Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • パットが入らない原因は「カット軌道」にあった! 方向性がみるみるアップするアドレスの極意

パットが入らない原因は「カット軌道」にあった! 方向性がみるみるアップするアドレスの極意

プロ40人、アマチュア500人以上を見てきたパッティングコーチの橋本真和氏が気づいたプロとアマの違いは、ひじの高さと手元の角度だという。方向性が安定し、みるみるパットが入るようになるアドレスの秘訣を教えてもらおう。

PHOTO/Shinji Osawa、Hiroaki Arihara THANKS/KOSHIGAYA GOLF CLUB(PGM)

解説/橋本真和

TPIレベル1、アスリートボディケア・セルフトレーナーなどの資格を持ち、最新機器を用いて最先端のレッスンをプロやアマチュアに行うパッティングコーチ

今回協力してくれたのは
竹口淳さん

ショートパット(2メートル以内)が入らないのが悩みという竹口さん。その悩みの原因は!?

これまで多くのプロやアマチュアを指導してきた橋本真和コーチは、プロとアマのいちばんの違いはアドレスにあるという。

GD その違いとは、具体的にどの部分ですか?

橋本 それはアドレス時の「右ひじの高さ」と「手元の角度」です。今回協力してもらう、竹口さんのアドレスを見てください。後方から見て右ひじが前に出て、左腕が見えてしまっていると思います。さらに前腕(ひじから下)とクラブが作る角度が「くの字」になっています。

竹口 実は私、ショートパットが全然入らなくて……。アドレスが原因ですかね。

橋本 10球打ったデータを見ると基本はカット軌道で、手先でフェースをオープンにして打っているようです。原因はやはりアドレス時の2つのポイントにありそうですね。さっそく直していきましょう!


アマチュアの大半は
右ひじが高い&手元が「くの字」

●右ひじが高いと左を向きやすい
右ひじが「高い」、すなわち前に出てしまうと、両ひじを結ぶラインが左を向く。それに伴って肩のラインも左を向きやすく、ヘッド軌道がアウト-インになりやすい。後方から見て右ひじと左ひじが揃い、左ひじが隠れるぐらいが◎

●手元が「くの字」だとアウトに上がりやすい
アドレス時に手元の角度が「くの字」になっている人は、バックスウィングでヘッドがアウトに上がりやすくなる。手とクラブが同調して、イン・トゥ・インでストロークするには前腕とクラブが一直線であることが大事

右ひじが高くなる原因は?

指先でギュッと握っている

グリップ時に指先の力で握ってしまうと手に力が入り、右手を上から握ることになりやすい。右ひじが前に出て雑巾絞りのようなグリップにならないように

カップを見すぎ

カップに目がいきがちなショートパット。カップを見れば見るほど右ひじが前に出やすくなってしまう。カップを見たいときは頭だけを回すようにして確認しよう

手元が「くの字」になる原因は?

重いパターを楽に支えようとする

クラブを持って正面に掲げたとき、同じ重さでも手元に角度をつけたほうが軽く感じる。そのため、無意識に手元に角度をつけてしまう人が多い

パターの長さが合っていない

パターのシャフトの長さが合っていないと写真のように「くの字・逆くの字」になりやすい。グリップの位置も重要なので、鏡でチェックしながら最適な長さを見つけよう

前腕とシャフトが一直線
のアドレスを目指そう

橋本 ではさっそくアドレスを直していきましょう。まずは後方から見て、前腕とクラブが一直線になるように構えてみてください。

竹口 こんな感じですか? 

橋本 いいですね! 次に右ひじを少し体に近づけるようにして両ひじのラインを真っすぐにしてみましょう。

竹口 先生、これだけでも結構ツラいです(汗)。

橋本 本来はこのアドレスがベストなんですけど、自然と楽なアドレスに変わってしまうんですよね。

竹口 ただ背筋を伸ばすことしか考えていませんでした。

橋本 手元の角度を一直線にすることで手首が使いづらくなるメリットもあります。さらに両ひじのラインをそろえることでアライメントをターゲットに向けやすくなって、より安定したストレートに近い軌道を描くことができるんです。

手元の角度と右ひじの高さを揃えるだけでここまでキレイなアドレスに。「スラッとした構えで見るだけで入りそうな雰囲気ですね」(橋本コーチ)

入るアドレスをつくる
2つのドリル

Drill 1
パターを水平に持ち上げ前腕と一直線に

シャフトが地面と平行になるようにパターを持ち上げて、前腕とシャフトが一直線になるように持つ。このときの手首の角度をキープしたまま上体を前傾させ、アドレスの姿勢に。「これをルーティンに取り入れるのもアリですよ」

グリップエンドを前腕につけると分かりやすい

前腕とシャフトが一直線になっているか不安なときは、クラブを短めに持ってグリップエンドを腕の内側に当ててみよう。「このときの手首の角度をよく覚えておきましょう」

Drill 2
両手首の間にボールを挟む

ボールを挟んで手を合わせたときのボールのロゴの向きに注目。ここからグリップを握る動作をしたときにロゴの向きが変わったら右ひじが前に出てしまった証拠

右ひじが前に出るとボールが落下

写真のように右ひじが前に出てしまうとボールは落下してしまう。落下しなくてもボールがズレたり回転するのもNGだ

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Hiroaki Arihara 2019年頃、PGAツアーで流行した「アームロックグリップ」が最近ひそかに脚光を浴びている。「変則的」とされるグリップだが、なぜプロの間で注目されているのか、我々アマチュアも真似していいのか? パッティングの専門家に聞いてみた。 解説/橋本真和 最先端の機器を駆使し、松田鈴英や髙木優奈のパッティングコーチを務める。TPI レベル1、アスリートボディケア・セルフトレーナーなどの資格を所持 アームロックが主流になる時代がやってくる “アームロック”というワードを聞くと、思い浮かべる選手といえばブライソン・デシャンボー選手だと思います。彼はゴルフの科学者という別名もありますが、パッティングにおいても独自の研究をしてきたようで、行き着いた先がこのアームロックとも言われています。そもそもアームロックとは、左前腕にパターのグリップエンドを当てて、腕(アーム)にパターを固定(ロック)させるグリップのこと。2016年にアンカリングが禁止されたことを受け、考案された握り方といわれています。アームロックでのストロークは少し窮屈そうに見えますが、腕とクラブが一体化することにより、たくさんのメリットがあり、正直近いうちに禁止になるんじゃないかって思うぐらい最強のグリップなんです。腕とクラブが一体化することで、腕や手首を回す動きや、シャフトのブレなどが抑えられます。これにより、フェース面をスクエアに保ちやすくなるという利点があります。アメリカの研究でも最大で50%のムダなフェースローテーションが抑えられるという結果があるぐらいです。こういった研究からPGAツアーでは2019年ごろからアームロックを試す選手が増えてきました。でもこのときはまだアームロック用のパターは少なく、適正なロフトや長さなどフィッティングデータも少なかったように感じます。通常のパターではロフトの調整幅が限られているので、ヘッドの選択肢が限られていたのです。それが理由で手を出せなかった選手もいるかもしれません。それから2年でオデッセイやベティナルディなどの大手メーカーがアームロック用のパターを出してきたことから、これからは多くの人がアームロックを採用してくると思います。その証拠に国内ツアーでも池村寛世プロ、比嘉一貴プロ、上井邦裕プロなどが取り入れていますね。パターのグリップは順手、クロスハンド、クロウの3種がベースですが、その中に新たにアームロックも加わって、4種が主流のグリップになりました。今年のマスターズでルーキーながら2位に入ったウィル・ザラトリス選手もアームロックグリップでした。何年か後にはアームロックが当たり前の時代がやって来るかもしれませんね。ボールの回転が良くなって、ストロークの再現性が高くなる最強のグリップがあるとしたら試してみたいですよね。 アームロック派国内外でじわじわ増加中! ブライソン・デシャンボー アームロックと言えばこの選手。アームロック歴は2年以上で、計測器を使ってボールスピードを管理するほど研究している。ヘッドはSIKのピンタイプを使用 ウィル・ザラトリス 左腕はアームロック、右手はクロウの変則タイプ。ヘッドはマレット型で、おそらくオデッセイのOG#7。慣性モーメントの高いマレットを右手のクロウでカバーしている 池村寛世 池村プロはテーラーメイドのTPコレクションのデルモンテというモデル。通常のピンタイプのネックを曲げてロフトを約5度に調整 上井邦裕 上井プロはミズノオープン時にキャメロンのマレットタイプ、ツアー選手権ではピンタイプを試し、試行錯誤しながら自分に合ったものを探している様子 比嘉一貴 比嘉プロはアームロックを採用する選手の中ではライ角の寝たパターを使用している。ライ角を寝かせることで、緩やかな円軌道ができる クラブと左腕を一体化「ボールの転がりが格段によくなります」(橋本) 【アドレス】アームロックにするとシャフトの角度はハンドファーストに。右肩が下がるのが特徴【テークバック】ひじの曲げ伸ばしが難しいので、ナチュラルなショルダーストロークになる【フォロー】インパクトからフォロー付近で自然なアッパー軌道になるので強い順回転をかけやすい 支点が動かないからいつでも同じストロークができる なぜアームロックが最強かというと、まずは支点が安定することにあります。ストロークするうえで、支点は動かないほうがいいのはみなさんも理解できると思います。もしこの支点がストローク中に動いてしまうと軌道がズレてミスヒットしたり、ボールの回転がバラバラになってしまいます。しかし、アームロックだと左腕にクラブを固定しているので、左わきにある支点がズレるのは体重移動しない限りほぼ不可能です。よって左腕に固定している限り、毎ストロークほぼ同じ軌道を描くことができるようになります。再現性が高まれば、打点もヘッドの最下点も安定しますから、ストロークのミスが減少します。ここで注意しておきたいのは、グリップエンドを腕に触れさせるだけではいけません。しっかりと腕に圧を加え続けてストロークをすることが重要です。いまや“4大グリップ”とも言えるアームロックを含んだ4つの握り方で表を作ってみました。アームロックは距離感以外、正直ダントツ1位。距離感に関しては、腕と一体化したストロークに慣れていないため、練習が必要になってきます。 ストロークのミスが減るぶんプロよりもアマチュアのほうがこのアームロックの恩恵を受けやすいと思います。とくにショートパットは、入る確率が上がるでしょうね。その代わり、しっかりとフィッティングして、自分専用のアームロック用パターを作ってもらうことが大事です。 左わきを支点にすることで再現性が極めて高くなる アドレス、テークバック、フォローで左わきにある支点が常にキープされている。支点を固定することができると、ヘッド軌道が安定し、再現性の高いストロークができる。最下点の位置が揃うことで入射角、打点が安定し、ボールの回転が一定になる(写真は池村) すでに進化系も登場!マット・クーチャーは右腕に固定 アームロックは左腕に固定するのが通常だが、マット・クーチャーは右腕に固定する“逆アームロック”に。「正直これには驚きです。詳しい情報はまだ入ってきてませんが、方向性が安定しそうな新しいグリップですね」(橋本) 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月6日号より
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Shinji Osawa スコアを大きく左右するパッティングだが、パットが上手な女子プロのパッティングスタイルを見ていると、ある共通点があることがわかった。果たしてその共通点とは? 解説/橋本真和TPI レベル1、アスリートボディケア・セルフトレーナーなどの資格を持ち、松田鈴英や高木優奈のパッティングコーチを務める 「ハンドアップ」なら手首の動きをロックできる 近年女子プロのパッティング技術がどんどん上がってきている。ツアープロの資格を持ち、パッティングのコーチとして数多くのプロを指導している橋本真和コーチによると、パットが上手い選手に共通するのは「再現性の高いグリップ、アドレス、ストロークができていること」だという。では再現性を高めるために大事なこととは?「まずみなさんに試していただきたいのが“ハンドアップ”です。パッティングのミスの多くは手首がムダな動きをするのが原因で、ハンドアップにすることでその動きを抑制することができます。後方から見て、ひじからシャフトまで一直線になっていればできている証拠です。前傾角度に関しては、申ジエ選手のように浅い人もいれば、上田桃子選手のように深い人もいます。しかし両選手に共通しているのは、ひじからシャフトまでのラインが一直線になっていること。これが再現性を高めるうえでは非常に大事です」(橋本)橋本コーチの言うように多くのプロはこのラインがしっかりとキープされているのが写真でもわかる。ライ角とのバランスもあるが、申ジエはパターのヒールが浮いてしまうほどのハンドアップだが、ひじから下はキレイな一直線になっている。 女子プロイチのパット巧者・申ジエヒールが浮くほどのハンドアップ 申ジエの特徴と言えばヒールが浮くほど前傾が浅く、シャフトプレーンが垂直に近いこと。手首のムダな動きが抑制され、真っすぐなストロークができる ひじから下が一直線になるお手本アドレス4選手 上田桃子「フラットながら一直線」「シャフトプレーンはフラットだが、ひじとシャフトのラインはキレイな一直線になっている」(橋本・以下同) 古江彩佳「真っすぐ打ち出せる構え」「前傾角度とライ角のバランスが絶妙で、真っすぐストロークしやすい構え」 小祝さくら「無駄な力みがない」「パターのライ角どおりに構え、力みがないアドレス。ひじから下のラインは理想的」 河本結「教科書に載せたいアドレス」「ライ角とシャフトプレーン、前傾角度、全てがパーフェクト。お手本的な構えです」 「合掌」ならシャフトのねじれを抑えられる 「ハンドアップと合わせて大切なのは“合掌”です。一般的には、合掌グリップというと、両手をぴったり合わせるようにして握ることを指しますが、ここでいう合掌は、両手の手のひらがフェース面と平行になっているかどうかです。アマチュアの多くはストローク中に手首をひねってフェースの開閉を行っています。手のひらがフェース面と平行にした状態で握ることができると、ストローク中に手首をひねりにくくなるのでぜひ試していただきたいですね」と橋本コーチ。「合掌にも2タイプあって、申ジエ選手のように両手がぴったりと合った『完全合掌タイプ』と原英莉花選手のように順手で握る『順手合掌タイプ』です。どちらも手のひらがフェース面と平行なので、いい意味で手を使いません。パットが上手い選手の多くはこの2つのポイントを無意識にできている人が多いですが、おそらく長時間の練習によって自然と身に付いたもの。パットに悩む人は、ストロークよりも、まずはグリップを参考にしてみてください」 原英莉花シャフトをねじる動きが一切ない 長身の原は、前傾が深いのでシャフトプレーンが垂直に近い角度に。順手の合掌握りにすることでねじれのない振り子のようなストロークができる 完全合掌タイプ 申・ジエ「オーソドックスな合掌グリップ」「完全合掌タイプでも、通常はどちらかの手が若干下にくる。順手と同じように右手親指が少し下にくる申ジエのグリップが一般的な形」 西村優奈「クロスハンド型合掌グリップ」「完全合掌タイプだが、左手がわずかに下にあるクロスハンド寄りの合掌グリップ。左手で打ち出したい方向に引っ張るイメージで打てる」 順手合掌タイプ 原英莉花「順手合唱タイプの見本」「順手合掌の中でもキレイに平行に握れているお手本的グリップ。長身の原は前傾角度が深いので、ライ角どおりに構えやすい」 小祝さくら「左手の意識を消したい表れ」「キレイな順手合掌だが、逆オーバーラッピングにして、かつ手袋を着けることで左手の意識を消したいのだと思います」 上田桃子「自然な開閉が使いやすい」「ストローク中に自然なフェースの開閉が使っていけるお手本のようなグリップ。ブレが少なく再現性が高い」 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月2日号より