Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • コース・プレー
  • 【ゴルフ初物語】Vol.84 中日クラウンズの舞台“和合”は1929年、中部地区初のゴルフ場として誕生した

【ゴルフ初物語】Vol.84 中日クラウンズの舞台“和合”は1929年、中部地区初のゴルフ場として誕生した

今週開催の男子ツアー関西オープンは日本最古のオープン競技だが、今月末に開幕する中日クラウンズは現存する日本最古の民間トーナメント。今年で62回目を迎える伝統の大会を長年開催してきたのが、愛知の名門「名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース」だ。

「東洋のマスターズ」と呼ばれる“中クラ”

1957年、霞ヶ関CCで行われたカナダカップで中村寅吉、小野光一が優勝し、日本にゴルフブームが沸き起こる。これを受けて60年にスタートしたのが「中部日本招待全日本アマ・プロ・ゴルフ選手権」。第1回は名古屋GCで開かれプロ42人、アマ12人の54人が出場。賞金総額170万円、優勝賞金50万円は、当時の日本オープンをも上回る額だった。大会の模様はテレビで生中継され、中村寅吉が優勝。当初は愛知CC東山コース、三好CCでも行われたが、第7回から「中日クラウンズ」と大会名称を変更。開催コースも名古屋CC和合コースに戻り、現在まで続いている。

和合コースは1929年に開場。当時の近代都市の条件は観光ホテル、飛行場、そしてゴルフ場を完備していることと言われたが、中部にはまだゴルフ場がなかった。そこで名古屋の財界人が資金を出し合い土地を取得し、設計を大谷光明に依頼。だが狭くて土質が悪いため「ゴルフ場には不適」と大谷は辞退。そこで土地を買い足し、土質を改良し、再度大谷に嘆願し開場にこぎつけた。和合コースの住所「東郷町和合」には字「ドンドロ」が続くが、これは沼地のような泥々の場所であったことからきているとも言われている。

2010年最終日には石川遼が当時世界最少ストロークの「58」で優勝。だが翌年の日本女子オープンの優勝スコアは12オーバー。フェアウェイは狭く、小さな砲台グリーンが難度を高める。中日クラウンズには海外のトッププレーヤーも数多く参戦。ゲーリー・プレーヤー、アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラス……。そして歴代優勝者にはグレッグ・ノーマン、セベ・バレステロス、ジャスティン・ローズらが名を連ねている。

トヨタ車が優勝副賞になったのは第2回大会から。当初はパブリカで、1965年の第6回からクラウンになった。昨年は燃料電池車MIRAIが優勝副賞に

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より

こちらもチェック!

  • 男子ツアーの国内開幕戦・東建ホームメイトカップが三重の東建多度CC・名古屋で開幕。今年で29回目を迎えたが、当初は鹿児島の祁答院(けどういん)GCで行われ、大会名も「東建コーポレーションカップ」だった。 PHOTO/Tadashi Anezaki 第1回大会を制したのは飯合 1974年に土地活用の専門会社として愛知県で創業した東建コーポレーション。89年に地元の中部圏以外で初となる事業拠点を札幌に開設。翌90年には首都圏で事業展開を開始するも、知名度の低さに苦戦。そんな折に舞い込んできたのが男子ツアー開幕戦のスポンサードの話。社名を全国にPRできるまたとないチャンスと考え、1993年3月、「第1回東建コーポレーションカップ」が、鹿児島県・祁答院ゴルフ倶楽部で開催された。当時最年少シード選手だった宮瀬博文が大会2日目にコースレコードの「62」をマークして試合を引っ張るが、スコアを伸ばせず11位タイ。記念すべき第1回大会を制したのは飯合肇。持ち前のビッグドライブを封印し、ドライバーでのコントロールショットを多用したことが、最終日に吹き出した強風に対して功を奏し、逆転で89年のよみうりサッポロビール以来となる4年ぶり6勝目を飾った。開幕戦で幸先よく勝利を手にした飯合は、「目標は年間3勝」とコメント。すると2戦目のインペリアル3位、3戦目の静岡オープンで2位と、3試合で早くも前年を上回る賞金を稼ぎ出す。そして4月のダンロップオープン、10月のラークカップと、有言実行の3勝を挙げ、師である尾崎将司を約400万円差で退け、初の賞金王を戴冠した。わずか2年前には、あわやシード落ちかという崖っぷちからの鮮やかな復活だった。98年にもこの大会で勝利し、コースとの相性のよさを見せつけた。シニア入りした04〜06年までは米シニアツアーに参戦。日本のシニアツアーに本格参戦した08年にはいきなり賞金ランクトップとなり、史上初のレギュラーとシニアの両ツアーで賞金王に輝いている。 第1回~8回、10回の東建コーポレーションカップが行われた鹿児島・祁答院GC。飯合肇は98年の第6回大会でも優勝している 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー こちらもチェック!
  • 日本で最初のプロトーナメントは1926年7月に行われた「全日本プロフェッショナルトーナメント」(現在の日本プロ)でプロ6名が参加。その4カ月後にアマも参加する“オープン競技”が初めて行われた。 昨年有馬ロイヤルGCで行われた第86回関西オープンは星野陸也が制した プロの地位がようやく確立 1926年7月に全日本プロフェッショナルトーナメントが行われて間もなく、関西ゴルフユニオン(関西ゴルフ連盟)が創設された。茨木、舞子、鳴尾、六甲、甲南に、開場したばかりの宝塚を加えた6倶楽部が連盟を組織し、年中行事として関西オープン、関西アマ、そしてアマチュアの関東関西対抗競技を行うことを決議。そして11月に第1回の関西オープンが茨木CCで行われた。日本初の「オープン」と名の付く競技であり、同年の日本アマチャンピオンである赤星四郎をはじめ、川崎肇、大谷光明ら当時のトップアマ25名とプロ7名が参加して行われた。結果は福井覚治が優勝。中上数一、越道政吉が続き、プロがトップ3を独占。4位タイに宮本留吉とアマの伊地知虎彦が入った。期待された赤星四郎、川崎肇、大谷光明、白石多士良、中上川勇五郎らアマチュア勢は1ラウンド目で首位に20打差以上つけられ失格となっていた。この頃までの日本ゴルフ界はアマチュアのほうが上手く、外国のゴルフ事情や理論にも精通し、アマがプロを指導していた。だがこの大会でプロのほうが上だと証明される。「彼らはゴルフが本業なんだから……」というアマの言い訳が、このときから始まったともいわれているが、この関西オープンによってプロの地位が確立された。翌年、日本ゴルフ協会もいよいよジャパンオープンをスタート。当時、「日本一」と称された程ヶ谷CCで5月に第1回日本オープンが開催された。一旦はツアー外競技となった関西オープンだが、第74回大会の石川遼の優勝をひとつのきっかけに、翌2009年ツアー競技として復活。今年は4月14日に兵庫のよみうりCCで開幕する。 茨木CCで行われた第1回の関西オープンを制した福井覚治(写真右)と宮本留吉(写真左) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー こちらもチェック!