Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【待ってろ、ウエハラ!】Vol.13 薄い芝からのアプローチってどう打てばいいの?

【待ってろ、ウエハラ!】Vol.13 薄い芝からのアプローチってどう打てばいいの?

ラグビー元日本代表の大畑大介が、高校の同級生で元メジャーリーガーの上原浩治をゴルフで打ち負かすべく、精鋭コーチ陣に教えを請う本連載。第13回は、前回に引き続きメジャーチャンプコーチ青木翔が薄芝の攻略法を大畑に伝授!

ILLUST/Koki Hashimoto TEXT/SHOTANOW PHOTO/ARAKISHIN THANKS/六甲国際パブリックコース

前回のお話はこちら

「裏ワザ」っていい響きだよね。ラクしてクリアできちゃうっていうのが最高! オレは気合いと根性で育ったバリバリの体育会系やけど、そりゃやっぱり効率よくサクッと攻略できるに越したことはない。
でも、素人がいきなり裏ワザにたどり着くのは難しい。ゲームとかでも、ある程度やり込んだ人じゃないと見つけることができないしね。
どんなスポーツでも量をこなすっていうのは大事だと思うけど、最速でマスターするにはできている人に聞いちゃうのが一番。というわけで、今回は青木コーチからグリーン周りの裏ワザをいただくぜ!
ツアープロを教えとるくらいやから、裏ワザの引き出しも“半端ない”はず。基本に加えて、裏ワザもマスターとなればグリーン周りはもう怖いものなしや。
勝つためには使えるものは全部使う。それがオレ流。待ってろ上原!


冬は芝が薄いなんて聞いてない!

基本に加えて、傾斜地からのアプローチをマスターした大畑。さらに青木コーチは裏ワザの習得を持ちかける。

青木 傾斜地もバッチリになったし、応用力もついてきましたね。ところで上原さんと対決するのっていつ頃ですか?

大畑 今すぐにでも勝てるくらい仕上がってきたから、いつでもええけどね。冬になるんかな。

青木 それだと今とは芝の状況が変わってきますね。

大畑 どういうこと?

青木 冬は芝が枯れるので、ボールと地面の隙間がなくなりやすいんです。それと、芝が生えてこないのでベアグラウンドと言われる芝が薄い場所が増えてきます。

大畑 ピンチやん!

青木 ボールが浮いていないので、ミスに対して夏場よりもシビアになります。少しヘッドが手前に落ちると、芝の上をすべらずにザクッと地面に刺さってしまいます。ピンチですね。

大畑 マジ! なんとかしてよコーチ!

青木 僕、猫型ロボットじゃないんですが……。解決法は、大畑さんが前回傾斜でやっていた下半身をガチッと固める打ち方。パターを打つときと同じように振ってみてください。ただし持つのは9番アイアンです。

大畑 9番アイアンをパターみたいに打つってこと? でもパッティングのように構えるとヒールが浮いてしまうけど。


青木 それでOKです。アイアンを吊るように持ってトウ側でボールにセットします。

大畑 いつもみたいにソール全体が地面につかなくていいってことね。

青木 ちょうどそこに芝が薄い部分があるのでやってみましょう。

「芝が薄いときには薄いときの引き出しがいるんや」(大畑)「アイアンでパターのように打つのがオススメです」(青木)

その打ち方違和感しかない

大畑 この芝の薄さは嫌やな。パターで打ちたいくらい。

青木 グリーンのすぐそばならパターを使ってもOKです。でもグリーン面まで遠いときにはパターを使うと、球の勢いが芝に食われてしまうので、アイアンでパターのように打つのがオススメです。

大畑 こんな怪しい打ち方見たことないけどホンマかな。

「下半身を固めて、パターのような感覚で…… 」(大畑)

半信半疑の大畑だったが、9番アイアンのトウで打ったショットは見事にボールを拾いカップに寄っていった。

大畑 パッティングみたいに打ったのにボールがちょっと浮いた!

青木 ロフトがあるので少しだけキャリーが出るんです。

大畑 これならグリーンまでの芝ゾーンはクリアできるし、ザックリも怖くないな。

青木 キャリーやランの感覚は練習して試してみてください。

大畑 ついでにもう1つ教えてもらいたいんやけど、バンカーってベアグラウンドよりボールと地面の隙間がないでしょ。それなのに、アゴがせり出ているからこの裏ワザも使えない。

青木 バンカーなんて楽勝です。ボールを打つより適当でいいんですから。

大畑 テキトー!? オレがあれほど毎回苦戦しているっていうのに、そんな馬鹿な……。

大畑がグリーン周りで最も苦手というバンカーを前に余裕の表情を見せる青木コーチ。果たしてどんなレッスンを行うのか? 乞うご期待!

【オオハタ’s MEMO】
冬のグリーン周りは
9番アイアンを忘れるな!

レッスン風景を動画でチェック!

令和の武蔵になる!

オオハタダイスケ

大畑大介。1975年11月11日生まれ。ラグビー元日本代表、伝説のウイング。大阪の東海大仰星高で上原浩治と同クラス。ゴルフのベストスコアは91だが「本気を出せば上原に勝てる」と豪語するスーパーメンタル&フィジカルでゴルフ修行へ

迎え撃つは

ウエハラコウジ

上原浩治。1975年4月3日生まれ。読売巨人軍の元エースで、メジャーリーグでも活躍したレジェンド。マウンド上の緊張感を今はコースで味わうのが楽しいという根っからのアスリート気質を持つエンジョイかつ本気ゴルファー。同窓生・大畑の挑戦を待つ

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より

こちらもチェック!

  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<
  • PHOTO/Shinji Osawa、ARAKISHIN THANKS/富士カントリー可児クラブー可児ゴルフ場 簡単なはずの花道も、冬の枯芝ではザックリ・トップ連発の危険地帯。でも「コツさえつかめば簡単です」と小木曽プロ。果たしてどうすれば攻略できるのか――。 解説/小木曽喬おぎそたかし。1997年生まれ、愛知県出身。高3のときに日本アマで優勝し世界アマにも出場。高校卒業後プロ入りし、現在はレギュラーツアーとAbemaTVツアーに参戦。小技の上手さはツアー仲間からも一目を置かれている 入射角がカギ!上から入れてボールをすくい打つ GD 枯芝からのアプローチは球を右足寄りに置いて上からガツンと打ちたくりますが、ザックリすることが多いんです。小木曽 ヘッドを鋭角に入れるのは正解ですけど、地面にガツンと入れるのは間違い。それがザックリする原因です。僕は強く入れるのではなく、ボールだけを拾う感じで打っています。GD それって難しいですよね?小木曽 そう思うでしょ! でも夏芝と違って枯芝はサラサラで抵抗がないから意外とソールが滑りやすいんです。ヘッドの動かし方だけ注意すれば、ボールだけを簡単に拾えますよ。GD ヘッドの動かし方とは?小木曽 まずテークバックでフェースは開かない。むしろ閉じ気味に上げて、インパクト直後に開く。こうするとボールの下にリーディングエッジが潜り込みボールを拾いやすくなる。最後にフォローはフェースを返さずにさらに開くイメージで動かすと、ボールだけ拾い上げる感覚でフェースに乗せられます。 インパクト直後にスッと開いて持ち上げるイメージ <ポイント1>ダウンでもフェースは閉じ気味フェース面を閉じ気味に下ろすことでボールを上げようとする動きが入りにくくなる。ヘッドが下から入ると地面にソールが弾かれる原因になる <ポイント2>ヘッドを上から入れるイメージはロフトどおりの角度でボールにコンタクト。ヘッドを上から入れることでボールの下にリーディングエッジを潜り込ませることができる <ポイント3>フェースを開いてボールをすくうインパクト後はフェースを空に向けるイメージで開く。フェース面の向きが一瞬で入れ替わることで、ボールを拾い上げることができる テークバックフェースをボールに向けながら上げる フェースを開きながら上げると入射角が鈍角になりやすいので、閉じ気味に上げる。インサイドではなくターゲットラインの真後ろに上げていくイメージ フォローフェース面が空を向く フォローでフェースを返すと出球が強くなりすぎてグリーンで止められない。フェースは空に向けるようにさらに開いていくのがポイント <Tips1>枯芝はボールが沈みやすい夏芝はボールが浮きやすいので、多少手前からヘッドが入ってもクリーンにコンタクトしやすいが、枯芝は芝が弱くボールが沈みがちなので、きれいにコンタクトするにはやや上からヘッドを入れていく必要がある。 <Tips2>枯芝は意外とヘッドが刺さらない枯芝は、水分がなくサラサラで粘りっ気がないので、ボールの下にヘッドを入れることさえできれば、あとはソールが勝手に滑ってくれる。そのため、かえって夏芝よりもフワッとした球は打ちやすいという。 右手・右側・右体重! 3つの“右”を使う GD 具体的な注意点を教えてください。小木曽 体重はやや右足体重にして、右手を積極的に使います。GD 右足体重ですか? アプローチは左足体重というイメージがありますが……。小木曽 左足体重にすると、ヘッドの入射角が鋭角になりすぎるのでザックリしやすいんです。やや右足体重のままでヘッドを上から入れるのがポイント。また、器用な右手を積極的に使うほうがフェース面の管理はやりやすくなります。GD でも、ボールへコンタクトするのが難しく感じますが?小木曽 それも、右足体重のまま振れば意外と簡単にできるんですよ。体の右側で振るイメージで、極端にいえばハンドレートでインパクトします。右足の前で打つ感じですね。GD ハンドファーストではダメなんですか?小木曽 インパクトで手元が目標方向に出るハンドファーストのイメージを持つと、ヘッドが地面に刺さりやすくなってしまいます。それから、手首を固めないことも大事。特に右手首を柔らかく使うことで、ボールを拾い上げやすくなります。GD 通常言われていることと真逆のような気がしますが。小木曽 たしかにアプローチは、左足体重にしてハンドファーストにしろとよく言いますよね。でも、それだと上手くコンタクトできたとしても出球が強くなりすぎて距離感を出すことが難しいんです。距離感を出して寄せるコツは、“右”を上手に使うことなんです。 逆転の発想1.アドレスは右足体重 枯芝ではヘッドを上から入れるのが鉄則だが、上から入れようとすると、つい左足体重で構えてしまう。すると、鋭角に入りすぎてザックリのミスが生じやすくなる。右足体重で構えつつ、ヘッドを上から入れる意識を持つことで、適度な入射角でコンタクトしていくことができる <逆転の発想2>体の右サイドでクラブをクルッ 体の右サイドで、クラブで円を描くように振る。右手首を柔らかく使って、手元を支点にヘッドを自分から見て時計回りにクルっと回転させるイメージだ。この動きができれば、球を上手く拾うことができる <逆転の発想3>右手で上げて、右手でリリース 右手でクラブを上げて、右手でヘッドをリリースさせる。体の右サイドでスウィングする意識を持つことで、ザックリやトップのミスを防止することができる。少しでも体の左サイドが主体になるとザックリしやすくなる 緩んだら負け!手元を止めてヘッドを走らせる GD 枯芝はソールが滑りやすいと話していましたが、あえて手前から滑らせるように動かすわけではないんですね?小木曽 そう。ここが最も大事なポイントです。ソールを滑らせるのはボールに当たった直後。このとき、インパクトで緩むと芝が薄いぶん、地面に弾かれやすくなります。だから、ヘッドを意図的に加速させる必要があるんです。GD そうするとフェースが返りやすくなりませんか?小木曽 そうならないように、右手のひらをインパクトで離すくらいの感覚を持つんです。GD え! 右手主体で振ってきたのに?小木曽 右手を離す意識を持つのは、ヘッドの動きにブレーキをかけないためです。そこで重要になるのが支点となる“グリップエンド”。インパクトでグリップエンドがおへその少し右側を指すようにヘッドを動かします。GD 手元をヘッドが追い越していく感じですね。小木曽 そうです。多くの人がここで手元を目標方向に出そうとするので、支点がズレてヘッドが加速してくれません。支点を動かなければ、ヘッドは勝手に加速してくれます。こうすれば、ヘッドが地面に弾かれることなくスーっとソールが滑って行ってくれるんです。 <緩まないコツ1>インパクト直後に右手を離すイメージ インパクトしたあとは右手を離すくらいのイメージでOK。ヘッドだけが加速してソールが地面を滑り、フェースにボールが乗りやすくなる <緩まないコツ2>支点はおへその少し右 支点となるグリップエンドの位置が極力動かないようにすることで、ヘッドが加速しインパクトが緩みにくくなる。支点は、おへそよりもやや右。体の右サイドで円を描くイメージで振れば、球をきれい拾いやすくなる お家でできる! 枯芝対策ボールをウェッジで拾ってみよう! 右手1本でクラブを持って、地面のボールを拾い上げる動きがまさにインパクトの動きになる。このとき、グリップエンドをヘッドと逆側に動かすようにすると、ボールを拾いやすくなる。この感覚を身につけよう 週刊ゴルフダイジェスト2021年1月26日号より