Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 2500万円のクラブセットも! 日本の「ものづくり」にこだわるマジェスティ ゴルフの製造現場に潜入【プレゼントあり】

2500万円のクラブセットも! 日本の「ものづくり」にこだわるマジェスティ ゴルフの製造現場に潜入【プレゼントあり】

海外メーカーに押され気味の国産メーカーにあって、独自の戦略で気を吐く「マジェスティ ゴルフ」。創業50周年を迎え、さらに進化を続けるこだわりの「ものづくり」の現場を調査した。

PHOTO/Tadashi Anezaki

ラグジュアリーとクラフトマンシップの融合

前身のマルマンゴルフを経て50周年を迎えたマジェスティ ゴルフ。外ブラなどのビッグメーカーとは一線を画したモノ作りで邁進している。創業50周年を記念して、千葉県松戸市にある生産拠点の「マジェスティ ゴルフ スタジオ」がリニューアル。独自のマジェスティ品質を生み出す現場を見学すると、そこにはこだわりを超えた生産技術と仕組みがあった。

最新3D CADと最適インパクト解析から始めるヘッド開発、チップ側からバット側まで20㎜ピッチで剛性測定を行い評価するシャフト開発、世界で最初にレーザーミーリング加工を取り入れたフェースデザインや刻印。大量生産では不可能な1本1本を徹底チェックした組み付け作業、ギアーズ・トラックマン・試打マシンを駆使した性能テストと強度管理など、そのこだわりは枚挙にいとまがない。どの現場でも匠チームのクラフトマンが手を動かし、目を光らせる。

CADによってヘッド構造とデザインを決めた後、3Dプリンターで石膏のヘッドを作ってチェック。クラブができたら試打マシンで性能を確認

そこに、突き抜けた芸術作品的コスメティックが加わる。例えば、最高峰ブランド「マジェスティ サブライム」をベースにした輪島塗によるチタン漆技法とのコラボモデル「MAJESTY URUSHI」は世界へ発信され、13本セットで2500万円という驚きのクラブだ。

伝統工芸の輪島塗だけでは終わらない。

「オーダーを頂けば、どんなデザインにも対応できるエキスパートと仕組みが揃っています」とは匠チームのリーダー、左藤さん。

目の前で見せてもらったのは、和紙の風合いとシワを活かした独創的な和柄模様(写真下)のヘッド。「VIP匠セット」として完全カスタムオーダーで2022年1月から予約を開始するという。

専用のやすりを使って鏡面になるまでヘッドを磨き上げる。これは見た目のためではなく、ヘッド表面の精密検品のために行っている。これもマジェスティクオリティのひとつ

驚愕の2500万円セット!
MAJESTY URUSHI

蜷川実花ブランドとのコラボ
HER MAJESTY COLLECTION

世界で1本! WGDの刻印入り
マジェスティ「W-MOMENT」ウェッジを
抽選で1名様にプレゼント!

やさしさを追求してネックはオリジナルオフセット、地面に刺さらないオリジナルソールデザイン。強烈なスピンを生むミルドエッジグルーブ。レーザーミーリングでバックフェースに「WGD」の刻印が施された世界に1本しかないウェッジだ

【プレゼントSPED】
●ロフト/58度
●バウンス/8度
●シャフト/N.S.プロ950GH NEO(S)

応募締切:1月11日24時

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • ドライバーの下は3番ウッド(3W)を入れている人が大半だが、フェアウェイから3Wを上手く使いこなせている人はどれだけいるだろう。3Wと5Wで飛距離が変わらないのであれば、必ずしも3Wを入れる必要はないかもしれない。今回は、フェアウェイウッド29モデルを一堂に会し、3W、5W、7Wの各番手を試打&計測。ウッドセッティングの参考にしよう! PHOTO/Hiroaki Arihara、Tomoya Nomura THANKS/フライトスコープ ジャパン、ゴルフ倶楽部 成田ハイツリー あえて難しい3Wを入れる必要はない? ドライバーの次に飛ぶからとバッグに入れている人も多い3W。確かにロフトが立っていて、シャフトも長いのでティーアップしてちゃんと当たれば3Wのほうが飛ぶ。しかしフェアウェイウッド(FW)は地面から直接打つクラブ。「ヘッドスピードが遅い人、とくにHS40㎧以下では、フェアウェイから直接打った場合、3Wと5Wのキャリーにほとんど差は出ません。ある程度の打ち出し角度がないと、適正なキャリーが得られないからです」とクラブ設計家の松尾好員氏。「テストの結果では女子プロでさえ、キャリーの差が6〜7ヤードくらい。ヘッドスピード以上にロフトが立っているとスピンは得にくくなり、球は上がりにくくなります。そのためロフト角のある5Wや7Wのほうが3Wより飛んでしまうということも。あのタイガー・ウッズでさえ3Wは15度。普通のアマチュアには15度の3Wは難しいんです」(松尾)テスターを務めた後藤悠斗プロがドライバー換算で41㎧ 程度のヘッドスピードで打つと、確かに3Wと5Wの飛距離の差が小さいモデルがあった。一方で、しっかりと距離の差が出るFWもあった。比べてみると、3Wと5Wの差が出たモデルは初速が出ていて、スピンも多い。「一般的にはヘッドの見た目が大きく、高重心&深重心のFWのほうがスピンが入りやすいです」(松尾) FW29モデルを試打番手ごとの計測データを公開! 試打&解説/後藤悠斗 「雑巾王子」こと武市悦宏プロとともに広尾ゴルフインパクトでレッスンを行う。ギアへの造詣も深い 【計測方法】後藤プロがドライバーのHS41~42㎧相当で試打。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「フライトスコープ」で計測。データは5球打った平均 >>コースで実際どれだけ飛ぶ?打って試すなら「クラブステーション」が便利! 続きを読む 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!
  • 100ヤードをきっちり打てるようになるための特集、後編はギアの観点から。前編では、100ヤードはフルショットではなく「加減して打つ」ものと語られていたが、ウェッジというクラブの構造上からも、フルショットで打つべきではないという。ギアの専門家に話を聞いた。 PHOTO/Hiroaki Arihara、ARAKISHIN THANKS/鶴舞CC、日進ゴルフエトワス 解説/松吉宗之(クラブデザイナー) 長年クラブメーカーで開発に携わった後、2018年に自身のブランド「ジューシー」を立ち上げる。ウェッジの構造に関するスペシャリスト >>正しい「8割ショット」の打ち方を青木翔コーチが解説! フルショットすると必要以上にロフトが寝てしまう 100ヤードを大きな振りで打つスウィング側の弊害を青木コーチに聞いたが、クラブ側の観点からも「振り回して打たないほうがいい」という。クラブデザイナーの松吉さんに話を聞いた。「アマチュアの方から、フルショットで100ヤードぴったりになるウェッジを入れたいという要望はよくあります。アイアンのストロングロフト化で、下を厚くしたいという人が増えていますからね。ただ、ウェッジというのは。そもそもフルショットを想定して作られてはいません。ウェッジはロフトが寝ているため、構造上、重心が深くなっています。これを大きく振り回してしまうと、インパクトでリーディングエッジ側が浮く動きが入り、ロフトが必要以上に寝ます。すると、球は高く上がりスピンも増える。さらにシャフトも動きすぎてしまうため、インパクトが安定しません」インパクトロフトやスピン量がそろわないと、精度は上げられない。そうなると「目標が近いのに、運まかせのような状態になってしまいます。そうならないように、重くて硬めのシャフトを挿しているのに、それを振り回すのは本末転倒と言えるでしょう」 加減ショット ●適正なロフトでインパクトできる●スピン量が安定する●インパクトの再現性が高まる 振り回したショット ●ロフトが寝る方向にヘッドが動く●ボールをすくい上へ飛んでしまう●バックスピンが効きすぎてしまう フルショットすると引っかけやすいのはロフトが寝るから 力まかせに振り回すことでロフトが寝る方向へ動いてしまうと、フェース面は目標より左を向く。これが、ウェッジでフルショットしたとき引っかける原因だ 加減ショットならフェース面をコントロールでき引っかけなどのミスが出にくい 加減ショットではシャフトの挙動がほどよく緩慢になるため、インパクトの再現性が高くなりやすい。また過度なスピンも入りにくく、高さやランが安定してより狙い通りの距離が出やすくなる。振り回すと入射角が安定せず飛びすぎる可能性も 【ここもPoint】 フェース面を寝かせないためにも、ウェッジのシャフトはできるだけ重くて硬めのモノを選ぶといい 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!
  • 週刊ゴルフダイジェストの年末恒例企画「ベストスウィンガー」。今回は読者投票とは別に、トップ選手を指導する2人のプロコーチにも、今年最も優れたスウィングの持ち主を挙げてもらった。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe >>読者が選んだベストスウィンガー・男子部門 >>読者が選んだベストスウィンガー・女子部門 「体を上手に使ったスウィングはアマチュアにこそマネしてほしい」 辻村明志 日大ゴルフ部出身。プロ転向後アジアンツアーを転戦。現在、上田桃子をはじめ、小祝さくら、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵、新人プロの阿部未悠などを指導する 今回は「アマチュアでもマネすることができ、目指すべきスウィング」と、ボクなりにベストスウィングを定義してみました。その観点から最初に思い浮かんだ選手が南アフリカ出身の39歳、ルイ・ウエストハイゼンです。10年の全英オープン覇者ですが、とにかくスウィングがシンプルです。地面をしっかり踏みしめた重心の低さが特徴で、上下動は少なく、体の回転でボールを打つタイプの選手です。クラブの使い方が上手く、エネルギー効率が高いのもアマチュアには参考になりますし、マネしてほしいところです。 >>ルイ・ウエストハイゼンの1Wスウイングはこちら メジャー4勝を含む、日本ツアー16勝のテレサ・ルーも同様の理由でベストスウィンガーに選びました。テレサの秀逸な点は、腕とクラブが体の正面から外れないこと。そしてスウィングにまったく力みがなく、体もクラブも思う存分、しならせられることです。足裏で生まれたエネルギーがクラブヘッドまで効率よく伝わっているイメージです。それが34歳を過ぎても260Yを飛ばせる理由でもあります。飛距離はパワーではなく、“しなり”で生み出すもの。まさに柔よく剛を制すで、60歳、70歳のシニアこそが、目指すべきスウィングだと思います。 >>テレサ・ルーの1Wスウィングはこちら コリン・モリカワは、日本人に似た体型の持ち主。そのためマネしたくなる点が多いように思いますが、注目してほしいのは、ゆっくりとしたテークバックです。アマチュアは手上げになりがちですが、下半身リードでゆっくり上半身を回し、体の捻転で鋭く振り下ろすスウィングはまさにお手本です。優勝した全英オープンの翌週には、東京五輪でメダル争い。異なるコース環境にも瞬時に適応できるのは、ゆっくりとしたテークバックに秘密があるんです。 >>コリン・モリカワの1Wスウィングはこちら スウィングプレーンの美しさで考えると、岡山絵里も抜きん出ています。クラブが上がったときと、振り下ろすときのシャフトプレーンが寸分もなく同じ軌道を描いています。それを可能にしているのが、ブレない軸の太さであり、軸の強さでしょう。なかなかアマチュアがマネするのは難しいですが、彼女の連続写真を見るだけでも効果があると思います。 >>岡山絵里の1Wスウィングはこちら 「現代的なシャローイングこそ飛んで曲がらない」 奥嶋誠昭 ツアープロコーチとして稲見萌寧、高橋彩華、木下稜介を指導する。横浜のノビテックゴルフスタジオでGEARSを使ったアマチュアレッスンも行っている ボク自身が理想とするスウィングで考えてみました。そうすると今どきのモダンなスウィングに目がいきます。米ツアーの選手でいえば、東京五輪で金メダルを獲得したザンダー・シャウフェレです。彼のスウィングは自分でもマネしたいと思えるくらい、素晴らしいです。ただ、マネするのはかなり難しいと思います。一見するとすごくシンプルに見えますが、ムダな動きをできる限りそぎ落としているので、実はとても難しいんです。アマチュアはいろいろ試行錯誤しすぎてスウィングが複雑になっています。古き良きスウィング、たとえば体重移動やフェースローテーションといった動きが染みついてしまっているんです。 >>ザンダー・シャウフェレの1Wスウィング 現代的なスウィングのポイントは大きく2つあります。ひとつは今注目されているシャローイングです。もうひとつが左足に乗ること。米ツアーではほとんどの選手ができていますが、日本では右足の上で回ってしまう選手が多く、なかなか左に乗れないんです。東京五輪で見たネリー・コルダも現代的なスウィングです。彼女はスウィングがきれいですし、動きにムダがないのがよくわかります。シャローに入れる、フェースは返さない、インパクトゾーンを長く、そして左足に乗る。これが、ボクがイメージするベストスウィングに不可欠な要素です。飛んで曲がらないという、相反するテクニックを実現できる、あるいは最新のクラブの性能を最大限に発揮できるスウィング、といえるでしょう。プロテストに合格したばかりの03年生まれの現役高校生、川﨑春花も今どきのスウィングです。今年の3月に高校選手権で女子個人優勝を果たしていますし、注目してほしい選手のひとりです。 >>ネリー・コルダの1Wスウィング >>川崎春花の1Wスウィング 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より
  • 映画「るろうに剣心」などで主演を務める人気俳優の佐藤健が、自身のYouTubeチャンネルで「今年一番ハマった漫画」3作品を公表。その中のひとつは意外にも、ゴルフ漫画『オーイ! とんぼ』。週刊ゴルフダイジェスト読者には馴染みのある作品だが、ゴルフをやらない佐藤健がいったいなぜ……その意外な理由とは? 『オーイ! とんぼ』主人公の大井とんぼ。画像はキャラクターデザイン段階のラフ画 クールなイメージの佐藤健だが、実は1000冊以上の漫画を所有するほどの漫画好き。このほど公開された自身のYouTubeチャンネルでは、さまざまな「今年一番」のことに答えているのだが、そのなかで「今年ハマった漫画」について問われる場面があった。「漫画めちゃくちゃ読むんですけど……うるさいんですよ、漫画に」と前置きしたうえで、最初に挙げたのが『オーイ! とんぼ』。カメラを回すスタッフたちの間に「?」が浮かぶのも無理はない。『オーイ! とんぼ』はゴルフ専門誌「週刊ゴルフダイジェスト」に連載されている超マニアックな漫画で、佐藤健自身、なんという雑誌に連載されているものか把握していない様子。いったいなぜ、ゴルフとは縁のなさそうな佐藤健がこの作品と出合ったのか。「『HUNTER×HUNTER』の作者の冨樫(義博)先生とお話しする機会があって『面白い漫画あります?』って聞いたら、2つ言っていて。1つは(当時)連載が始まったばかりの『鬼滅の刃』、もう1つが『オーイ! とんぼ』だったんです」あの冨樫先生が今をときめく『鬼滅』と並んで『とんぼ』を薦めていたというのも驚きだが、ゴルフをやらない佐藤健がゴルフ漫画にハマったのも驚き。そもそも『オーイ! とんぼ』とはどんな作品なのか。 ゴルフを題材としたアツい人間物語 ゴルフ漫画というと、プロを目指す少年がゴルフ場で研修生として腕を磨き、やがてプロになって世界で活躍する、というのが王道のストーリーだが、『とんぼ』は少し趣を異にする。まず、主人公は少年ではなく少女。「日本最後の秘境」と呼ばれるトカラ列島で育ち、島民手作りのゴルフ場で、遊ぶようにしてゴルフを覚えた天真爛漫な中学生、「大井とんぼ」が物語の主役だ。ゴルフの漫画ではあるが、ゴルフをやらない人でも十分に楽しめる。それは、トカラ列島にある人口わずか150人の小さな島で繰り広げられる「日常」が、我々の考える日常とはかけ離れている点。九州の南に浮かぶ実在の島がモデルになっているが、「なにもない」その島での暮らしが生き生きと描かれ、こんな場所が日本にあったんだ、という驚きも味わえる。なかにはゴルフ漫画なのにゴルフのシーンが一度も描かれない回もあるほど。 物語は職を失った元プロゴルファーの五十嵐が島を訪れたシーンからスタートする。五十嵐の目を通して島民たちの暮らしぶりが驚きとともに描き出される そしてもうひとつの魅力はキャラクター。主人公のとんぼはもちろんだが、島の住人たちやとんぼのライバルとして登場するゴルファーたち、ひとりひとりにドラマがある。まさかゴルフ漫画で泣かされるとは思いもよらないだろうが、油断していると涙を禁じえないので、電車内など人目のあるところで読むのは要注意だ。 足のケガで左打ちに転向した「エマ」(左)、高校生に交じり競技ゴルフに挑戦するママさんゴルファー「島さん」(右上)、そして完全なるチョイ役と思われた島民「ブンペイ」までもが感動のストーリーを紡ぎ出す 別のインタビューで、佐藤健は「良い作品を作るということは、やっぱりキャラクターを好きになってもらえるかどうか。登場人物を魅力的にすることが全てだと言ってもおかしくないぐらい」と語っているが、それは『とんぼ』の作者・かわさき健&古沢優先生が最も大事にしている部分。両先生も常々「漫画はキャラクターがすべて」と口にしている。佐藤健が「次巻、ワクワクして待ってます」と語るゴルフ漫画『オーイ! とんぼ』。2021年12月現在で35巻まで刊行中。まだ読んだことのない人は、感涙必至の「トカラ編」第7巻まで、まずは読んでみてもらいたい。 佐藤健が語る“今年いちばん”はこちら 期間限定! 「オーイ! とんぼ」第7巻まで特別公開36話までは無料で読める! 「オーイ! とんぼ」を第1話から読む 限定公開は2021年12月24日12時まで 「オーイ! とんぼ」をamazonで購入 こちらもチェック!
  • 最新のクラブをレンタルして自由に試打できる話題のサービス「クラブステーション」。今回はクラブセットをまるまるレンタルできる「ラウンドセット」を初体験。正直これ、かなりオススメです! 前回利用したのは、「試打クラブレンタル」というサービス。クラブやシャフトを3本まで、3泊4日(Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日!)でレンタルでき、練習場やコースで思う存分試打できるというもの。 >>「試打クラブレンタル」の体験レポートはこちら https://my-golfdigest.jp/gear/p42390/ 今回は、クラブステーションのもうひとつのサービス「ラウンドセット」を申し込んでみた。ラウンドセットは、「エントリーモデル」と「人気モデル」から選べ、前者が1日6600円、後者が1日7700円で利用できる。 ラウンドセットの検索画面は、デフォルトではパターが表示されるので、検索条件の「種類を選ぶ」から「クラブセット」を選択し、「この条件で探す」をクリックすると、クラブセットのラインナップが表示される ゴルフ場で借りるレンタルクラブの場合、何年の前のモデルで使い込まれたクラブしかないケースが多いが、クラブステーションのラウンドセットはほぼ最新のクラブばかり。 テーラーメイドやキャロウェイ、ピンなど人気メーカーの最新クラブを含んだクラブセットをまるまる借りられる。星マークはエントリーモデルのセット これでも十分ラウンドは楽しめるが、ラウンドセットにはもうひとつ「セルフセッティング」なるものがある。こちらはなんと、ドライバーからパターまで、自分の好きなクラブを選んで組み合わせられるというもの。「試打レンタル」のラインナップから選べるので、ロフトやシャフトも自分仕様に揃えることができる。つまり、最新モデルを自分好みのセッティングでコースで試すことができるということ。ここまでできて、料金は上記の「人気モデル」と同じ7700円(パターも選択する場合は+550円)。キャディバッグをコースへ郵送するだけでも、往復で4000円近くかかることを考えれば、発送の手間がなく、コースへ最新のクラブセットを届けてくれるこのサービス……おそるべし。そして何より、「セルフセッティング」では選ぶ時間も楽しい。一度打ってみたかったモデルを組み合わせて、最新モデルだらけの夢のセッティングを作ることができるのだ。もちろん、人気のあるモデルはすでに埋まっているケースもあるが、ある程度時間に余裕をもって予約すれば、希望のクラブを組み入れられる可能性が高い。ああでもないこうでもない、と画面の前で悩みながら、セルフセッティングが完成。 選んだクラブは、画面右側のカートから確認できる プレー日を確認し、予約を確定。でも、本当にこれでコースに届くのか。届いても、誰のクラブか分からずに放置されていたりしないのか、そもそもどんな形で届くのだろうか……。不安だったので、当日、早めにコースに着き、いの一番にバッグ置き場へ。スタッフにクラブステーションからバッグが届いていないか確認すると、慣れた様子で「はい、こちらですね」。心配は杞憂に終わった。バッグにはタグも付いており、自分が頼んだものだとすぐに分かる。フードを開けると、新品同様のピッカピカのクラブが収められていた。 どれも、コースでは初めて打つモデルばかりだったが、シャフトの重さや硬さなど、スペックを自分仕様に揃えていることから、とくに違和感なく振ることができた。ショップや練習場などの試打では、どうしても人工芝で打つことになるが、FWやアイアン、ウェッジなどは芝の上で試したいもの。とくにウェッジは、思ったよりスピンが入るor入らないといったことは、コースボールで実際のグリーンで打ってみるまで分からない。買ってから「思っていたのと違う!」というケースもある。コースで遭遇するリアルなケースで試せるのは、非常にありがたい。返却も、ラウンド後、カートから下ろす際にクラブステーションへ返送する旨を伝えればOK。発送伝票を書いたりする必要もない。試打を目的としなくても、たとえば出張先でラウンドの予定が入った場合や、帰省中に地元の友人とゴルフをする場合など、クラブを送るのが面倒な場合にこのサービスを利用するのもアリ。なんとシューズや距離計までレンタルできるので、ウェアなど最低限の用具さえ持っていけばOKだ。至れり尽くせりの「ラウンドセット」レンタル、ぜひ一度活用してみていただきたい。 「ラウンドセット」はこんな人にオススメ!●クラブを送って電車でラウンドに行くことが多い人●最新モデルをコースで思う存分試したい人●出張先や帰省先でラウンドの予定がある人 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「ラウンドセット」が5940円に! Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、クラブステーションの「ラウンドセット」サービスが通常7700円のところ5940円で利用できる。クラブをコースに送る往復送料だけでも4000円近くかかることを考えれば、かなりお得だ。「ラウンドセット」以外にも、Myゴルフダイジェスト有料会員向けのスペシャル特典満載。お得なキャンペーンも随時開催している。詳細は下記リンクをチェック! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック