Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 【バンカー】いくら打っても砂から出ない…それって打ち込み病が原因かも(後編)。SWにボウル接着、パッカーンの音が出たら最高です!

【バンカー】いくら打っても砂から出ない…それって打ち込み病が原因かも(後編)。SWにボウル接着、パッカーンの音が出たら最高です!

GDライブラリ
2019.09.25

砂遊び(林プロのバンカーレッスン前編)をして、ロフト90度のフェース使いを覚えたら、次は入射角をゆるやかにソールを滑らせて打てばいいと林プロ。その方法を聞いた。

林 由寿プロ
はやしよしとし。1973年生まれ。千葉県出身。ティーチングプロA級。祖父は林由郎、父は林由一という3代目プロ。東京ゴルフプラザ(江戸川区)でレッスンをしながら、年200回のラウンドレッスン

上から打つのはカチカチの砂だけ

 やっぱり、ヘッドの入射角をゆるやかにしたいですね。そもそもバンカーは、「上から打つ」という説がありますが、カチカチの硬い砂や目玉の状況以外では、それほど上から打つ必要はないんです。

GD そうなんですか。でも、ついついコックを使って、上から強く叩く、とやってしまうんですね。

 実は、砂と遊ぶことやフェースを空に向けることに、入射角がゆるやかになるスウィングの要素が入っているんですが、ここではとっておきのアイデアをご紹介します。

GD お願いします。

 古いサンドウェッジにボウル(写真のようなステンレス製ボウル)を接着して振るんです。丸い底に沿って振るイメージを持つだけで、誰でもゆるやかな角度で振れるようになりますよ。

「100均ボウルでバンカー名人になれますよ」

【練習法1】ボウルの底に沿ってスウィング

 ボウルのような底が丸く大きなものをサンドウェッジに接着して、その底のアールに沿って振るイメージを持つだけで、誰でもカンタンにゆるやかな軌道でスウィングできます。練習場のバンカーで実際に振ってみると、パカ~ンといい音がします。この音が出たらOKです。

「パッカーンといい音が出せたら最高です」

【ポイント】ヘッド軌道は歩行の手の振りと同じ

左手にサンドウェッジを持って、歩くときのように腕を振ると大きなアークが生まれます。このスウィングアークのままスウィングすればOK。上から打とうとか、コックを使おうと考える必要は一切ありません。

【練習法2】ペットボトルの下をくぐらせてスウィング

 ペットボトルに少しだけ水を入れて、バンカーに寝かせて置きます。飲み口側を飛球線後方に向けてスウィングすると、ゆるやかな軌道で打つ練習になります。上手く打てると、斜め上にペットボトルが跳ね上がります。

【練習法3】ペットボトルを倒してショットする

 ボールのややアウト側の後方50センチにペットボトルを立てて、バックスウィングでペットボトルを倒してからボールを打ちます。コックを使わずにクラブを上げることで、ゆるやかな軌道で振り下ろす感覚がつかめます。

バンカーショットはラフのアプローチとまったく一緒!

 バンカーは特殊なショットだと思っていませんか?

GD そう思っていました。

 実は、その考えがバンカーを難しくしているんです。ラフと同じ打ち方で十分なんですよ。オープンスタンスもオープンフェースも、重心を下げることもコックも必要ないんです。つまり、バンカーに入ったら“ラフでリハーサル”が秘策なんです。

ラフ&バンカーは振り幅も打ち方もソックリじゃないか!

【ポイント】バンカーショットの前にラフで素振り

 バンカーの砂の抵抗は、ラフの芝の抵抗とそれほど変わりません。そのため、バンカーに入ったら、周りのラフで素振りをして、感触を確かめておくことが成功につながります。

バンカーショットの前にラフで素振りをしよう

ラフと変わらないフォロー

【もうワンポイント!】

ウェッジの両端を両手で持って素振り

PHOTO/Yasuo Masuda

週刊2019年10月1日号より

特選レッスン集「こんどこの技」↓

golfdigest-play.jp

一人予約できる気軽なゴルフ旅行です↓

golfdigest-play.jp

短期で上達、GDツアーセンターのゴルフ合宿はこちら↓

golfdigest-play.jp