Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • AWだと届かないけどPWだと大きい…“微妙な距離”のコントロール法by宮本勝昌

AWだと届かないけどPWだと大きい…“微妙な距離”のコントロール法by宮本勝昌

AWだと届かないけど、PWだと大きい。こんなとき、PWで距離を抑えるにはどうすればいいのか。名手・宮本勝昌が微妙な距離のコントロール方法を教えてくれた。

TEXT/Yumiko Shigetomi PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/東京よみうりCC

解説/宮本勝昌

通算12勝。49歳になっても賞金シードを保持する“ベテランの星”。ハートンホテル所属

PWのロフトが立ってきたことで
よりコントロールが必要になった

時代の流れとともにドライバーは飛んで曲がらないように、アイアンは球が楽に上がって飛ぶように進化してきた。その影響でアイアンのロフトはどんどん立っていき、昔はPWの平均は48度だったのが、今では42~43度も珍しくない。久しぶりにアイアンを買い替えたらPWとAWのロフト差が10度も開いてしまうということが実際に起こっているのだ。

ロフト差が開けば当然その間の距離の打ち分けが難しくなる。「僕も昔は4度刻みだったウェッジのロフトが6度刻みになっているし(46、52、58度)、プロはドライバーの飛距離が伸びているぶん下のクラブの飛距離幅が広がってしまって、コントロールショットの重要性が高くなっています」と宮本プロ。

距離を調整するには振り幅を変えるのがセオリーだと言われているが?

「振り幅を変えてしっかりと距離を打ち分けられる人はかなり上級者です。アマチュアの人は振り幅を変えているつもりでもあまり変わってなかったり、力んだりタイミングが狂ったりするからコントロールショットが苦手なんですよね」

ギャップウェッジを入れる方法もある

近年はPWとAWの間を埋めるクラブとして48度などのウェッジが売られるようになった。これを導入する方法もあるが、当然ほかのクラブを1本抜かないといけなくなる

「PWでマイナス10Y」
やり方は2つ

コントロールショットが苦手な人向けの、簡単なマイナス10ヤードの方法があると言う宮本プロ。


「トップもフィニッシュも両方小さくしようとするから難しくなるので、どちらか片方だけ小さくしてみてください。まずはフィニッシュだけを小さくする方法ですが、これはフィニッシュを低い位置で抑えようとすることでインパクトでロフトが立って当たるので、球が低くなって球が飛ばなくなるんです。球が低くなっても、PWくらいロフトがあれば、ランが多く出てすぎることもありません」

確かにフィニッシュだけに集中するならミスなく打てそうだ。「もうひとつは反対にトップだけを小さくする方法。これは芹澤(信雄)さんが得意なのですがヘッドスピードが自然に落ちるのでそのぶん飛ばなくなるんです。2つ試して合うほうを使ってみてください」

距離を落とす方法1
フィニッシュを肩までで止める

アドレスもトップも通常と何も変えずに、フィニッシュだけを小さくする。弾道が低くなってキャリーが落ち、ランも思ったより出ないため、飛距離を落とせる。低く打とうと意識しすぎると上体が突っ込みやすくなるので、あくまでフィニッシュだけに集中しよう

【Point】
胸の前で止めるくらいの意識でOK

フィニッシュを止める位置で距離が調整できるが、アマチュアは胸の位置で止めるくらいの気持ちでないと、肩の高さでは止められないので注意

距離を落とす方法2
トップを肩までで止める

トップを肩の位置で止めて、フォローは通常どおり振り抜く。トップが低くなるぶんヘッド速度が遅くなり、飛距離が落ちる。球がゆっくり飛んでいくような弾道になる

【Point】
切り返しは必ず下半身からスタート

せっかくトップを小さくしても力んで上体から切り返してしまうとミスになる。必ず下半身リードで切り返すこと

ミスの原因はほぼ打ち急ぎ

たとえどちらかの振り幅を小さくしたとしてもダフリやトップのミスが出ることがあるが、それはスウィングリズムが変わってしまうからだと宮本プロ。

「例えばトップを小さくしたらそのぶん少し時間が余りますよね。トップで1拍待って切り返すことができれば同じリズムで打てていいけどそれも難い。そこでオススメなのが歩くように足でリズムを取って打つことです」

足踏みをするように打つということだろうか?

「かかとだけ上げる足踏みですね。トップで左かかとを上げてフォローでは右かかとを上げながらリズムを刻めば、振り幅を小さくしても同じように打てます。あとは“腕振り”だけにならないように下半身をしっかり回すことも大切です。そしてそのときに右腰が下がると回らなくなるので、腰のラインを水平に保つことも大切です」

コントロールショットの注意点1
歩くように足でリズムを取る

トップでは左かかとを上げて、そのかかとを下ろして切り返して右かかとを上げる。足でリズムを取れば打ち急ぎや上体からの切り返しも防ぐことができる

コントロールショットの注意点2
“おへそ”をしっかり回して打つ

下半身の回転が止まって腕だけ振るとコントロールショットは打てない。おへそが目標を向くまでしっかり腰を回して打っていくことが重要

コントロールショットの注意点3
右腰を下げず水平に回す

下半身を回そうとしても右腰が下がってしまうとそこから回らなくなって、結局手で合わせることになる。腰は最後まで水平に回し続けることが大事

「AWでプラス5Y」
卓球のドライブのイメージ

アマチュアは普段から100%の飛距離を打とうとしているから、そこからのプラス5ヤードが難しい。本来はプロみたいにフルショットの8〜9割で飛距離に“ノビシロ”を持たせておくべきなのだが……。

「実はいつも100%で打っている人がさらに飛ばす方法もあります。まずフェースをかぶせて左に向けます。すると、ロフトが立ちますよね? そのままだと左に飛んでしまうので右を向いて構える。この状態から卓球のドライブショットのイメージで、右手で球を包み込むように打つんです」

フェースをしっかり返して球をつかまえるということ?

「アドレスでフェースをかぶせているので、返してしまうと左に飛びます。そのため、返すというよりは、右手を下から上にタテ使いながら振り抜くんです。例えば同じ100ヤードでもPWで距離を落とす方法よりもキャリーをしっかり出せるから、ピンが手前のときやバンカー越えの状況ではこっちがオススメです」

【STEP 1】
フェースをかぶせてロフトを立てる

フェースを目標よりも左に向けてロフトを立てて、物理的に飛距離が出るようにしておく

【STEP 2】
このままだと左に飛ぶから右を向く

左に向けたフェースが目標を向くように、体を左にズラしながらスタンスを右に向ける

【STEP 3】
右手でボールを包み込むように振る

“ドライブ”のイメージとはいっても右手を返すのではなく右手を立てるように下から上に振り抜くことが大事。手を返してしまうと引っかかるので要注意

月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より

こちらもチェック!

  • 女子プロのなかでも切れ味鋭いと評判なのが、大里桃子のライン出しショット。風が吹いているときなどに、ちょっと低めの弾道でピンの根元をズドン! と射抜くあのショットはいったいどうやって打っているのか。本人を直撃した。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/サザンヤードCC 大里桃子おおさとももこ。1998年生まれ。熊本県出身。171センチの長身を生かしたアイアンの切れ味は、ツアーでもトップクラス。5月のほけんの窓口レディースでツアー2勝目を飾った。ツアーで2度、ホールインワンを達成している。伊藤園所属 両腕と肩の三角形を崩さない GD 大里プロはライン出しショットが得意ですね。大里 得意ってほどではないですけど、ライン出しは低い球で風の影響を受けにくいので、試合ではよく使います。GD どうやって打っているのでしょうか。大里 クラブを短く持って、ボールを少し右に置いて、コンパクトにフィニッシュします。GD なるほど。そうやって打てば、自然にボールは低くなりますよね。大里 このとき、大切なのが、両腕でできる三角形を崩さないように振ることなんです。GD 体のターンで振るということ? 続きを読む 大里 そうです。手の動きと体の動きが同調するほど、インパクトの精度は高くなります。低い球を打つ準備を整えて、両腕の三角形を崩さないように振る。これが、ライン出しショットのコツです。 ライン出しのコツ 1両腕の三角形を崩さずに打つ 「両腕と肩でできる三角形をなるべく崩さないように振ることが、ライン出しショットでいちばん大切なポイントです。三角形が崩れなければ、手が体の正面から外れずに振れた証拠。これで、ショットの精度が上がるんです」(大里) ライン出しのコツ 2ボール位置は少しだけ右 「ノーマルショットのときより、ボール1個くらい右に置きます。これで、自然にハンドファーストになってロフトが立つため、低い球を打つ準備OKです」 ライン出しのコツ 3フィニッシュを小さく抑える 「ライン出しでは、フォローでヘッドをリリースさせません。ヘッドを走らせると、球が高くなるからです。これで、自然とフィニッシュも低く収まります」 大里桃子のライン出しショット 動画もチェック! 【7Iノーマルショット】 //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 【7Iライン出しショット】 //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 私の先生は“三角先生” GD ライン出しの打ち方を身につけるために、何かいい練習法はありますか。大里 私がいちばん大切にしている、両腕の三角形を崩さずに振れるようになる練習器具があるんですよ。GD なんでしょうか?大里 私が実際に使って、すごく効果があったので、他の女子プロにもすすめているんです。「三角先生」という空気で膨らませる練習器具です。左腕に付けてスウィングすると、両腕の三角形を崩さずに振るコツがつかめます。GD ちょっとやってみます。大里 どうですか?GD ちょっと振りにくいというか、上手くボールに当たらなくなる感じがします。大里 そうでしょう? 違和感を感じるのは、手で打っている証拠です。使っているうちに、三角形を崩さずに振る感覚がわかってきますよ。 タバタゴルフ「三角先生Fit」大里プロおすすめの練習器具。アプローチからドライバーショットまで、両腕の三角形を崩さずに振るコツがつかめる Drill 1三角先生を付けてボールを打つ 「ライン出しに限らず、スウィングでいちばん大切なのは、両腕の三角形を保ったまま振ること。三角先生を左腕に付けると、両腕の三角形を保つコツがつかめます。これを付けると振りにくいと感じる人は、手を使ってスウィングしている証拠です」(大里) Drill 2ゴムベルトを両足に付けて打つ 「両ひざのところにゴムベルトを付けてボールを打つ練習もおすすめです。下半身が強化され、軸ブレを防ぐことができます。腕に三角先生を付けて、足にゴムベルトを付けて打つと効果倍増です」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より こちらもチェック!
  • 18年、19年と2年連続で賞金王に輝いた今平周吾。今回は、抜群のショット力を誇る今平の、スコアメイクの要ともいえるPWでのコントロールショットについて掘り下げていく。 TEXT/Daisei Sugawara PHOTO/Hiroaki Arihara 今平周吾 92年生まれ、埼玉県出身。18年、19年と2年連続で賞金王を獲得。今シーズンは「フジサンケイクラシック」で優勝し、ツアー通算5勝目。ショットの正確さはツアーでも一目置かれる存在 コントロールショットの決め手は右手首の角度 ウェッジのコントロールショットで「いちばん大事なこと」を今平に聞くと、「手先を使わないこと」との答え。「ドライバーとか、長いアイアンでのショットとは『別モノ』と思ってもらうほうがいいくらい、腕にはまったく力を入れません。通常のショットは、切り返しで少し沈み込んで、地面反力を使う意識がありますけど、コントロールショットの場合は、その感覚もなくします。できるだけ上下動は抑えて、体の幅からクラブが外れないようにして打つ。両腕をロープで縛られた状態で打つ感覚に近いですね」。 続きを読む また、インパクトまでは「右手首の角度を変えないように下ろしてくることが大事」と今平。右手首がインパクト前に伸びる(リリースされる)のは、手先で打っている証拠。右手首の角度を意識すると、それだけで、手と体の一体感が高まるのがわかるはずだ。 飛ばすショットではインパクトで手首をリリースするが、コントロールショットでは最後までリリースせずに、手首を曲げたままボールを押し込んでいくイメージを持つといい Point 1カラダの幅からクラブが外れないように アプローチでは手と体はほぼ一体となって動き、手が体の幅から外れることはない。ウェッジのコントロールショットでも、常に手は体の幅の中で動かす Point 2腕に力が入ると角度がほどける トップからヘッドを先に振り下ろしてしまう、いわゆる「キャスティング」動作は、コントロールショットの大敵。手首を力ませず、ヘッドの重さを感じて振ると、角度を保持できる 手先の力でコントロールしない 手の力を使った時点で、飛距離を安定させることは難しくなる。アプローチと同様に、手、腕の力を極力抜いて、体の回転でクラブをコントロールするイメージが大事 今平周吾のPWコントロールショット 飛ばすショットでは、沈み込みと伸び上がりを使ってヘッド速度をアップさせるが、コントロールショットでそれは必要ない。上下動を抑え、上体の前傾角をキープして打つ >>アゲンストも苦にならない!ライン出しショットのコツとは 「今平周吾のコントロールショット」全編はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より こちらもチェック!