Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • コース・プレー
  • 【“奇才”のコースへ】#2 “光と影の魔術師”ロバート・ボン・ヘギーが手掛けた絶景コース4選

【“奇才”のコースへ】#2 “光と影の魔術師”ロバート・ボン・ヘギーが手掛けた絶景コース4選

気温も上がり、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来。落ち着いた雰囲気の林間コースもいいが、たまにはPGAツアーの舞台のような戦略性に富むコースにトライしてみるのも一興。そこで今回は、PGAツアーの舞台も数多く設計している“奇才”と呼ばれる設計家3人が手掛けたコースを紹介。 2人目は、フランスの「ル・ゴルフナショナル」などの設計で知られる名匠ロバート・ボン・ヘギーのコースを見ていこう。

PHOTO/Hiroaki Yokoyama、Tadashi Anezaki、Seiichiro Matsuoka

那須野が原の広大な土地に広がる西那須野CC

ロバート・ボン・ヘギー(1927-2010)

1927年米国イリノイ州シカゴ生まれ。父親はパインハーストの設計家としても知られるドナルド・ロスのシェイパーをしており、若い頃はキャディ、プロショップ、コースメンテナスなどのバイトをしていた。高校を中退してアナポリスの海軍学校に入り、その後インディアナ州のパデュー大学で農業工学を学ぶ。1950年代中ごろにベイヒルやラ・コスタ、ドラルのブルーコースを設計したディック・ウィルソンの設計会社に入社しコース設計を始めた

【主な海外の設計コース】
●ボカリオGC(米フロリダ州)
米LPGAツアーの今季第2戦「ゲインブリッジLPGA」の開催コース
●ル・ゴルフナショナル(フランス)
欧州ツアー「フランスオープン」の舞台で、2018年にはライダーカップも開催

高い戦略性と美しい造形
“光と影の魔術師”

高い戦略性と同時に美しいコースを造ることで知られる“奇才”ロバート・ボン・ヘギー。随所に施されたマウンドは、時間の経過によって刻々とコースの表情を変える。それがボン・ヘギーの真骨頂で「光と影の魔術師」と呼ばれるゆえんだ。2年後のパリ五輪の舞台となるフランスの「ル・ゴルフナショナル」もボン・ヘギーの設計。覚えておいて損はない。

西那須野CC(栃木)

18H・7036Y・P72 東北自動車道・西那須野塩原ICより4キロ

オールベントの難コース
うねりのあるフェアウェイ、ウォーターハザード、リンクス風のブッシュが海外のコースを思わせるエバーグリーンのコース。2021年「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP」開催。

ホウライCC(栃木)

18H・6821Y・P72 東北自動車道・西那須野塩原ICより4キロ

ツアー選手権の舞台になった
広大な敷地を贅沢に使用し、美しい山々と赤松のパノラミックで雄大な景観に戦略性の高い美しいコースが広がる。2000~2002年まで「日本ゴルフツアー選手権」が開催された。

河口湖CC(山梨)

27H・9956Y・P108 中央自動車道・河口湖ICより4キロ

四季折々の自然が感じられる
霊峰富士に抱れた標高1000メートルの樹林帯に広がる美しいコース。富士の雄大な姿を望みながらプレーできる。1979~1982年まで女子ツアー「レディーボーデンカップ」開催。

宇部72CC江畑池C(山口)

18H・6981Y・P72 山口宇部有料道路・阿知須ICより3キロ

造形美が素晴しいコース
池や湿地帯、バンカーを大胆に配置し、ボン・ヘギーらしくマウンドを多用したコースは時間とともに変わりゆく陰影が美しい。2001年に男子ツアー「宇部興産オープン」開催。

【その他のボン・ヘギー設計コース】
●桂ヶ丘CC(茨城)
●身延山CC(山梨)
●有馬ロイヤルGCノーブルC(兵庫)
●隨縁CC西神戸C(兵庫)
●セントラル福岡GC(福岡) など

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

こちらもチェック!

  • 気温も上がり、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来。落ち着いた雰囲気の林間コースもいいが、たまにはPGAツアーの舞台のような戦略性に富むコースにトライしてみるのも一興。そこで今回は、PGAツアーの舞台も数多く設計している“奇才”と呼ばれる設計家3人が手掛けたコースを紹介。最後はTPCソーグラスなど数多くの名コースを残したピート・ダイのコースをピックアップ。 PHOTO/Hiroaki Yokoyama、Tadashi Anezaki、Seiichiro Matsuoka ピート・ダイといえば浮島グリーン。写真は茨城県にある新・西山荘CCの17番パー3 ピート・ダイ 1925年オハイオ州アーバナ生まれ。父親が造成に携わった地元のアーバナCCでゴルフを始め、オハイオ州高校選手権で優勝。第二次世界大戦中の1944 年に18歳で陸軍に入隊。除隊後にオーランドのロリングカレッジに入学。その後インディアナに移住し、保険のセールスマンとして働きながら1958 年に州アマで優勝。1957年には全米OPにも出場。30代半ばでコース設計家に転身し、斬新なアイデアで数々の名コースを残した 【主な海外の設計コース】●TPCソーグラス(米フロリダ州)「ザ・プレーヤーズ選手権」の開催コース。17番パー3の浮島グリーンが有名●ウィスリングストレイツ( 米ウィスコンシン州)1998年オープンの比較的新しいコース。2004、2010、2015年に全米プロを開催 浮島グリーンと枕木バンカーがトレードマークの“サディスト” ピート・ダイは世界でもっとも有名な設計家といっても過言ではないだろう。彼の代表作「TPCソーグラス」は17番の浮島グリーンが有名だが、このコースで初めて行われた1982年「ザ・プレーヤーズ選手権」では優勝したジェリー・ペイトが「あまりにもタフなコース」の仕返しに、表彰式でピート・ダイを道連れに池に飛び込んだのは有名なエピソードだ。 ゴルフ5C美唄C(北海道) 27H・10598Y・P108 道央自動車道・美唄ICより8キロ 東コースは7ホールに池北海道のフラットな大地に7つの湖を配し、ナチュラルなアンジュレーションを施した戦略性の高いコース。女子ツアー「ゴルフ5レディス」がたびたび開催されている。 ピートダイGC VIPコース(栃木) 18H・7006Y・P72 日光宇都宮道路・大沢ICより5キロ P・ダイの名を冠したコース高低差3メートルのフラットな林間コースだが、戦略的に配置されたウォーターハザードとマウンドが難易度を高めている。14番パー3には名物の浮島グリーンがある。 新・西山荘CC(茨城) 18H・7004Y・P72 常磐自動車道・日立南太田ICより12キロ 美しいリンクスデザインうねりのあるフェアウェイ、池、数々のバンカーはリンクスを彷彿とさせ、ピート・ダイの設計を堪能できる。13番には「ムーンスケープ(月面の風景)」と呼ばれるバンカー群がある。 PGMマリアGL(千葉) 18H・6833Y・P72 圏央道・木更津東ICより5キロ ダイの設計を満喫できるピート・ダイが日本で初めて設計したコース。マウンド、深いバンカー、アンジュレーションのあるグリーン……ピンポイントでのマネジメントが必要となる(旧きみさらずGL)。 成田ヒルズCC(千葉) 18H・7113Y・P72 東関東自動車道・成田ICより10キロ レベルに応じた楽しさを味わえるピート・ダイの造形はそのままに、2013年から1年をかけて5つティーを設け上級者からビギナーまで楽しめるコースに改修。1991年男子ツアー「フィランスロピー」開催。 メイプルポイントGC(山梨) 18H・7101Y・P72 中央自動車道・上野原ICより4キロ 変化に富んだ18ホール枕木バンカーやグラスバンカー、池、クリークが巧みに配され、18ホールがそれぞれに特徴的で、何度回っても飽きのこない印象的なコース。「リゾートトラストレディス」開催。 【その他の設計コース】●ピートダイGCロイヤルC(栃木)●JGM笠間GC(茨城)●ワンウェイGC(茨城)●ミッションヒルズCC(埼玉)●オリムピックCC(山梨)●セントレイクスGC(三重)など こちらもチェック! 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より
  • 気温も上がり、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来。落ち着いた雰囲気の林間コースもいいが、たまにはPGAツアーの舞台のような戦略性に富むコースにトライしてみるのも一興。そこで今回は、PGAツアーの舞台も数多く設計している“奇才”と呼ばれる設計家3人が手掛けたコースを紹介。まずは、アメリカのミッションヒルズCCなどを設計したデズモンド・ミュアヘッドのコースから。 PHOTO/Hiroaki Yokoyama、Tadashi Anezaki、Seiichiro Matsuoka 葛飾北斎の「富嶽三十六景」のひとつ「神奈川沖浪裏」をテーマにした富士クラシックの17番パー3 デズモンド・ミュアヘッド(1923-2002) 1923年英国生まれ。ケンブリッジ大学で建築、土地計画を学び、その後カナダのブリティッシュコロンビア大学、アメリカのオレゴン大学でも都市工学や造園を学ぶ。英国空軍ではナビゲーターとして2000時間以上のフライトを経験。1960年代からコース設計に携わり、アートや神話などを取り入れた独自のデザインを確立した 【主な海外の設計コース】●ミッションヒルズCC(米カリフォルニア州)女子メジャー「シェブロン選手権(旧ANAインスピレーション)」の開催コース●ミュアフィールドビレッジGC(米オハイオ州)J・ニクラスとの共同設計。ニクラスがホストのPGAツアー「メモリアル」の舞台 大地に葛飾北斎を描き出すコース設計界のピカソ 世界のベストコースランキングで必ず上位に入るミュアフィールドビレッジGCをJ・ニクラスと共同設計したことで知られるミュアヘッド。日本でも、ニューセントアンドリュースGCジャパンをニクラスと共同で設計した。しかし、ニクラスとのパートナシップを解消後、10年の空白期間を経て復帰した後は、より大胆な設計に変わった。アートや神話を題材とした造形は、他に類を見ないもの。富士クラシックでは葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフに17番では富士と大波を大地に描いている。そのほかにも魚の形をしたグリーンや、ギターの形をしたホール、渦巻き形のバンカーなど、まるでテレビゲームのようなコースを実際に造ってしまうのだ。その大胆な設計に対して「鉛筆を持った狂人」と揶揄されることもあるが、一度ラウンドしたらきっと忘れられないコースになるだろう。 富士クラシック(山梨) 18H・7171Y・P72 中央自動車道・河口湖ICより22キロ 富嶽三十六景をモチーフ有名な葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」を題材に、各ホールにはそれぞれ浮世絵図や北斎にまつわる名前がつけられている。17番は富士と大波で知られる「神奈川沖浪裏」をモチーフに。 セゴビアGCインチヨダ(茨城) 18H・7056Y・P72 常磐自動車道・千代田石岡ICより10キロ ギターの形をしたホールも1番「フラメンコ」から始まるコースはスペインがテーマ。3番「ギター」はギターのヘッド部がティー、ネック部がバンカー、ボディがグリーンというユニークなホール。 ゴルフ5Cオークビレッヂ(千葉) 18H・6610Y・P72 圏央道・市原鶴舞ICより13キロ テーマはアーサー王伝説イギリスのアーサー王伝説をモチーフにしたコースは、11世紀に切り開かれた森「ヒューフォレスト」からスタートし伝説をたどっていく。今年のゴルフ5レディスの開催コース。 新陽CC(岐阜) 18H・7080Y・P72 東海環状自動車道・せと品野ICより15キロ ギリシャ神話を表現したギリシャ神話を題材としたコース。7番「アポロンの池」には池に囲まれた魚の形をしたグリーンがある。日本プロゴルフマッチプレー選手権や中部オープンの舞台にもなった。 【その他のミュアヘッド設計コース】●ニュー・セントアンドリュースGCジャパン ニューコース(栃木)●アバイディングCGS(千葉)●芝山GC(千葉)●ブリック&ウッドC(千葉)●若木GC(佐賀) など 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!