Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 「疲労が軽減」「踏ん張りが利く」ゴルフにもオススメの“インソール”を試してみた

「疲労が軽減」「踏ん張りが利く」ゴルフにもオススメの“インソール”を試してみた

人生100年時代。ずっと自分の足で歩き、ラウンドするのはゴルファーの夢だ。お助けになる靴のインソールが登場しているというので、記者が体験してみた。

まずは“真っすぐに軸が整う”をキャッチフレーズにする「ARUSEN」から。パンプスやブーツ、スニーカー、足袋にもセットできる「トトノウハーフインソール」(9900円)と、スニーカーやゴルフシューズなどに入れられる「真軸スポーツフルインソール」(素材違いで7700円と8800円あり、18.5~30センチまでサイズ別に対応可能)の2種類。さっそく、通常使用する革靴にハーフを、ゴルフシューズにフルタイプをセット。

まず、革靴を履いて仕事へ。普段刺激を受けない土踏まずに突起があるため、最初は違和感を覚え、夜にひざの内側がやや痛むなど“異変”が。しかし、これは体の軸が土踏まずを中心に整っている証拠とのことで、確かに2日目からは違和感はなくなった。特に、外回りなど長く歩く日に違いが。長く歩いても疲労感が少ない気がするようになり、気がつくとスマホの歩数計がインソールなしだった1カ月に比べ、平均1000歩も増えていた。疲れを感じないからグングン歩いていた証拠だ。ラウンド時、ゴルフシューズに入れても同じく、歩けば歩くほど普段と差が出る(疲労感が少ない)ように感じた。

一方「株式会社村井」の「インソール プロ スポーツゴルフ」は、ゴルフ専用を謳う(5500円)左右非対称のタイプ。左右で動きが異なるゴルフには、インソールも左右の形状が違っていいという理論には納得。特に記者が感じたのは、右足の外側で踏ん張りが利き、“壁”が作りやすいこと。スウェイに悩む人にはぴったりだ。また、両足とも土踏まずの部分にフィットするような盛り上がりがあるので、スウィング時以外の歩行時も違和感はない。

優れモノを味方に、ゴルフやウォーキングを長ーく楽しもう!

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

こちらもチェック!

  • 昨年まで毎週のようにニュースを提供してくれたブライソン・デシャンボーだが、今年は静か。その原因は怪我にあったようだ。 4月15日、デシャンボーは自らのSNSに左手にギプスをはめた写真を載せ、「骨折した左手首の手術を受けた」と報告。「手術は成功。世界的外科医トーマス・グラハム博士とメディカルセンターの素晴らしいスタッフに感謝します」と綴っている。本人が「左手有鉤骨(ゆうこうこつ・手首と手のひらをつなぐ骨)のケガはゴルァーの職業病」というから、肉体改造で体を大きくし、体を酷使したことが手首のケガに繋がったのかと思いきや、原因は別だった。「2月のサウジインターナショナルに出場したとき、セルヒオ(・ガルシア)やトミー(・フリートウッド)とピンポンをしていたときに転んで、大理石の床に腰と手首をしたたか打ちつけた」ことで負傷。その大会を途中棄権したあと、7週間戦列を離れ、WGCデル・マッチプレー選手権で復帰するも、予選マッチで敗退。バレロテキサスオープンでも決勝ラウンドに進めず、マスターズでは2日目に「80」を叩いて予選落ちを喫した。以前「オーガスタは自分にとってパー68の設定でもいい」と豪語していたが、今年の大会前には「パー92だね」と苦笑。「試合に出ながら治すのは無理。外科的手術が必要なことがわかった」と手首にメスを入れ、術後は「十分な静養をとって経過を見ることにする。2カ月をめどに、完璧な状態で復帰できるように頑張りたい」としばらく競技から遠ざかる。となると5月19日から開催される全米プロへの出場は絶望的。復帰は6月中旬の全米オープン前後になる見込みだ。2年前コースを力でねじふせ、メジャー獲りに成功した全米オープンでデシャンボーの勇姿は見られるのか?それにしても、ゴルフではなくピンポンで骨折とは笑えない。 全米オープンには間に合うか?(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より
  • 「キング・オブ・試打」としてお馴染みの堀越良和プロが、長年の知見から、ギア選びの際に重視すべきポイントや注意点をわかりやすく解説! PHOTO/Blue Sky Photos https://my-golfdigest.jp/gear/p68543/ 前回のお話はこちら さて、先週は体が硬いゴルファーの話をしましたが、何があっても飛ばしたいと思うゴルファーはアッパーが柔らかいシューズを選ぶことをオススメします。PGAツアーでも見られるように、B・デシャンボーなどの飛ばし屋は左足がめくれることが多いですが、そのようなスウィングでアッパーが硬いと遊びがなくなり、足首や股関節に負担がかかり、怪我に繋がるからです。少しタイミングが遅くなりましたが、今年のマスターズが盛り上がった理由のひとつは、右足の切断もありえた自動車事故から復帰したタイガー・ウッズの活躍があったからでしょう。そして、復帰戦にもかかわらず、アップダウンの厳しいオーガスタナショナルGCでしっかり予選を通過し、4日間を完走したのは感動を覚えました。そんなタイガーの足元は契約のナイキではなく、契約外のフットジョイのシューズ。スウィングのサポートおよび足に負担をかけず72ホールをラウンドするために最適なシューズを選んだ結果だと思います。ゴルファーにとってシューズはやはり大切なギアなんだと再確認しました。ゴルファーによって合うシューズは異なるので、デザインだけでなく、吟味して選んでくださいね。 堀越良和 ほりこしよしかず。週刊ゴルフダイジェストで試打レビューを続けて約四半世紀の「キング・オブ・試打」 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より こちらもチェック!
  • 血栓の診断を受け療養中のネリー・コルダが自身のSNSで病状の経過報告を行った。 東京五輪で金メダルに輝いたネリー・コルダ(PHOTO/KJR) 左腕をギプスのような包帯で固め、病室のベッドでメガネをかけ微笑む姿を投稿したネリー。背景には医療機器が並び、本人の笑顔も弱々しく、普段試合で見せる溌剌とした姿からかけ離れた光景が痛々しい。写真には「最近、鎖骨下静脈の血栓の手術を受けました。経過は良好で、医師も手術の結果に満足しています。今は自宅療養中でリハビリに向けた準備を進めているところ」とコメントが添えられていた。 この投稿をInstagramで見る Nelly(@nellykorda)がシェアした投稿 年初まで世界ランク1位だったネリーは、今年に入ってから不運が続いた。「22年のはじまりは、私が思い描いていたようなものではありませんでした。1月の2週目にコロナに感染していたことがわかり、開幕に向けた準備が十分にできませんでした」。そして血栓が追い打ちをかけた。フロリダで行われた3試合には出場したが、4位、15位、20位と優勝争いには絡めずコ・ジンヨンにナンバー1の座を譲り渡した。昨年はツアー4勝を挙げ、東京オリンピックで金メダル。女子世界ランキング1位も獲得するなど人生の春を謳歌したネリー。姉ジェシカが結婚し、弟のセバスチャンもテニスで世界ランク30位台に浮上。コルダ家にはおめでたいニュースがあふれ、まさか22年が試練の年になるとは想像もできなかったはずだ。彼女が治療に専念している間、メジャー初戦のシェブロン選手権で姉ジェシカが奮起。優勝したJ・クプチョに2打差の2位とメジャーでのキャリアベストをマークした。父はテニスの元世界ナンバー2、母はテニスでオリンピック出場。トップアスリートのDNAを受け継ぐ3姉弟は全員が世界ランカーと最強ファミリー。コルダ家に笑顔が戻る日が一刻も早く来ることを願いたい。 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より こちらもチェック!
  • 「キング・オブ・試打」としてお馴染みの堀越良和プロが、長年の知見から、ギア選びの際に重視すべきポイントや注意点をわかりやすく解説! https://my-golfdigest.jp/gear/p66584/ 前回のお話はこちら 最近、各メーカーから発売されているゴルフシューズは機能的なだけでなく、いわゆるオシャレなモノが多い気がします。アマチュアゴルファーにとって、ラウンドするのは日ごろの疲れを癒す、いわゆる息抜きがメインだと思いますので“気持ち”は大切で、自分のお気に入りの格好(シューズだけでなく、ウェアなども)でラウンドするのは気分が高まり、楽しさも倍増することと思います。しかし、そうはいってもスコアアップを本気で目指すなら、シューズにも気を使っていただきたいと思います。その立場からひとつ質問があります。読者のみなさんは裸足でクラブを振ったことがありますか? 連載の担当編集者に聞いたところ「一度、裸足でスウィングしたことはあるが怖くて思い切り振れなかった」と言っていました。おそらくほとんどの方も同じだと思います。要するに地面をしっかりつかむことができないと自分の思い通りのスウィングができないのです。よく、グリップの重要性を示すために「グリップはクラブとゴルファーの唯一の接点」という言葉が使用されますが、シューズも同じで、まずは「シューズは地面とゴルファーの唯一の接点」だということを、認識していただければと思います。(つづく) 堀越良和 ほりこしよしかず。週刊ゴルフダイジェストで試打レビューを続けて約四半世紀の「キング・オブ・試打」 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より