Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 3年前のドライバーはもう古い? まだまだ使える? 最新モデルと比較試打

3年前のドライバーはもう古い? まだまだ使える? 最新モデルと比較試打

最近では1年でニュードライバーが発売されることも珍しくなく、2~3年もするとすぐに「旧モデル」となってしまう。では、実際に3年前のモデルと最新のモデルとで、そこまで違いはあるのか? 3年前のクラブはまだまだ活躍できそうなのか。同カテゴリーの新旧モデルを打ち比べて徹底比較した。

PHOTO/Masuo Yasuda THANKS/明治ゴルフセンター、ゴルフパートナー明治ゴルフセンター八千代店

試打・解説/横田英治

プロ、アマ問わず、わかりやすいレッスンが人気。ギアに詳しく試打企画でもおなじみ。女子プロの岸部桃子を指導中。自らが主宰するゴルファーが集まる総合サロン「クラブハウス」が6月に千葉県にオープン

最新ドライバーは7~9万円はする。当然、毎年買い替えられる人は少ないが、自分のクラブはいつまで現役で使えるのか? そんな疑問から3年前と最新のモデルを比較してみた。どう変化しているのか? 横田英治プロは、

「メーカーによって変化の差は異なります。大きく進化したものもあれば、マイナーチェンジ程度のものまでさまざま。正直にいえば、3年前でもアマチュアなら十分でしょう。ただ振りが遅くなってタイミングが合わないなど、違和感があるようなら最新に替えるという選択肢も考えるべきです」

トラックマンで弾道データも計測

弾道計測器「トラックマン」を使い、ヘッドスピード43m/s想定で試打。レンジボール設定でスピン量や打ち出し、ボール初速などをチェックしつつ、横田プロによるインプレッションとともに比較試打を行った

キャロウェイ

ローグSTマックスはスピン量が適正化

「新製品が発表されたとき、あまり変わり映えがしないと思われたローグSTですが、今では高く評価されています。それはちゃんと正常な進化を遂げているからです。その変化のなかでいちばん感じたのは『スピン量の適正化』です。10年以上前からドライバー開発におけるテーマのひとつが“低スピン化”でした。ですが、スピン量は少なければいいわけではありません。適正なスピン量があるのです。そこに注目したのが最新モデルです。試打してみるとローグSTマックスは、3年前のモデルよりスピン量が若干増えています。スピン量が減りすぎると打ち手の操作が必要になりますが、ベストなスピン量になることでよりやさしくなり、イメージ通りのボールが打てました。一方で3年前のエピックフラッシュスターは一発の飛びも含め、飛距離性能の高さがあります。またローグSTマックスLSは思い切り低スピン化されており、シリーズ内で差別化が明確になっています」

ローグST マックス(2022年)
vs エピック フラッシュ スター(2019年)

「最初に感じたのは打感の変化です。スターは弾き感が強く、球離れが早いです。初速で飛ばす、という印象です。マックスはボールが吸いつく感じで球離れが遅め。打感が軟らかく、フェースに乗った感じでスピン量が適正化されています」(横田・以下同)

ローグST マックスLS(2022年)
vs エピック フラッシュ サブゼロ(2019年)

「最新のLSはロフト9度でしたが、スピン量1900rpm台も出ていたので明らかに低スピンです。どちらもヘッドは重めでややディープフェースですから上級者が叩けるクラブ。サブゼロは女子プロの使用率が高かった人気モデルで強弾道が魅力です」

テーラーメイド

M6の完成度は高い。ステルスは初速がアップ

2月に発売した最新モデル「ステルス」。カーボンフェース搭載という、新たなステージを作り出し話題を集めたが、横田プロは、「クルマでいうならフルモデルチェンジですから注目は高かったです。3年前のモデルはM5とM6ですが、試打すると改めてトータルバランスのよさを感じました。Mシリーズの最後のモデルですから、まさに成熟した仕上がりです。とくにアベレージ向きのM6は完成度が高いです。一方、最新のステルスですが、構えたときの印象が変わっています。ステルスはディープフェースなのでヘッドがやや小ぶりに見えます。ヘッドスピードは42~43m/sはあるといいです。総じてボール初速が上がるのは、カーボンフェースの効果といえるでしょう。低めの打音は上級者好みだと思います」

ステルス(2022年) ステルスHD(2022年)
vs M6(2019年)

●ステルス(左)……ヘッド体積460㏄/長さ45.75インチ/重量302g/ロフト角10.5度/テンセイレッドTM50(S)/8万6900円~【ボール初速65.7m/s】
●ステルスHD(中)……ヘッド体積460㏄/長さ45.75インチ/重量300g/ロフト角10.5度/テンセイレッドTM50(S)/8万6900円~【ボール初速65.5m/s】
●M6(右)……ヘッド体積460㏄/長さ45.75インチ/重量299g/ロフト角10.5度/フブキTM5(S)/中古2万3980円~【ボール初速65.5m/s】

「M6は弾道の高さ、スピン量など、イメージ通りの球が打てます。まだまだ使えます。ステルスとHDは初速の速さが際立ちました。一瞬、球を見失うくらい、ボールが強く飛び出します。ステルスはこれからが楽しみなモデルといえます」

ステルス プラス(2022年)
vs M5(2019年)

「M5はややつかまりづらいですが、そこがいいです。球筋を自在に操作できます。ステルスプラスは低スピンで強く叩いてもスピンが増えず、球筋が安定します。調整ウェイトもあり、より弾道を作っていきやすいです」

タイトリスト

打感が大きく変化した

タイトリストはフェース素材を変更。航空宇宙分野の素材「ATI425チタン」を搭載した。

「最新のTSiシリーズは打感が大きく変わりました。最新はフェースに吸いつくような気持ちのいい打感です。構えた印象では最新のほうがバランスはいいです。ほどよくつかまる『2』は、どちらもアマチュアにおすすめです」

TSi3(2020年)
vs TS3(2018年)

「どちらも弾道調整機能付きモデルですが、ヘッドスピード45m/s以上はほしいです。強振してもスピンが増えないので思い切り叩けます。最新のTSiシリーズは、打感が気持ちいいので球筋をコントロールしやすいです」

TSi2(2020年)
vs TS2(2018年)

「打感の違いもそうですが、こちらはヘッド形状が変わっています。最新のTSi2は少しシャローバックになったことで、よりやさしくなっています。深重心でミスヒットに強く、球もより上がりやすくなっています」

ピン

比較的差が小さかった

大慣性モーメント(MOI)が魅力のピンはどうか。「410も425も1年しか違いませんので性能差は比較的少ないです。ただ425はピン史上最大のMOIですからG410のほうが操作性は高いです。410は今も使っている選手がいますから現役でしょう」

G425 マックス(2020年)
vs G410 プラス(2019年)

「どちらもすごく飛ぶわけじゃないですが、とにかく曲がらないです。直進性の高さはアマチュアにもいいはずです。操作性を重視するなら3年前のG410のほうがおすすめです。425は打感が少し軟らかめになっています」

ゼクシオ

「11」はパワーがなくても振り切れる

最後は国産メーカーの雄、ダンロップ「ゼクシオ」を比較。

「ゼクシオ11と12を試打すると振りやすさに大きな変化を感じました。これはスウィングウェイトにも表れていますが、最新のほうが全体にしっかりした印象です。ヘッドスピードが35m/s以下に落ちた人は、3年前のモデルのほうが振りやすいはずです。逆に振り切れるならヘッドが重い最新モデルのほうが飛びます」

ゼクシオ12(2021年)
vs ゼクシオ11(2019年)

「3年前に比べ、最新はヘッドが少し重くなっています。スウィングウェイトにも出ていますが、振りやすさで考えれば11が合う人も。ヘッドスピードが38m/s以上なら12が合いますし、飛距離も出ます」

ゼクシオX(2021年)
vs ゼクシオX(2019年)

「ヘッドデータを見ると最新のXはヘッドが4.4g重くなっています。重心もやや浅めの設定です。ボール初速を上げたい表れですが、最新はカチャカチャ付きでリシャフトできますので、アレンジの幅が広がります」

3年前のモデルだとメーカー在庫がない場合もあり、ゴルフパートナー明治ゴルフセンター八千代店にて中古クラブを借りて試打した。ゴルフ場併設の同ショップでは、実際に試打ができるので便利だ。使用クラブを持っていけば、新古品と買い替えも可能で、お得に新しいモデルを手に入れることもできる。

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より

こちらもチェック!

  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。今回はトッププロが愛用するユーティリティの名器7本をピックアップ! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う タイトリスト「910H」(2011) 中古価格●4378円~ スクエアな形のヘッドが特徴的 スクエア感のあるヘッド形状でターゲットに対して構えやすく、ロフト角、ライ角を16通りに調整できるシュアフィットツアー・システムをUTに初搭載した 【使用プロ】今平周吾「ヘッドは少し大きいですが、安心感があって振りやすい。ライン出しも打ちやすい」と今平が信頼を置く 【後藤's インプレッション】スコアラインが長く座りもいいので構えやすい「最新UTに比べると小ぶりですが、スコアラインが長いので構えると実際よりも大きく見えるのが特徴です。ヒール側がシャープでトウ側が大きく、スクエア感が出ているので、ターゲットに対して構えやすい。打感はアイアンっぽさがあります」 タイトリスト「816H1」(2015) 中古価格●5478円~ ラフからでも振り抜ける 前作モデル『915H』から入ったソールの溝が、より大きくなりフェースがたわみやすく、飛距離性能と打ち出し角が高くなったモデルが『816H』。『H1』と『H2』があり、上田桃子や菊地絵理香が使う『H1』のほうがヘッドは大きく、やさしさと安心感がある 【使用プロ】上田桃子、菊地絵理香上田桃子は17年から契約外の『816H1』を使用。175ヤード前後のティーショットやトラブルショットにも使用。菊地は18年は21度1本だったが、21年のアースモンダミンでは3本バッグインして優勝した。 【後藤's インプレッション】インパクトで食いつく感じ「ヘッド形状がフェアウェイウッドのような丸型なので、力がそれほどない女性やシニアゴルファーでも払い打てば球がしっかり上がってくれる。それでいてインパクトではフェースに食いつく感触があるので、操作できるという利点もある」 ダンロップ「スリクソンZ H65」(2016) 中古価格●6578円~ 低重心で球を上げやすい クラウンに施されたフェースと平行の溝はロフトごとで異なり、ミスしても飛距離のバラつきを抑え、距離感が安定する。また、内部にあるウェートは、後方にある6Uから徐々に前方に移動し、2Uがもっとも浅重心になるように設計されている 【使用プロ】青木瀬令奈、岡山絵里「アイアンよりピンに寄せる自信があります」と語る青木は5Uと6Uを使用。また全番手で安心して持ち球が打てるセッティングを心がけているという岡山は、3Uと4Uの2本をバッグイン 【後藤's インプレッション】グースネックで球が上がる「ネック部分に窪みを作ることで、グース感を強め、球がつかまるイメージしか湧かないモデルです。ソールだけ見るとハードめですが、番手どおりに球が楽に上がるので、グリーンを狙うというよりピンを狙えるクラブだと思います」 ツアーステージ「X-DRIVE GR」(2012) 中古価格●3300円~ 反発性能が高いマレージング鋼フェース ボールを拾いやすくするため、FP値を大きめに設計。またトップラインをストレートにすることで狙ったラインに構えやすくなっている 【使用プロ】堀琴音アマチュア時代から使用しているクラブで使用歴はほぼ10年になる。もちろん悲願の初優勝を決めた若林舞衣子とのプレーオフでも活躍した 本間ゴルフ「ツアーワールド TW737」(2016) 中古価格●5478円~ 128ccの大型ヘッドで安心感がある 大きめのヘッドながらウッド作りに定評のある本間ゴルフならではの綺麗な形状で構えやすく、ショートウッドに近い感覚で振れる 【使用プロ】笠りつ子17年に使い始め、19年に一度このクラブを外したが、21年に再び投入。そしてヨネックスレディスで5年ぶりの復活優勝を果たした ヨネックス「EZONE XPG」(2016) 中古価格●7678円~ FP値が大きく楽に球が上がる このモデルはFP値が大きく、出っ歯形状で球の上がりやすさが魅力 【使用プロ】若林舞衣子85ホール連続ノーボギーという日本記録を樹立した若林舞衣子。その驚異の安定感を支える武器 タイトリスト「818H2」(2017) 中古価格●1万978円~ アイアンのように構えやすい 重心位置を変えられる「シュアフィットCG」を採用し、弾道のコントロールが可能に。また、ソール溝が広くなりインパクト効率がアップ 【使用プロ】ジョーダン・スピースJ・スピースは17年WGCブリヂストン招待から使用。「グリーンを狙うのに高さが必要になるときは必ずこのクラブ」と絶大な信頼を置く 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より※価格は10月28日現在のゴルフパートナーでの最低金額 >>最新モデルを心ゆくまで試したい方はこちらが便利! こちらもチェック!
  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。今回はトッププロが愛用するフェアウェイウッド10本をピックアップ! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う >>「ドライバー編」はこちら https://my-golfdigest.jp/gear/p44604/ 「打感」で選ぶならちょい古モデルがオススメ 「フェアウェイウッドもドライバー同様、飛距離性能で選ぶことが多いですが、こだわりのあるゴルファーは打感・打音を重視します。いまのウッドフェースは弾き系が多く、金属音がしてイメージと合わない人は、少し前のモデルを選ぶのもいいでしょう」(後藤) ナイキ「ヴェイパー スピード FW」(2014) 中古価格●5500円~ かつてマキロイも使用した名器 特徴的なキャビティ構造で余分な振動を抑えエネルギーロスを軽減し、ボール初速がアップ 【使用プロ】木下稜介「飛距離よりも曲がらないことが大事。自分のゴルフを支える部分だし、セッティングにおいても核となっている」(木下) 【後藤's インプレッション】3Wなのに5W並みにやさしく打てる「ロフト角15度の3Wを打ちましたが、黄色と白のスコアラインがしっかり見えて5Wのような安心感を持って構えられます。7年前のモデルですが、ミスヒットへの強さも最新クラブ並み。これは名器ですね」 テーラーメイド「M2 ツアー FW」(2017) 中古価格●1万4278円~ 星野、ケプカは16.5度の「HL」を使用 星野が初優勝を挙げた18年フジサンケイでも多用し、FWながら290ヤード超のショットも見せた 【使用プロ】星野陸也、申ジエ「かなり長く使っていますが、スピンが適度に入ってくれてコントロール性が高いのが気に入っている」(星野)「フェースに吸いつく時間が長いほうが好き。最近は弾くクラブが多くスピン量をコントロールしにくいし、スピンのイメージも出せない」(申) ナイキ「VRプロ リミテッド」(2011) 中古価格●4378円~ 12年には松山英樹も使用していた タイガーがスキャンダル後の不振から復活優勝を果たした12年に使用していたのが、このモデル。ネック軸周り慣性モーメントが小さく、操作性の良さが特徴。ややディープフェースでティーショットでも扱いやすく、実際にタイガーも多用した 【使用プロ】スコッティ・シェフラー21年初頭の練習中に10年以上使用していた『VR プロ リミテッド』にヒビが入り、別れを告げた。しかし、その後、新しい同モデルを見つけ、いまも使用中 【後藤's インプレッション】ヘッドを感じやすく切り返しやすい「最新の3Wに比べて、ヘッドに重量を感じます。その重さで飛ばすコンセプトなのでしょう。ヘッドの位置がわかりやすく、良くも悪くもクセがないので、操作性はいまのクラブ以上にいい。球を自分で操りたい人にオススメですね」 キャロウェイ「X HOT プロ」(2013) 中古価格●4378円~ “300ヤードスプーン”の謳い文句で流行 市販では受注生産のみだった『X HOT プロ』。その名のとおりプロモデルで、通常よりも20ccほど体積が小さく、ややディープフェース。それでもシャローバック形状のため、上級者の間では「投影面積が大きく、安心感がある」と好評だった 【使用プロ】上田桃子「シャローなヘッドなので、“いい打点”で打ちやすい。上げにいかなくても上がってくれる安心感が大きい。この2本の安心感はほかでは得られない」(上田) 【後藤's インプレッション】初速が速く、最大飛距離を得られる「最新フェアウェイウッドは高機能にするためにソールに付属品が多く、バックスウィングで芝に引っ掛かるイメージがありますが、このクラブにはそれがなく、スムーズに始動できる。初速も速く、さすが“300ヤードスプーン”です」 タイトリスト「915F」(2014) 中古価格●5500円~ タイトのFWで初めて“溝”を採用 フェアウェイウッド用のソール溝は地面からのショットでも高い反発性能と低スピン、かつロフト角どおりの打ち出し角が得られるように開発。低重心化しつつ、薄型のクラウンとフェースにより、慣性モーメントを高くし、直進性と許容性を両立させた 【使用プロ】パトリック・カントレークラブを替えないプロとして有名で、契約するタイトリストのクラブを使用するが、最新モデルはほとんど入っていない。そんななかいちばんの古参クラブが『915F』だ 【後藤's インプレッション】ウッドなのに打音がアイアンに近い「フェアウェイウッドに飛びを求めるのは間違いではないですが、最近は弾き系で高音の打音が多い。ショットメーカーのゴルファーだと得意なアイアンとの差を感じてしまう。『915F』はその感覚がなく、アイアンの流れで打てます」 ピンゴルフ「G400」(2017) 中古価格●1万8150円~ 極薄クラウンと複合素材ボディで高慣性モーメント リーディングエッジを低く抑えたフラットソールで座りが良く、フェースに薄いマレージング鋼を採用し、たわみ力が上がり、反発性能がアップ。ドライバーと同じく、大慣性モーメントで高い直進性を持っている 【使用プロ】ハリス・イングリッシュドライバー同様、FWも『G400』のハリス・イングリッシュ。ウッドはこの2本しか入れておらず、『G400』への信頼度の高さがうかがえる 【後藤's インプレッション】スクエア感があり構えやすい「ソールが広くて真っ平らなので、構えたときの座りがとてもいいですね。また、クラウンも平らで投影面積が大きく見えるのも安心感を与えてくれます。フェースが長く見えて、芯も広いので、アベレージゴルファーにもオススメです」 タイトリスト「915Fd」(2014) 中古価格●6600円~ ディープフェースで915Fより初速が速い 【使用プロ】ジャスティン・トーマスJ・トーマスは5Wに『915Fd』を使用している理由を「PGAツアーのグリーンは速いので止めるのに高さが必要。その高さを出せるから」と話す。ディープフェースで球が強い タイトリスト「917 F2」(2016) 中古価格●7678円~ シャローフェースで球を上げやすい 【使用プロ】キース・ミッチェル19年ホンダクラシックで初優勝したときからフェアウェイウッドだけは替えておらず、その1本が『917F2』。小ぶりな形状だがオーソドックスで構えやすい テーラーメイド「M2」(2017) 中古価格●9878円~ 一回り大きくなったやさしい「M2」 【使用プロ】エイブラハム・アンサーリーディングエッジを低く抑えたフラットソールで座りが良く、フェースに薄いマレージング鋼を採用し、たわみ力が上がり、反発性能がアップ。ドライバーと同じく、大慣性モーメントで高い直進性を持っている こちらも注目! コブラ「キング ラッドスピード ツアー」(2021) 中古価格●3万6278円~ 【使用プロ】松山英樹ラインナップされているのは5Wだけだが、操作性の高さと低スピンでツアープレーヤーに人気。今年のZOZOチャンピオンシップで松山英樹が18番パー5のセカンドで使用していたのがこのクラブ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より ※価格は10月28日現在のゴルフパートナーでの最低金額 こちらもチェック!
  • プロのクラブセッティングを見ると、最新モデルに交じって年季の入ったクラブが入っていることも。長く使われているということは、それだけいいクラブという証拠。そこで今回は、プロが手放せないモデルを中古ショップで探し出し、名器たる理由を探ってみた。まずはドライバーから! THANKS/ゴルフパートナー 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏プロの一番弟子。多くのクラブを試打するが、自身のクラブは替えられないという「こだわり派」。広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う ドライバーは2017年が当たり年 PGAツアー選手のなかにも、最新モデルではなく旧モデルを使用する選手もいるが、なかには2017年のモデルを愛用する選手も。4年前のモデルをあえて使用するということは、よほどの名器に違いない。どんなモデルかチェックしてみた。 テーラーメイド「M1 460」(2017) 中古価格●9900円~ トッププロが使用し一世を風靡した 初代『M1』よりも重心深度が浅くなり、また芯の位置が低いので、有効打点距離が長くなり低スピンになりやすい 【使用プロ】ケビン・チャッペル調子のよかった17年に使用していたのがこのモデル。その後、他メーカーも使用したが、今年、このクラブに戻した。 【後藤's インプレッション】フェースアングルがストレートで構えやすい「『M3』以降、オープンフェースがきつくなり、いわゆる“逃げ顔”になったので、このモデルのほうがスクエアに構えやすい。またスピン量も少なく、叩いても吹けずにつかまるモデルで、上級者ならいまも現役で使えますね」 ピンゴルフ「G400」(2017) 中古価格●2万4200円~ 大慣性モーメントでミスに強い 前作『G』に比べ、ヘッド体積は小さくなったが、重心距離は長く、重心深度は深くなり、ミスヒットへの寛容性を高めた 【使用プロ】ハリス・イングリッシュ17年全米オープン前に『G400』にスイッチ。それ以降は一貫してこのモデルを使用し、21年には2勝を挙げた。 【後藤's インプレッション】アッパーに振るイメージが湧きやすい「ピンのなかでは小ぶりなヘッドですが、構えるとクラウン部の突起のおかげで後ろに長いシャローバックに見える。そのため、アッパー軌道をイメージしやすい。オープンフェースの“逃げ顔”なので、怖がらずに叩ける」 ピンゴルフ「G400 LST」(2017) 中古価格●2万878円~ 17年国内賞金王&賞金女王が使用 発売された17年の国内男女の賞金ランク1位の宮里優作と鈴木愛が使用していたことで話題になった。ヘッド体積は445ccと小ぶりでやや締まった印象だが、打ち出し角と直進性が高く、スピン量は少ないという「飛びの3要素」の2つで優位性があり使用者が多かった 【使用プロ】スコッティ・シェフラー大学最後のNCAAディビジョンIから使用。プロ入り後も手放さず、300ヤードを超す豪快なショットを繰り出す。 ピンゴルフ「G400ストレッチ」(2017) 中古価格●1万7600円~ G400シリーズはミニドライバーも人気 やや前方に配置されたソールウェートにより、低スピンで強弾道。193ccのコンパクトヘッドながら13度というロフト角で高い飛距離性能を誇る。直進性の高さはドライバーの『G400』シリーズと同様でミスにも強い。FWとしてだけでなくミニドライバーとしての使用も可能 【使用プロ】トニー・フィナウ3Wを多用した20年に比べ13度の「ストレッチ」を使用した21年はイーグル率が60位から19位にジャンプアップ。 こちらも将来の名器候補 キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」(2020) 中古価格●2万7500円~ 稲見萌寧が昨年から使い続ける 「構えたときにしっくりくるから迷うことなく振り切れる。ボールのつかまり具合の良さと、操作性の高さのバランスがいい」(稲見)。プロモデルだがシャローバック形状で450ccながらも投影面積が大きく、安心感がある 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より こちらもチェック!