Myゴルフダイジェスト

ゴルフ場の池から4000年前の人骨が発見!

約4000年前、青銅器時代の墳墓遺跡がゴルフコースの池から出てきた。発掘されたのはイングランド北東部のリンカンシャーにあるテットネイGCだ。

ゴルフ場の池には、まだまだ未知の世界が広がっていそうだ(写真はイメージ)

出てきたのは、長さ約3メートル、幅1メートルの棺で、中には推定身長175センチの人骨と、ほぼ完全な形の斧。研究者によると、副葬品の斧は権威を象徴するもので、当時の権力者の墓である可能性が高いとか。

これは18年7月、ゴルフコースのスタッフが、池の整備を行っていた際に見つけたもので、すぐに考古学者などが駆けつけることになったという。発表に時間がかかった理由は、発見直後、紫外線と空気に触れたことから、何よりもまず保存が最優先されたため、評価が定まるまで発表が差し控えられ、9月に入ってようやく全貌が明らかになった。

幸いその池は敷地内にあるものの、プレーに影響をおよぼす場所からは外れていたようで、発掘作業中も営業は続けられた。ゴルフコースのオーナーであるマーク・カスウェル氏によれば「ここは以前、父親が農場を営んでいた土地で、地下に全く違った世界があったなど想像もしていなかった。とにかく発見された斧の保存状態が良かったことに驚いた。ゴルファーには、プレーしながら歴史に想いを馳せてもらいたい」とのこと。

調査に関わった考古学者によると、遺骨は、30~40代の年齢で、当時としては身長も高く、関節炎などの兆候から、今ならフィットネスクラブに通っているような立派な体格だったと想像されるとか。

ちなみに来週、日本女子オープンが開催される烏山城カントリークラブにも、1400年代に建てられた那須一族の居城跡があり、現在も劣勢時の抜け穴として作られた地下道が遺されているそう。

青芝の下に歴史の遺産、まさにロマンだ……。

烏山城CC内にある石碑

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月5日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフ人口の減少による来場者減や、オーナーの世代交代による相続税問題で近年、街からゴルフ練習場が次第に姿を消している。だが、50年ほど前は都心の真ん中に大型練習場が次々と造られていた。 https://my-golfdigest.jp/column/p30582/ 前回のお話はこちら 東京だけでなく大阪の中心部にも 徳川二代将軍秀忠の墓所として、1632年に三代将軍家光によって増上寺境内の南側に造営された台徳院霊廟。その跡地に1959年に開場したのが日本初の3階建てゴルフ練習場、芝ゴルフ場だった。オープンの2年前には、霞ヶ関CCで行われたカナダカップで中村寅吉、小野光一が優勝という快挙を成し遂げ、日本初のテレビ中継でゴルフというスポーツが広く民衆に広まりゴルフブームが到来。3階建て、155打席、300ヤードのマンモス練習場はアクセスもよく、連日来場者であふれかえった。さらに9ホール、875ヤードのショートコースも併設。ナイター設備もあり24時まで営業し、東京タワーを至近に望む絶好のロケーションでにぎわっていたが、64年の東京五輪開催に伴い東京プリンスホテルが建設されるため、ショートコースは61年に営業を終了した。その後も練習場はゴルファーの都会のオアシスとして愛され続けたが、2001年9月30日で営業を終了。跡地には05年にザ・プリンスパークタワー東京が開業している。芝ゴルフ場に対抗して、大阪のど真ん中、難波に70年9月11日にオープンしたのが全国で2番目となる3階建てのゴルフ練習場、ナンバゴルフセンターだった。日本皮革(現・ニッピ)の工場が移転したあとの空地利用として建てられ、当時の関西以西では最大となる138打席を有していた。芝の300ヤードに対して、ナンバは200ヤードと距離では負けていたものの「ネットの高さでは、おそらく日本一ではないですか? 芝ゴルフ場がたしか30メートル。うちは40メートルですから」と当時の日本皮革の担当者。ナンバゴルフセンターは97年3月に閉鎖され、跡地は現在開発がすすめられ2023年に複合ビルが竣工予定。 オープン当初の芝ゴルフ場には、まだ3階打席に屋根はなかった。すぐそばに現・テレビ東京があったため、毎日のように芸能人の姿も見られた 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月10日号より
  • 時間を有効に使え、日中の暑い日差しを避けてプレーができるナイターゴルフだが、全ホールに照明を採用し、本格的なナイターゴルフが楽しめるコースが登場したのは1983年のことだった。 ナイターで入場者数前年比44%アップ プロ野球では戦後間もない1948年からナイターが行われているが、ゴルフでナイターが楽しめるようになったのは1983年のこと。岐阜県の中部国際GCが全18ホールに完全ナイター設備を完成させ、5月3日から営業を開始した。それまでにも栃木県の広陵CC、群馬県の甘楽CCなどでもナイター設備は導入されていたが、いずれもアウト、インの上がり2ホールほどで、日没対策だった。全ホールの照明設備導入は、日本はおろか、世界でも初の試みだったという。営業開始前夜には中嶋常幸とクレイグ・スタドラーによる18ホールのエキシビションマッチプレーが行われた。「目とボールの距離が合わないし、コーライグリーンがベントのように見える」と中嶋は戸惑いながらもスタドラーに2打差をつけて勝利している。 日本はおろか、世界初となる全ホール完全ナイター設備を採用した岐阜県・中部国際GC。1983年5月3日からの営業に先立ち、前夜に中嶋常幸とクレイグ・スタドラーのふたりによるエキシビションマッチが行われた 中部国際GCのナイターゴルフのグリーンフィーは昼間より1000円高かったが「夏の異常な暑さとゴルフブームがあいまって営業成績は伸び、入場者数では前年比で44%増の見込み」と当時の渡辺支配人は年末に語っている。また当初心配されていたボールのロストや害虫対策はたいして問題にはならず、かえって夜でも明るいため芝の成長がいいのか、コースコンディションは入場者数の割に大変よかったという。さらに、ターゲットは会社帰りのサラリーマンを想定していたが、日中の日焼けを気にしているためか、女性ゴルファーが多かったそうだ。千葉県の国際空港GC(現・成田の森CC)も同年の12月に全ホール夜間照明付きで開場予定だったため、当初の会員募集広告では「わが国初の全18H夜間照明つき」としていたが、5月以降の広告からは「わが国初」という文言をなくして会員募集を続けた。 当初、千葉県の国際空港GCが「わが国初」と謳っていたが、中部国際GCが1983年5月に完全ナイター設備を導入したことで、国際空港GCは日本で2番目の導入コースとなった 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月8日号より
  • 今年のマスターズでは、例年水曜日に行われるパー3コンテストが開催されなかった。これはコロナの影響だが、かつてはさまざまなイベントやショーが開催されていた。 1948~59年には、アプローチショットコンテストやマスターズパレード、トリックショットのショーなど多くのイベントが開催されていた。それらとともに開催されていたのがドラコン。ちなみに48年にはサム・スニードが290Yのロングドライブを披露して優勝している。マスターズには、このドラコンのように消えてしまった行事がいくつかあり、1957年から行われていた美人コンテストもそのひとつ。67年まで続いたコンテストはマスターズの前週に行われ、選ばれたミスからのちにミスアメリカに選ばれた女性も。女性メンバーを認めないコース(2012年にコントリーザ・ライス元国務長官らが初の女性メンバーになった)で美人コンテストを開催して、それに批判もなかったというのだから、いかにも“時代”だ。また、火曜日に行われていたパレードでは、ボビー・ジョーンズがオープンカーで先頭に立ち、ベン・ホーガンやバイロン・ネルソンなどが続いた。 また、オーガスタナショナルが直接主催していたわけではないが、かつてはコースの近隣に「ボン・エアー」という名ホテルがあり、選手をはじめ、多くの関係者が宿泊し、パーティが開催されていた。ここでは賭博が行われ、マスターズの優勝者予想に金をかけ、選手自身も参加していたという。もうひとつ、マスターズの前週に隣接のサウスカロライナ州のパルメトGCで1945~53年にかけて開催されていたプロアマが実質的にマスターズのプロアマとして機能していた。優勝組には1万ドルの賞金が出ていたという。マスターズの優勝賞金が2500ドルだった時代、トッププロを呼ぶための方策だったともいわれている。 かつては火曜日に盛大なパレードが催されていた (Photo by Augusta National/Getty Images) 週刊ゴルフダイジェスト2021年4月27日号より