Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】『ローグST』投入で「飛距離が伸びて左右ブレも減」西村優菜の14本

【プロスペック】『ローグST』投入で「飛距離が伸びて左右ブレも減」西村優菜の14本

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、昨シーズン賞金ランク5位と躍動し、今季も好調をキープする西村優菜のセッティングに注目。

PHOTO/JGMA THANKS/ダイキンオーキッドレディス

西村優菜
にしむらゆな。2000年8月生まれ。大阪府出身。大阪商業大学高校を経て2020年プロ入り。2020-21年シーズン、ルーキーで4勝を挙げてJLPGA資生堂アネッサ ビューティー・オブ・ザ・イヤー特別賞を受賞

開幕戦のダイキンオーキッドは3位、2戦目の明治安田生命ヨコハマタイヤは7位タイ。2年目のシーズンも安定感は健在だ。そのプレーを支える最新の14本について、キャロウェイのツアーレップ・程塚さんに聞いた。

「ドライバーの『ローグ ST』は今季の開幕戦から使用しています。ボール初速が上がり、飛距離が3~5ヤード伸びました。『左右ブレも少なくてフェアウェイをとらえやすい』というのが本人の感想。調整は順調に進み、特別なカスタマイズはしていません。

3Wと5Wの『エピック スピード』は昨シーズンの途中に投入。『球を上げやすく、弾道も安定しています』と本人。7Wと9W、UTはデビューから替えていません。この3本で155~185ヤードをカバーしています」

アイアンは昨シーズン中に新しい『Xフォージド スター』に替えた。

「西村プロは、構えたときの見た目がシャープなアイアンが好み。『地面から球を拾いやすく、安心感があってやさしく感じる』と話していました。『JAWS』ウェッジは開幕戦は50度と58度の2本で臨みましたが、試合によっては54度を追加するケースもあります」

最後にパターとボール選びについて。

「『トライ ホット』のDOUBLE WIDEは開幕戦からの投入。構えた際にとても安心感があって、打ち急ぐことなくリズムよくストロークできると選びました。距離感も自分のイメージに合っているようです。

新しい『クロムソフトX』も開幕戦から。飛距離・スピン・打感がバランスいいと気に入っています。(3本ラインの)トリプルトラックは『とくにショートパット時に助けられています』とのこと」

ドライバーの『ローグ ST』はソールに3つのダイヤマークが入っているプロトタイプ。シャフトは素直な振りやすさで女子プロに人気の『スピーダーNX』(50・SR)
アイアンのシャフトは前作のXフォージドから変わらずフジクラの『MCI』。顔はシャープで、打つと球を拾いやすくてやさしいアイアンが好み

西村優菜の14本セッティング

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、堀琴音、勝みなみ、西郷真央、西村優菜、笹生優花の5人をピックアップ! 西郷真央 勝みなみ 堀琴音 西村優菜 笹生優花 こちらもチェック!
  • 女子ツアーを牽引するプラチナ世代のひとり、西村優菜。今季すでに4勝を挙げ、賞金ランキングも4位につける。身長150センチと小柄な体格から繰り出される切れ味鋭いショットの秘密を分析。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa 西村優菜にしむらゆな。2000年生まれ、大阪府出身。150センチ。平均飛距離230ヤード。9月に2週連続優勝を果たすなど、今季4勝を挙げている 解説/黒宮幹仁 1991年生まれ。連載「世界基準を追いかけろ」でお馴染みのプロコーチ。松田鈴英、梅山知宏らを指導 骨盤傾斜が崩れない 西村選手は奇麗なスクエアグリップで、150センチと小柄なのに、小さく見えない大きなアドレスです。両ひざを内側に絞らず、両ひざ頭が外を向き、骨盤は適度に前傾、股関節周りに締まりを感じます。背中がスッと伸び、教科書的です。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 西村選手は上半身と下半身の分離が大きいですね。回転プラス捻転でパワーを生み出していきます。後方アングルのフォロースルーを見るとわかりますが、フェース面がほぼ真下を向いています。フェースローテーションも積極的に入れてヘッドを加速させています。これは綺麗なスクエアなグリップのなせる業ですね。 切り返しからダウンスウィングにかけて、右太ももを内側へ締め込む回旋が強く、右足の踏み込みも強く、地面をつかむ力の強さが伝わってきます。これだけ下半身を使っても、アドレスでの骨盤傾斜が崩れていません。普通の人がこれをやったら骨盤が前に出る、あるいは浮くなどして再現性が下がるもの。そうならないのは体全体の強さと、「下半身のエンジン」とも言える腸腰筋(背骨から大腿骨につながる深部腹筋群)がよほど強いのだと思います。こういったアグレッシブな動きがキレを生み、それが飛距離につながっているのだと思います。 骨盤前傾が変わらないトップ 「トップではフェース面が斜め上を向き、ほぼスクエア。また前傾させた骨盤のアングルが変わっていません。上下の分離が大きく、捻転差によってパワーを生み出しています」 フェースターンでヘッドを加速 「フォロースルーでフェース面が下を向くほど、積極的にフェースをローテーションして飛ばします。それでも再現性が高いのは、骨盤傾斜が変わらないから。練習量はもちろんですが、体の強さと柔らかさの賜物です」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より