Myゴルフダイジェスト

「3本の指に入る美しさ」栃木県・小山GCの“桜並木”が愛されるワケ

関東地方では、3月末から4月初めにかけてが桜の盛りだったが、いまも桜満開の場所は少なくないだろう。日本中に桜が咲き乱れるコースは数あれど、“桜のコース”といえば、まず名前が挙がるのが栃木県にある小山GCだ。

コース内にある約1000本の桜は、今年もその絢爛たる姿を見せてくれた。桜のほかにも、椿やこぶし、つつじ、百日紅(さるすべり)の花々が点在する。また梅林や栗林もあって、秋には紅葉と、四季折々の風情で楽しませてくれる。

なぜこんなに植栽が多いのか? 小山GCの歴史をひもとくと、その理由もわかろうというもの。同GCは1960年(昭和35年)に、春光グループ(日立・日産コンツェルンの前身)の保養・厚生施設として開場した。この地は日産コンツェルン、久保田鉄工(現クボタ)創業者系の久保田篤次郎(戦前、学生ゴルフ界で活躍した久保田瑞穂の父)の別荘で、庭園だった(アウトコースは農園)こともあり、植栽が多いのもうなずける。コース設計は間野貞吉。

桜に話を戻す。同GCにある1000本のソメイヨシノは、植えられてから62年が経つ。ソメイヨシノの寿命は60年とも70年ともいわれるから、同GCのそれは間違いなく老木である。植え替えるのかと問うと──。

「枯れてからでは遅いのです。というのも、7番ホールのフェアウェイ左サイドにある桜並木は1本でも欠けると、“並木”になりません。なので、木と木の間に若木を埋めていこうと、実行し始めています」(小山GC支配人・陳野裕治氏)

全国のゴルフ場の桜を追いかけているカメラマンの細田榮久氏は「小山は全国でもベスト3に入ります。特に7番、13番、15番はすばらしい。後は小金井CC、相模CCですかね」。

会員であった作家の城山三郎は生前、この季節になると足しげく通い、桜を愛でたという。

ソメイヨシノはクローン種のため、一斉に咲き一斉に散る。その潔さで人気も高いのだが、自生しないし、病気にも弱い。意外にも“虚弱体質”なのだ。特に老木となってからは心配りが大事になる。

同GCにはソメイヨシノではないが、樹齢250年になるエドヒガンが9番ティー脇に立っている。幹は同じだが、2本に分かれていた1本が強風のためか倒れてしまい、桜好きの会員を嘆かせている。

同GC、一生に一度は訪れたいコースである。

安田幸吉や浅見緑蔵も愛した美しいコース

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より

こちらもチェック!

  • 長崎県五島列島、北端の2つの島にある「日本のリンクス」にテレビカメラが入った。 その2島とは、小値賀(おぢか)島と宇久(うく)島。小値賀島は周囲約30km、人口約2500人、独立心が強い島民性で市町村合併もしていない。島全体が西海国立公園に指定され、09年には“日本で最も美しい村”のひとつに選ばれている。そんな同島の断崖絶壁にあるコースは「浜崎鼻ゴルフ場」で、5ホール(1053Y・P18)、4回まわってパー72にするという。牛の放牧場だったところを有志による手造りで完成させたのは1976年のことだった。人工物は手製のピンとOBの白杭だけだ。一方、宇久島は周囲40km、人口約2000人。壇ノ浦の戦いに敗れた平家盛が、安住の地を求めてたどり着いたというロマンに満ちた島。島民性は穏健・温厚という。この地に造られた「平原ゴルフ場」は広々とした草原に9ホール(2353Y・P34)と本格的。海越えパー3が2ホールもあり、豪快そのもの。ここも牛の放牧地だった。しかし、今は牛も少なくなり、芝を刈るのは人の手だ。芝は姫高麗の原種で散水は不要。英国のリンクスと全く同じである。この両島のゴルフ場を柱に島民の生活などを紹介し、離島の活性化の起爆剤になればと、長崎文化放送(TV朝日系)とBS11で共同制作。出演は全英オープンを5回制覇したピーター・トムソンの子息、アンドリュー・トムソンと沖縄出身の女子プロ、諸見里しのぶ。アンドリューは豪州国会議員を経て、現在国際弁護士。ニッカーボッカーをはき、ヒッコリークラブでプレーする。4年前、初めて小値賀島を訪れていっぺんで気に入り、その日に浜崎鼻ゴルフ場の会員となった。平原ゴルフ場は「100年前の全英オープンでプレーしている気分」と感嘆する。移住者や、ゴルファー、観光客増加の一助になれば幸いだろう。 本場スコットランドを彷彿とさせるリンクスの原風景が広がる。5月放送予定の番組名は「長崎離島ゴルフ旅」(仮題)(PHOTO/Takanori Miki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!
  • 気温も上がり、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来。落ち着いた雰囲気の林間コースもいいが、たまにはPGAツアーの舞台のような戦略性に富むコースにトライしてみるのも一興。そこで今回は、PGAツアーの舞台も数多く設計している“奇才”と呼ばれる設計家3人が手掛けたコースを紹介。 2人目は、フランスの「ル・ゴルフナショナル」などの設計で知られる名匠ロバート・ボン・ヘギーのコースを見ていこう。 PHOTO/Hiroaki Yokoyama、Tadashi Anezaki、Seiichiro Matsuoka 那須野が原の広大な土地に広がる西那須野CC ロバート・ボン・ヘギー(1927-2010) 1927年米国イリノイ州シカゴ生まれ。父親はパインハーストの設計家としても知られるドナルド・ロスのシェイパーをしており、若い頃はキャディ、プロショップ、コースメンテナスなどのバイトをしていた。高校を中退してアナポリスの海軍学校に入り、その後インディアナ州のパデュー大学で農業工学を学ぶ。1950年代中ごろにベイヒルやラ・コスタ、ドラルのブルーコースを設計したディック・ウィルソンの設計会社に入社しコース設計を始めた 【主な海外の設計コース】●ボカリオGC(米フロリダ州)米LPGAツアーの今季第2戦「ゲインブリッジLPGA」の開催コース●ル・ゴルフナショナル(フランス)欧州ツアー「フランスオープン」の舞台で、2018年にはライダーカップも開催 高い戦略性と美しい造形“光と影の魔術師” 高い戦略性と同時に美しいコースを造ることで知られる“奇才”ロバート・ボン・ヘギー。随所に施されたマウンドは、時間の経過によって刻々とコースの表情を変える。それがボン・ヘギーの真骨頂で「光と影の魔術師」と呼ばれるゆえんだ。2年後のパリ五輪の舞台となるフランスの「ル・ゴルフナショナル」もボン・ヘギーの設計。覚えておいて損はない。 西那須野CC(栃木) 18H・7036Y・P72 東北自動車道・西那須野塩原ICより4キロ オールベントの難コースうねりのあるフェアウェイ、ウォーターハザード、リンクス風のブッシュが海外のコースを思わせるエバーグリーンのコース。2021年「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP」開催。 ホウライCC(栃木) 18H・6821Y・P72 東北自動車道・西那須野塩原ICより4キロ ツアー選手権の舞台になった広大な敷地を贅沢に使用し、美しい山々と赤松のパノラミックで雄大な景観に戦略性の高い美しいコースが広がる。2000~2002年まで「日本ゴルフツアー選手権」が開催された。 河口湖CC(山梨) 27H・9956Y・P108 中央自動車道・河口湖ICより4キロ 四季折々の自然が感じられる霊峰富士に抱れた標高1000メートルの樹林帯に広がる美しいコース。富士の雄大な姿を望みながらプレーできる。1979~1982年まで女子ツアー「レディーボーデンカップ」開催。 宇部72CC江畑池C(山口) 18H・6981Y・P72 山口宇部有料道路・阿知須ICより3キロ 造形美が素晴しいコース池や湿地帯、バンカーを大胆に配置し、ボン・ヘギーらしくマウンドを多用したコースは時間とともに変わりゆく陰影が美しい。2001年に男子ツアー「宇部興産オープン」開催。 【その他のボン・ヘギー設計コース】●桂ヶ丘CC(茨城)●身延山CC(山梨)●有馬ロイヤルGCノーブルC(兵庫)●隨縁CC西神戸C(兵庫)●セントラル福岡GC(福岡) など 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!