Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • ギア
  • 【正岡竜二】ボーケイの"ハイサイ"ウエッジでサンドセーブ王。ドライバーと3番ウッドは飛距離が出てコントロールもできるエピックフラッシュ

【正岡竜二】ボーケイの"ハイサイ"ウエッジでサンドセーブ王。ドライバーと3番ウッドは飛距離が出てコントロールもできるエピックフラッシュ

GDライブラリ
2020.02.14

2019年ツアーではシードこそ獲得したものの、何度かあった優勝のチャンスを逃したことを悔やむ正岡竜二。新シーズンに望む、最新クラブセッティングを覗いた。

まさおかりゅうじ/1983年生まれ、沖縄県出身。アマチュア時代に数々の成績を残し06年にプロ入り。そこから成績がなかなか出なかったが、昨年は自己最高の賞金ランク41位でシードを獲得

初優勝のために投入したアイアン型ユーティリティ

東北福祉大出身ということもあり、池田勇太選手と行動を共にすることが多く、技術面やクラブの面での影響も大きく受けている。

「自分にとってやさしいと感じるものを使うようになりました。若い頃はロングアイアンを使っていましたが、今はアイアン型のユーティリティに替えています。体に無理のないクラブ選びになってきています」

スリクソンZ U85の23度と26度。200~220㍎を網羅

59.5度のボーケイSグラインドで
ツアーの砂業師に

そして、正岡が14本の中で最もこだわるのがウェッジ。

「ウェッジにはかなりこだわりがあります。とくにソール部分は、抜けがよくなるように特別に削ってもらっています。そのおかげか、昨年はサンドセーブ率1位になることができました。ショートゲームで組み立てるのが僕のゴルフなので、ソールの抜けには敏感です」

ウェッジのバックフェースには「8131」と刻印がある。ハイサイ₌8131。

「これはハイサイと読むんですが、沖縄の方言で、『こんにちは』という意味です。めちゃくちゃ愛着があります」

昨年の賞金ランクは41位。上位ランク進出はもちろん、優勝が目標。2020年こそ主役に躍り出てもらいたい。

一発の飛びより方向性を重視「エピックフラッシュ」ドライバー

250㍎飛ぶ「エピックフラッシュ」の3番ウッド
UTはタイトリスト816 H1

13.5度の3Wは距離が出ることが最大のポイント

ティショットでも多用するエピックフラッシュの3W

アイアンは6Iから。鍛造キャビティのヨネックスEZONE CB501

パターは状況に応じて入れ替える

5メーカー、6ブランドで14本を組む

PHOTO/Hiroyuki Okazawa

週刊GD2020年2月25日号より