Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【飛ばしは“上半身”】#2 始動では「お腹」を目いっぱい力む! 手打ち・軸ブレが防げる

【飛ばしは“上半身”】#2 始動では「お腹」を目いっぱい力む! 手打ち・軸ブレが防げる

飛距離アップには、上半身の3つの部位「お腹」「胸」「背中」の使い方が大事だという。今回はそのひとつ「お腹」の使い方について、辻村明志コーチに聞いた。

TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Shinji Osawa

解説/辻村明志

つじむらはるゆき。1975年生まれ。上田桃子や小祝さくら、吉田優利などのコーチを務める

サポート解説/吉田優利

よしだゆうり。2000年生まれ、千葉県出身。21年の楽天スーパーレディスでツアー初優勝を果たす

●CONTENTS●
>>#1 回転力アップのキモは「上半身」
>>#2 始動は「お腹」から

>>#3 「胸」を大きく回すコツ
>>#4 飛ばし屋に学ぶ「背中」使い

腹筋だけはいくら力んでもいい

スウィングには「力んではいけない」場所と、「力んでもいい」場所がある。力みが大敵なのは手、腕、肩。逆に力んでいいのは、腹筋などの体幹部分。とくに、「腹筋に限って言えば、始動の瞬間からずっと力みっぱなしでいい」と、辻村コーチは言う。たとえば、21年に2勝を挙げた、吉田優利プロの場合、お腹(腹筋)が「抜ける」のが、不調のサインだという。


「『抜ける』というのは、つまり必要な力が入っていないということ。そうすると上体が浮いて、ミスが出やすい状態になってしまう。だから、彼女にはいつも『ずっとお腹に力を入れておく』ように、口酸っぱく言っています」(辻村)。

とくに、始動部分でお腹に力が入っていると、下半身と上半身が連動して上がるので、「手打ち」になりにくいのが最大のメリットだ。

お腹に力を入れるメリット1
体幹部から回せ、手上げを防げる

バックスウィングでは、胸が飛球線後方を向くぐらいしっかり回すことが大事。腹筋を意識することで、体幹部をしっかりと回していくことができる。お腹の力が抜けていると、体を回せず手だけで上げやすくなる

お腹に力を入れるメリット2
スウィング軸が安定する

腹筋に常に力が入っている状態を保つことで、下半身の左右ぶれや上体の揺れ、上下動を抑制でき、回転軸が安定する

「左腕と体の距離感を変えないように意識しています」(吉田)

腹筋が使えているかをチェックするには「左腕の長さを変えずに上げていく」ことが大事だと言う吉田。左ひじを曲げず、体との距離が変わらなければ腹筋を使えている証拠だという

Drill
ペットボトル押し練

水の入ったペットボトルを、バックフェースで真っすぐ押しながらテークバックすると、自然と腹筋に力を入れた始動になる

>>#2 始動は「お腹」から
>>#3 「胸」を大きく回すコツ
>>#4 飛ばし屋に学ぶ「背中」使い

月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より

こちらもチェック!

  • 週刊ゴルフダイジェストの年末恒例企画「ベストスウィンガー」。今回は読者投票とは別に、トップ選手を指導する2人のプロコーチにも、今年最も優れたスウィングの持ち主を挙げてもらった。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe >>読者が選んだベストスウィンガー・男子部門 >>読者が選んだベストスウィンガー・女子部門 「体を上手に使ったスウィングはアマチュアにこそマネしてほしい」 辻村明志 日大ゴルフ部出身。プロ転向後アジアンツアーを転戦。現在、上田桃子をはじめ、小祝さくら、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵、新人プロの阿部未悠などを指導する 今回は「アマチュアでもマネすることができ、目指すべきスウィング」と、ボクなりにベストスウィングを定義してみました。その観点から最初に思い浮かんだ選手が南アフリカ出身の39歳、ルイ・ウエストハイゼンです。10年の全英オープン覇者ですが、とにかくスウィングがシンプルです。地面をしっかり踏みしめた重心の低さが特徴で、上下動は少なく、体の回転でボールを打つタイプの選手です。クラブの使い方が上手く、エネルギー効率が高いのもアマチュアには参考になりますし、マネしてほしいところです。 >>ルイ・ウエストハイゼンの1Wスウイングはこちら メジャー4勝を含む、日本ツアー16勝のテレサ・ルーも同様の理由でベストスウィンガーに選びました。テレサの秀逸な点は、腕とクラブが体の正面から外れないこと。そしてスウィングにまったく力みがなく、体もクラブも思う存分、しならせられることです。足裏で生まれたエネルギーがクラブヘッドまで効率よく伝わっているイメージです。それが34歳を過ぎても260Yを飛ばせる理由でもあります。飛距離はパワーではなく、“しなり”で生み出すもの。まさに柔よく剛を制すで、60歳、70歳のシニアこそが、目指すべきスウィングだと思います。 >>テレサ・ルーの1Wスウィングはこちら コリン・モリカワは、日本人に似た体型の持ち主。そのためマネしたくなる点が多いように思いますが、注目してほしいのは、ゆっくりとしたテークバックです。アマチュアは手上げになりがちですが、下半身リードでゆっくり上半身を回し、体の捻転で鋭く振り下ろすスウィングはまさにお手本です。優勝した全英オープンの翌週には、東京五輪でメダル争い。異なるコース環境にも瞬時に適応できるのは、ゆっくりとしたテークバックに秘密があるんです。 >>コリン・モリカワの1Wスウィングはこちら スウィングプレーンの美しさで考えると、岡山絵里も抜きん出ています。クラブが上がったときと、振り下ろすときのシャフトプレーンが寸分もなく同じ軌道を描いています。それを可能にしているのが、ブレない軸の太さであり、軸の強さでしょう。なかなかアマチュアがマネするのは難しいですが、彼女の連続写真を見るだけでも効果があると思います。 >>岡山絵里の1Wスウィングはこちら 「現代的なシャローイングこそ飛んで曲がらない」 奥嶋誠昭 ツアープロコーチとして稲見萌寧、高橋彩華、木下稜介を指導する。横浜のノビテックゴルフスタジオでGEARSを使ったアマチュアレッスンも行っている ボク自身が理想とするスウィングで考えてみました。そうすると今どきのモダンなスウィングに目がいきます。米ツアーの選手でいえば、東京五輪で金メダルを獲得したザンダー・シャウフェレです。彼のスウィングは自分でもマネしたいと思えるくらい、素晴らしいです。ただ、マネするのはかなり難しいと思います。一見するとすごくシンプルに見えますが、ムダな動きをできる限りそぎ落としているので、実はとても難しいんです。アマチュアはいろいろ試行錯誤しすぎてスウィングが複雑になっています。古き良きスウィング、たとえば体重移動やフェースローテーションといった動きが染みついてしまっているんです。 >>ザンダー・シャウフェレの1Wスウィング 現代的なスウィングのポイントは大きく2つあります。ひとつは今注目されているシャローイングです。もうひとつが左足に乗ること。米ツアーではほとんどの選手ができていますが、日本では右足の上で回ってしまう選手が多く、なかなか左に乗れないんです。東京五輪で見たネリー・コルダも現代的なスウィングです。彼女はスウィングがきれいですし、動きにムダがないのがよくわかります。シャローに入れる、フェースは返さない、インパクトゾーンを長く、そして左足に乗る。これが、ボクがイメージするベストスウィングに不可欠な要素です。飛んで曲がらないという、相反するテクニックを実現できる、あるいは最新のクラブの性能を最大限に発揮できるスウィング、といえるでしょう。プロテストに合格したばかりの03年生まれの現役高校生、川﨑春花も今どきのスウィングです。今年の3月に高校選手権で女子個人優勝を果たしていますし、注目してほしい選手のひとりです。 >>ネリー・コルダの1Wスウィング >>川崎春花の1Wスウィング 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より
  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、ツアールーキーながら今季2勝を挙げたプラチナ世代のひとり、吉田優利のセッティングに注目。 PHOTO/Hiroaki Arihara 吉田優利よしだゆうり。2000年4月生まれ、千葉県出身。2018年に日本女子アマと日本ジュニアを制覇。2020年プロ入り。2021年楽天スーパーレディースとゴルフ5レディスで優勝 ルーキーシーズンで2勝を挙げた吉田優利。21歳だが、競技ゴルフは10歳から。ゴルフ歴はすでに11年、クラブ選びも自分基準が備わっている。「常に向上したいので、ドライバーやアイアンのスペックは少し“ハードめ”が基準です。それと、構えたときの見た目が大事なので“クセのない顔”であること。ヘッドの大きさは気になりませんが、違和感なく構えられて、自分にとってやさしく見えるのがいいです」ドライバーのヘッドは洋梨形状に近いオーソドックスな顔の「ツアーB JGR」、ロフトは9.5度。「シャフトはベンタスのブラック。左に行かないシャフトですが、選んだ一番の理由はハード気味のスペックだから。春先に替えましたが、夏場に向けてトレーニングで体を強くしていく準備として選びました」その言葉どおり、7月に初優勝、9月に2勝目。「アイアンはマッスルバックだとしっかり打とうと力が入ってしまうので、安心できるキャビティを使っています。構えたときにやさしく打てる感じが気に入っています」と話すが、シャフトはスチールのKBSツアー90(S)で番手は5番からバッグに入れている。「クラブセッティングの軸は100ヤード以内。だから、下の番手を厚くしています」PWのロフトは46度。52度ウェッジとの差を埋めるために48度ウェッジを入れる4本ウェッジ態勢だ。このオフ、体をさらに強くして、クラブのスペックももう一段ハードにするかもしれない。 「スペックはハードめでも、構えたときの見た目はやさしくが基準です。でも左へ行きそうな顔は嫌。初速とスピンのデータで選びました」(吉田) 3Wは「SIM2 MAX」2本のUTは「JGR HY」フェアウェイウッドは15度の3Wのみ。「地面から打つので、上がりやすさと拾いやすさは大事。U3は7Wの代わりに入れました。ラフからはUTのほうが扱いやすいです」(吉田) 「5番をUTに替えようと試しましたが、高さが出すぎて風のなかでのデメリットを感じました。抑えのきく5番アイアンに戻しました」(吉田) 「アプローチの基準は58度。パターはピン型が好きでずっとこのタイプ」(吉田)。軟らかな打感のホワイトホットインサートモデルを使う 吉田優利の14本 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より 「プロスペック」バックナンバー
  • PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/鎌ヶ谷CC 先日、パナソニックオープンレディースで2年ぶりの優勝を果たした上田桃子をはじめ、多くのプロを輩出している「チーム辻村」。そこでは果たしてどんな教えが行われているのか。第一弾は、上田桃子が取り組んできた練習法を取り上げる。 解説/辻村明志つじむらはるゆき。1975年、福岡県生まれ。日本大学出身。現在、上田桃子をはじめ、小祝さくら、永井花奈、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵などの指導に当たる ●【桃子の取り組み1】土台作り 足指で地面をつかみ下半身で打つ! GD いま指導に当たっている上田桃子選手をはじめ、小祝さくら選手など数多くの選手がツアーで活躍していますが、何か特別なことをしているのですか。辻村 いやいや、そんな特別なことはしてないですよ(笑)。もちろん、しっかりと指導はしていますけどね。GD 今回は、上田桃子選手と取り組んできたことを伺いたいと思いますが、どんなことをやってきたのですか。辻村 桃子は14年から見ています。たくさんありすぎてわかりませんが、まず大切なこととして“下半身で狙う”ということを指導してきました。GD 下半身で狙う?辻村 スウィングの土台となる下半身がフラついたら狙ったところへ打てるはずはありませんよね。それを表現するために“下半身で狙う”と言っています。そこで重要なのが、足の指で地面をつかむということ。桃子はスウィング中に上体が起き上がりやすかったのですが、地面をつかむことを意識するようになって、ミスショットが格段に減ってきました。 Point足の指でしっかりと地面をつかむ インパクトで上体が浮き上がる傾向にあった上田桃子。アドレスから足の指で地面をつかむことを意識し、スウィング中も常に踏ん張るようにしたところ、球筋が安定してきたという 上田桃子も着用する5本指ソックス。より地面をつかむ感覚を得やすいという Drill 1中腰で体を水平回転 中腰になって腰が地面と水平に回転していることを意識しながら振ることで、下半身の粘りと腹筋など体幹を使ったスウィングが身につく Drill 2クラブで重いモノを押す クラブで重いモノを押してみると、下半身がフラついたら強く押せないことがわかる。これも下半身の重要性を体感するため行ったことのひとつ ●【桃子の取り組み2】“軌道”修正 ヘッドカバー落としで体の近くを通す GD 基本となる下半身強化の次に取り組んだのはどんなことですか。辻村 桃子は当初、ヘッドがややアウトサイドから入ってきて、鋭角に下りてくる傾向がありました。それを直すために、手元を体の近いところから下ろして振り抜くドリルを時間をかけてやってきました。GD 具体的には?辻村 ヘッドカバーを持って、ダウンスウィングで目線の下に落とす練習です。これをすることで、手元が下りてくる位置が自然と体の近くになります。このとき、右腰や右ひざがボール方向へ出ないようにするのもポイント。体の近くから振り下ろせると、ヘッドの入射角が緩やかになり、インパクトゾーンが長くなってボールを押し込むことができます。これにより、飛距離も方向性も格段に向上しましたね。 Drill 1ヘッドカバーを真下に投げる 体の内側からクラブを振り下ろす感覚を養うために、ヘッドカバーをハーフウェイダウン(右腰)のあたりで地面に投げ落とす。これにより、右肩のかぶりなども解消される Drill 2右サイドの形をキープして反復素振り 右腕を中心とした右サイドの形をキープしたまま、インパクトまで振り下ろす動きを繰り返す。ヘッドの入射角を緩やかにして長いインパクトゾーンを手に入れるのが目的。ボールの曲がり幅が減る効果がある Pointフィニッシュで両内ももをピタッと閉める フォローからフィニッシュにかけて、両足の内ももがピタリとくっ付いて閉まるように意識する。右ひざが前に出ると、左腰が引けてヘッド軌道がブレやすくなる ●【桃子の取り組み3】体の使い方 背中の大きな筋肉を使う GD 体の内側からクラブを振り下ろせるようになったこと以外にも、スウィングの変化はありますか。辻村 背中の筋肉=広背筋を使ってスウィングするように意識して練習していました。大きな筋肉を使ってフィニッシュまで振り切れれば、振り遅れはなくなるし、手先でフェースを返すような小細工もなくなります。桃子の球筋は、フックからぼぼストレートのドローへと劇的に変わりましたね。GD 広背筋を意識するだけでそんなに変わるものなんですか。辻村 桃子に限らず、チームのみんなで連続素振りをしていますが、広背筋を使って振れないとフィニッシュまで振り切れないですし、腕が疲れて振れません。広背筋を意識するようになってから、インパクトゾーンが長くなり、飛んで曲がらないスウィングを体得できました。 Point広背筋を意識して振り切る テークバックでは左の広背筋を意識右側の広背筋を使って一気に振り切る背中の大きな筋肉(広背筋)を意識してスウィングすることで、手先で小細工することなく振り切れる。曲がり幅が減り、球がフックからストレートドローに変わったという Drill左足甲をグリップエンドで押さえたままシャドースウィング グリップエンドを左足の母趾球の上に置いてシャドースウィング。これにより、左ひざにゆとりをもたせながら、上体を伸び上がらせずに広背筋を使って振り抜く感覚を養うことができる インパクトで左ひざにゆとりがないと、上体が起き上がり振り遅れのミスにつながると辻村コーチ。インパクトで左ひざを伸ばすという理論もあるが、左ひざにはある程度ゆとりがあったほうがいいというのが辻村流 ●【桃子の取り組み4】アプローチ 盛り土打ちで距離感アップ GD ショートゲームでも何か取り組んだことはありますか?辻村 以前の桃子は、体を左右に揺さぶって、ボールを上から突くように打っていました。そのため、距離感が合う日と合わない日の差がかなりありました。そこで、ラグビーのように土を盛って、そこにボールを置いて打つ練習を始めたのです。ヘッドの入射角が緩やかになり、フェースにボールが乗る時間が長くなったので、距離感が格段に合ってきましたね。アプローチの向上で、最後まで粘れるゴルフができるようになり、それが成績につながっていると思います。 Drill盛り土の上に置いたボールを打つ 上から打ち込むと、少しでも手前に入るとダルマ落としになるのでミスが分かりやすい。この練習をすることで、ゆるやかな入射角でコンタクトする動きが身につき、距離感が良くなったという Point振り子のイメージでヘッドを等速に動かす ヘッドが振り子のように等速で動くイメージをするようになってから、出球のスピードや球の高さ、バックスピン量が計算できるようになり、リカバリー率が向上したという 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月22日号より