Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • ギア
  • 【JGR ドライバー ブリヂストン】適度なつかまり上質なドローが打ちやすい。前モデルよりも確実に飛距離が出る

【JGR ドライバー ブリヂストン】適度なつかまり上質なドローが打ちやすい。前モデルよりも確実に飛距離が出る

GDライブラリ
2019.09.28

数多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員と試打のスペシャリスト・堀越良和プロが最新クラブを打って測って研究する「ヘッドデータはウソつかない」。今回はブリヂストンゴルフ「JGR」ドライバーです。

幅広い層が使えるモデル

アップライトなライ角とフックフェースでつかまりがいいのがJGRの特徴のひとつ。そこは踏襲しつつ、新モデルはフェースが被って見えないので、左が怖い人でも構えやすい。(堀越)

アップライトなライ角、フックフェースで球がつかまる設計

ロフト10.5度のヘッドを試打しましたが、つかまりがよく、高さもしっかり出てくれます。ただ、前作に比べると、つかまりも上がりやすさも、若干控えめになったなという印象です。

初速が出て、低スピンの強い球がやさしく打てるので、飛距離性能は高いです。新搭載の『サスペンションコア』の効果で芯が広く、トウ寄りで打っても、飛距離はほとんど落ちません。

サスペンションコアで反発係数を調整。上級者をも満足させる打感、打音

オリジナルのツアーADシャフトは弾き系で、振り心地も軽やかです。HS40~43m/sのスライサーには、ヘッドとの相性もピッタリ。それでいて、つかまりすぎないヘッドなので、シャフトを選べば、HS速めのフッカーにも合います。

先が走る感覚がありしなり戻りが素直

ヘッドのデザインも精悍さが増し、アベレージから上級者まで、幅広い層が使えるモデルに進化した印象。海外ブランドの人気モデルと対等に戦える国内トップメーカーの面目躍如たる1本といえますね。(堀越)

構えたイメージと弾道が一致

クラブ重量はやや軽めですが、クラブレングスがやや長いので、クラブ慣性モーメントがやや大きくなっています。(松尾)

ヘッドはオーソドックスな形状で、アドレスではアップライトなライ角とフックフェースで球をつかまえるイメージが出ています。10.5度のツアーADforJGR を試打しましたが、軟らかめの設定でHS40m/sくらいのゴルファーでも十分扱えるでしょう。

ヘッドのネック軸回りの慣性モーメントが小さめでヘッドの操作性がいいので球をつかまえやすく、ドロー系弾道で飛距離も出ていました。

シャロー気味のヘッドで球が上がりやすい

スライスが多い人、球が低く飛距離に悩んでいる人に

操作性の良いつかまり系ヘッドはアベレージゴルファーには打ちやすいので、飛距離を出しやすいと思います。独自の技術でミスに強く、打音もこれまでのJGRと違い低音なので上級者が好むはずです。(松尾)

【総合評価】 飛距離性能 4.5/つかまり 4.5/上がりやすさ 5/ミス許容 4/操作性 4.5 ※5点満点

ヘッド体積/460cc
ロフト角/9.5度、10.5度
ライ角/59度
長さ/45.5㌅
シャフト/ツアーAD for JGRTG2-5(S、SR、R)、
     エア スピーダー JGR(SR、R)、
     ツアーADXC-5(S)、
     スピーダー 569 エボリューション Ⅵ(S)
総重量/約294g(ツアーAD for JGR TG2-5・S)
価格(税込)/6万8000円(ツアーAD for JGR TG2-5)
※メーカー公表値

解説:クラブ設計家 松尾好員
解説:プロゴルファー堀越良和

週刊GD2019年10月8日号より