Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【50歳からのシングル養成塾】Vol.217「力ではなく“重さ”を使えばいつまでも飛ばせる!」

【50歳からのシングル養成塾】Vol.217「力ではなく“重さ”を使えばいつまでも飛ばせる!」

片山晋呉や上田桃子など、数多くのトッププロを世に送り出してきた江連忠が、自身の経験をもとに、50歳からの上達法をアドバイス!

TEXT/Yumiko Shigetomi PHOTO/Hiroyuki Okazawa THANKS/オーシャンリンクス宮古島

前回のお話はこちら

頭が浮いていないか
確認してみよう

現代は小さくて力がそれほど強くない女子プロでも240ヤードが当たり前なのに、アマチュアが相変わらず飛ばないのは“自分の重さ”を使えていないからです。

例えばインパクトの形を作って動かないモノを押したとき、上体が伸び上がって頭が浮くと強くは押せません。頭の位置と前傾角を変えずに自分の重さをボールに乗せることが大事。ただ自分では頭が浮いていないと思っている人が多いので、一度誰かに頭を押さえてもらってスウィングしてみれば、感覚がつかめると思います。


重さを乗せるインパクトが身についたら、腕力は使わなくていいから非力な人でも最大飛距離が出せるし、年を重ねても飛距離がなかなか落ちません。

重さを乗せるための必須条件は、両わきが締まっていて腕と体の一体感があること。わきが開いて腕が体から外れてしまうと、いくら前傾を保っていても重さは伝わらないので注意してください。

Point1
伸び上がると重さは乗らない

上体が起き上がって頭が浮くインパクトだと、自分の重さがまったく乗らないので腕力に頼って打つことになる。曲がるし飛ばない典型例だ

Point 2
わきが甘いとパワーは伝わらない

前傾を保って頭が浮かないようにしても、わきが開いて腕が体から外れたインパクトでは、パワーが伝わらない

江連忠

1968年生まれ。東京都出身。高校を卒業して渡米し、ミニツアーを転戦しながらジム・マクリーンに師事したのち帰国。日本のプロコーチ第一人者となり、片山晋呉や上田桃子を賞金王に育て上げた

月刊ゴルフダイジェスト2021年11月号より

こちらもチェック!

  • 規格外の高卒ルーキーが男子ツアーを席巻しようとしている。今季AbemaTVツアーでシーズン3勝を挙げて早々にレギュラーツアーへの出場権を獲得した久常涼だ。彼のプレーを目の当たりにした先輩プロたちは、技術力の高さもさることながらそのゴルフの強さを絶賛する。今回は久常の最大の武器であるドライバーショットにスポットを当てた! PHOTO/ARAKISHIN THANKS/ぎふ美濃GC、日進ゴルフエトワス 久常 涼 ひさつね・りょう。2002年9月9日生まれの19歳。175センチ・80キロ。岡山県出身。渋野日向子と同じ岡山県作陽高校出身。高校3年時に昨年QTを受験したものの1212位。それでもAbemaTVツアー出場3試合目で優勝を果たすと、今季ここまで3勝を挙げ、残りのレギュラーツアー出場権を獲得した スウィングはマン振りが基本 GD すごい活躍ですね!久常 いえいえ、まだまだ全然です。でも昨年のQTに失敗して無職になったときは本当にどうしようかと思っていました。GD 1212位からの見事なリベンジ。中学2年のときに初めて会った当時からドライバーは飛んでいた記憶がありますが、今はさらに飛んでいます?久常 はい。飛距離は伸びていると思います。ただ、飛ばすだけじゃプロの試合では通用しないので、しっかり振りながらもコントロール力を高める努力はしています。GD でも、相変わらずマン振りがベースなんですね。久常 そうですね。作陽(高校)ではとにかくマン振りすることから教えられましたから、それは自分のゴルフの土台になっています。GD たしか当時はフェードを打っていました。久常 はい。でも今はドローです。体の動きとしてはドローのほうがナチュラルに振れるのと、飛距離もドローのほうが出ていると思います。 久常涼の300Yスウィング 久常涼の迫力スウィングを動画でチェック! 続きを読む //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} イメージはライン出し!左腰までヘッドを真っすぐ押す インパクトから左腰まで、フェース向きをできる限り長くキープさせることができればマン振りしても方向性は安定するという久常 GD 飛距離を落とさず方向性を高める工夫はしていますか?久常 インパクトでヘッドを真っすぐ動かしています。GD フェースを返さないイメージ?久常 そうです。曲げたくないときはライン出しのイメージで振りますが、左腰までフェースを真っすぐに動かしています。GD それを意識するとヘッドスピードは落ちませんか?久常 手の動きでやると落ちます。だから、いわゆる体幹、体とクラブの動きが同調することが大事で、あくまでもスウィングの主役は体の回転です。GD 回転するときに意識していることはありますか?久常 左サイドの壁です。飛ばそうとすると体が左に突っ込んでしまいがちですが、そうなると体の回転は止まってしまいます。ダウンスウィングで左サイドに踏み込んだら、左腰をお尻方向に引っ張る感じで動かします。GD このとき、手は全く使わない意識なんですね?久常 300ヤードを打つのもライン出しの延長なので、小手先で打つ意識はありません。 飛ばしPoint 1左腰でクラブを引っぱり下ろす 左腰でクラブを引っ張るイメージで振ると体の回転とクラブの動きが同調しやすい。手首をこねたり、ねじったりする動きは一切入れずに、体の回転主体で振る 飛ばしPoint 2フラフープのような横回転をイメージ 体の周りにフラフープをイメージして、それに沿ってクラブが動くイメージ。体の横回転が主体で、そこに地面を蹴る動きなど縦の動きが加わる トップを小さくしたら回転スピードがアップした GD 以前はもっと大きなトップだった記憶があります。久常 そうですね。ヘッドを体から遠くに上げようとしていました。でも、それだと体を速く回転させられないし、腕の動きが強くなってしまったんです。GD それでトップを小さく?久常 小さくというより、もともとトップで右ひじが外に開いてしまう癖があったので、そこを矯正したら自然とトップがコンパクトになり、結果的に体を速く回転させられるようになりました。GD 右ひじを地面に向けるイメージですか?久常 そうですね。右ひじが体から離れないように意識したら、ひじが外を向かなくなりました。おそらく、大きなトップを作ろうとしたことで、軸がブレてしまっていたんだと思います。コンパクトなトップになってからのほうが速く回転できるようになりました。ヘッドの入射角も安定して、曲がらなくもなりました。GD ミート率がアップしたことも結果的に飛距離アップにつながったわけですね。久常 いまはテークバックでしっかりと右足に体重を乗せて、ダウンスウィングで左股関節に乗せる。これだけを考えて振っています。 飛ばしPoint 3トップで右ひじは地面を向く トップで右ひじが体から離れないことで体幹を使ったスウィングができる。体の回転と腕、クラブが連動して動くようになり軌道が安定する。トップで右ひじを地面に向けるイメージ 飛ばしPoint 4右を踏んでトップ、左を踏んでダウン 地面を踏む動きで体の回転を加速させる。ただ、意図的に地面反力を使っているわけではなく、速く振るための動きを追求したら、自然と左右の足で地面を踏む動きになったという 【こんな練習してました】カゴの中身を背中側に落とす カゴにボールを入れてそのボールが自分に当たらないようにトップ位置まで持っていければ、右ひじは正しい動きになる。ボールが自分に当たるのは右ひじが外を向いている証拠 ウォームアップはグローブなしがオススメ GD 練習ではグローブしないのですか?久常 いえ、ちょっと力んでるなと感じるときはグローブをつけずにやっているだけで、これも思いつきでやっているだけなんです。GD 滑りそうで逆に力が入っちゃいそうですが?久常 なんか、グローブをつけると強く握っちゃうんですよね(笑)。素手のほうが柔らかく握っている感覚が出やすくて、ウォームアップにはピッタリなんです。 素手で振ると力みが抜ける 少し疲労がたまっていたり、力んでいると感じられるときは、グローブをせず素手で8割くらい力感でショットをすると無駄な力が抜けてリラックスできるという。「これウォームアップでやると意外といいんですよ」 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Blue Sky Photos、Takahiro Masuda 6648Y・パー71で行われる東京五輪女子ゴルフ。海外メジャー並みのタフなセッティングだが、そんな長い距離をものともしない、世界の飛ばし屋5人のスウィングをクローズアップ。米女子ツアーに詳しいレックス倉本に解説してもらった https://my-golfdigest.jp/tournament/p32443/ ビアンカ・パグダンガナン(23) 平均飛距離 285.0Y世界ランク178位 162cm フィリピン 昨年プロデビューし、シーズン飛距離1位を獲得。プロデビュー戦となった20年全米女子プロでは9位タイに入り、潜在能力の高さを証明している ドラコン選手並みの深い捻転「超ストロンググリップでバックスウィング時に頭を低くして『これでもか!』というくらい体を捻転させています。飛距離に特化したスウィングといえます」(レックス倉本・以下同) ブルック・ヘンダーソン(23) 平均飛距離 275.2Y世界ランク8位 162cm カナダ 14年に軽井沢で行われた世界女子アマで個人優勝。米ツアー通算10勝は男女通じてカナダ勢最多。ルールギリギリの48インチの長尺ドライバーを使いこなす オーバースウィングも軸ブレゼロ「超オーバースウィングですが、トップで沈み込みながら、切り返しで強烈なタメを作ることでシャットフェースになり、飛んで、かつ曲がらない」 パティ・タバタナキット(21) 平均飛距離 274.7Y世界ランク13位 162cm タイ 大学2年時にプロ転向し、今季ブレーク。ANAインスピレーションでは初日から首位を守る完全優勝で、初勝利。米女子ツアーで現在賞金ランク4位 高い位置から振り下ろす「ボールの真上に頭を置き、バックスウィングで肩を縦に回転させることで、手を高い位置に振り上げている。大きなスウィングアークが特徴」 ネリー・コルダ(23) 平均飛距離 273.8Y世界ランク1位 177cm アメリカ 今年の全米女子プロに勝ち、世界ランク1位に。今年は13試合出場中トップ10入り8回、うち優勝3回と圧倒的な強さを誇っている 飛ぶだけでなく再現性も高い「長身と長い手足を生かしたオーソドックスなスウィング。再現性が高く大崩れしない。(五輪に出場する)姉ジェシカも妹とそっくりなスウィング」 笹生優花(20) 平均飛距離 262Y世界ランク9位 166cm フィリピン 日本女子ツアーでは平均飛距離トップ。日本国籍も持つが、今回は母親の母国であるフィリピン代表として出場。2カ国の期待を背負って金メダルを目指す 理想的な高弾道・低スピンで飛ばす「シャットフェースでロフトを立てながら、インパクト直前までグリップが股関節より低い位置をキープして、ロースピンと高打ち出しを実現している」 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月17日号より
  • PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Hiroshi Yatabe 近年の女子ツアーは若手の台頭が目立つが黄金世代だけでなくその下の世代からも有力な選手が続々と現れている。そこで今回はツアー前半戦で活躍を見せた3人の女子プロを直撃。2人目は、畑岡奈紗と仲良しで飛ばし屋の山路晶選手。 山路 晶やまじ・あきら。1998年9月10日生まれ、宮城県仙台市出身。身長166cm・B型。東北高校卒。2019年プロテスト合格(92期生)。ドライビングディスタンス255Y(4位)。ゴルフ歴:8歳~ https://my-golfdigest.jp/tournament/p31611/ 親友の奈紗みたいに米ツアーで活躍したい GD 今季のリランキングで107位から24位まで順位を上げました。今季のプレーについては?山路 リランキングで順位を上げられたことはよかったなと思います。プレー自体も安定してきてスコアも作れるようになりました。GD 飛びますよね?山路 昔から飛ぶほうでしたが、水泳の影響は大きいです。水泳は体幹が強くなりますから、そのパワーを生かせているのかも。 飛距離だけでなく弾道の高さに自信あり 「飛距離も大きな武器ですが、好きなのはアイアン。高弾道で打てるので止められます」という山路は、リゾートトラストレディスで1日2回のホールイワンを出す快挙を達成 GD ツアー初優勝に向け、何が足りないと感じていますか?山路 飛ぶんですけど、パー5とか長いパー4でグリーンを外すことがあって、そういうときほど、難しいアプローチが残ってスコアを崩しがちです。100Y以内のショートゲームの精度を高めることが課題です。もともとアプローチも転がし一辺倒なんです。でも試合では状況によって上げる技も必要になります。あとはパットが苦手なんです。(テーラーメイドの)トラスパターに替えてからフィーリングがよくなってきました。GD ゴルフの目標は?山路 中学時代からの親友・(畑岡)奈紗のように米ツアーで活躍したいです。お互い成績がいいときはLINEを送り合っていて、一緒にラウンドすることも多く、いつも刺激をもらっています。GD 女子ツアーは連戦ですが、休みが取れたら何をしますか?山路 最近できていませんが、サーフィンしたいです。まだ始めたばかりで3~4回ですけど、水には強いので海も怖くありません。長期休みが取れるならヨーロッパかイタリアに行きたいです。 【山路晶に一問一答】 ニックネーム……やまじ、あき特技……水泳好きな食べ物……サツマイモ好きな芸能人……ブラックピンク好きな動画……コムドット、中町兄弟のYouTube好きなコンビニ商品……板チョコアイス好きなファッション……大人っぽくキレイめで色は白か黒休日の過ごし方……美容室やネイルに行く旅ならどこへ行きたい……美食の街イタリア癒されるもの……犬や猫のTik Tokハマっているもの……サーフィン 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月10日号より