Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 「昨日寝てない」「卵を産む」「クラブに当たる」……女性ゴルファーが思わず“冷める”瞬間

「昨日寝てない」「卵を産む」「クラブに当たる」……女性ゴルファーが思わず“冷める”瞬間

男性ゴルフファーの皆さん、あなたの何気ない一言、ふるまいが女性ゴルファーに不快な思いをさせているかも。リアルな証言を集めたので、思い当たる方、ご注意願います……。

ILLUST/Koki Hashimoto


鏡の前から動かない

「スタート前、あまり時間もなかったのでみんなが練習グリーンに移動しているのに、髪型ばかり気にして鏡の前から動かない30代男子がいた。その日はバイザーだったので、バイザーの上からどんな感じで髪を出すかが彼の大問題だったみたい」(30代女性、神奈川県)

もっと大事なことがほかに……。


クールな見た目で変なスウィング

「友達が連れて来た30代男性。ウェアがキメキメでクール系。サングラスも最新モデルで見た目はかっこいい。で、プレーに入ったら、チェ・ホソンもびっくりの変則……と言えば聞こえがいいけど、要はヘンテコスウィング。ルックスとスウィングのミスマッチでスーッと引いてしまう自分がいた」(20代女性・神奈川県)

この場合、彼に悪意はない。ちょっとかっこ悪いだけ。


打つ前に言い訳! 定番は「昨日寝てない」

「スタート前に『いやー、ゆうべ全然寝てなくてさあ』とか『最近、腰の調子が悪いんだよなあ』などと、ミスショットの予防線を張る人。はいはい、いつものアレね、と思いつつ無視」(50代女性・千葉県)

そもそも絶対に寝ているはず。



各地で目撃例多数
産卵するオンドリたち

「“卵を産んでいる人”を見ると、ああ、この人は信用できないと思います。明らかに林の奥深くに入って行ったのに、かなり手前のほうで『あっ、ありましたー』ってしゃあしゃあと。見つかってラッキーみたいな下手な演技がまたダサイ。そして不思議なことに産卵するのは男性ばかり。卵を産んで演技もするから、私のなかで彼らを『劇団オンドリ』と呼んでいます」(20代女性・千葉県)

秋は“劇団公演”が目白押しとか。要チェック!


一度ウケたら何度も。
ダジャレはほどほどに

「一日中同じようなダジャレを言い続ける人がいます。定番だけど『噛んだ、正輝』とか。最初にこちらがクスリとしてしまったら最後『ああ、チャックリ・ウイルソン』『三浦、届かず』『手前だ、吟』とか連発しだして、いちいち笑ってやるのが面倒になる」(50代女性・栃木県)

鉄則、競馬は勝っているときにやめる。ダジャレは一度ウケたらやめる。


大自然のなかで緩み?
聞こえてきた「ブッ」

「私が林の中にいて見えなかったのでしょう。豪快な放屁をしたおじさんがいます。私に聞かれたのを知られるのも嫌だろうと思い、しばらく身をひそめるはめに。大自然のなかでするのは気持ちいいんでしょうけど……」(40代女性・東京都)

静かな林でこだましてほしいのは放屁音ではない。


ぞんざいに出されたOK。
まあ、いただきますが

「私が130くらいのスコアで回っていたとき。私のダフリやチョロにイライラしだしたのでしょう。移動などをあからさまに急ぎだした。パー3では、私の2メートルほどのパットを『ああ、オッケーオッケー』とぞんざいな感じで言い、自分の1.5メートルは異常な時間をかけてライン読み。え、そこは時間をたっぷりかけるんだ。スロープレーを懸念していたわけじゃないの?」(20代女性・東京都)

ジコチューなだけだよ。


ゴルフは手じゃない
足でするもんだ!?

「OBラインぎりぎり外のボールをしれーっと内側に蹴っている人を見た。かなり柔らかなタッチでちょんと蹴っていて、サッカーをやらせたら上手そうだと思った」(40代女性・東京都)

出た、ゴルフ界のペレ。マラドーナなら手も使うが。


ミスは自分のせい。キャディのせいじゃない

「クラブの選択やマネジメントなどで、自分がミスしたのにキャディさんのせいにする人。ミスショットで池に入れて『ほらー』って何!?」

命名“ミスターホラー”


ミスは自分のせい。クラブのせいじゃない

「ミスショットした後、クラブを叩きつける人、だーい嫌い。ミスは自分のせいでクラブのせいじゃない。しかも、ちょっとかっこいいと思ってやっているように見えるフシもある。不快です」(60代女性・兵庫県)

クラブに謝れ!


どんなときもー♪
僕は手袋を外さない

「コース内のトイレにいくとき、グローブをはめたまま入り、はめたまま出てくる人がいる。さては手を洗ってないな。げげげ」(40代女性・神奈川県)

手袋したままできるなんて器用なのね!


トイレに先客が……出てきたのは男性!

「コース内の女子トイレを平気で使う人。私がドアの外で待っていて出てきたのがおじさん! しれっと立ち去るし……。まあ『ごめんねー』と言われても『はあ』と答えるしかないですけれど」(40代女性・埼玉県)

「やっと行けるなあ」と思ったら……。


根深いウェア問題
“逆マジック”発生

「スキー場だとかっこよく見える“ゲレンデマジック”ってよく言われたものですが、ゴルフ場だと“逆マジック”がまま起きます。会社でスーツを着ているときは普通なのに、ゴルフウェアだと『ギャッ』となる現象です。とくに夏、ショートパンツの時期に多発します。長めのショートパンツがまるでステテコに見えたり、今から虫捕りにでも行くの? みたいな雰囲気だったり。だいたいはサイズが合っていないことが原因な気がします」(40代女性・神奈川県)

スーツは人をそれなりに見せる偉大な服だと気づかされる。


出た! 絶滅危惧種
ほじほじおじさん

「鼻をほじほじしながらティーインググラウンドに上がってきたおじさんがいた。その後、グリーン周りで『パター持ってきたよー』とご親切に私のパターを持ってきてくれた。あ、ありがとう……ございます」(40代女性・兵庫県)

ああ、あの右手で……。


いた! ときどきいる
ガタガタおじさん

「カートで猛烈な貧乏ゆすりをする人がいた。初心者がチョロをしまくり焦っているのを見ているうち、ガタガタガタとカートが揺れるくらいになって、こちらまでイライラしてきた。しゃっくりが止まらない人もいたけど、それはかわいかった」(50代女性・福岡県)

本人は全然気づいていない不思議(しゃっくりの人は気づいている)。


見ていられない!
マウンティング行為

「新入社員を交えた大きな社内コンペで、大したことでもないのに新入社員を大声で怒鳴りつけていた役員。打つのが早かったというんだけど、言い方が『早いだろうが、コラーッ』。私たちが見ているぶんには別に早くもなかったのに……。たぶん新入社員と周囲にいる私たち中堅社員に『オレって怒ると怖いんだぞ』ということを見せたかったんだなと思う。幻滅。その新入社員は半年で辞めました」(30代女性・東京都)

同じことを会社でやったらパワハラ認定されますが。


「シャツ出てますよ」
私はお母さんかよ!?

「トイレの後やスウィングで体をねじった後、インしていたシャツが部分的に出ている人がいます。それに気づかず、出しっぱなしでプレー続行。九州地方など一部の地域では、だらしがない行為や人のことを『びったれ』と言いますが、私は心のなかで『びったれが!』と思いつつ、そっと『○○さん、シャツ出てるよー』と冗談っぽい感じで指摘しています」(50代女性・福岡県)

お母さんに言いつけよっと。


「女は遅い」って!?
セクハラ研修行きー

「女性だけで回っていたとき、後ろの組のおじさん軍団がスタートのときからあからさまに嫌な顔。『女ばっかりか』『どうせ遅いんだろ』という雰囲気プンプンで私たちのスタートを見ていた。しかし、ごめん、私たちその日は飛ばし屋揃い。4人のティーショットで、おじさんたちを黙らせることに成功した」(30代女性・茨城県)

え、俺たちより飛ぶんだ……。


自信満々青年の謎の口説き文句炸裂

「友達が連れて来た初対面の男性23歳に『今日の目標は○○さん(私のこと)と心の距離1パット以内』と言われ、気持ちが悪かった。彼は3パットしまくっていて、心の距離以前の問題でした」(20代女性・東京都)

パット練習してから出直しな!


大胆不敵、白昼堂々スコアを14ごまかす

「1ホールでスコアを14ごまかした若者(20代)を知っています。1つ2つごまかす人なら男女問わずわりといると思うんですが、14とは。当然、白昼堂々の“犯行”。もともと、スコアが怪しいと評判の子でしたが、それほどとは。同組になった人が、その子のスコアのごまかしを勘定するのに必死になり、自分のスコアがよくわからなくなったというおまけエピソードつき」(30代女性・愛知県)

日本の将来、ヤバイよ、ヤバイよ!


うるさいなー。俺のボールどこ?

「人のボールは見ないのに自分のボールの行方がわからないと『俺のどこ行った?』『俺のボールは?』と聞いてくる人。『俺の、俺の』ってうるさい。人のボールを見ない人は、自分のボールも見てもらえないよ!」(40代女性・北海道)

出た、オレノオレノ星人! ワレワレハ、ジブンノタマシカミナイノダ……。


ドタキャン男は信用できない

「ゴルフをドタキャンする人は、仕事でも同じようなことをするだろうなと思って、基本信用していません。同じ職場の人とラウンド予定でしたが、当日の朝『体調不良で欠席』の連絡が。ああ、昨晩遅かったから面倒になったんだろうな、と。いやいや、こっちも遅かったよ!」(40代女性・東京都)

会社で話しかけられたら5回に1回聞こえないふりして。

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より

こちらもチェック!

  • ILLUST/Koki Hashimoto コロナ禍の影響もあり、若いゴルファーが目に見えて増えている昨今。微笑ましく思う一方で、ついマナーが気になってしまう向きも多いだろう。どんなゴルファーも、かつてはビギナーだったのだから、あらゆることに目くじらを立てたり、愛のない嫌味を口にしたりするのは考えもの。言われた側はどう受け止めているかを理解したうえで、どんな態度や言い方をすれば、若者にゴルフを続けてもらえるのか。以下に挙げた「怒られた」エピソードをもとに考えてみよう 「カーキの服は着て来るな!」 まだビギナーだったころ、コースにカーキ色のウェアで行ったら同伴者の上司に「下手はカーキの服なんか着て来るな! ピンクとかオレンジとかで来い」と大声で怒られました。林の中に入ったら同化しやすいからとのことで理解はできるのですが、なんせ言い方がきついのもあり「このスポーツは好きな色も着られないのか」と、その日は一日むくれていました。その後、上司が会社を辞めたので、もう一緒に回らずにすむのが幸い。(40代女性・神奈川県) 猟友会の人からオレンジのベストでも借りましょう。 「白い靴なんか履いて来るんじゃない!」 もう40年以上前、ゴルフを始めたばかりのときの話。道具をそろえるお金もなかったので、クラブもゴルフシューズも全部、会社の上司のお下がりをもらいました。靴はフットジョイの本革の白。それを履いて埼玉の某名門コースを回っていたら、昼食の際、後ろの組の60代くらいの男性がわざわざテーブルに来て「きみはまだ白い靴を履くのは早い!」と言う。最初、何のことかわからずポカンとしていたら、私に靴をくれた上司がその人に「すみません、私のお下がりをあげたものですから」と頭を下げていた。上司が言うには、白い靴はシングルプレーヤーの象徴だったらしい。今なら「どんな靴を履こうと余計なお世話じゃないか」と反論されそうなものだが、昔の人は平気で言っていた。ちなみに、その男性は口うるさいことで有名なメンバーで、みんなに煙たがられていたらしい。(70代男性・東京都) ビギナーは白もダメなのか。 「お金をマーカーにするんじゃない」 グリーン上で外国のコインをマーカーとして置いたら「コラッ、お金で遊ぶな」とグリーン上でキツく言われました。「みんな使っているけれど……」と思ったけれど、年配のうるさ方なので「はい」と従うしかなかった。(50代男性・東京都) 「食べ物で遊んじゃダメ」はお母さんの常套句だが…… 「ラーイーンをー踏ーむーなー」 かなり大きなグリーンに、最初にオンした人が、ボールはカップからかなり離れているが先にマークをした。しかも、コースに置いてある小さなマーカー。私は、その人より後にグリーンに上がったこともあり、その人のマーカーが見えず、ついラインを踏んでしまった。すると「ラーイーンをー踏ーむーなー」と、一音一音区切って怒られた。踏んだことは悪いけど「そんな遠くのボールマークする必要あるの?」と思った。(60代男性・兵庫県) 大グリーンの小さなマーク。見えないってば 言葉に出さず男は黙ってゴミ拾い フェアウェイを歩いていたら、タバコの外側のフィルムが風で飛んできた。自分のものではないので、そのままにしていたら、同伴者の男性が何も言わずにさっと拾い、自分のポケットにしまって、その後、ゴミ箱に捨てていた。恥ずかしさで消えてしまいたい気持ちになり、以降、ゴミを見つければ拾うようにしている。でも、もしあの男性から「ゴミを拾いなさい」と叱られていたら、私は今でも拾わない人間だった気がする。声に出して叱るよりずっと心に響く教え方だった。(40代女性・神奈川県) みんなで大谷翔平になろう 「口をきいてくれなくなった」 とあるトップアマチュアと回った際、緊張していたため普段はしないようなチョロを連発。スロープレーを懸念したらしいそのトップアマが小走りで移動しだし、私とまったく口をきいてくれなくなくなりました。叱られはしなかったけれど、あれはキツかった。(30代男性・愛知県) 口をきいてくれないトップアマには憧れない 鬼の形相と大声に全員が撃沈 混んだ日で、ティーイングエリアで3組も待っているホールがありました。スタート小屋で待機していたら、同伴女性に電話が。「仕事相手だから出なければ」と、電話で話しだし、最初は小声だったがどんどん声が大きくなった。私たちも「まずいな」と思っていた折、ティーショットの順番になった人が、こちらを振り向き「うるさいっ!」と一言。彼らの組が打ち終わってすぐ、みんなで謝ったがプイッとされてしまった。「あんな言い方しなくてもいいんじゃないか」とは思いつつも、こちらに非があったため、全員しょげてしまい、残りのホールはお通夜のよう。風光明媚なことで有名なコースでしたが、景色を見る余裕もなくなった。電話していた彼女はゴルフをやめました。(40代男性・千葉県) ゴルファー人口1人減 「下手は目土しなくていいんだ!」 上司とのラウンドでチョロやダフリを何度もやらかした。そのたび、目土をしていたが、あんまり頻繁なので上司がイライラしだし「下手は目土なんかしなくていいからさっさと打て」と言われた。ゴルフを始めるとき、技術よりなにより大事なのはマナーだぞと言って目土のことを教えてくれた人で、当日も私は後ろが詰まっていないか確認しながらササッとやっていたつもりでしたが、気に入らなかった様子。「さっさと打て」と言われて焦って打つとまたダフりすっかり負のスパイラルに。あと、人前で「下手が、下手が」と言われるのもすごく嫌でした。(30代男性・千葉県) 上司は気分でものを言う。それがゴルフ中であっても…… 「ラフと女にゃカネ使えってね」 昔はすべてキャディ付きラウンドだったので初心者はまずキャディさんに叱られるのが当たり前だった。そんな折、私がベテランキャディから言われたのが「お客さん、ラフと女にゃカネ使えっていうんだよ」。ドライバーショットをチョロした際、当然、2打目は遠くに飛ばしたいからフェアウェイウッドを持とうとしていたところでこの一言。ラフからはウッドではなくカネ、つまりアイアンを使いなさいよ、という意味。厳しいんですが、言い方を含めてユーモラスな感じで「はいよー」と素直に従った。昔は、各コースに厳しくも優しい名物キャディさんがいたものです。(60代男性・茨城県) 叱られるうちが花とも申します 「プレーが遅いと仕事も遅い!」 某有名企業の部長が、部下とのラウンドで「お前な、もっと速く歩け。歩くのが遅い奴は、仕事も遅いんだぞ」と言っているのを聞いた。プレーファストが大事なのはわかるが、言い方もきついし、仕事と結びつけるのもおかしな話。怒られたほうは、それ以来、社のコンペには出なくなったそうです。仕事でもプライベートでも「言ってはいけない一言」もあるんだよな、と思いました。(60代男性・大阪府) 「お前な」も時代錯誤。またもゴルファー人口一人減 気づかせ方に座布団一枚 レギュラーティーから打ち、フェアウェイへ歩いていくとき、うっかりレディスティーやシルバーティーをズカズカと踏んで通ってしまった。自分ではまったく気づいていなかったが、同伴者の先輩が「他人の家の芝生に入っちゃったなー」と。最初は「何のことだろう」と思ったが、私の無知をやんわり教えてくれていたんだと気づきました。私に恥をかかせないように言ってくれたんだと感謝したし、以降、同じミスはしていません。(70代男性・埼玉県) 年の功とはこういうことです ピンフラッグどこに置けば? かつてピンフラッグを必ず抜いていた時代。抜いたピンを「グリーンの端に置くように」という人と「グリーンのすぐ横のラフに置け」という人がいて、その2人と同組になった際は、どちらの言うことに従えばいいか迷った。フラッグの先の部分を少しラフに出すなど、いらぬ工夫をするはめに。この気遣いを当の2人は知らない。(50代男性・静岡県) 巨大グリーンの端に置きに行ったら、それはそれで怒られるだろう 動かぬカートに当ててしまった 18番のパー3でグリーンが空いたけれど、カートが動かない。どうも、中でスコアをつけたりしながらワイワイやっている様子。あまりに動かないので、ティーショットを始めたら、同伴者が運悪くカートの屋根に当ててしまった。「すみません!」と大声で謝ったが、カートから出てきた4人組はしばし仁王立ちでにらんでいた。だって、いつまでたっても立ち去ってくれないから……。 どちらが悪いのだろう カートの運転は任せてね! 組の中で自分が一番の年少。年上にカートの運転をさせてはいけないと思い、チョロしてはカートに戻り、また急いで打ちに行き……としていたら「カートは回しておくよ」と。「優しいなあ」と思ったけれど、遠回しに「初心者は運転するな」ということだったんですね。これが「初心者が運転すると遅くなるから」などと言われていたら、傷ついてしまったかも。 初心者はデリケートです 注意のちはればれゴルフ談義 神奈川県の某コースでラウンドしていた際のこと。打ち込みというわけではないですが、少しだけ私のティーショットのタイミングが早かったようで、前の組の男性から手でバツ印をされた。その場で帽子をとり「すみません!」と頭を下げ、次のホールで追いついたので「先ほどはすみませんでした」と謝った。すると、メンバーとおぼしき70歳くらいの男性が「いやいや、全然打ち込みなんかじゃないよ。ちょっと早いかな、ぐらいだっただけ。いや、だってさっきからお姉さん、よく飛んでいるからさー」と、ニコニコ笑顔で言ってくれた。ビクビクして謝りにいったのに「クラブ、何使っているの?」「よく来るの?」などと、ゴルフ談議に発展して楽しかった。すべては、あの男性の人間力だと後から思いました。(40代女性・東京都) 相手を落ち込ませない言い方がある 「君はそんなにうまいの?」 ミスショットをした際「アッ」と声を出してしまった。すると同伴者の一人が「君は『アッ』と言うほどうまいのかい?」と。実はその人こそ、日本アマ優勝6回を誇る中部銀次郎さん。以来、私は言い訳めいた「アッ」は出さないようにしている。(70代男性・東京都) これぞ、銀の教え 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月7日号より
  • 恒例となった「ゴルフ川柳コンクール」、第4回の優秀作品が、4月6日発売の「週刊ゴルフダイジェスト」4月20日号で発表された。今回は、誌面の都合上カットせざるを得なかった、その他の力作をご紹介! 今年の応募総数は過去最多の3202点。もちろん担当編集がすべてチェックし、審査委員長・林家正蔵師匠を交えた厳選なる審査を経て優秀作品を決めている。 が、誌面の都合上掲載できなかった作品の中にも、名作はたくさんある。このまま日の目を見ずにお蔵入りしてしまうのはもったいない! というわけで、担当編集が泣く泣くカットした作品の中から、選りすぐりの秀作をピックアップ! https://my-golfdigest.jp/column/p19148/ お先です 向かった先は 特設ティ(滋賀県・弁天さま・58歳) 作者コメント:コンペの1打目、後ろの組の人に「お先にっ」と挨拶して向かった先はプレ4のティ。恥ずかしい思いをしました。 これはだれもが経験あるのではないでしょうか。特設ティから打っている姿を後ろの組の仲間から見られたときの恥ずかしさたるや……。 またプレフォー 進行速度 シングル級(山梨県・徳五郎・36歳) 作者コメント:球を探す必要すらない、気持ちのいいOBを連発。同伴者のショットを見届け、颯爽とプレフォーティへと向かう。ゴルフはリズム。進行は快速で、同伴者のプレーを乱さない。彼はもはやシングルプレーヤーだ。 ここまで豪快だと、見ていて気持ちがいいですよね。きっと会社でも先輩から可愛がられるタイプの後輩でしょう。誕生日にはぜひ大量のボールをプレゼントしてあげてください! 地産地消 ロスト拾って またOB(岡山県・100禁じいさん・56歳) 作者コメント:OBを打ってロストを拾い、それを使ってまたOB。その繰り返し。 これも上手い! まさに“地のモノ”をその地で消費してますね。上の作品の「彼」とこの100禁じいさんとで、ボールがぐるぐると循環しているようです。エコです。 飛ばさない 飛沫・OB オヤジギャグ(茨城県・早雲直・69歳) 飛沫はダメですが、OBとオヤジギャグはどちらも出そうと思っているわけではないのについつい出てしまうもの……。「マスク」をつけても「マッスグ」は打てません。おっと。 見られてる しかと見られた シカニヤリ(和歌山県・杉泰伸・68歳) 作者コメント:月例の3番ホールティショットを打ち終わり、柵の下から鹿がこちらを見ているのに気づき、目が合ってニヤリとされたような気がしました。 情景が目に浮かびます。ゴルフ場にいる鹿ともなると、スウィングを見ればハンディを言い当てられるぐらいでしょうから、ニヤニヤしながら月例の優勝予想でもしているのでしょう。 ゴム板と ゴムティあれば 天下無双(愛知県・じいじ・67歳) 作者コメント:練習場ではちゃんとヒットするのに、本番では土を掘ってしまう。せめてティーイングエリアにゴム板があれば……。 ティペグをゴムティに替えたらみんな練習場を思い出してウソのようにナイスショット連発!? 練習場シングルの方は試してみる価値ありそうです。 皆歩く 私は一人 カート乗る(大阪府・日本酒男子・59歳) 作者コメント:競技志向の方たちは歩きますが、普段仕事で歩くので、私は軟骨温存とカートフィの元をとるためカートに乗ります。 カートに乗れるということは、球が暴れていない証拠でもあります。球が暴れる人は、カートフィの元を取るのは諦め、球数を打ってグリーンフィの元を取ることにしましょう。 後編へつづく https://my-golfdigest.jp/column/p15710/