Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • ストロークの悪いクセが浮き彫りに! “片手パット”練習がオススメな理由

ストロークの悪いクセが浮き彫りに! “片手パット”練習がオススメな理由

プロや上級者の間では定番となっている「片手打ち」練習だが、いざやろうとすると思ったよりも難しいことに気づくはず。しかし同じ片手打ちでも、パットならすぐに実践でき、効果も高いのだという。その効果と、やり方を教えてもらった。

PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/葉山国際カンツリー倶楽部

解説/小林大介
日夜、世界のトッププロのスウィングを研究し、アマチュアへの指導経験も豊富。湘南衣笠ゴルフ所属

自分のストロークの
課題やクセがはっきりわかる

「片手打ち」の練習というと、アプローチのような短い距離をウェッジで打つことをイメージするゴルファーが多いことだろう。

「片手打ちの練習は非常に効果が高いので、松山英樹選手をはじめ多くのプロが取り入れていることが知られていますが、私がアマチュアにオススメしたいのは片手パットの練習です」というのは、日々世界のプロのスウィングを研究している小林大介プロだ。

「私が片手パットの練習をオススメする理由は、片手ショットの練習と同様に高い効果がありながら、難度が低いので、アマチュアにもすぐにできるからです」

確かに短い距離とはいえ、ウェッジを片手で打つのは、ちょっとハードルが高いと感じる人もいるだろう。しかし、パットならすぐにできるはずだ。

「片手パットの効果は、自分のストロークの課題やクセがはっきりとわかることです。恥ずかしいくらいに浮き彫りになりますよ」と小林プロに言われて実際にやってみると……なるほど! ヘッドを真っすぐに引こうとしても、アウトサイドに引いたり、インパクトでフェースが開いたりといった自分のストロークのクセが本当に恥ずかしいくらい明確になるのだ。

「片手パットはごまかしが効かないんです(笑)。でもストロークのクセがわかれば、課題は明確になります。さらに片手のほうが手の感覚が敏感になり、打点なども感じやすくなるので、タッチも繊細になり距離感も磨けます」

ストロークの悪いクセが浮き彫りに

片手でパットするとすぐに気づくのが、ヘッドを真っすぐに引けていないこと。アウトに引いていたりインパクトで開いたりというクセがわかる


ストローク軌道の修正や距離感を磨くのに有効という片手パットだが、効果はそれだけではないと小林プロは続ける。

「片手だと両手に比べてパワーがないので、速く振るのが難しくなります。このことが打ち急ぎなどのミスの防止にもなりますし、自然にゆったりとした理想的なストロークのテンポが身につくんです」

さらにボールとの適正な距離もわかると言う。

「両手だとパターのライ角通りに構えなくても、力があるので打ててしまいますが、片手だと力がないので極端に振りにくくなります。つまり、自然に適正なボールとの距離がとれるようになるんです。片手パットは当然ですが、最初は両手よりも難しく感じます。でも片手で練習した後に両手に戻すと、自分のパットが上達したことをすぐに実感できるでしょう」

【片手パットの効果1】ストロークとタッチが磨ける
片手だとストローク軌道の自分のクセがすぐにわかるし、打点が両手で持ったときよりも鮮明に感じられるので繊細なタッチで距離感も磨かれる
【片手パットの効果2】ゆったりとしたテンポが身につく
片手だと両手で持ったときよりもパワーがなくなるので、速く振るのは難しい。打ち急ぎもなくなり、自然にゆったりとしたテンポが身につく
【片手パットの効果3】ボールとの適正な距離がわかる
両手だとパターのライ角に合っていない状態でも力でストロークできるが、片手だと振りにくくなるので、適正なボールとの距離が自然にわかる

スライスラインが苦手なら左手
フックラインが苦手なら右手で打とう

ストローク軌道やテンポがよくなり、タッチや距離感も磨けるという片手パット。実際に練習するときのポイントを小林プロに聞いてみた。

「まずは右利きであれば右手1本でパットしてみましょう。そのとき、左手をどうするかですが、胸の前に置けば、体と腕の一体感が増し肩のラインもスクエアにしやすくなります。背中側に置くと前傾を維持しやすくなり、太ももに添えると下半身のどっしり感が出ます。そのことを覚えておいて、自分がやりやすい方法、あるいは自分の課題に合わせて左手の位置を決めればいいと思います」

次にストロークする際のポイントだが、

「右手1本で打つ場合、ヘッドの重さを意識すると、ヘッドが動く慣性の力を利用したストロークができるようになります。これはいわゆるタップ型の人にオススメです。逆に肩を主体としたストローク型で打つ人は、アドレス時の右手首の角度をキープしたままストロークすることを意識するといいでしょう」

では左手1本で打つ場合のポイントはどうだろうか。

「テークバックでは肩を動かすこと、フォローでヘッドを長く出すことを意識しましょう」

さらに小林プロは苦手なラインも片手パット練習で解消することができると言う。

「スライスラインが苦手な人は、フォローでヘッドが出ずに右に打ち出してしまう人が多いんです。こんな人は左手1本の片手パットをするとフォローが出るようになるので苦手克服に有効です。逆にフックラインが苦手な人は引っかけてしまう人が多いので、右手1本で打つ練習が有効ですね。あと左手で立てたクラブを持ちながら右手でパットする練習も体の左右のブレ、前傾角のブレを矯正するのに有効な練習です」

すぐにできて大きな効果が期待できる片手パット練習。ぜひ試してみよう。

右手パット

【Point 1 アドレス】
下半身を安定させる

アドレスで大事なことは下半身をどっしりと安定させること。片手の場合はとくに体がブレていては精度の高いストロークはできない

【Point 2 テークバック】
ヘッドの重みを意識する

片手でパターを握ると普段以上にヘッドの重さを感じることができる。この重さを利用してストロークできれば「慣性」の力を使える

【Point 3 フォロー】
右手首の角度をキープ

ストローク中は右手首の角度をキープしながらストロークしよう。ここがキープできないとストロークが安定しないことがわかるはず

左手パット

【Point 1 アドレス】
右手で左上腕を持つ

左手1本で打つときは右手で左上腕を持とう。左腕と体の一体感が増しショルダーストロークがしやすく肩のラインもスクエアになる

【Point 2 テークバック】
意識して肩を動かす

右利きの場合、左手は右より力が落ちる。テークバックするには肩を動かす意識が必要で、これによりショルダーストロークが身につく

【Point 3 フォロー】
ヘッドを長く出す

テークバックと同じように肩を動かしてフォローでヘッドをターゲット方向に長く出す。大きなフォローをとる意識を持とう

応用編

片手パット応用ドリル1
「クラブ立て右手打ち」

グリップ側をグリーン面につけて左手でクラブを持ち、そのクラブを垂直にしたまま、右手1本でパットする。体がブレたり前傾角が崩れるとクラブが傾くのですぐわかる

片手パット応用ドリル2
「ティー挿しパット」

グリップエンドの穴にティーを挿して右手でパットする。ティーが体を指していれば右手首の角度を維持できているが、体から外れる場合は手首の角度が維持できていない

片手パット応用ドリル3
「スティックわき挟み打ち」

スティック、あるいはクラブを写真のように両わきに挟んだまま左手1本でパットする。スティックが上下に動いていればショルダーストロークで打てていることがわかる

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • 松山英樹をはじめ、多くのプロが練習に取り入れている“片手打ち”。果たしてどんな効果があるのか。我々アマチュアも取り入れていいのか。正しい片手打ちの方法や、練習する上での注意点などをプロコーチの石井忍氏に解説してもらった。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Kazuo Iwamura THANKS/ジャパンゴルフスクール 解説/石井 忍 多くのシード選手を育成してきた一方で、「万単位」のアマチュアを指導してきた経験も。「練習場で片手打ちをしているアマチュアは、ほとんど見たことがありません」 片手で打つことで役割が明確になる まずは左右の「片手打ち」にそれぞれどんな意味があるのか、石井忍に聞いてみた。「英語で左腕は『リードアーム』、右腕は『トレイルアーム』と呼ばれるように、左腕はクラブを引っ張ってスウィングをリードする役割、右腕はそれに追随しつつ、クラブが軌道を外れないように舵取りする役割です。片手ずつだと、それぞれの役割をしっかり感じられるので、両手で打つときも左右の腕に役割分担をさせながら振れるのが、『片手打ち』の最大の効果です」と石井。アマチュアの多くは、どちらの腕も機能不全を起こしていて、それを相互に補うことで、ごまかして「アバウト」に打っているとのこと。プロたちは「片手打ち」練習で、左右の役割を緻密にチェックしているのだ。 左腕=クラブを引っ張るリードアーム 左手は切り返しから「ずっと引っ張り続ける」ことが大事。左足の踏み込みからスタートし、腰、胸が回って、左腕が引っ張られる。左腕を先に振ろうとしたり、左腕の引っ張りが足りないと、「手打ち」になってしまう 右腕=軌道を整えるトレイルアーム 右腕は、右ひじが右のあばら骨に常に接していて、体の回転にずっとついていくことが最重要。右ひじが体から離れた状態で体が回ると、ヘッドが正しくボール位置に戻らず、うまく当てることが困難になる 右手打ちは右ひじのポジションが最重要 松山英樹は、右手打ちの練習のとき、左手で右ひじを軽く体に引き寄せながら打っている。この動作の意味は? 続きを読む 「右手は右ひじのポジションが最重要なので、ひじが正しい位置から外れないようにするために、左手を添えるというのはとてもいい方法です」と石井。『右ひじの正しいポジション』とは、右前腕を暴れさせることなく、いちばん力を出せるポジションのこと。「たとえば腕相撲。力を出そうと思ったら、誰でも右ひじを少し絞って内側に入れるはずです。ひじが体の外に外れていると、体の力を使えなくなりますが、ひじを内側に入れることで、体の力が右前腕まで伝わります。ゴルフの場合も、右ひじを正しいポジションにセットすることで、腕と体がコネクト(連動)して、体の回転でクラブを操作することができるようになります」松山はウェッジを使うが、アマチュアの場合、スウィング作りに使う番手で、打球の行方より『体の使い方』にフォーカスしてやると良いそう。 右手打ちのポイント1上腕を外旋させ、前腕を内旋 腕を前に真っすぐ伸ばし、手のひらを上に向けると上腕(ひじから肩の部分)が最大限に「外旋」する。その状態でひじを体に密着させ、前腕(ひじから先の部分)だけを「内旋」して構える 右手打ちのポイント2後方から見て腰の高さで手とヘッドが重なる ひじの位置を気にするあまり、ヘッドを極端にインサイドへ上げるのはNG。右腕の外旋・内旋を維持したまま始動することで、写真のヘッド位置に収まりやすい。鏡を見ながらチェックしよう 右手打ちのポイント3手を返す意識は必要ない インパクトまでは右手首の角度を保って、体の回転でヘッドをボール位置まで下ろしてくる。その後も手を「返す」のではなく、体が回転し続けることで、自然にフェースは閉じていく 左手打ちは動かす順序が大事 左腕での「片手打ち」は、アマチュアがやってもボールに当たらないか、当たったとしても正しい体の動きになっていないことが多い。「左片手打ちには、切り返しでの左足の踏み込み、そこから腰、胸、腕と回転が伝わっていく動き、さらに左ひざを伸ばして回転を加速させる動きなど、スウィングの重要な部分が詰まっています。つまり、それらの要素がない、形だけの左片手打ちは、何の効果もないということです」と石井。松山の左片手打ちを見ると、足→腰→胸→腕という『正しい』連鎖に、クラブが追従するように動いていることがわかる。「野球のピッチング動作は、まず左足を踏み出すところから、すべての動きが連鎖していきます。左腕がスウィングをリードするのにも、この下からの運動連鎖が不可欠。それを確認するのが、左片手打ちというわけです」(石井) 左手打ちのポイント1手は常にお腹の前から外れない 左腕は、アドレスのときから左わきの下で胴体とのコネクションを感じることが大事。スウィングのスタートは体幹部の回転から。体の回転と連動して、左腕が上がっていくのが正しい。グリップエンドをお腹につけながら振るとわかりやすい 左手打ちのポイント2ダウンは左足の踏み込みから 切り返しのスタートは左足の踏み込みから。左足の裏に垂直に力を加えるイメージで、ひざから下が真っすぐになるのがポイント。左足→骨盤→胸郭(胴体)→腕と動きが連なっていく 左手打ちのポイント3当てて終わるイメージで良い インパクトでは腹筋に力が入って、体全体でボールを打つ感覚が必要。体幹を使って打つのが、この練習の最大のポイントなので、それさえできれば、無理にフォローを出そうとしなくてよい 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より
  • PGAツアーアジア担当ディレクターのコーリー・ヨシムラさんが米ツアーのホットな情報をお届けする隔週連載「PGAツアーHOT LINE」。第14回の注目選手は、前回に続きケビン・キズナー。アプローチの名手が語る、上達の最大のコツとは? ARRANGE/Mika Kawano PHOTO: Jared C. Tilton/Getty Images https://my-golfdigest.jp/tournament/p41657/ 前回のお話はこちら 利き手の片手打ちが上達の近道 チップインを量産するアプローチの名手、ケビン・キズナー。彼は言います。「大半のアマチュアは、打ち急いだり手を使いすぎてアプローチをミスしています」彼が出演するレッスン動画では、アプローチに悩むアマチュアにまず利き手1本で打つように指導します。すると両手で打ったときよりフェースにボールが乗ったナイスショット! アマチュアが驚くシーンから始まります。 続きを読む 「両手で握って振るとキミのリズムはめちゃくちゃ速くてひどかった。でも片手なら速く振れないし手首を使わず体のスピードで打てるからコンタクトがクリーンになるんだ」とキズナー。ポイントはグリップエンドと胸を同じ速さ、同じ距離だけ動かすこと。試したアマチュアは「両手で打つよりずっといい球が打てる」と驚きの表情。「もうひとつ気をつけたいのが、ひじを体から離さないこと。わきを開けず体の横に腕を沿わせて打てば、胸とおへそでクラブが振れる。そうすれば軌道が安定するし、それを意識して片手でアプローチすれば正しい動きを覚えることができるんだ」レッスンに登場するアマチュアはこれまで「手首のコックでクラブを上げていた」。しかしキズナーはあくまでも「ややハンドファーストに構えたら手首は折らずアドレスの状態をキープ。で、グリップと胸の動きを合わせる」ことが重要だと言います。「手首を折った瞬間手打ちになる」。結果ダフリも出ればトップのミスも出る。両手で打つときもひじは体につけたまま。フォローでもわきは開けません。手ではなく体を使って打つことで、確実かつクリーンにボールをヒットできるのです。「わかりにくかったらグリップエンドをおへそにくっつけてクラブを短く持った状態で体を回してみよう。この動きこそグリップと胸を一緒に動かすということだから」「球を上げたいときは同じ打ち方でフェースを開くだけ」。「距離を出したいときは体の回転速度を上げるだけ」というようにキズナーの教えはシンプルです。まずは片手打ちから始めてみてはいかがでしょう? 若い飛ばし屋が多い中で、アプローチとパットのショートゲームで成績を残し、シードを長年保持してきたキズナー。その多彩な技は、アマチュアにとって大いに参考になるはず コーリー・ヨシムラ PGAツアーのアジア全体のマーケティング&コミュニケーションディレクター。米ユタ州ソルトレーク出身でゴルフはHC6の腕前 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より