Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ぶ厚いインパクトを手に入れる!】#1 「レベル軌道」なら球を押せる、潰せる、飛距離が出る!

【ぶ厚いインパクトを手に入れる!】#1 「レベル軌道」なら球を押せる、潰せる、飛距離が出る!

ぐしゃっとボールが潰れ、ピンポン玉のように飛んでいくプロのような「ぶ厚いインパクト」は、我々アマチュアにも手に入れることができるのか。ぶ厚いインパクトが手に入れば、飛ぶだけでなく、球が曲がらず安定してターゲットを狙えるようになる。数多くのトッププロを指導する辻村明志コーチに、ぶ厚いインパクトの作り方を教えてもらおう!

PHOTO/Takanori Miki、Kazuo Iwamura THANKS/鎌ヶ谷CC

解説/辻村明志

上田桃子はじめ、多くのプロを指導する。プロ転向後はアジアンツアーを転戦し、その後コーチの道へ。合気道などにも通じ、王貞治を育てた荒川博氏から指導法を学ぶ

●CONTENTS●
#1 ぶ厚いインパクトの必須条件
#2 真っすぐ長く押すためのイメージ作り
#3 低く長いヘッド軌道は「おへそ」で作る!?
#4 上田桃子が語る2つの重要ポイント

必須条件は「レベルブロー」

プロのような強い球を生む「ぶ厚いインパクト」を実現するための条件とは? 辻村明志コーチによると

「まず、ぶ厚いインパクトに必須なのは“レベルブロー”です。レベルに入ることで、打点やスピンが安定しやすいうえ、インパクトでフェースにボールが乗る時間も長くなります。この“乗る・押す・潰れる”といった感覚が大事で、上から入ったり下から入ると、この感覚は弱まります」

ボール間際の直線軌道が長ければ長いほど球が乗る時間は長くなるが、そこにはフェース向きも当然関係してくる。

「特にアマチュアは下からフェースが開いた状態で入りやすい傾向にありますが、そのままだと右へ行くため、インパクトで急激に手を返すことになります。これでは球を押すより“打つ・弾く”ことになり、球に力も伝わりません」

レベル軌道の利点は、安定性に加え、パワーロスの少なさにもあるということ。そのために必要なのは「入口」と「出口」を揃えること、と辻村コーチ。次回以降、さらに詳しく教えてもらおう。

レベル軌道で、かつフェースがスクエアな状態で当たることで、飛距離も安定性も高まる。一方、V字や極端に狭いU字軌道は、インパクトが“点”となり、安定性も押す力もダウン。打ち出しやスピンが打点によってまちまちになるので、そのぶん距離のバラつきも

レベル軌道のメリット
●打点ブレが少ない>>安定性が高い
●球を長く押せる>>力の伝達効率が高い

インパクト前後の軌道が直線になれば、当然、打点ブレは少なくなる。さらに球を長く押せるため、インパクト時のパワーも伝わりやすいということ。レベル軌道はぶ厚いインパクトに欠かせないのだ

>>真っすぐ長く押すためのイメージ作り
>>低く長いヘッド軌道は「おへそ」で作る!?
>>上田桃子が語る2つの重要ポイント

週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より

こちらもチェック!

  • 8番アイアンを握ったら確実にグリーンに乗せたいところだが、うまくグリーン面に落ちても、思ったよりランが出て、グリーンの奥へ……。なぜ、同じぐらいのヘッドスピードの女子プロのショットはピタッと止まるのに、我々のショットは止まらないの? 弾道データを分析すると、その違いが浮き彫りに! TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa ILLUST/Kenichiro Tanaka THANKS/アコーディア・ガーデン東京ベイ、Five elements 解説/河野勝成 こうのかつなり。スウィングをデータと感覚の両面から解説。矢野東のコーチとして、シード復活に貢献。麻布の「Fiveelements」でレッスンを行う ●CONTENTS●#1 「止まる弾道」の3条件#2 「トップで一時停止」で入射角が安定#3 「超極端大根切り」でロフトが立つ#4 「フォローをゴール」で打点が揃う 8番アイアンで6000回転が目標 現代は球筋がデータで丸裸になる時代。データ分析が得意な河野勝成コーチは、「男子プロの、いわゆる『めくれる球』がスピン量8000回転(8番アイアン)くらいで、これは普通のアマチュアには難しいです。女子プロの平均は6000回転くらいですが、打ち出し角をきっちり確保すれば、これで十分止まる球になります」と言う。つまり、アマチュアがまず目指すべきは、女子プロと同じ「6000回転」だということ。これを実現するためには、「入射角」、「インパクトロフト」、「打点」の3つを、女子プロと同じ条件に近づける必要がある。データでは、アマチュアのほうが入射角が浅く、ロフトが寝て当たり、打点がばらつくことがわかっている。目標の「女子プロ弾道」には何が必要か、さらに詳しく見ていこう。 女子プロ弾道を手に入れるに3つのポイント 【1】入射角約5度ダウンブロー アイアンはそもそもハンドファーストに構えるように設計されていて、正しいボール位置で設計通りに打てば、5度程度ダウンブローになる 【2】インパクトロフト6~10度立った状態 ハンドファーストでインパクトするため、本来のロフトよりも6~10度ロフトが立って当たる 【3】打点芯もしくは芯よりやや下 芯よりわずかに下で打つと「縦のギア効果」により、スピンが増える。女子プロはほぼ芯に当てているが、男子プロと同様に、あえて下めの打点で打つ選手もいる 女子プロと8I弾道は理想的な値 三ヶ島かなと勝みなみの8番アイアンの弾道を計測すると、両者とも5度近いダウンブロー、かつ6~10度ロフトを立てて打っていた アマチュア50人の8I弾道を調査してみると… ●入射角……1~2度ダウンブロー●インパクトロフト……約2度寝た状態●打点……トウ寄りが多い※女子プロとほぼヘッド速度が同じアマチュア50人を調査。それぞれ5球打ってもらい平均値を算出 肩より下からクラブを下ろす 3つの課題(入射角、インパクトロフト、打点)をクリアするには、「切り返しでのクラブのポジションが大事」と河野コーチは言う。スウィング自体は十人十色だが、女子プロ全員に共通する点がある。それは、クラブが「右肩より下」を通って下りてきていることだ。「切り返し直後にクラブがプレーン上にないと、その修正のほうが忙しくて、とても『ヘッドを上から入れる』とか、『ロフトを立てて当てる』といった調整は不可能になります。切り返しでは、グリップエンドの向きを気にしてください。飛球線後方から見て、グリップエンドがボールの少し先を指していれば、概ねオンプレーンになっている目安です。ボールのはるか先を指す場合はクラブが『寝すぎ』、ボールの手前を指すようなら、クラブが『立ちすぎ』ということになります」(河野) Check 1グリップエンドがどこを指しているか 切り返し直後にクラブが立ちすぎていると、クラブを引っ張ることでフェースが開く方向に力が働いてしまう。グリップエンドがボールの先を指す程度に、シャフトが寝ていることが重要 Check 2フェース面はどこを向いているか グリップエンドの向きと同時に、フェース面の向きもチェックしたい。左腕が作る面(左腕のプレーン)と平行になっているのがスクエアの目安。無理に閉じる必要はない Drill肩の下から下ろす感覚を養う クラブの両端を両手で挟むようにして持ち、ダウンスウィングの動きをしてみる。肩の下からクラブが下りてくる感覚がわかる #2 「トップで一時停止」で入射角が安定#3 「超極端大根切り」でロフトが立つ#4 「フォローをゴール」で打点が揃う 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より
  • 飛ばしたいと思うと、どうしても腕力など上体の力に頼ってしまいがち。するとムダな力みが生じ、ミスショットを連発してしまう。しかし「力むな」と言われても、いざボールを前にするとなかなか難しいもの。そこで今回は、プロも実践している「力み」を取る方法を早川佳智プロに教えてもらった。 PHOTO/ARAKISHIN THANKS/東名古屋カントリークラブ、日進ゴルフ エトワス 解説/早川佳智 はやかわよしさと。1975年生まれ。愛知県出身。日々スウィング研究やギアを探求し続けるプロ。いまやそのオタク度が話題を呼び、数カ月先までレッスンが埋まるほどの大人気コーチ ●CONTENTS●#1 力みは必ずしも悪いことではない!?#2 迷いが消える魔法のルーティン#3 脳の錯覚を利用したアイデア素振り #4 体の重心を意識して手打ちを防ぐ 力むのは悪いことではない! 今回、スウィング中の「力み」を取る方法について早川プロに話を聞いてみると、意外な反応が返ってきた――。早川 力みって悪いことじゃないですし、逆に力まないと飛ばないです。だって、力を入れないとインパクトで当たり負けしちゃいますよね。GD えっ! 力んでもいいんですか?早川 “力んでもいいゾーン”があるんです。それは、ダウンスウィングで手元が右腰の高さまで下りてきたあと。そこからフォローで手元が左腰の高さにくるまでの半円くらいが力んでいいゾーンになります。GD どうしてそのゾーンはいいでのすか?早川 クラブに慣性が働いているのでこのゾーンでいくら力を入れようとスウィング軌道がブレることはありません。気をつけなければいけないのは、トップからの切り返しで力んでしまうこと。これが最大の悪です。それを防ぐために、プロも実践している脱力の方法をこれからご紹介します。 手元が右腰から左腰の間は力んでも問題ない ダウンスウィングで手元が右腰から左腰までの間では目いっぱい力んでもスウィングバランスは崩れない。一番よくないのは、トップからダウンスウィングへ移行するときの力み。バランスが崩れミスショットの原因に直結してしまう。トップから切り返しで力むと、伸び上がりや振り遅れ、手打ちなどのミスが出てくる >>#2 迷いが消える魔法のルーティン>>#3 脳の錯覚を利用したアイデア素振り >>#4 体の重心を意識して手打ちを防ぐ 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月1日号より こちらもチェック!
  • 「オフトレ」というと、プロアスリートだけのものと思われがちだが、アマチュアゴルファーにとっても、冬の時期に行う練習は、スウィングをリセットする上でとても重要だと北野正之プロは言う。そのキーワードが「ゆっくり&小さく」。正しい練習法を知って、この冬、ライバルに差をつけよう! TEXT/Kenji Oba PHOTO/Atsushi Tomura THANKS/サザンヤードCC 解説/北野正之 女子プロやアマチュアの指導経験が豊富。伸び悩むゴルファーへ「気づき」の指導を得意とし、スウィング理論、メンタル、マネジメントに精通。茨城・サザンヤードCCでレッスンを行う ●CONTENTS●#1 冬練の目的は「体とクラブの動きを整える」#2 「ゆっくり&小さく」振るための4ポイント#3 練習場で今すぐトライ! おすすめ5ドリル 体とクラブの動きをリセットする プロ野球がいよいよ自主トレからキャンプインする。ゴルフ界でも多くの選手がトレーニングや合宿をスタートさせている。では、プロたちはこのオフ、どんなことに取り組んでいるのか?「シーズンを通じてゴルフをしていると、必ず体とクラブの動きにズレが生じてきます。これはプロに限らずアマチュアでも同じです。冬のオフトレは、体とクラブの動きをリセットし、このズレを整えることが目的なのです」とは、アマチュアへの指導に定評がある北野正之プロだ。ナイスショットは体とクラブの動きが整っている証。ところが、この2つがバラバラになるとミスショットが連発し、いわゆる「調子が悪い」という状態に陥る。北野プロによれば「プロ野球選手の自主トレやキャンプも基本的なメニューがメインで、体と道具の動きを整えることが目的でしょう」。では、体とクラブがズレるとは、どういうことなのか?「ひと言でいえば、インパクトで体とクラブが揃っていないのです。手元が浮いてしまう、体が先に回り過ぎてしまう、アーリーリリース、左の腰引けなど、そういったズレが、あらゆるミスショットの要因になるのです」体とクラブのズレはフルショットでは修正できない。なぜなら動きが速く、大きいからだ。つまりフルショットは、もっとも体とクラブの動きが“ズレやすい”状態なのだ。アマチュアはフルショットの練習しかしない。それこそが上達の妨げになっているという。「アマチュアはそのズレに気づけません。ズレが悪いクセとなって体に染みついてしまうのです」であればプロたちと同じように冬のオフを利用し、そのズレを整えるべきなのだ。北野プロによれば、そのキーワードが「ゆっくり&小さく」にあるという。「まずはインパクト前後の動きを揃えることから始めましょう。芯に当たっているか、スクエアに当たっているか、ヘッドの入射角はどうか、などに注目するといいです。プロはみんなパットやアプローチ、片手打ちなどからトレーニングを始めます。まさに“ゆっくり&小さく”が基本なんです」 >>「ゆっくり&小さく」振るうえで意識すべき4つのポイントとは? 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月1日号より こちらもチェック!
  • 国内女子ツアーに有望選手を次々と輩出し、先月行われたプロテストでも合格者を出した辻村明志コーチ率いる『チーム辻村』。前回、第1弾として上田桃子の練習法を紹介した。第2弾の今回は、いま賞金ランクトップを走る小祝さくらがやっている練習法を特別公開! PHOTO/Hiroaki AriharaTHANKS/鎌ヶ谷カントリークラブ、丸山ゴルフセンター 小祝さくら1998年、北海道生まれ。2017年にプロ入りし、翌年には賞金ランク8位に。今季3勝を挙げ、賞金ランクトップを走る(7月1日現在) 辻村明志 つじむら・はるゆき。1975年、福岡県生まれ。日本大学出身。現在、小祝さくらをはじめ、上田桃子、永井花奈、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵、今季プロテストに合格した阿部未悠など多くの選手を指導 https://my-golfdigest.jp/lesson/p24734/ 「チーム辻村」の練習法・第1弾はこちら 【小祝さくらの練習メニューその1】 「グリップ挟み打ち」で体のコアを強く意識 GD 前回、上田桃子プロの練習法を教えていただきましたが、今回は小祝さくらプロの練習法を伺いたいと思います。辻村 今日はさくらも同席しますので、一緒にお話ししますよ。小祝 よろしくお願いします。GD どうもありがとうございます! ではさっそくですが、日ごろからやっている練習にはどんなものがありますか?小祝 欠かさずやっているのは「これ」を使った練習です。GD なんですか、これ?? 小祝 グリップエンドをガムテープでぐるぐる巻きにしたものです。これを両足に挟んでずっと打ってます。GD どんな効果が?辻村 スウィングでは、体のコア(体幹部)をしっかりと使うことが大切なんですが、ただ意識するだけではなかなか難しい。そこで考えたのが、これをももの間に挟んだまま打つ練習法です。GD 挟んで打つだけでいいんですか?辻村 はい。挟んだまま、インパクト以降、体をしっかりターンしていくことが重要です。手だけで振ったり、逆に下半身が早く動きすぎたりしないように注意しましょう。はじめは小さな振り幅でOK。徐々に振り幅を大きくして打てるようになれば、明らかに球質が変わってきますよ。 器具を内ももで挟むことで、左右のブレがなくなり、体の中心に芯を感じて振れるようになる。その意識を持ったまま、器具の先端が目標へ向くようにしっかりターンしていけば、体幹を使ったスウィングができるようになると辻村コーチ 体の回転と腕の動きがしっかりと同調することが重要。フォローで器具の先が正面を向いていたら体が回らず手だけを返している証拠。また器具の先が目標を向くのが早いときは、クラブが振り遅れていることが分かる 小祝さくらのグリップ挟み打ちを動画でチェック ボールを強く押せるスウィングに! 2015年と比べると、現在はインパクトで左かかとが浮かず、しっかりと左足で体重を受け止められているのが分かる。フォローでも状態が伸び上がることなく、重心が低いまま振り抜けている 小祝さくらのとっておき練習法はまだまだあった! 後編へ続く 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月20日号より
  • PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/鎌ヶ谷CC 先日、パナソニックオープンレディースで2年ぶりの優勝を果たした上田桃子をはじめ、多くのプロを輩出している「チーム辻村」。そこでは果たしてどんな教えが行われているのか。第一弾は、上田桃子が取り組んできた練習法を取り上げる。 解説/辻村明志つじむらはるゆき。1975年、福岡県生まれ。日本大学出身。現在、上田桃子をはじめ、小祝さくら、永井花奈、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵などの指導に当たる ●【桃子の取り組み1】土台作り 足指で地面をつかみ下半身で打つ! GD いま指導に当たっている上田桃子選手をはじめ、小祝さくら選手など数多くの選手がツアーで活躍していますが、何か特別なことをしているのですか。辻村 いやいや、そんな特別なことはしてないですよ(笑)。もちろん、しっかりと指導はしていますけどね。GD 今回は、上田桃子選手と取り組んできたことを伺いたいと思いますが、どんなことをやってきたのですか。辻村 桃子は14年から見ています。たくさんありすぎてわかりませんが、まず大切なこととして“下半身で狙う”ということを指導してきました。GD 下半身で狙う?辻村 スウィングの土台となる下半身がフラついたら狙ったところへ打てるはずはありませんよね。それを表現するために“下半身で狙う”と言っています。そこで重要なのが、足の指で地面をつかむということ。桃子はスウィング中に上体が起き上がりやすかったのですが、地面をつかむことを意識するようになって、ミスショットが格段に減ってきました。 Point足の指でしっかりと地面をつかむ インパクトで上体が浮き上がる傾向にあった上田桃子。アドレスから足の指で地面をつかむことを意識し、スウィング中も常に踏ん張るようにしたところ、球筋が安定してきたという 上田桃子も着用する5本指ソックス。より地面をつかむ感覚を得やすいという Drill 1中腰で体を水平回転 中腰になって腰が地面と水平に回転していることを意識しながら振ることで、下半身の粘りと腹筋など体幹を使ったスウィングが身につく Drill 2クラブで重いモノを押す クラブで重いモノを押してみると、下半身がフラついたら強く押せないことがわかる。これも下半身の重要性を体感するため行ったことのひとつ ●【桃子の取り組み2】“軌道”修正 ヘッドカバー落としで体の近くを通す GD 基本となる下半身強化の次に取り組んだのはどんなことですか。辻村 桃子は当初、ヘッドがややアウトサイドから入ってきて、鋭角に下りてくる傾向がありました。それを直すために、手元を体の近いところから下ろして振り抜くドリルを時間をかけてやってきました。GD 具体的には?辻村 ヘッドカバーを持って、ダウンスウィングで目線の下に落とす練習です。これをすることで、手元が下りてくる位置が自然と体の近くになります。このとき、右腰や右ひざがボール方向へ出ないようにするのもポイント。体の近くから振り下ろせると、ヘッドの入射角が緩やかになり、インパクトゾーンが長くなってボールを押し込むことができます。これにより、飛距離も方向性も格段に向上しましたね。 Drill 1ヘッドカバーを真下に投げる 体の内側からクラブを振り下ろす感覚を養うために、ヘッドカバーをハーフウェイダウン(右腰)のあたりで地面に投げ落とす。これにより、右肩のかぶりなども解消される Drill 2右サイドの形をキープして反復素振り 右腕を中心とした右サイドの形をキープしたまま、インパクトまで振り下ろす動きを繰り返す。ヘッドの入射角を緩やかにして長いインパクトゾーンを手に入れるのが目的。ボールの曲がり幅が減る効果がある Pointフィニッシュで両内ももをピタッと閉める フォローからフィニッシュにかけて、両足の内ももがピタリとくっ付いて閉まるように意識する。右ひざが前に出ると、左腰が引けてヘッド軌道がブレやすくなる ●【桃子の取り組み3】体の使い方 背中の大きな筋肉を使う GD 体の内側からクラブを振り下ろせるようになったこと以外にも、スウィングの変化はありますか。辻村 背中の筋肉=広背筋を使ってスウィングするように意識して練習していました。大きな筋肉を使ってフィニッシュまで振り切れれば、振り遅れはなくなるし、手先でフェースを返すような小細工もなくなります。桃子の球筋は、フックからぼぼストレートのドローへと劇的に変わりましたね。GD 広背筋を意識するだけでそんなに変わるものなんですか。辻村 桃子に限らず、チームのみんなで連続素振りをしていますが、広背筋を使って振れないとフィニッシュまで振り切れないですし、腕が疲れて振れません。広背筋を意識するようになってから、インパクトゾーンが長くなり、飛んで曲がらないスウィングを体得できました。 Point広背筋を意識して振り切る テークバックでは左の広背筋を意識右側の広背筋を使って一気に振り切る背中の大きな筋肉(広背筋)を意識してスウィングすることで、手先で小細工することなく振り切れる。曲がり幅が減り、球がフックからストレートドローに変わったという Drill左足甲をグリップエンドで押さえたままシャドースウィング グリップエンドを左足の母趾球の上に置いてシャドースウィング。これにより、左ひざにゆとりをもたせながら、上体を伸び上がらせずに広背筋を使って振り抜く感覚を養うことができる インパクトで左ひざにゆとりがないと、上体が起き上がり振り遅れのミスにつながると辻村コーチ。インパクトで左ひざを伸ばすという理論もあるが、左ひざにはある程度ゆとりがあったほうがいいというのが辻村流 ●【桃子の取り組み4】アプローチ 盛り土打ちで距離感アップ GD ショートゲームでも何か取り組んだことはありますか?辻村 以前の桃子は、体を左右に揺さぶって、ボールを上から突くように打っていました。そのため、距離感が合う日と合わない日の差がかなりありました。そこで、ラグビーのように土を盛って、そこにボールを置いて打つ練習を始めたのです。ヘッドの入射角が緩やかになり、フェースにボールが乗る時間が長くなったので、距離感が格段に合ってきましたね。アプローチの向上で、最後まで粘れるゴルフができるようになり、それが成績につながっていると思います。 Drill盛り土の上に置いたボールを打つ 上から打ち込むと、少しでも手前に入るとダルマ落としになるのでミスが分かりやすい。この練習をすることで、ゆるやかな入射角でコンタクトする動きが身につき、距離感が良くなったという Point振り子のイメージでヘッドを等速に動かす ヘッドが振り子のように等速で動くイメージをするようになってから、出球のスピードや球の高さ、バックスピン量が計算できるようになり、リカバリー率が向上したという 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月22日号より