Myゴルフダイジェスト

震災から6年。完全復旧の阿蘇東急GCで地域貢献のイベント開催

熊本地震から6年。復旧から復興へのイベントが、被害甚大だったゴルフ場で行われる。

熊本県の阿蘇東急GCは地震のためクラブハウスを失い、コースも崩壊し2年間のクローズ。クラブハウスは近くにあった日赤研修センターを買い上げ、改修、コースも工事復旧し、現在に至っている。アクセスの要だった阿蘇大橋も開通し、同GCでは4月10日、2つのイベントを開催する。

1つは初心者・未経験者かつ18歳以上の女性を対象にしたゴルフ体験会「くまもとレディスゴルフ♪アカデミー」。主催は九州ゴルフ連盟(GUK)ゴルフ活性化委員会と熊本県ゴルフ協会。GUKでは昨年、新規ゴルファーを増やすために初体験ゴルフ講座を始めている。

手ぶらでOK。ゴルフウェア・ゴルフシューズでなくてもOK(サンダル・ヒールはNG)。そして参加費無料。プロゴルファーが、ルールからスウィングまで指導する。申し込みは熊本県ゴルフ協会ホームページにて。

GUKの福岡県南部地区ゴルフ場支配人会では、志摩シーサイドCCで昨年10月から女性限定の「福岡ゴルフアカデミー」を開催。福岡県北部地区では「#ゴルフはじめよう」企画を告知するなど、九州では初心者ゴルファーの取り込みに積極的だ。

阿蘇東急GCのもう1つのイベントは大がかりなものだ。今年で3回目になる「阿蘇東急でアソぼう♪」はアウトコースを開放して行われる。地元エリアのフードマルシェ、警察・消防・自衛隊の働く車両展示コーナーやステージショー、コース内ではスナッグゴルフやディスクゴルフ、フットゴルフ、芝すべり、ミニ新幹線や移動動物園までもりだくさん。昨年は1500名の大人、子供が参加したという。

また同GCは隣接するリゾート施設もオープンし、“空飛ぶブランコ”は、新たな絶景ポイントとして話題になっているという。

「復興に向けたイベントで地域貢献できるとすれば、こんな嬉しいことはありません。あとはただ天気を祈るのみです」(同GC・渡辺淳氏)

“災い転じて福となす”努力が実を結び始めた。

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • まったくクラブを手にしたことのない女性の掘り起こし作戦が実を結びつつある。 イベント名は「福岡ゴルフアカデミー」。24のゴルフ場からなる福岡県南部地区支配人会の「ゴルフ連盟活性化委員会」で挙がった「未経験者の掘り起こし」「休眠ゴルファーの復活」「既存ゴルファーの活性化」という3つの課題から採択されたのは、未経験者を掘り起こす案、しかも女性に特化するというものだった。参加資格は福岡県在住で18歳以上、ゴルフ場でのプレー経験がない女性とした。ゴルフ場、ゴルフショップ、練習場にチラシを貼って告知し、先着20名を募ったところ、わずか2日で埋まったという。同アカデミーで中心となって準備を進めている志摩シーサイドCCの支配人・宮川周三氏は「ゴルフ場や練習場で告知しても、(未経験者)“本人”には届かないと思うかもしれませんが、口コミで広がるのですね。応募してきた年代も20代、30代、40代と幅広く、親子で申し込んできた人もいます。ただその中にゴルフ場でのプレー履歴があった人も2名いらしたので遠慮していただき、追加補充させてもらいました」と話す。当選した20名の女性は10月2、9、16日と3回行われる講習に参加する(場所は志摩シーサイドCCで無料)。講習内容は、ゴルフの起源や歴史、エチケット、マナーなどの座学や乗用カートでのコース見学、3ホールでパットなどの体験プレーなど。3回の講習をすべて終了すると、メンバーカードが配布される。さらに24ゴルフ場の特別料金(平日、メンバーフィー+1000円、土日は同+3000円)の特典も付与される。その24コースの中には古賀GC、芥屋GC、福岡CCなど、トーナメントを開催する有名コースも入っているというから、同イベントの本気さがうかがえる。来年4月には20名のコンペも開催予定。また今後は一般男性やジュニア向けの開催も視野に入れている。これらの活動の原動力となったのは若い支配人たちだという。「座学やレッスンなどすべて支配人が汗をかきます。バブルを知らない世代で、どうしたらお客さんを呼べるかという時代に支配人になった人ばかりですから、試行錯誤の連続です」(前出・宮川氏)福岡だけでなく、他の地域でもぜひ取り入れてもらいたい試みだ。 今回のアカデミーの会場となる「志摩シーサイドCC」。県内でも屈指の美しいコースで講習が受けられるのはうらやましい! 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月5日号より
  • 名設計家R.T.ジョーンズJr.は日本を「ヤマランド」と呼び、日本のゴルフは山麓でプレーするものと言った。そんな日本の素晴らしいコースを再発見していく連載「ヤマランドニッポン」。今回は、熊本県の「阿蘇東急GC」をご紹介! PHOTO/Hiroyuki Okazawa TEXT/Mika Kawano 16番 423Y パー4フェアウェイ左右やグリーン周りのバンカーが効いた戦略性が高いホール。正面に杵島岳を望む 震災を乗り越え進化を遂げた 熊本県阿蘇山麓の雄大な自然を背景に名匠・宮澤長平が描いた戦略性豊かなチャンピオンコース、それが1976年開場の阿蘇東急ゴルフクラブだ。阿蘇くじゅう国立公園内のコースは、恵まれた立地を生かした丘陵地ならではの18ホール。上級者からアベレージゴルファーまで実力に応じて楽しめる舞台づくりを得意とした宮澤が、“品格と美しさ”をテーマに、山に抱かれた景勝地に奇をてらわずあるがままの自然を十二分に生かしたコースを造り上げた。インコースはヤマランドらしい景観が続くが、とくに阿蘇五岳のひとつ杵島岳(きしまだけ)に向かってショットを放つ16番のパノラマビューは圧巻。5年前の熊本地震によりクラブハウスは全壊、コースに地割れが走り土砂が流入するなど甚大な被害を受けた。阿蘇大橋の崩落は記憶に新しいが、その橋がコースへの主要アクセスを担っていため復旧への道のりは険しかった。それでも心をひとつにして18年にゴルフ場の営業を再開、19年4月にグランドオープンの日を迎えた。さらに今年4月クラブハウス内に宿泊施設を完備した阿蘇キャニオンテラス&ロッジを開設。ゴルフだけでなく新たな阿蘇観光の拠点を誕生させた。震災を経て阿蘇東急は背景に物語があるコースとなったのだ。 阿蘇東急GC18H・6737Y・P72 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月15日号より
  • PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Tadashi Anezaki プロ入り15年目を迎えた笠りつ子。ベテランの域に入り、もう一花咲かせようとしていた一昨年、「暴言騒動」によりゴルフ以外で世を騒がせることになってしまった。彼女は今、新しい花を咲かせようと日々努力している。地元・熊本で開催されるKKT杯バンテリンレディスを前に、この5年の葛藤を聞いた―― 「こんにちはー!」取材場所で待っていると、元気な声とともに笠が入ってきた。場が一気に明るい雰囲気になる。これが、笠りつ子本来の“持ち味”である。笠のこの5年は、山の上から少しずつ落ちてどん底にまでいってしまったような年月であった。16年は2勝を挙げ、自身キャリアハイの賞金ランク3位となった。17年は賞金ランク15位、しかし18年は52位で09年以来初めてのシード落ち。19年は賞金ランク30位と安定感を取り戻していたものの、10月のマスターズGCレディースの会場で「暴言騒動」を起こしてしまう。心機一転臨もうとした20年は、コロナ禍で前半は中止となる試合が多く、21年との統合シーズンとなった。この5年について振り返ってもらうよう笠にお願いすると、“持ち味”の明るさを保ったまま、正直に気持ちを話してくれた。       *16年、笠は1億円超えの賞金を稼ぐ。ここが今のところプロゴルファー人生の1つの頂点だ。「1億円を目指すという目標は女子プロでは私が一番最初に言ったと思います。強い思いで口にして、それを叶えることができました。でも、その次の目標は2億円だなんて言っているうちに、成績がどんどん落ちていった。なんでしょう、ゴルフに対する思いが薄れていたのかもしれません」笠は理由にしなかったが、17年の最後の日、愛する母が亡くなっている。そして彼女はこの年30歳となった。年齢の壁を感じ始めるタイミングではなかったか。「体の変化は常にあります。気持ちに体がついていかないというか。とくにこの2年くらいかな。体重も落ちなくなったし(笑)。でもトレーニングも練習もあまり変えていません。ゴルフが変わるのは、少しずつのズレがあるから。それに気づかずにやっていた。でも今はそれを受け止め、向き合い、取り組んでいます」ズレとは、体のキレ、神経伝達などに出るのだという。「ショットに一番影響します。ドライバーのフルショットからはじまり全部変わってしまうんです」そうしてこの頃、若い選手の台頭も顕著であった。焦りはなかったのか。「若い世代は小技も含めて全部上手い。でも、クラブがやさしくなったこともあるのか皆スウィングが似て見えますし、今は一線に並んでいる感じですね。先輩方のことを考えると、クラブの使い方がすごく上手かったし、遠くから見てもすぐに誰か分かる個性があった。それになんだか強かった。でも、若手の活躍はゴルフ界のためにも嬉しいことです。私は全然焦ってはいません。若い子に負けたくないというより、コースと自分に負けたくない」 「心は一度折れた。でも、一生背負っていかなければならない」 19年の「暴言騒動」について、今思うことを聞いてみた。「落ち込まない人はいないですよ。でも支えてくれる人がいた。もし誰もいなかったら、私はもう、ここにいなかったかもしれない、そんな感じでした」ドキリとする発言も出てくるが、叱咤激励、さまざまな周りの支えで持ちこたえたという。「協会(JLPGA)も事務所の人たちも皆、朝から晩まで動いてくれて。だから私はゴルフをもっと頑張らなければと思ったし、応援してくれるファンの方たちにも悲しい思いをさせてしまったので、その方たちのためにも頑張ろうと思えるようになりました」「言ってはいけない言葉でした。それは改めなければいけない。でも言葉は取り消せないし、言った事実をリセットはできない。一生背負っていかなければいけないことです。だからといって、時間は止まらないので、私が立ち止まっても何も変わらない。一度きりの人生、いつ死ぬかもわからないから、あのことを胸にきちんと生きていきたいんです」事件後1カ月間、試合を自粛したが、19年シーズンが終わる頃には気持ちを切り替えていたという。「しっかり来年の3月から……という思いで、トレーニングも練習もしていました。まさかコロナで開幕戦から中止になるなんて考えてもみなかった」20年の敵は、見えないウイルスだった。 母を亡くしたこと、暴言騒動、年齢の壁、若手の台頭……笠は、そのどれもを「すべて受け止めてやっていく」と言う。「今しか見てない。先のことなんてわからないし、この後すぐに交通事故に遭うかもしれない。いろんな大切な人を失くすと、こんなふうに思うようになりました」 「熊本の人は 『よかよか』 という感じです」 「試合がないときは、ずっと熊本にいました。(上田)桃ちゃんや熊本出身の男子プロと、ラウンドやトレーニングをして。いつ始まってもいいように準備をしていました。昨年は何もかも初めてで。皆がそうでしたよね。でも、これも意味のある期間だと思いながらポジティブに考えてはいました」こうして、試合が再開し、笠は再び戦い始めた。しかし、気持ちの面でぬぐえない変化があったという。「私、20代のときはイケイケで、気持ちの面でも強かったんですが、マスターズGCの件で心が一度折れた。ゴルフを止めようとしたとき、勝負に対しても一度気持ちは薄れた。今も負けたくないとは思うけど、それは20代の頃の負けたくないという思いと、何か違う感じがして……でも、ゴルフは好きなんです。だから今は、自分のためというより、応援してくれる人がいるから頑張ろうと。今までは、笠りつ子というプロが中心にいて、見たい人は勝手に見ればいいと思っていたんです。でも今、弱い自分が試合でも出てきて、それを見せてはプロとしてダメだとも思う……やるからにはきちんとしないといけないし、難しいです。自分が自分じゃないというか、そういう部分もある」それでも実際、試合でクラブを握れば、自分のためにほぼプレーしているかもしれないと笑う笠。弱さを認めればより強くなれる。 今も父・清也さんがキャディを務める。「父と一緒にできるだけやりたい。親孝行じゃないけれど、それが元気の源になってもらえれば。もともと全部自分で判断して決めるのでアドバイスはなし、ケンカもしないです」 「もっと強くなりたいし、悔しさも感じる。それがなくなったら終わり。だからまだ自分には、強い気持ちはあるんだと信じたい。今は、目の前の今日を一生懸命生きるしかないと思っています。悔いのないようにと。どんな結果であろうと、ゴルフができる喜びはあるんです。ゴルフができない人もいるし、この場に立てない人もいる。やっぱり自分が弱気でゴルフをしては絶対にダメだし、今日1日に感謝しながら……」「今を受け止めている」「今しか見ていない」と何度も繰り返す笠。ゴルフとも自分とも、新しい向き合い方を模索している段階なのだろう。もうひとつ聞きたかったこと。自身も家族も被災者となった熊本地震から、この4月でちょうど5年が経つ。「早いですね。そういえば、昨春の(くまもと阿蘇CC)湯の谷コースの再オープンのとき、始球式をしてラウンドしたんです。ずいぶんコースは変わりましたが、頑張って復活してもらえてよかった」 熊本震災の後、最初の募金活動で。熊本出身の女子プロたちで、年末にはチャリティも続けている 熊本地震のチャリティは、同郷のプロたちと毎年続けている。「最初の募金活動のときからすごくたくさんの方に足を運んでもらって。本当に感謝しています。熊本も復興しつつあります。熊本の人は、震災で辛い思いをしたけれど、『今も辛い』とは言わないと思うし、皆前を向いて生きています。熊本人の特徴かな(笑)。起こってしまったことを悔やむより、次にどう生きていくか、どうするかということをまず考える。それに皆力を合わせていくという強い気持ちがあるんです」そうして笠は、「熊本が好き」と3回繰り返した。「空気が好き、人が好き。空気はすがすがしくて澄んでいて、水も美味しくて、人は『よかよか』という感じで、拒否しないしオープンです。でも(今住んでいる)東京も好きなんですよ。干渉しない雰囲気もいいなって(笑)」 「少しずつそぎ落としてシンプルにしていきたい」 笠には、相談に乗ってくれる先輩も多い。「(片山)晋呉さんたちには技術面、古閑(美保)先輩には精神面でいろいろと相談します。スウィングのズレは後輩にも聞きます。オフは、後輩と毎日トレーニングして、練習に通って、合宿もしました。アドレスや腕の力加減など、基本から取り組んだ。課題は“全部”ですが、大きな改造をするのではなく、少しずつそぎ落としてシンプルにしていくようにしています」スウィングのズレさえ修正できれば、まだまだ戦えるか聞くと、「はい」とはっきり答えた笠。「目標は、『勝つ』こと。勝ちたい、稼ぎたい気持ちは変わらない。そのためには勝つ準備をしなければならない。心技体、すべてにおいて必要ですが、まずはダイエットしなくちゃ(笑)。体のキレがショットのキレにもつながります。これが私の“持ち味”なので」 すべての面でもっと上手くなりたいという笠。独特の縦振りスウィングを改造するのではなく、さらに研ぎ澄ましていく。「でも前より、もっと飛ばしたい、飛距離を落としたくないとは思うようになったかな」 「勝ちたい」――今の笠にとって、この言葉に、どれほどの重みがあることだろうか。ただ試合に勝つだけでなく、この5年間に起きたさまざまなことに打ち勝つことでもある。今年から、1バーディにつき1㎏の牛肉を「子ども食堂」に寄付する活動も始めた。「困っている人の力になりたいんです。コロナ禍で食事ができない子どもたちがいる。美味しいものを食べてパワーにしてほしい。私も牛肉が大好きで、朝から食べたりします。これで1つでも多くバーディを取りたくなっています」 受け入れて、切り替える。人生もゴルフも同じ じつは難しく戦略性の高いコースが好きだという笠。「葛城GCなど井上誠一さん設計のコースや、茨城GCや小樽CCが好き。洋芝も好きです。常にドライバーを使うのではなく、14本でスコアを作っていく感じで攻め方を考えるのが好きです」ゴルフ力が高いのだ。「20代のときは、30歳までに賞金女王を取って一区切り、と言ってたんですが、もう33歳になりました(笑)。今は何歳までとは言わないようにしています。じつは、シニアの試合に出るのもいいねと後輩と話をしてるんです。結局ゴルフが好きなんですね。将来的にもやっぱりゴルフに携わりたい。ジュニアがゴルフできる環境をたくさん提供したいですし、具体的ではないけど、何か求められるものがあったら協力したい。人を教えることはできませんが」一度折れても、根が強ければ、美しい花は再び咲く。「私のよさは、ミスしても引きずらないこと。なるべく一喜一憂しないようにと思っていますが、それでも波はある。だから訓練もします。いろいろな知識を入れて自分で考えて試して。呼吸法やストレッチや水を飲んだりして気持ちを切り替えることもします。常に同じルーティンで生活するようにもしています。全部ゴルフにつながるように……今はゴルフのことしか考えていません」ミスは受け入れて次につなげる、気持ちを切り替える……どれもゴルフに大事だが、プロにとっても簡単なことではない。しかし、それを笠りつ子は「勝つ」ために、やってのけるはずだ。 「私って、せっかちで、本当は気分屋で、性格悪い(笑)」と自己分析。しかし、笠がいると場がパッと明るくなる。「今年も全試合出るつもりです」。これも笠の持ち味だ。「無観客も現状では仕方ないと受け止めているんですが、やっぱりギャラリーはいたほうがいい。気持ちが締まるし、声援は力になります」 週刊ゴルフダイジェスト2021年4月27日号より
  • 熊本地震で大打撃を受けた熊本最古のコース「くまもと阿蘇CC湯の谷C」。あれから5年、コースは再開され、ゴルファーたちの笑顔が戻ってきている。元の素晴らしい景観を取り戻すべく尽力するコースのいまを取材した。 12番ホールはつつじがきれいなホールだったが、土砂崩れで全滅。「徐々に戻したい。このコースは名前通り山谷が多い。難しいですがやりがいがあります」と平尾支配人 2016年4月14日、16日、震度7の地震が熊本を襲った。4月14日は女子ツアーKKT杯バンテリンレディス開催前日。ゴルフ王国・熊本のプロたちは家族や地元の被害に心を痛め、仲間のプロたちも心身でその恐ろしさを実感したのだ。そのゴルフ王国のルーツともいえるのが熊本最古のコース「くまもと阿蘇CC湯の谷C」である。1952年開場。名匠・保田与天と井上誠一が携わった美しい景観と戦略性を兼ね備えるコースは、16年末に訪ねたとき、本来の姿をまったく失くしていた。当時の支配人、甲斐文康氏は、その惨状を案内してくれながら、「国立公園のなかのコースですし、再生の願いは大きい。メンバーさんのためにも、億単位の費用や数年の月日はかかるかもしれないが頑張って復興したい。なるべく自然のままを残すようにはしたいんです」と語っていた。 2005年9月2016年12月阿蘇の山並みを望む美しいホールが、震災後、地割れでこのような状況に。再生は絶望的かと思われた あれから5年――。先月末、再びコースを訪ねると、現支配人の平尾南生子氏が迎えてくれた。「昨年の5月15日にようやく再オープンできました。数億の資金がかかったと聞いています。建物ではないので補助金申請にも苦労し、あとは自己資金で何とか。預託金だけで入会していただく新規の会員さんも募りました。現在1850人前後のメンバーさんがいます。再開時は“コロナ禍”の始まりで、かなり慎重に検討しましたが、野外スポーツでもあるし、細々とでもやらないと永久にオープンできなくなる。でも、その後も、大雨の被害、今冬の雪など次から次に……雨が降るたび『やめて!』と思います。でも、心待ちにしていた皆さんに喜んでいただけると嬉しい。元のコースがよかったものですから、なかなか追いつかない部分もある。時間はかかりますが、ご意見やご理解をいただきながら、応援してもらっている状況です」名物ホール・3番パー5、通称「馬の背」の変貌を見て、少し驚いた。「ここは手がつけられないほど酷かったんですが、“馬の背”の麓をグリーンにして、現在パー3で運営中。4番はパー3でしたが、丘の頂上をティーイングエリアにした右ドッグレッグのパー4にして、パー71で営業。でも、3番は前のほうがよかったという声が大多数で。米澤誠会長(経営母体=ドゥ.ヨネザワ)が、やはり元に戻そうと決め、今年秋、馬の背は元の姿に、コースはパー72になって皆さんを迎える予定です。地震後、至るところにあった地割れを考えればこの復活はすごいこと。夢のようです。会長の熱意は並大抵のものではないですし、メンバーさんや地元の方々の気持ちも入って頑張れたと思います」再生中のコースで阿蘇の雄大な自然に囲まれラウンドするゴルファーの楽しそうな姿がまぶしい。 自然の地形をありのまま生かしてつくられたコースは、自然の力でいったん破壊された。しかし、人々の想いと力で生まれ変わる。そうして、歴史は紡がれてゆく。 3番「馬の背」はパー3を経て今秋、元の姿に 3番は以前はパー5だったが、現在は丘の手前部分をグリーンにしてパー3にしている かつての3番パー5、通称「馬の背」。美しくも難度の高い日本屈指の名ホールだった(2005年撮影。PHOTO/Hiroaki Yokoyama) 丘の1本松はずっと見守っている 16年12月18年8月現在震災後、3番ティーの先から地面が崩れ落ちた。丘の1本松だけがそこにあり続ける 元の3番グリーンは地震で崩れた。パー5に戻すため少し右に新しく造成。「管理の方も少数精鋭で日々試行錯誤しています。グリーンも砂の段階から種を蒔いてやり替え、大分落ち着いてきました」 「四季折々、飽きない景色を皆さんにも見てほしい」 19年4月に支配人として迎えられた平尾南生子氏は熊本県天草出身、ツアー1勝のプロゴルファーでもある。「ここにはジュニア時代から清本登子プロに連れてきていただいたり、よく来ていました。女子シニア、火の国レジェンズにご協賛いただいたのがきっかけで会長と知り合い、今に至ります。同じゴルフでもまったく違う仕事。でも、お客様が喜んでくださると楽しい。怒られもしますが、心を通わせれば素敵なお話をいただけるので、積極的に交流します。プロでもあり女性でもあるので、自分のスタイルで新しい挑戦をしていきたい。古さと新しさを融合して運営できたらいいなと勝手に思っています。現在、月・金はセルフプレーですし、スループレーや2サム、空いていれば1人プレーも可能。若い方も増えましたし、女性もこれからもっと増やしたい。ショップも充実させたいですね」 クラブハウスの損傷は少なかったが、よりモダンに生まれ変わった。カードでの自動チェックイン、自動精算などセルフシステムにした LPGAのレジェンズツアーでは「現役」の平尾プロ。今年もQTを16位で通過、4月末の太陽生命元気・長生きカップに出場するという。「QTでホールインワンしたんです! シニアは同窓会みたいで楽しい。練習不足ですが、皆応援してくれますからこちらも頑張りたいですね」“馬の背”に立って望む360度パノラマが好きで飽きないと平尾プロ。 「こういう景色やコースのつくりはなかなか日本にはない。海外のようなコースです。ぜひ来てほしいですね」 自然の地形を上手に使った飽きの来ないホール構成。「熊本市内からは車で1時間ほど。今年3月には、崩落した阿蘇大橋も開通しました」 週刊ゴルフダイジェスト2021年4月27日号より