Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 【アプローチ】ロブが得意なら、グリーン周りはぜんぶロブでもいいんです。好きなワザを磨くのは上達の近道ですよ

【アプローチ】ロブが得意なら、グリーン周りはぜんぶロブでもいいんです。好きなワザを磨くのは上達の近道ですよ

GDライブラリ
2019.07.31

グリーン周りの短いアプローチでも田村プロは転がさずに上げて狙われるのでしょうか? クラブは短く握りますか?(25歳 平均スコア100)

ロブはカットに打たずに、フェースでボールをしっかりとらえる

グリーン周りの短い距離では、さすがにロブショットは使いづらいですねえ。ただし、転がすというイメージはありません。使うクラブはAWかSWで、PW以下のクラブを使った記憶もありません。たまたま距離が短く、大きなテークバックがとれないため、ボールが十分には上がらず。落ちてから少し転がってしまうという感覚ですね。

カットに打たずフェースは真っすぐ

このとき大事なのはインテンショナルにスピンの強弱をつけようとしないことです。

カットに打つとかせず、あくまでもフェースでボールをしっかりとらえることに集中するのです。そうするとボールの直進性がよくなりますので、チップインの確率も高くなります。

私は距離が近くても、クラブを短く握ることはまずありません。短く握るとクラブのヘッドバランスが軽くなり、手打ちになりやすいからです。せっかく14本しかクラブは入れていないのに、何十本ものクラブを使いこなすのと同じことになります。

ただアプローチは転がすのがいいのか、上げるのがいいのか、その人の好き嫌いもありますので、必ずこうしろ! とは一概に言えません。

ただしいろいろとやろうとすればするほど、それを自分のものにするには、相当な練習量が必要になることは間違いありません。

田村尚之ゴルフQ&A

golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp