Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【ヘッドデータは嘘つかない】ミスに強く安定したドローが打ちやすい! キャロウェイ「ローグ ST MAX D」ドライバー

【ヘッドデータは嘘つかない】ミスに強く安定したドローが打ちやすい! キャロウェイ「ローグ ST MAX D」ドライバー

多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はキャロウェイの『ローグ ST MAX D』ドライバーを取り上げる。

つかまり系のヘッド形状

『ローグ ST』シリーズのなかで、ドローバイアスの『ローグ ST MAX D』を紹介する。ネック軸周りの慣性モーメントを下げ、かつ、ドロー回転をかけやすくするためにネック横にウェートを搭載。また、アップライトな設計で球が右に出にくいモデルとなっている。

さて、クラブとヘッドを計測していこう。いつもどおり、数値はすべて実測値になる。クラブ重量は305.3gと標準的で、スウィングウェートがD2.9と大きいが、クラブの長さが44.94インチと標準よりもやや短め設定なので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが289万g・㎠に抑えられている。この数値だとドライバーのヘッドスピードが44m/sくらいのゴルファーにとってタイミング良く振りやすいクラブといえるだろう。

では、細部を見ていこう。まずヘッド全体のイメージは兄弟モデルの『ローグ ST MAX』とほぼ同じで、ヘッド後方が広い全体に丸い輪郭形状のため、投影面積も大きい。また時計盤の4~5時方向が張り出した日本のつかまり系ヘッドのイメージが出ている。『ローグ ST MAX』よりも少しフックフェース(0.5度フック)の設定で、しかもライ角も60度とアップライトなので、アドレスでは兄弟モデルよりも球をつかまえるイメージが出ている。また、キャロウェイらしく、ヘッド後方が低いシャローバック形状なので、インパクト付近をアッパーに振るイメージもある。

Point1 クラブ全体慣性モーメントが289万g・㎠とやや大きい
Point2 ヘッド体積は468ccと大きい
Point3 ライ角が60.0度とアップライト

スイートスポット位置がかなりヒール寄り

試打クラブは10.5度でメーカー純正の『ベンタス 5 for Callaway』(フレックスS)仕様。シャフトは軟らかめながらも適度なしっかり感があってインパクトの再現性もあり、このシャフトならヘッドスピードが42~43m/sくらいのゴルファーでも十分に扱えるだろう。

『ローグ ST MAX』はスイートスポット位置がヘッド中央からヒール側0.9ミリの場所にあるのに対し、『ローグ ST MAX D』は4.5ミリとかなりヒール側にある。そのため、フェース中央で球をヒットした時にドロー回転が入りやすくなっているのが大きな特徴といえるだろう。そして、兄弟モデルよりも左右方向の慣性モーメントは少し小さい(5258g・㎠)が十分な大きさを持っているので、球をつかまえることと同時に、弾道の安定性を狙っていることがわかる。クラブが44.94インチと長過ぎないので、大きなヘッドがより大きく見えて安心感があり、ミート率も良くなる。それに加え、200.3gと重めのヘッド重量により、ボール初速が安定して出るドライバーといえる。『ローグ ST MAX』 よりも球をつかまえたい人にいいだろう。

『ローグ ST MAX』のフェース角は0.0度とスクエアだが、『ローグ ST MAX D』はフック0.5度と少しフック。また、ライ角も60度とアップライトなので、アドレスでつかまるイメージが湧く

【クラブ&ヘッドデータ実測値】

キャロウェイ

ローグ ST MAX D ドライバー

松尾好員

まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • 多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はキャロウェイの『ローグ ST MAX LS』ドライバーを取り上げる。 シリーズでもっとも低重心設計 いままではフェース設計だけだったAI活用を「スピン量」「打ち出し角」「ボール初速」という、いわゆる飛びの3要素にまで広げて製作した『ローグ ST』シリーズ。そのなかの低スピンモデル『ローグ ST MAX LS』を紹介する。低スピンを可能にしているのは、ヘッド最後部センターに設置された11gの「タングステン・スピードカートリッジ」と、やや前後長の短いヘッド形状で、兄弟モデルよりも低重心となり、結果、低スピンのボールが打ちやすいようになっている。さて、クラブおよびヘッドを計測していく。いつもどおり、数値は実測値になる。クラブ重量は305.7gと標準的で、スウィングウェートがD3.5と大きいが、クラブの長さが45.0インチと標準のなかでもやや短めなので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが291万g・㎠に抑えられている。この数値だとドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいのゴルファーにとってタイミング良く振れる設計といえる。 Point1 クラブ長は45.0インチと標準枠のなかでやや短めPoint2 クラブ全体慣性モーメントが291万g・㎠とやや大きいPoint3 ヘッド体積は453㏄で『MAX』や『MAX-D』よりも小さい 短いシャフト長でミート率もアップ 同時に発表された『MAX』や『MAX-D』、『MAX FAST』と比べてあきらかに横幅が狭いヘッド形状で、アドレスではやや三角形型のシャープなイメージ。また、ほかの兄弟モデルと違いオープンフェース設計(1.0度オープン)なのも特徴だ。そして、FP値(フェースプログレッション)が小さい、いわゆるグースネック系で、しかもリアルロフト角が8.5度と厳しいので、構えてすぐに低弾道を打つイメージが浮かんでくる。実際に試打したところ、やはりオープンフェースなだけあって、フェースがかぶるイメージはまったくない。そして、『MAX』や『MAX-D』に比べてやや小ぶり感のあるヘッドでシャープにスウィングできそうだ。昨年モデルである『EPIC LS』と同様にアドレスでは球をつかまえながらも低い弾道を打つイメージが伝わってくる。試打クラブは9.0度で標準『テンセイ 55 for Callaway』(フレックスS)仕様。シャフトは適度なしっかり感があってインパクトの再現性は高い。また『MAX』や『MAX-D』 よりも重心深度が浅いので、よりインパクト前後をレベルでスウィングしやすく、その結果、厚いインパクトが可能だ。そして、クラブが45.0インチと長過ぎないことでミート率が良くなり、また、『LS』らしい厳しいリアルロフト設計といわゆるグースネック系の小さなFP値で、ボール初速が速めの低弾道の強い球を打ちやすくなっている。ある程度しっかりスウィングできる上級者に向いているだろう。 重心深度が浅めなので、ヘッド後部が垂れることなくレベルブローにスウィングしやすい。その結果、低重心率が小さくなり、低スピンが打ちやすい フェースは1.0度オープンスイートスポット高さは34.6ミリ9度の表示ロフトを計測したが、アマチュアゴルファーにはかなり厳しめのロフト角設定。FP値も小さく、弾道は低め。ロフト角が立っているので技術は必要だが、厚くインパクトできれば『MAX』や『MAX D』よりも低スピンの球で飛ぶ 【クラブ&ヘッドデータ実測値】 キャロウェイ ローグ ST MAX LS ドライバー 松尾好員 まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より
  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、昨シーズン賞金ランク5位と躍動し、今季も好調をキープする西村優菜のセッティングに注目。 PHOTO/JGMA THANKS/ダイキンオーキッドレディス 西村優菜にしむらゆな。2000年8月生まれ。大阪府出身。大阪商業大学高校を経て2020年プロ入り。2020-21年シーズン、ルーキーで4勝を挙げてJLPGA資生堂アネッサ ビューティー・オブ・ザ・イヤー特別賞を受賞 開幕戦のダイキンオーキッドは3位、2戦目の明治安田生命ヨコハマタイヤは7位タイ。2年目のシーズンも安定感は健在だ。そのプレーを支える最新の14本について、キャロウェイのツアーレップ・程塚さんに聞いた。「ドライバーの『ローグ ST』は今季の開幕戦から使用しています。ボール初速が上がり、飛距離が3~5ヤード伸びました。『左右ブレも少なくてフェアウェイをとらえやすい』というのが本人の感想。調整は順調に進み、特別なカスタマイズはしていません。3Wと5Wの『エピック スピード』は昨シーズンの途中に投入。『球を上げやすく、弾道も安定しています』と本人。7Wと9W、UTはデビューから替えていません。この3本で155~185ヤードをカバーしています」アイアンは昨シーズン中に新しい『Xフォージド スター』に替えた。「西村プロは、構えたときの見た目がシャープなアイアンが好み。『地面から球を拾いやすく、安心感があってやさしく感じる』と話していました。『JAWS』ウェッジは開幕戦は50度と58度の2本で臨みましたが、試合によっては54度を追加するケースもあります」最後にパターとボール選びについて。「『トライ ホット』のDOUBLE WIDEは開幕戦からの投入。構えた際にとても安心感があって、打ち急ぐことなくリズムよくストロークできると選びました。距離感も自分のイメージに合っているようです。新しい『クロムソフトX』も開幕戦から。飛距離・スピン・打感がバランスいいと気に入っています。(3本ラインの)トリプルトラックは『とくにショートパット時に助けられています』とのこと」 ドライバーの『ローグ ST』はソールに3つのダイヤマークが入っているプロトタイプ。シャフトは素直な振りやすさで女子プロに人気の『スピーダーNX』(50・SR) アイアンのシャフトは前作のXフォージドから変わらずフジクラの『MCI』。顔はシャープで、打つと球を拾いやすくてやさしいアイアンが好み 58度はフェース全面スコアラインのFULL TOEモデル。50度と58度の2本で挑む試合と、コース次第で50・54・58度の3本態勢でいくケースもある パターはオデッセイの『トライ ホット 5K DOUBLE WIDE』。モデル名の「5K」とは慣性モーメント5000g・㎠の意味。ブレードタイプなのにネオマレット級の大慣性モーメントが特徴のモデル。インサートは軟らか打感のホワイトホット 西村優菜の14本セッティング 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より 「プロスペック」バックナンバー こちらもチェック!
  • ドライバーは大きく分けて、つかまりがいい「ドローバイアス」タイプ、低スピン&強弾道の「ロースピン」タイプ、その中間に位置する「スタンダード」タイプの3種類があり、各社から、それぞれのタイプに応じたモデルが用意されているケースが多い。今回は、つかまりがよく、高さも出しやすい「ドローバイアス」タイプをピックアップ。最新12モデルを徹底試打した。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura THANKS/ゴルフ倶楽部成田ハイツリー、トラックマン ジャパン こちらもチェック! 「ドローバイアス」タイプの特徴とは? 解説/松尾好員 小誌連載「ヘッドデータは嘘つかない」でお馴染みのクラブ設計家。セベ・バレステロスをはじめとするトッププロのクラブを手掛けた。ジャイロスポーツ主宰 「ドローバイアスタイプとは、スタンダードタイプよりボールにフック回転がかかりやすいモデルのこと。特徴としては『重心距離が短い』、『ネック軸周り慣性モーメントが小さい』ことが挙げられます」とクラブ設計家の松尾好員氏。ではなぜこの2つの特徴を持つクラブが、ドローになりやすいのか。「重心距離が短いモデルのスイートスポットはフェース面中央よりヒール寄りになります。そのためフェース中央でインパクトしても、重心よりもトウ寄りでヒットすることになり、ヘッドには重心位置を中心に右回転の力が生まれます。この反作用として、いわゆる“ギア効果”により球には左回転が発生し、ドロー回転がかかりやすくなるのです。また、重心距離が短くなるとネック軸周りの慣性モーメントが小さくなり、ヘッドが返りやすくなる。ボールをつかまえやすくなり、結果としてドローが打ちやすいんです。ただ、ヘッドの体積や形状によって数値が異なるので、『重心距離が〇ミリ以下、ネック軸周り慣性モーメントが〇g・㎠以下がドローバイアス』といった定義はありません。スタンダードタイプと比べて相対的に重心距離が短い、ネック軸周り慣性モーメントが小さいものをそう呼んでいるだけです」(松尾) この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です たとえば『ローグ ST』は『MAX D』と『MAX FAST』が“ドローバイアス” ネック寄りのウェートで重心距離を短くしている メーカーを問わず、ドローバイアスタイプの大部分はネック付近にウェートが配置されていることが多い。このおかげで、重心距離が短くなり、ドローが打ちやすくなるだけでなく、低重心になるので、球を上げやすくなるメリットもある 「ドローバイアス」タイプ12モデルを試打検証 主要メーカーの最新ドライバーを「ドローバイアス」「スタンダード」「ロースピン」の3タイプに分類。今回はドローバイアスタイプ12モデルを打ち比べた 試打・解説/鈴木悠介 2016年プロテスト合格。試合に出場しながらインドアスタジオ「千葉銀座CC」でレッスンも行う。千葉学芸高校出身 計測方法 鈴木プロのヘッドスピードは49m/s前後。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「トラックマン4」で計測。明らかなミスショットを除く5球打った平均値を掲載 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より
  • 多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏が最新クラブを徹底的に計測・分析する「ヘッドデータは嘘つかない」。今回はキャロウェイの『ローグ ST MAX』ドライバーを取り上げる。 飛びの3要素をAIで解析 キャロウェイが得意とするAIにスピン量、打ち出し角、ボールスピードをすべて入力し直し、新たなアルゴリズムで設計した“AIデザインフェース”を搭載した『ローグ ST シリーズ』。そのなかで、スタンダードモデルといえる『ローグ ST MAX ドライバー』を紹介する。では、クラブやヘッドを計測していく。掲載する数値はすべて実測値だ。クラブ重量は305.2gと標準的で、スウィングウェートはD3.3と大きい。クラブの長さは45.0インチと標準的ともいえるが、ほんの少し短め設計になっている。そのおかげで、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが291万g・㎠に抑えられ、この数値であれば、ドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいのゴルファーにとってタイミング良く振れるといえる。 Point1 クラブ長さは45.25インチと長過ぎないPoint2 スウィングウェートがD3.0と大きいPoint3 ヘッド体積は454ccと標準的 安定して高いボール初速を出しやすい 最近のキャロウェイの『MAX』形状らしく、全体に丸型で投影面積も大きく、輪郭的には文字盤の4~5時方向が張り出した日本のつかまり系ヘッドのイメージが出ている。アドレスは昨年発売の『EPIC MAX』のように強いオープンフェースではなく、スクエアフェースの設定(フェースアングルは0.0度)で構えやすくなった。そして、キャロウェイらしく、ヘッド後方が低いシャローバック形状で、インパクト付近をアッパーに振るイメージが出ている。実際に試打したところ、つかまり系イメージのヘッドと、FP(フェースプログレッション)値が小さいので、構えてみると球をつかまえたいイメージが伝わってくる。試打クラブは10.5度で標準の『ベンタス 5 for Callaway(フレックスS)』仕様だったが、シャフトは軟らかめの設計ながらも適度なしっかり感があってインパクトの再現性が高く好印象。ヘッドスピードが42~43m/sくらいのゴルファーなら、このシャフトでいいだろう。ヘッドは『EPIC MAX』よりも重心深度が深く(41.8mm)なり、結果、左右方向のヘッド慣性モーメントも5360g・㎠と大きくなり、より弾道の安定性を狙っていることがわかる。また、同時にヘッドのネック軸周りの慣性モーメントも8498g・㎠で、『EPIC MAX』よりも大きくなり、ダウンスウィングでのヘッドの返りが緩やかになっている。今回スクエアフェースになったことで、よりストレート系弾道が打ちやすい印象を受けた。クラブが長すぎないことで、大きなヘッドがより大きく見えて安心感にもつながっている。また、ミート率が上がるだけでなく、『EPIC MAX』よりもヘッド重量が重くなっているので、ボール初速を安定して出しやすいドライバーだ。 昨年の『EPIC MAX』よりも深い重心深度で、大慣性モーメントを狙ったモデルといえる。そのおかげで、左右方向のヘッド慣性モーメントも5360g・㎠と大きくなり、弾道が安定しやすい フェース角は0.0度でスクエアスイートスポット高さは35.0ミリアメリカブランドに多いオープンフェース設計ではなく、フェースアングルがスクエアでターゲットに構えやすくなった。ダウンスウィングでのヘッドの返りが緩やかで、つかまり系の顔だが、見た目よりもストレート系弾道が打ちやすい 【クラブ&ヘッドデータ実測値】 キャロウェイ ローグ ST MAX ドライバー 松尾好員 まつおよしかず。往年の名手、S・バレステロス、I・ウーズナム、青木功、加瀬秀樹らのクラブ設計を担当。近年のクラブを知る“現代の知匠”。ジャイロスポーツ主宰 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より
  • 1月のセントリートーナメントから使い始めたばかりのシャウフェレのニューセッティングをキャッチ。新ドライバー投入3試合目、優勝争いを演じたフェニックスオープンでは、平均飛距離326.3ヤード。最大飛距離は377ヤードを記録したというから驚きだ。 PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe トータルドライビングの順位が上昇してきた ザンダー・シャウフェレが、まだ手にしていないメジャー制覇に向けて、ニュードライバーを投入した。テストでは、ボールスピードが77.8㎧から78.7㎧に上がり、キャリーも283ヤードから292ヤードにアップしたという。単純な飛距離だけではなく、ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率の順位を合算した「トータルドライビング」の順位にも注目すると、ニューモデルを使い始めた初戦のセントリートーナメントこそ52位だったものの、2戦目のファーマーズは39位、3戦目のフェニックスでは19位まで上昇。これに伴って成績も上がり、フェニックスでは優勝まであと1ストローク、3位タイでフィニッシュした。フェニックスオープンでは377ヤードのビッグドライブも記録。ローグST(スピードチューニング)という名の通り、どれほどボールのスピードをチューンしてくれるのか。今後のシャウフェレのトータルドライビングが気になるところだ。 セットアップしやすいとシャウフェレも絶賛 シャウフェレのローグSTドライバーはロフト10.5度、N/-1ポジションだ ザンダー・シャウフェレの14本セッティング 1W ローグST トリプルダイヤモンドS3W エピック スピード トリプルダイヤモンド7W マーベリック サブゼロアイアン エイペックス TCB52度 ジョーズパター オデッセイ オー・ワークス レッド #7CHボール クロム ソフト X シャウフェレが開発に携わった新シューズ スパイクでもスパイクレスでもないというアディダスゴルフの新作「TOUR360 22」。「高い安定性とグリップ力、快適性がある」とシャウフェレも太鼓判を押す メジャー、ヒデキ、日本愛…シャウフェレの独占インタビューもチェック! 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より