Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 月刊GD
  • 【幸服論】Vol.43 色を抑えればカジュアル素材も着こなせる! 大人のカジュアルスタイル4コーデ

【幸服論】Vol.43 色を抑えればカジュアル素材も着こなせる! 大人のカジュアルスタイル4コーデ

フーデッドパーカやジャージー素材のパンツなどカジュアル化が続く近頃。カジュアルすぎない絶妙なサジ加減はどこを注意すればいいのだろうか? スタイリストの森岡弘氏に聞いた。

PHOTO/Tomoya Nomura

●今月のテーマ●

大人のカジュアルスタイル

カジュアルな気分の日は色味に気をつけて

――ヤングゴルファーのようにフーデッドパーカやヒモ付きのジャージーパンツをはいて楽にプレーしたい。でもオヤジの自分に似合うのかって自問自答している方が多いようです。

森岡 何より楽にプレーできるのが強みですよね。我々は確かに気持ちは若くても顔や風貌に貫禄がありますから若者と同じ着こなしだと違和感は出ます。

――ではやはり若者っぽいカジュアルスタイルは厳しい…と。


森岡 そんなことはありません。ポイントは2つです。まずは色味。紺やグレー、ブラウン、ベージュはスーツの定番色ですよね。そういったなじみのある色でまとめちゃえばいいんです。そしてサイジング。ストレッチだからといって、パツンパツンだと無理している感が出るので適度にゆとりをもたせたサイズ感がベストです。それさえ押さえれば、どんな素材やディテールのものでも違和感なく着れるし、大人の余裕や遊び心を感じさせてくれますよ。

ここが大人カジュアルのキモ
(1)色は抑えて素材で選ぶ
スーツなどで使われる紺やグレー、ブラウンなどを取り入れればカジュアルなアイテムでも大人っぽくまとまる
(2)ちょいゆとりあるサイジング
タイトすぎるサイジングは頑張った印象を与える。あえてゆとりをもたせるほうが落ち着いた大人な雰囲気にまとまる
(3)日常でも着やすい
上の(1)、(2)は日常着としても着やすい。つまり、ゴルフシーンだけでなくマルチに着られるのが大人カジュアルのキモだ

オススメのカジュアルコーデ1
起毛フリースを使ったヤマ系コーデがイチオシ

起毛したフリースはアウトドアな印象があるが、近頃はゴルフアパレルでも展開中。色味を抑えればカジュアルすぎない
ブルゾン1万3200円 インナー9350円 キャップ5060円 ネックウォーマー3960円/すべてキャロウェイ パンツ2万4200円/キャロウェイ レッド レーベル グローブ1650円 シューズ1万3200円/ともにフットジョイ

オススメのカジュアルコーデ2(上写真右)
潮の香りを感じさせるサーフ系パーカ

ブルゾン2万6400円、キャップ6600円/ともにロサーセン インナー1万3200円、パンツ1万6500円/ともにビバハート グローブ1870円/タイトリスト シューズ3万5200円/ヒールクリーク

オススメのカジュアルコーデ3(上写真中)
ジャージ系セットアップでスポーティな雰囲気

ブルゾン1万4300円 パンツ[セットアップ]1万3200円 グローブ2750円 シューズ1万6500円/すべてフットジョイ インナー1万5400円 キャップ3300円/ともにタイトリスト 

オススメのカジュアルコーデ4(上写真左)
柄で遊び心を注入した英国調ゴルフスタイル

ブルゾン1万8700円 ポロシャツ9900円 パンツ1万4300円 ハンチング4180円 シューズ2万6400円/すべてフットジョイ グローブ2420円/タイトリスト

【着こなしポイント】
サングラスはクラシックタイプが断然合う

ジュアルスタイルなら目元も街仕様に。上4万700円/フォーナインズ 左2万2000円/フォーナインズ・フィールサン 右1万8700円/アイヴォル

解説/森岡 弘(スタイリスト)

ファッション誌の編集からスタイリストに転身。芸能人やアスリートなどの多くの衣装を手がける

月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より