Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ドライバーでライン出し①】狭いフェアウェイを狙い打つ中級者以上のワザ。低スピンフェードを極めて85を切る!

【ドライバーでライン出し①】狭いフェアウェイを狙い打つ中級者以上のワザ。低スピンフェードを極めて85を切る!

GDライブラリ
2019.07.24

左右がOBだったり、フェアウェイが狭かったり、ドライバーを気持ちよく振り回せないホールにやってくると、なぜかドライバーが曲がる。曲げちゃいけないホールに限って曲がるのが、ゴルフの“あるある”。古閑美保や上田桃子がジュニア時代に通った坂田塾の現コーチであり、大手前大学ゴルフ部の監督でもある坂田雅樹プロに、フェアウェイを狙い打つドライバーテクニックを教えてもらおう。

【解説】坂田雅樹プロ
福岡県出身。父である坂田信弘プロの元でプロになり、坂田塾のコーチと大手前大学ゴルフ部の監督を務める。プロの試合でも活躍するアマチュアの安田祐香を育て上げた

低いフェードでフェアウェイをヒット!

── 左右OBなどの狭いホールは、UTやアイアンで刻むのが得策ですかね…。

坂田 でも、そういう実戦で役立つ練習をしている人、あまり練習場で見たことないです(笑)。

── 痛いところを突きますねぇ。ドライバーで上手く打てれば距離も稼げて、2打目以降も楽じゃないですか。それが一番理想ですが…。

坂田 では、ドライバーで目標をピンポイントに狙い打つ方法を教えちゃいましょう。ある程度は打てる中級者以上のテクニックになりますが、説明していきます。

ドライバーで狭いフェアウェイを狙い打ち

── その打ち方とは?

坂田 ズバリ、ドライバーでの「ライン出し」です。具体的にいうと、フェースのトウ側でヒットして、低スピン&低弾道のフェードを打ちます。

ライン出しの打点はややトウ寄り

フェースのトウ寄りでヒットしても、最新のドライバーは球離れが早いので、昔のようなギア効果のドローにはなりにくい。そして低スピンで飛ぶから曲がらない

坂田 当てるのはトウ寄りの真ん中。フェースの上めだと打ち出しが高くなってしまうのでNGです。ロフトを立ててインパクトします。

── ロフトを立てたままトウヒット。難しそう…。

坂田 トウに当てますが、スウィングはフェードの動きです。ポイントは左への体重移動と大きなフォロー。これができるようになると、方向性だけじゃなく、飛距離アップもあるかも、ですよ。

フェードとドロー は動き方が根本的に違う

【低スピンフェード】大きな体重移動で左腰の前で打つ

坂田 フェードはインパクトを点ではなくゾーンで打つイメージが必要。トップで右に体重を乗せますが、切り返しから左腰を目標方向へスライドさせ、左へ体重移動します。ハンドファーストにインパクトして、フォローを大きく取っていく。フィニッシュではクラブが地面と平行に収まります。

【高弾道ドロー】その場で回転して右腰の前で打つ

坂田 トップで右に体重を乗せるのは同じですが、体重移動を小さく、その場で回転して右腰の前でボールをとらえるイメージ。ハンドファーストの度合いはフェードより小さくなります。フェースをターンさせるので、フォローでヘッドが跳ね上がる動きが入り、フィニッシュはタテに収まります。

低スピンフェードの打ち方に続く

TEXT/Toshiyuki Funayama
PHOTO/Yasuo Masuda、Shinji Osawa、Masaaki Nishimoto、Tadashi Anezaki

週刊GD2019年7月30日号より