Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【人気連載アーカイブ】ミナセの小部屋Vol.2 「“伸”と“縮”でパワーを溜める」

【人気連載アーカイブ】ミナセの小部屋Vol.2 「“伸”と“縮”でパワーを溜める」

1年で50Yも飛距離を伸ばしたという小澤美奈瀬。ティーチングプロでもある彼女自身が飛ぶようになった秘訣をお伝えする当連載。今回のテーマは「テークバック」。コツはわき腹の使い方にあるというのだが……。

PHOTO/Takanori Miki

小澤美奈瀬
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っている。USLPGAティーチングプロ。

前回のお話はこちら

こんにちは、小澤美奈瀬です。今回のテーマは、パワーが溜まるテークバックの仕方についてです。

みなさん、テークバックは肩や体を回すモノって思っていますよね。以前の私もそう思っていました。回そうと思ったら、どこまでも体がクルンクルンと回ってしまっていたので、すごいオーバースウィングだったんです。

「ココがトップの限界だよ」っていうストッパーがないから、スウィングは柔らかく見えるけど、全然パワーが溜まってなくて、インパクトで力が出せなかったんです。

弓矢の弦を張るように
右わき腹を伸ばしていく

そこで私が考えたのが、左肩を“下げる”テークバックでした。

肩を“回そう”とすると、時に前傾が起き上がり重心も高くなってパワーが溜まりにくいことがわかったんです。

左肩を下げるとき、意識してもらいたいのが、わき腹の「腹斜筋」という筋肉です。

トップで左側の腹斜筋が縮み、右側の腹斜筋がピーンっと張る感じで、これ以上伸ばせないっていう感覚になればトップの完成です。弓矢を引っ張ったときに、弦がピーンと張らないと、矢を速く放つことができませんよね。

私はこんな感覚でテークバックすることで、パワーが溜まったトップを作ることに成功したんです。

<Point1>左肩は「回す」のではなく「下げる」

左肩を斜め下へ下げる感覚でテークバックを行うと、左腹斜筋が縮まり、右腹斜筋がピーンと伸び張りを感じる。この感覚が出たらパワーが溜まったトップが作れたことになる

<Point2>トップまで右脚を動かさない

トップまで右脚の角度や右腰の向きを変えないこともパワーを溜める方法のひとつ。「以前は、体の一部にストッパー的なものがなかったので、手先でクラブをコントロールしていたので、飛ばないし方向性も安定していませんでした。この気づきは飛距離アップと安定性を得るうえでとても大きかったです」

Vol.3に続く

  • 1年で50Yも飛距離を伸ばした小澤美奈瀬が飛ばしの秘訣をお伝えする連載「ミナセの小部屋」。第3回のテーマは「土台」について。安定したスウィングを支える土台作りのコツを教えてもらった。 PHOTO/Takanori Miki 小澤美奈瀬おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っている。USLPGAティーチングプロ https://my-golfdigest.jp/lesson/p1515/ 前回のお話はこちら こんにちは、小澤美奈瀬です。私が言ったこと、ちゃんと実践してくれていますか? さて、今回は下半身についてお話しします。スウィングの土台である下半身が不安定だと、当然、クラブを速く振ったり、毎回同じようには振ることができず、方向性も悪くなります。そのために私がやっているのが、「足の裏全体で地面に足跡がくっきり付くくらい踏ん張る」ことです。 足の指で芝生をつかむイメージでしっかりと踏ん張る 仮に足裏がハンコで地面が紙だとしたら、紙がグチャグチャになるほど強くハンコを押すイメージです。私はそれくらい踏んでいます。そこでよく質問されるのが、「重心はつま先側ですか?」です。 私の答えはNo。あくまでも足裏全体が一つの面となり地面に押印するイメージです。300g以上のクラブを上半身で思い切り振るパワーを下支えするには、1点の重心で考えていては体がブレてしまいます。 足裏全体で地面に足跡が残るくらい踏ん張ってスウィングしてみてくださいね。 アドレスからトップまで、下半身の形、とくに右足と右腰の位置を変えない意識を持つと、トップで深い捻転をつくることができる。体重移動を使おうとして体が左右に動くと、クラブスピードは上がらない Vol.4に続く 週刊ゴルフダイジェスト2019年6月11日号より

週刊ゴルフダイジェスト2019年5月28日号より