Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【“5UT”を武器にする】#1 「170Y」が“狙える距離”に! 5UTを入れればゴルフが一気にラクになる

【“5UT”を武器にする】#1 「170Y」が“狙える距離”に! 5UTを入れればゴルフが一気にラクになる

02女子プロはよく使っているイメージがある、5番ユーティリティ(5UT)。5UTの飛距離は、男性アマチュアならアイアンで打てるから「必要ない」と考えがちだが、実はアイアンよりも格段にラクにグリーンを狙えるようになるという。分かりやすいレッスンに定評がある青山薫プロに、5UTのメリットや打ち方のポイントについて教えてもらった。

PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Daisei Sugawara THANKS/城里ゴルフ倶楽部

解説/青山薫

あおやまかおる。週刊GDでも長く連載を担当した、名物プロ。69歳となった現在も、ショットのキレは健在! 最近では「泣かせの青山」の異名も

●CONTENTS●
#1 5UTを入れるべき理由
#2 フィニッシュは手元を低く!
#3 使い続けるだけでいいスウィングに

170ヤード前後をラクに打てる

3番や4番のユーティリティ(UT)をバッグに入れているアマチュアは多いが、5番のUTはあまり入ってない。「もったいない」と言うのは、最近5UTのよさに気づいたという青山薫プロ。

「やっぱり、『飛ばしたい』という気持ちがあるから、長い番手を入れているんだろうけど、たとえば360~370ヤードのパー4で、ドライバーが200ヤード飛んだら、残りは5番か6番アイアンの距離になるでしょ? そこで、5UTがあったら、そっちのほうがグリーンに乗る確率が高くなるワケ。5UTは、ロフトが25度くらいで、今だと6番アイアンと同じくらい。でも、重心深度が深いから圧倒的に球が上がるし、アイアンよりシャフトが長いから確実に飛距離も出る。アマチュアこそ5UTを使わないで、『誰が使うの?』というクラブなんだよ」

さらに、5UTはソールが厚いから、ラフやバンカーもへっちゃら、左足下がりでも球が上がる、と「いいことずくめ」のクラブなのだ。

【5UTのメリット1】
どんなライからでもラクに打てる
アイアンに比べてソールが厚く、滑ってくれるので、ラフやバンカーからも打ちやすい。傾斜地でもボールを確実に拾ってくれるので、力まずに打てる

【5UTのメリット2】
ボールをラクに上げられる
5番アイアンより半インチ以上長いので、短く握っても十分なヘッドスピードを得ることができ、ムリに振らなくてもラクにボールを上げられる

5UTのロフトは24~26度

5UTのロフトは、24~26度が主流。距離のあるセカンドや長めのパー3など、アイアンだと力が入ってミスしやすい場面で活躍してくれる

では具体的に、どう打てばいい?
5UTを得意にする打ち方の極意

  • 170Y前後の距離をアイアンよりもラクに狙えるようになるという「5UT」。単に打ちやすいというだけでなく、5UTを打つことで自然といい動きが身につきやすくなると青山薫プロは言う。その真意とは? PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Daisei Sugawara THANKS/城里ゴルフ倶楽部 解説/青山薫 あおやまかおる。週刊GDでも長く連載を担当した、名物プロ。69歳となった現在も、ショットのキレは健在!最近では「泣かせの青山」の異名も ●CONTENTS●#1 5UTを入れるべき理由#2 フィニッシュは手元を低く!#3 使い続けるだけでいいスウィングに 上げようとする意識が消える ゴルフのスウィングは「ヘッド」が主役。ヘッドをどう動かしたいのか、明確なイメージがあれば、「体」は勝手に動くと青山プロは言う。「大事なのは、ヘッドの動きを『脳』にインプットすること。たとえば、箸で何かをつまむときには、どの指を動かして、どのくらいの力を入れるなんてことは頭で考えなくても、勝手に手が動くでしょ? ゴルフも同じで、自分でボールを『上げなきゃ』と思っているうちは、いつまで経ってもヘッドが主役のスウィングにならないんだよ。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です その点、5UTは確実に『上がる』から、使い続けていると、『上げようとしなくていいんだ』という意識が、脳にインプットされる。つまり、無駄に手を上げなくなるからますます当たるし、他の番手にもいい影響が出る。5UTが1本あるだけで、いい循環になるワケだね」 ボールをつまもうと思うと、自然と体が反応するスウィングも同じ クラブ2本を箸のようにしてボールをつまむ。指にかなり力が入るが、それは「ボールをつまむ」目的に対して、脳が最適な力加減を命じた結果 体のエネルギーをしっかり伝える振り方 【トップ】左肩をしっかり入れるテークバックは足を動かし、体幹をしっかり回すことを意識する。肩がさえしっかり回っていれば、トップの大きさ自体は左腕が地面と平行になる程度で十分【切り返し】下半身リードで切り返し切り返しのきっかけ動作として、左足を強く踏み込む。意識して体を動かせるのはここまで。切り返し後に意図的にどこかを動かすのは難しい【ダウンスウィング】左ひざが伸びる動きでヘッドが加速下半身主導でクラブを下ろし、ダウンスウィング後半で、左ひざが伸びる動きによって、クラブが振り子状に加速する【インパクト】手元が減速し、ヘッドが最大加速ヘッドが主役だと、インパクトに向かって手元が遅くなり、ヘッドは加速していく。インパクトでは、ちょうど最下点の位置にヘッドが戻る “手元意識”ではこんな動きになる 手元が左に流れてしまう 本来は「ヘッド」を振らなければいけないが、多くのアマチュアは「手元」を振ってしまうので、肝心のヘッドが振り遅れ状態になってしまう 右ひじが伸びてしまう ダウンスウィングで右ひじを早く伸ばしたり、手首をリリースしたりすると、確かにヘッドは動くが、体のエネルギーが伝わらず、軽い当たりになる 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より
  • 170Y前後の距離をアイアンよりもラクに狙えるようになるという「5UT」。使いこなすためのポイントについて、青山薫プロに詳しく聞いていこう。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Daisei Sugawara THANKS/城里ゴルフ倶楽部 解説/青山薫 あおやまかおる。週刊GDでも長く連載を担当した、名物プロ。69歳となった現在も、ショットのキレは健在! 最近では「泣かせの青山」の異名も ●CONTENTS●#1 5UTを入れるべき理由#2 フィニッシュは手元を低く!#3 使い続けるだけでいいスウィングに 上げようとすると上がらない 5UTはやさしいとはいえ、そのやさしさを引き出すには打ち方にコツがいると青山プロは言う。「どの番手にも共通することだけど、ボールを上げたかったら、フォローで手を高く上げようとしちゃダメ。手を低い位置に振り抜くイメージのほうが、ヘッドが上から下りてきて、リーディングエッジがちょうどボールの赤道の下に入る。これだとロフトが立って当たるから飛距離が出るし、スピンも利いて止まりやすい球になるんだ。手を上げようとすると、ロフトが寝た状態でアッパーに振ることになるから、フェースの上っ面に当たっちゃう。ウェッジで打ったみたいに、高く上がるけど飛ばない球になるんだよ。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 5UTできっちりグリーンをとらえるには、最初にフィニッシュの位置を決めておいて、トップから何も考えずに、そこまで振り切ることが大事。そもそも、一度切り返したら、そのあとで何かするのはほぼ不可能。ボールと頭との距離感さえ変えなければ、バッチリ当たります」 低い位置に振り抜いていく 低い位置に振り抜く意識を持つことで、ヘッドが上から入りやすくなり、強い球が出てスピンもしっかり入る。ボールを上げようとすると、ヘッドが下から入って弱い球になる 手でボールを上げようとすると球が上がらない ボールを上げようとして手元を持ち上げるように振っていくのは逆効果。あおり打ちになってヘッドスピードが上がらず、十分な高さも距離も出ない Point 1ボール位置は真ん中でOK 地面から打つので、最下点より左にボールを置くとダフりやすい。最下点の位置(スタンス中央)か、少しだけ右に置くぐらいでもいい Point 2肩をしっかり入れ替える 大事なことはしっかり加速しながらインパクトすること。肩をしっかり回して、体の回転で打つと、インパクトでゆるまない Point 3ボールと頭の距離を一定に スウィング中に上体が起き上がったり、頭が突っ込んだりすると、ボールとの距離感が変わるので、きちんと当たらなくなってしまう 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

こちらもチェック!

  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。今回はトッププロが愛用するユーティリティの名器7本をピックアップ! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う タイトリスト「910H」(2011) 中古価格●4378円~ スクエアな形のヘッドが特徴的 スクエア感のあるヘッド形状でターゲットに対して構えやすく、ロフト角、ライ角を16通りに調整できるシュアフィットツアー・システムをUTに初搭載した 【使用プロ】今平周吾「ヘッドは少し大きいですが、安心感があって振りやすい。ライン出しも打ちやすい」と今平が信頼を置く 【後藤's インプレッション】スコアラインが長く座りもいいので構えやすい「最新UTに比べると小ぶりですが、スコアラインが長いので構えると実際よりも大きく見えるのが特徴です。ヒール側がシャープでトウ側が大きく、スクエア感が出ているので、ターゲットに対して構えやすい。打感はアイアンっぽさがあります」 タイトリスト「816H1」(2015) 中古価格●5478円~ ラフからでも振り抜ける 前作モデル『915H』から入ったソールの溝が、より大きくなりフェースがたわみやすく、飛距離性能と打ち出し角が高くなったモデルが『816H』。『H1』と『H2』があり、上田桃子や菊地絵理香が使う『H1』のほうがヘッドは大きく、やさしさと安心感がある 【使用プロ】上田桃子、菊地絵理香上田桃子は17年から契約外の『816H1』を使用。175ヤード前後のティーショットやトラブルショットにも使用。菊地は18年は21度1本だったが、21年のアースモンダミンでは3本バッグインして優勝した。 【後藤's インプレッション】インパクトで食いつく感じ「ヘッド形状がフェアウェイウッドのような丸型なので、力がそれほどない女性やシニアゴルファーでも払い打てば球がしっかり上がってくれる。それでいてインパクトではフェースに食いつく感触があるので、操作できるという利点もある」 ダンロップ「スリクソンZ H65」(2016) 中古価格●6578円~ 低重心で球を上げやすい クラウンに施されたフェースと平行の溝はロフトごとで異なり、ミスしても飛距離のバラつきを抑え、距離感が安定する。また、内部にあるウェートは、後方にある6Uから徐々に前方に移動し、2Uがもっとも浅重心になるように設計されている 【使用プロ】青木瀬令奈、岡山絵里「アイアンよりピンに寄せる自信があります」と語る青木は5Uと6Uを使用。また全番手で安心して持ち球が打てるセッティングを心がけているという岡山は、3Uと4Uの2本をバッグイン 【後藤's インプレッション】グースネックで球が上がる「ネック部分に窪みを作ることで、グース感を強め、球がつかまるイメージしか湧かないモデルです。ソールだけ見るとハードめですが、番手どおりに球が楽に上がるので、グリーンを狙うというよりピンを狙えるクラブだと思います」 ツアーステージ「X-DRIVE GR」(2012) 中古価格●3300円~ 反発性能が高いマレージング鋼フェース ボールを拾いやすくするため、FP値を大きめに設計。またトップラインをストレートにすることで狙ったラインに構えやすくなっている 【使用プロ】堀琴音アマチュア時代から使用しているクラブで使用歴はほぼ10年になる。もちろん悲願の初優勝を決めた若林舞衣子とのプレーオフでも活躍した 本間ゴルフ「ツアーワールド TW737」(2016) 中古価格●5478円~ 128ccの大型ヘッドで安心感がある 大きめのヘッドながらウッド作りに定評のある本間ゴルフならではの綺麗な形状で構えやすく、ショートウッドに近い感覚で振れる 【使用プロ】笠りつ子17年に使い始め、19年に一度このクラブを外したが、21年に再び投入。そしてヨネックスレディスで5年ぶりの復活優勝を果たした ヨネックス「EZONE XPG」(2016) 中古価格●7678円~ FP値が大きく楽に球が上がる このモデルはFP値が大きく、出っ歯形状で球の上がりやすさが魅力 【使用プロ】若林舞衣子85ホール連続ノーボギーという日本記録を樹立した若林舞衣子。その驚異の安定感を支える武器 タイトリスト「818H2」(2017) 中古価格●1万978円~ アイアンのように構えやすい 重心位置を変えられる「シュアフィットCG」を採用し、弾道のコントロールが可能に。また、ソール溝が広くなりインパクト効率がアップ 【使用プロ】ジョーダン・スピースJ・スピースは17年WGCブリヂストン招待から使用。「グリーンを狙うのに高さが必要になるときは必ずこのクラブ」と絶大な信頼を置く 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より※価格は10月28日現在のゴルフパートナーでの最低金額 >>最新モデルを心ゆくまで試したい方はこちらが便利! こちらもチェック!
  • PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/船橋CC 85ホール連続ノーボギーという日本記録を樹立した若林舞衣子。その驚異の安定感を支える武器がユーティリティ(以下UT)だ。プロ入り直後から7番アイアンの代わりにUTを入れていたという筋金入りの使い手で、もはやウェッジ感覚でボールをコントロールする。そんなUTのスペシャリストに、UT使いの極意を教えてもらおう。 若林舞衣子 わかばやしまいこ。1988年生まれ、新潟県出身。16年に結婚し19年に長男を出産。昨年6月に産休からツアー復帰。今年7月に『GMOインターネット・レディス サマンサタバサグローバルカップ』でツアー4勝目を飾った。 UTの打ち方は林からのショットの延長にある! GD アイアンやFWでなくUTを使う理由は?若林 曲がりにくいことと、球が上がりやすいこと。あとはライを選ばず打てる点です。多少ミスヒットしても、大体グリーンの幅には飛んでくれるので、そこが85ホール連続ボギーなしの記録につながったと思います。GD UTを打つために注意していることを教えてください。若林 ボールを絶対に上げようとしないことです。林の中から低い球で出すときを想像してみてください。体が起き上がったり、顔が早く上がったりすると絶対にミスになりますよね。状況次第で実際に林の中から使うことももちろんありますが、そのときに注意すべきことを実践すれば、上手く打ちこなせます。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です GD そうなると、アドレスで自然と目線は低くなりますよね。若林 そう! アドレスでの目線もとても大切なんです。 UTをモノにする3つの注意ポイント (1)アドレスで目線を低く 目線を高く設定すると、アドレス自体が球を高く上げる体勢になってしまう。目線は低く、低い球を打つ構えを作り、実際に低い球を打つつもりでスウィングする (2)上げようとせずライン出しをイメージ 飛距離を出そうとすると大振りになり、振り遅れるなどのミスにつながる。コンパクトなスウィングでライン出しをするつもりで振るといい (3)上から打ち込む意識は不要 低く打とうとしてボールを上から押さえ込むようにするとヘッドの入射角が鋭角になり、バックスピン量が増え吹き上がってしまうので打ち込みは厳禁 若林がUTを愛用する理由とは? ●距離があっても狙い打ちできる スイートエリアがアイアンと比べると圧倒的に広いので、多少ミスヒットしても左右にブレることなくしっかり飛距離を出せる ●アイアン感覚で直線的にピンを狙える フェース面がスクエアに見えやすいので、アイアンと同じようにターゲットに対してスクエアに構えやすい ●少々ライが悪くても簡単に打てる アイアンと比べるとソール幅が広く、重心も深いのでボールが上がりやすい。ラフや傾斜などの影響を比較的受けずに球の高さを出すことができる 【若林舞衣子の14本】 UTはなんと4本!アイアンは8番から 3UT(19度) 180ヤード4UT(22度) 170ヤード5UT(25度) 160ヤード6UT(28度) 150ヤード 右手のひらを地面に向けて払い打ち 「かるたの払い手のイメージです!」 GD UTは鋭角に打ち込まないとのことでしたが、払い打つイメージで合っていますか?若林 アイアンよりも鈍角で、フェアウェイウッドよりも鋭角というイメージ。どちらかといえばフェアウェイウッド寄りですね。GD 払い打つ際の注意点はありますか?若林 払い打とうとして、あおり打ちになる人が多いので、基本的にヘッドは上から入れることが大前提です。ポイントは右手のひらを地面に向けたまま振り下ろすこと。インパクトで右手のひらが上を向くと、フェース面は開いた状態になり、払い打つことはできません。イメージ的には、かるたをするときに右手で払う感じに近いですね。 Point 1右ひじをおへそに向かって引き下ろす 打ち込みすぎない適度な入射角でヘッドを下ろすには、ダウンスウィングで右ひじをおへその前に入れるイメージでもいい。このとき、右手首の角度を変えずに下ろすのがコツ Point 2腰の回転でクラブを引き下ろす ダウンスウィングの際、腕で下ろさずに左腰主導でクラブを引き下ろす。体の回転を止めると手打ちになりやすい 若林舞衣子のUTスウィング 動画でも見てみよう! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} イメージは後方のゴミ箱にポイッ! GD UTを打つときに絶対に守っていることは?若林 右肩だけは絶対に前に出ないようにしています。右肩が前に出た時点でヘッドは過度に上から入ってカット軌道になります。GD 右肩を前に出さないコツはありますか?若林 右側(飛球線後方)に置いたゴミ箱にポイッとゴミを入れる感じで右手を使ってみてください。体の正面側にゴミを投げてしまうと、右肩が突っ込みます。このとき、右ひじの角度は変えずに右手のひらを地面に向けたまま下ろすのがコツです。 右手のひらを地面に向けて振り下ろす 体の正面側のゴミ箱に投げると、右肩は前に出やすくなるが、体の右側のゴミ箱に投げると右肩は前に出ない。右手のひらが下を向くようにゴミを投げるイメージを持つことで、適度に緩やかな入射角で振り下ろすことができる もう1ポイント!右肩が出なくなるルーティン 左手で右肩を押さえながらアドレスに入り、右手1本でフェース面をセットしたら、最後に左手を合わせてアドレス完成。これでインパクトで右肩が前に出にくくなる 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月21日号より こちらもチェック!
  • 夢の「70台」を目指すための特集の第2弾は「セカンド」編。ドライバーが200Y前後だと、セカンドで長い距離が残りやすく、ウッド系のクラブをいかに使いこなすかが重要になる。そこでツアー屈指のウッド名手、青木瀬令奈プロに話を聞いた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Daisei Sugawara THANKS/大新潟CC出雲埼C(アコーディア・ゴルフ) https://my-golfdigest.jp/lesson/p26296/ 「200Yでも70台」<考え方編>はこちら 長い番手の得意クラブを1本持っておこう ドライバーが200Y前後の場合、セカンドではUTやウッドを握る機会が多くなる。ウッド系を得意とする青木瀬令奈プロに話を聞くと「私もドライバーが飛ばないほうなので(平均218.3Y/6月7日時点)、2打目で残りやすい150~180Yのショットをとくに磨きました。なかでもいちばん得意なのが9W。普通に打つとキャリーで168Yですが、球筋を変えることで163~173Yを打ち分けています。スコアメイクには、100Y以内を磨くことももちろん大事ですが、それ以外に長い番手でも得意な1本を持っておくことがすごく大事なんです」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です ノーマル/キャリー168Y 【アドレス】ボール位置は真ん中よりやや左 スタンス、クラブともにターゲットに対してスクエアに構える。ボール位置は、クラブが長い分、真ん中よりもやや左に置く 【打ち方POINT】ゆるやかに打ち込むイメージ FWやUTは払い打つというイメージがあるが、球を上げるには、多少ヘッドを上から入れていく必要がある。「打つ」というよりは、ヘッドが通過する途中にたまたまボールがあるイメージで振っていくことで、ソールを上手く滑らせることができる 高い球/163~168Y 【アドレス】ボールを左に置いて目線を高く ボールを普段よりも少し左足寄りに置き、目線は高いところ(最高到達点)を見る。自然に右サイドが下がり、高い球を打つ構えになる 【打ち方Point】インパクトで体重を左に乗せる インパクトでしっかりと左に乗っていく。右足に体重が残ると、あおり打ちになってダフりやすい 低い球/168~173Y 【アドレス】ボール1個分右に置いて目線を低く 高い球とは正反対で、ボールを右足寄りにして、目線を低くして構える。目線の高さはフォローまで変えない 【打ち方Point】フォローまでヘッドは低く 打ち出したい方向にフェースを向けたまま、ヘッドを低く長く出していく。ヘッドが高く上がると球も高くなる ドロー/168~173Y 【アドレス】クローズに構えスタンスなりに振る 通常のスタンスより、左足が靴半分だけ前にあるクローズスタンスで構え、スタンスに沿ってイン-アウトに振る 【打ち方Point】アウトに大きく振り抜いていく フォローで腕を縮めて、左に引き込もうとすると引っかけになる。腕を伸ばし、大きく外に振っていく フェード/163~168Y 【アドレス】オープンに構えスタンスなりに振る ドローとは逆で、通常より左足が靴半分だけ後ろにあるオープンスタンス。フェースはターゲットに対してスクエアに構える 【打ち方Point】フォローで左わきを締める フォローで左わきを締めながら、左ひじをたたんでいくと、確実にアウト-イン軌道で振っていける ラフこそショートウッドが力を発揮! ドライバーが毎回フェアウェイをとらえられれば良いが、アマチュアの場合、ラフにつかまるケースも多い。さすがにラフからはウッドは難しそうだが、青木プロは、「ライをきちんと見極めれば、ラフからはアイアンよりウッドのほうが簡単」と言う。分厚いソールで滑りやすいぶん、思ったよりもソールが抜けてくれるからだ。ただしフェアウェイに比べ、飛距離が落ちるのは避けられない。「よほどヘッドスピードが速くない限り、フライヤーで飛距離が伸びるよりも、芝に負けて飛距離をロスすることのほうが多いです。私の場合は通常より『マイナス10ヤード』を基本にしています」(青木)。 リーディングエッジがボールの赤道より下なら打てる クラブをソールしたときに、リーディングエッジがボールの赤道より下にあれば問題なく打てる。赤道より上の場合は、アイアンで脱出を優先する 打ち方はフェアウェイと同じでOK ラフからでも、打ち方自体はフェアウェイと変わらない。「ラフだから」といって力むのは禁物。過度に打ち込まないように注意しよう ラフは「逆目」よりも「横目」に注意しよう 「ヒール側からの横目」の場合……ネックに芝が絡まり引っかけやすい フェースを開いてイン・トゥ・イン軌道 ネックに芝が絡んで急激にフェースが閉じやすいので、あらかじめフェース開いておく。カットに入れず、自然なイン・トゥ・イン軌道で 【打ち方Point】腰をしっかり回し切る 芝の抵抗が強いため、フォローで体の回転が止まると、フェースが一気に返ってしまう。フィニッシュまでずっと回転し続けることを意識すると、芝の抵抗に負けずに振り抜ける 「トウ側からの横目」の場合……インパクトでフェースが開きやすい フェースを閉じてカット軌道 トウ側の抵抗が強いので、インパクトでフェースが開きやすい。あらかじめフェースを閉じておきカット気味に振っていこう 【打ち方Point】 左足体重でやや上から入れる イメージは、フェアウェイから打つフェードと同じ。通常より少しだけ左足体重を強調して構えると、アウト-イン軌道になりやすい こちらもチェック! 青木瀬令奈のコーチ・大西翔太がFW上達法を動画で解説! 月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より フェアウェイウッドが苦手な人はこちらも! https://my-golfdigest.jp/lesson/p17217/