたので、もっと右肩、右腰を回して、思い切って左足に乗っていってください。そうするとヘッドをインに引かないで、真っすぐ目標方向に出せます。

これで解決!
「フォローで左ひじを引かずに
 砂ごとボールを運んで打とう」

Point 1
フェースに砂をのせてフォローまで運ぶ

インパクトからフォローにかけては、砂をフェースですくって、それを落とさないようにフォローまで運ぶイメージ。左わきを締め、ヘッドを目標に対して真っすぐ出していく

Point 2
右肩、右腰を最後まで回す

インパクト後は、右肩、右腰を積極的に回して、重心を左サイドに送る。右に重心が残ったままだと、フェースに砂をのせたままのイメージで、ヘッドを目標方向に出すのは難しい

Drill
「はがき大」のエリアで砂ごとボールを飛ばす

バンカーはボールを打つというより、砂を飛ばした結果、ボールも一緒に飛んでいくというイメージのほうが簡単。ボール周辺に「はがき大」の長方形を描き、そのエリアの砂ごと打つ

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

こちらもチェック!

  • ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Akira Kato ゴルル会員番号21 中里さや香 ゴルル会員番号40 萩原菜乃花 雨中のラウンドとなったこの日。パー3のティーショットをグリーン手前のバンカーに入れてしまった中里がボールのところへ行ってみると――。 「すごいところに止まってるんだけど…」(中里) 「ひゃー! でもスタンスがかかるから救済できるんじゃないですか?」(萩原) 「救済しても難しいライになりそうだからこのまま打つわ」 救済せずそのまま打つ選択をした中里。 「あ、しまった!」 バックスウィングでクラブが水に触れてしまう。 「これって2ペナよね…」(中里) 「水についただけなら大丈夫では?」(萩原) 「バンカー内ではクラブで砂に触れるのはNGだけど、水に触れるのもやっぱりダメだよね」と心配する中里に対し、「砂に触れさえしなければ問題ないんじゃないですか?」と萩原。果たして正しいのは? バックスウィング中にクラブがバンカー内の水たまりに触れた。どうなる? A. 罰なしB. 2罰打 正解は…… A「罰なし」 バンカー内の球に対してストロークを行う前に、球の直前・直後の砂にクラブで触れたり、練習スウィングやバックスウィング中にクラブが砂に触れると2罰打が科せられる(規則12.2b)。しかし、罰の対象となるのはあくまで「砂」。今回のように、バンカー内の水たまりにクラブが触れることに関しては規制はなく、ペナルティはない。またバンカー内の水たまりは「異常なコース状態」に該当するため、球が水たまりの中にある場合や、水たまりがスタンスやスウィング区域の障害となる場合は救済を受けることができ、同じバンカー内でピンに近づかない場所にドロップすることができる(規則16.1c)。 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます こちらもチェック!
  • バンカーは、出すだけなら何とかなるという人でも、目玉や傾斜など厄介なライに遭遇すると大叩きがチラついてしまう。そこで今回は、バンカー内の厄介な状況を切り抜けるコツについて、名手・高橋竜彦に解説してもらった。まずは、最も遭遇しやすい難ライ「目玉」の打ち方から。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/千葉国際カントリークラブ【PGM】 解説/高橋竜彦 1974年生まれ。05年に初優勝し、翌年にはツアー選手権でメジャー制覇。現在はツアーのコースセッティングなども行う。ジャパンクリエイト所属 ●CONTENTS●#1 目玉のライ#2 アゴに突き刺さった球&左足下がり#3 スタンスがバンカーの外 打ち込みすぎると失敗する ただでさえイヤなバンカー。目玉になっていたら絶望的な気持ちになるが、ツアー経験豊富な高橋竜彦に打ち方を教わったところ、「出すだけなら意外と簡単だし、ピン位置次第では寄せることも可能」だと言う。「アマチュアの多くは打ち込もうとしすぎているように思います。ウェッジのヒール側から、ハンドファーストにカットに打ち込んでしまうせいで、砂を飛ばせないんです。もちろんボールの下までヘッドを潜らせなければいけないので打ち込む必要はありますが、ちゃんとウェッジのトウ側がボールの下に届くように、少しヘッドを走らせる感覚を持ってもいいと思います」フォローでフェースを上に向けるようにリリースしながら振り抜けば、ロフトが増えるぶん球が上がる。スピンは利かないが、止めることさえ求められなければ、球の高さで寄せることは可能だというわけだ。 Point 1ヘッドを走らせてフィニッシュでフェースを上に向ける ある程度打ち込む感覚は必要だが、カットに打ち込んで終わりではなく、ヘッドを少し走らせてロフトが増えるように振っていくことで、球が上がって脱出も容易になる Point 2ボールの下にウェッジのトウをしっかり届かせる リリースしながら打ち込むことでフェースが閉じながら砂に潜り、ボールと砂を飛ばせる。ボールの下にウェッジのヒールを潜り込ませるのではなく、トウ側を潜らせるイメージだ Point 3オープンに立って手を体の近くに通していく スタンスなりに、目標に対してはカット軌道で振るが、インパクト後に手元が体の近くを通って低い位置に抜けていく感覚。手元が浮き上がりながらリリースしてしまうと、ヘッドがボールの下まで届かない 【アドレスのポイント】「ボール真ん中」で左足を引いて構える ボール位置は真ん中、目標にスクエアに立ったところから左足を引いてオープンに構える。スウィングはスタンスなりで、カットにしすぎない 高橋竜彦の「目玉のライ」お手本スウィング フェースは少し開き、スウィングはスタンスなり。左足を引いたぶん体の正面から見るとボール位置が右足寄りに見える では、こんなケースはどうすれば?>>アゴに突き刺さった球&左足下がり>>スタンスがバンカーの外 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • 日々技術向上のため研鑽を惜しまない片山晋呉の連載「上達の玉手箱」。今回のテーマは、バンカーの目玉の打ち方について。 TEXT/Yumiko Shigetomi https://my-golfdigest.jp/tournament/p57476/ 前回のお話はこちら 目玉はフェースを開かずにとにかく力任せにドーンと打つという人が多いですよね。それでも出すことはできるかもしれませんが、出すだけで精いっぱいだし、ヘッドが深く潜って振り抜けないから下手したら手首を痛めたりします。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 僕の目玉の打ち方は、フェース面が自分のほうを向くくらい閉じた状態でグリップするんです。トウがターゲットを向いた状態になるのですが、これだとヘッドが砂の抵抗をあまり受けないで打てて、ボールがポーンと前に飛んでくれます。フェースが自分のほうを向いているのにボールが前に飛ぶのが不思議に思うかもしれませんが、バンカーはもともとボールを打つというより砂を飛ばすものなので、砂が飛んだ方向にボールも飛んでくれます。フェースの向きは関係ないんです。 トウから入れば砂の抵抗が減って抜けが良くなる トウをターゲットに向ければ砂の抵抗が少なくなるから、大きく力任せに振らなくてもヘッドが抜けてくれる。試合中も目玉になったらこの打ち方をするが、実はあまり気づかれることがない 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より
  • タイガー・ウッズも指導していた名伯楽ブッチ・ハーモンをして「100ヤード以内ならフジタは世界最高の選手」と言わしめた藤田寛之。なかでもバンカーショットは、プロの誰もが舌を巻くほどの技術を持ち合わせる。そんな藤田に、アマチュアゴルファーから寄せられたバンカーに関する素朴な疑問をぶつけたみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/葛城ゴルフ倶楽部 解説/藤田寛之1969年生まれ。168センチと小柄な体型ながら、得意のショートゲームを磨き上げ、2012年には年間4勝を挙げ賞金王に輝く。メジャー3勝を含むツアー通算18勝。 「アドレス」に関する疑問 Q. スタンスはオープンにしますか? A. スタンスの向きよりも、肩のラインを飛球線と揃えることのほうが重要です。 Q. フェースは開きますか? A. 必要に応じて開きますが、「開き方」がすごく重要です! >>開き方のポイントはこちら Q. ボール位置はどこですか? A. 状況によって変わるけど、ボールを上げたいときは左足側に置きます。 Q. 右足と左足の体重配分は? A. 左に乗せておくのがオススメ。最大7割くらい左に乗せるぐらいの気持ちでもいいでしょう。 Q. 足はしっかり埋めますか? A. 若干埋めますが、足場を作るのではなく軽く安定を図るために埋めます。 「打ち方」に関する疑問 Q. バンカーは力がないと難しいですよね? A. 力は要りません。ヘッドの重さだけで十分出せますよ。 Q. アウトサイドインに振るんですか? A. 左足下がりや目玉などの特殊な状況以外は通常通りに振ります。 Q. ベタ足で打つんですか? A. 僕はスウィング軸が安定するからベタ足をオススメします。 Q. ボールのどれくらい手前を打つんですか? A. ボールの2~4cm手前です。 Q. フェースは返す? 返さない? A. フェース面の意識よりヘッドの動きやシャフトの向きのほうが大事です。 Q. 手打ちじゃダメですか? A. 全然オッケー! プロでバンカーから大振りする人いないですからね! 「イメージ」に関する疑問 Q. どんな音をイメージしてますか? A.「スパーン」「ターン」「トーン」といった感じ。「ドン」ではないですね。 Q. 距離感はどうやって出すんですか? A. ヘッドの入射角にもよりますが、2~3倍の距離を打つ感覚ですね。 Q. クラブは振り切る? 止める? A. ライン出しのときは止めることもありますが、イメージが湧きやすいほうでいいと思います。 >>バンカーの大基本! フェースの正しい開き方>>打ち方のポイントは? エクスプロージョンの極意 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!