Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • コラム
  • 【名手の名言】ハリー・バードン「練習場ではトラブルを引き起こすクラブで練習すべきだ」

【名手の名言】ハリー・バードン「練習場ではトラブルを引き起こすクラブで練習すべきだ」

レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、1900年前後に活躍した伝説の名手、ハリー・バードンの言葉を2つご紹介!

オーバーラッピンググリップの生みの親としても知られるハリー・バードン


練習場では自分を満足感で
うっとりさせるクラブでなく
トラブルを引き起こすクラブで
練習すべきだ

ハリー・バードン


練習場を覗くと、自分の好きなクラブばかりで打ち、ナイスショトが出ると悦に入り、時にはガッツポーズをしているゴルファーも見かける。それは自己満足以外の何物でもなく、スコアメイクのための効果は少ないとバードンは言っているのだ。

ラウンドでいいスコアを出すためには、1発のナイスショットを求めるより、ミスをいかに少なくするかのほうが重要になる。ならば練習でも、好きなクラブを打ち続けて気持ち良くなることより、不得意なクラブを練習してラウンドでの大きなミスを少しでも減らせるように努めることが大事だと、バードンは諭しているわけである。

そういえば、かつて岡本綾子が若手プロたちの練習風景を見てこう言っていた。「なぜまっすぐな球ばかり打とうとするのかしら。曲がる球を打つことを覚えなきゃ。そうしないと本番では対処できないわよ」


ゴルファーにとって
もっとも名誉な褒め言葉は

“あらゆる打ち方を知っている”だ

ハリー・バードン


いちばん下手なゴルファーを表現するときに、「フルショット・プレーヤー」という言葉を使うことがある。これは、加減ができずに、常にフルショットでしか振れない、どんな状況でもただ力まかせに振ることしかできないプレーヤーを指している。

ゴルフの大原則は「Play the ball as it lies」。あるがままに打て、である。

自然を相手にするスポーツである以上、コースに出ると過去とまったく同じ状況は二度と訪れない。芝の状態も、傾斜も、気象条件も、1打ごとにすべて異なる。そうした多種多様な状況をクリアするための“あらゆる打ち方”を持っているゴルファーこそ、真の名手と呼ぶべきであり、最高の栄誉に値するというわけだ。

前人未到の全英オープン6勝を挙げたハリー・バードンも、まさにそんなゴルファーの1人であった。

■ハリー・バードン(1870~1937年)

イギリス生まれ。全英オープンを3勝したのち、「バードンフライヤー」というボールのプロモーションで渡米、全米オープンに勝つ。全英はその後も3勝し、計6勝は現在も破られていない。フックに悩んだバードンはオーバーラッピンググリップを創意。近代ゴルフへの道を開いたことを称えて、米ツアーの年間平均ストローク1位の選手にバードントロフィーが贈られている。

こちらもチェック!

  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は日本女子ゴルフの礎を築いたレジェンド・岡本綾子の言葉を2つご紹介! どうしてみんな真っすぐ打つ練習ばかりするんだろう 岡本綾子 岡本がまだバリバリで、日本女子ツアー界の女王だったころ、練習場で若い子たちの練習を見て独り言のようにいった言葉を紹介する。この頃には岡本を慕う若い女子プロが多くいたが、岡本は仲間で群れたり、派閥などつくるのは大嫌いで、それがイヤで米ツアーに旅立ったというのもあながちうがった見方ではない。どのグループにも属したくない岡本は、優柔不断的に女子プロたちに接したため、ニックネームも「フニャ」だった。だから高みからモノをいうのがイヤで、公式的には名言の類いはそんなに残していない。そういう意味で冒頭の言葉も教訓的に若い子に直接いったわけではなく、自分の経験から疑問を呈したにすぎない。「なぜ真っすぐにいかせる練習ばかりするんだろう。曲げるボールをあれこれ打つのは楽しいし、修行時代わたしはよくやったわ。そしてそれがタメになったのは、本番でボールが曲がったとき慌てないこと。曲げる経験から、曲がる原因はすぐに解明できますからね」 かのジャック・ニクラスも「真っすぐの球がまだ打てない」と語っていたが、真っすぐを追い求めるよりも、曲がることを楽しみながら練習したほうが、上達につながるのかもしれない。 プレー中、喜怒哀楽をわたしは見せなかった 岡本綾子 2008年の全米女子プロ選手権、テレビ中継で解説した岡本は、短いパットを外しながらも顔色を変えないあるプレーヤーのことについて、おおよそ以下のような話をした。「プレー中に喜怒哀楽を見せたところで、一緒に回っている人はいい印象は持ちません。それだったら一緒に回るグループでいい流れをつくって、その中で自分もいいプレーをすることが優先されるべきではないでしょうか……」岡本は現役時代も表情を崩さずに、飄々とプレーするタイプであった。派手なガッツポーズはなく、しかしそれが女王の風格を作っていったともいえる。むろん反対の意見もある。プロスポーツである以上、観せるためには喜怒哀楽を前面に出して、人間臭さをアピールしたほうが人気も出るという意見だ。例えばジャンボ尾崎、野球なら長島茂雄。アメリカのゴルファーならアーノルド・パーマー、タイガー・ウッズ。以上が“動”なら、喜怒哀楽を表に出さない“静”は戸田藤一郎、王貞治、ジャック・ニクラス等が例として挙げられよう。アマチュアゴルファーでは、かの中部銀次郎が「場面場面を柔らかく受け止め、対応する」ことが上達の近道といっている。すなわち窮地においてもアタフタすることなく、バーディが来たからといっても舞い上がらない。それが上達の秘訣でもあり、アマらしいプレースタイルだと。この伝でいえば、岡本の冒頭の言葉は我らアマチュアのためにこそ有意義であろうと思えるのだ。 ■岡本綾子(1951年~) おかもと・あやこ。広島県生まれ。今治明徳高校~大和紡績ではソフトボール部に在籍し、エースで4番バッター。国体優勝の祝勝旅行のハワイでゴルフに出会い、帰国後、1973年に池田CCで修行を始めるや、翌74年秋には2回目の受験でプロテストに合格。するとデビュー年となった75年に初優勝。81年には年間8勝して賞金女王に輝いた。翌年から米ツアーに参戦すると、こちらもその年に初優勝し、以来主戦場を米ツアーに置く。そして87年には4勝を挙げ、日本人初の米女子ツアー賞金女王となった。国内44勝、海外18勝。05年世界ゴルフ殿堂入り 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!