Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 「ザ・スウィングプレート」を使った練習方法

「ザ・スウィングプレート」を使った練習方法

こちらもチェック!

  • 本日10月5日より、Myゴルフダイジェスト有料会員に登録すると、タイトリストの「プロV1」ボールがもらえる新キャンペーンがスタート。「プロV1」は世界のトッププロが愛用するNo.1ゴルフボール。ショートゲームでは高いスピン性能を誇りながら、ロングショットでは適度にスピンを抑え、飛距離性能とコントロール性能を高次元で両立。確実にスコアメイクに貢献する高機能ボールだ。 今回は、「Myゴルフダイジェスト」オリジナルロゴ入りの最新「プロV1」ボールを、新規有料登録者・先着100名様に1スリーブ(3個)プレゼント。この機会にぜひ登録しよう! >>詳細&お申し込みはこちらから<<
  • PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki、Blue Sky PhotosTHANKS/三好CC 飛ばしの最新テクニック「シャローイング」を極めるには、これまで常識とされていた「上から下」ではなく、「横から上」に振る必要があると前回説明した。では、どうすれば「横から上」に振ることができるのか。吉田直樹コーチの指導を受け調子を上げている上井邦裕プロを交え、その極意を教えてもらおう。 吉田直樹 よしだなおき。1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで有名コーチの指導を受けた。現在、谷原秀人プロ、上井邦裕プロ、石川明日香プロのコーチを務める。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」主宰 上井邦裕 かみいくにひろ。1982年生まれ。大阪府出身。05年にプロ転向し、08年に初シード獲得。2019年の秋から吉田直樹コーチとスウィング改造に取り組み、飛んで曲がらないスウィングを手に入れた。三好CC所属 <吉田直樹のシャローイングレッスンをおさらい>【第1弾】「シャローイング」は“する”ものではなく勝手に“なる”もの【第2弾】シャローイングを極めるには「シャットフェース」が不可欠【第3弾】“上向きの力”を使いこなそう! 力を出すときには自然としゃがみ込む動きを使っている GD 「横から上」に振るのが大事とのことですが、具体的にはどうやって振ればいいのでしょうか?吉田 たとえば、バケツに入れた水を遠くまで飛ばそうとしたら、ちょっと腰を落として踏ん張りますよね。GD はい。吉田 このしゃがみ込み動作は、力を出すときの本能の動きなんですよ。ゴルフスウィングもこれと同じ。ボールを遠くまで飛ばすのだから、切り返しからしゃがみ込むのが自然なんです。GD なるほど。吉田 しゃがみ込んだままクラブを振るとどうなります?GD なんだか、ダフりそう。吉田 そうです。だから、ひざを伸ばして振るんです。すると、グリップの動きは自然と「横から上」になります。GD ええっ、そんな単純なことなんですか!?吉田 でも、これが本来のスウィングの動きなんですよ。 イメージは「バケツの水を遠くにバッシャ~ン!」 しゃがまないと遠くに飛ばせない 「バケツの水を遠くまで飛ばすとき、誰もが腰を沈めて踏ん張ります。そうしなければ、強い力を出せないからです。ゴルフスウィングも同じ。速く振ろうとすると、切り返しで腰を沈めて踏ん張るのが自然。すると、クラブヘッドの動きはおのずと横から上になります」(吉田) ガニ股スウィングにして飛んで曲がらなくなった 今回のレッスンテーマをそのまま実践して、飛んで曲がらないスウィングを手に入れたのが、上井邦裕プロだ。上井 ボクはフェースローテーションが大きくて、フェースを返すタイミングによって、球が散ることがあったんです。GD それでスウィング改造したんですね。上井 フェースローテーションを小さくするために、まずシャットフェースにしました。トップでフェースが上を向いているのはこのためです。GD なるほど。上井 次に修正したのは、切り返しです。以前は体の回転で切り返していましたが、両足をグッと踏み込んで、しゃがみ込む動きを入れました。GD けっこうガニ股ですね。上井 完全にガニ股! でも、これが効果バツグンで、手とクラブが自然に下がって、シャローな軌道になるんですよ。これで、フェースを返す意識ゼロで球をつかまえられるスウィングになりました。GD 2つを並べてみると、大きく変わっていますね。上井 これまで“点”だったインパクトのイメージが“線”に変わりましたね。 切り返しから腰をグッと落とし軌道をシャローにする 「スウィングでもっとも変えたのは、切り返しから腰を落とす動きを取り入れたことです。この動きによって、手とクラブがいっしょに下がるため、自然にインサイドからシャローに下ろすことができるんです」(上井) 現在のスウィング ガニ股のイメージで腰を落とし、体の動きにつられて手とクラブも下がる。手を返さなくても球がつかまるようになり、左ひざも伸びるようになった 2018年のスウィング 左に体重移動しながら、右肩、右腰を前に出すように回転していた。また、手を急激に返していたため、球が散らばりやすかった 腕は「振る」のではなく左上方向に引っ張られる GD しゃがみ込みのメカニズムはわかったんですが、このとき腕はどう動かせばいいんでしょうか?吉田 腕を自分で振るんじゃなくて、振られる感覚があるといいんですよね。GD 腕が振られる?吉田 そうです。切り返しでしゃがみ込んで、そこからひざを伸ばしていくスクワット動作によって、地面反力が発生しますが、その力を利用して腕が振られる感覚です。GD そういうことか。吉田 地面反力は、自分の左上方向に向かって働きます。地面反力を感じられると、左肩と左腰を左上から引っ張り上げられているような感覚になるんです。GD 左上から引っ張り上げられる感覚ですか!吉田 そうです。PGAツアーの選手はみんな、この左上から引っ張り上げられる感覚で、ヘッドを最大加速させているはずですよ。 ポイント 1地面反力を利用して左サイドを回転させる 「切り返しで腰を落として踏ん張ったら、左ひざを伸ばしながらインパクト、フォローに向かいます。このとき、地面反力をうまく使えると、左上から左肩と左腰を引っ張り上げられるような感覚が生まれます」(吉田) ポイント 2左サイドでリードして左上方向に振っていく 「振る方向はあくまで左上。左サイドでリードできれば、左腰、左肩を左上方向に回転させることができます。切り返しから右腰、右肩が前に出ると、水平回転になってしまい、速く、正確に振ることはできません」 しゃがみ込みをマスターする3ステップドリル GD 横から上に振るコツをつかむための練習法はありますか?吉田 切り返しのしゃがみ込み動作を覚えられる3段階ドリルがありますよ。GD 横から上に振るには、しゃがみ込みができるかどうかがカギでしたね。吉田 そうです。このとき大切なのは、しゃがみ込み動作で発生させた地面反力によって、腕が振られる感覚をつかむことです。左腕を水平まで上げて、そこからスクワット動作を入れて、左腕が振られる感覚をつかんでいきます。GD どのくらいやればいいでしょうか?吉田 クラブもボールも必要ないシャドースウィングなら、部屋の中でもできますから、ドリル1はできれば毎日やってほしいですね。ドリル2とドリル3は週イチのペースがおすすめです。 【ドリルのポイント】左腕が水平の位置からしゃがみ込む 「横から上に振るスウィングは、切り返しの体のしゃがみ込みが必須です。そのため、振り方を覚えるドリルは、左腕が地面と平行になるトップがポイント。ここから体を沈み込ませて、左腕が振られる感覚をつかみます」(吉田) ドリル 1左手1本でしゃがみ込みシャドースウィング 「左手1本で素振りします。左腕が水平になる位置のトップから、体を沈み込ませて切り返し、左ひざを伸ばしながら一気にフィニッシュ。このとき、左腕が自然と振られる感覚をつかみます」(吉田) ドリル 2左手でクラブを持ってしゃがみ込み素振り 「左手1本でドライバーを持ち、ドリル1の動きで素振りします。切り返しでしっかりとしゃがみ込み動作を入れ、手元を右腰の横に下ろすのがポイント。練習場ならゴムティーを叩いてもOKです」 ドリル 3右手も添えてしゃがみ込んで球を打つ 「最後はボールを打つドリルです。ドリル2の感覚のまま、あくまで右手は添えるだけ。左手が水平になるトップから、切り返しでしっかりとしゃがみ込んで、左手リードでボールを打ち抜きます」 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月10日号より
  • TEXT/Toshiyuki FunayamaPHOTO/Yasuo Masuda、Tadashi AnezakiTHANKS/高室池GC 週刊GD3月23日号で、飛距離アップの重要な要素のひとつ「シャローイング」について解説した。しかしシャローイングは、ボールが右に飛びやすい“諸刃の剣”でもある。この悩ましい問題を解決するのが「シャットフェース」。シャローイングと組み合わせることで、飛んで曲がらないスウィングが手に入る! 解説/吉田直樹1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで過ごし、世界の有名コーチの指導を受けた経験を持つ。現在は谷原秀人、上井邦裕、石川明日香のコーチを務める。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」主宰 https://my-golfdigest.jp/lesson/p14492/ 前回のお話はこちら <前回のおさらい> 「シャローイング」とは…手の軌道よりもヘッド軌道が下を通る現象 「ボールとグリップを結んだ『手の軌道』よりも『ヘッド軌道』が下を通ること。手元の動きが小さく、ヘッドが速く大きく動くと、シャローイング現象が起こります」(吉田) シャローイングで右に飛ぶ人はシャットフェースを意識しよう GD 徐々にシャローイングの動きができるようになってきたんですが、ボールがつかまらず、右に飛んじゃうんです。吉田 まったく問題ナシです。シャローイングでシャフトが倒れたら、フェースが開くのは当然。むしろ順調に動きが身に付いてきた証拠なので、次の段階に進むチャンスです。 「シャローイングによって、切り返しでシャフトが倒れると、フェースは開く方向に動きます。そのままインパクトに向かうと、フェースが開いたまま当たるので、フェースを閉じる動きが必要不可欠なんです」 GD 次の段階とは?吉田 シャットフェースです。シャローイングで飛ばすには、フェースを閉じる動作が必須。2つがセットになって初めて機能するんです。フェースを閉じるタイミングはバックスウィング、トップ、切り返し、ハーフウェイダウンと4カ所ありますが、ボクのおすすめは切り返しです。GD そのポイントは?吉田 右ひじを伸ばしながら、手首の付け根を差し出すように右手を回すんです。動画でも説明していますので参考にしてみてください。 「ハーフウェイダウンでフェースが背骨のラインと平行になっていたら、スクエア。フェースをシャットに(閉じて)使えている証拠です。フェースが正面を向いていたら、オープンフェースです」(吉田) Pointひじを伸ばしながら右手のひらを右に回す 「最初はクラブを持たずに、右手だけで正しい動作を覚え込ませるのがおすすめ。右手首が背屈されれば、左手首は自然に掌屈されて、フェースは閉じます。シャローイングで空を向こうとする右手のひらを、右に回しながら飛球線後方に向けるように動かします」(吉田) 動画でチェック! フェースを閉じる右手の使い方 シャットフェース習得ドリルクロスハンドでドライバーを打つ 「クロスハンドに握ると、左手首を背屈してフェースを開く動きがしにくくなるので、フェースをシャットに使う感覚がつかめます。ハーフスウィングからスリークォーターの振り幅で、動きを確認しながら打ちます」 動画でチェック! クロスハンドドリル 正しいハンドファーストは手の最下点が“右足の前” 「シャローイング」「シャットフェース」と並びもうひとつ、現代の飛ばしにおいて重要なキーワードが「ハンドファースト」。吉田コーチいわく、このハンドファーストを勘違いしている人が多いという。 GD アイアンだけじゃなく、ドライバーでもハンドファーストにインパクトするのが、いまどきのスウィングの新常識になっていますよね。吉田 そう聞いて「ドライバーもダウンブローに打つのが正解」と、間違って解釈している人が多いんです。ギアの進化とともに、ハンドファーストの認識も変化しています。GD 具体的にいうと?吉田 手元とヘッドが同時にインパクトで最下点を迎えるのではなく、手元は右足前で最下点を迎えます。そこから地面を蹴る反力によって、体の左サイドが切り上がり、インパクトに向かって手元は上昇していきます。グリップエンドが引き上げられることで、クラブが加速してリリースが起き、手元は上昇しつつ、ヘッドは最下点に向かう。ドライバーの場合、ロフトを立てたまま、アッパーにとらえることが可能になるんです。 手元は右足前で最下点を迎えやや上昇しながらインパクトする 「手元が右足の前で最下点を迎えても、クラブのタメはまだキープされたまま。地面反力による手元の上昇でリリースが起き、ヘッドは最下点に向かって動きます。ドライバーはボール位置が左なので、ロフトを立てたまま、アッパーにとらえられるんです」(吉田) ハンドファースト習得ドリル1スプリットハンドでボールを打つ 「クロスハンドにすると、ヘッドが手元を追い越す動きがしにくいので、ハンドファーストにインパクトする感覚をつかみやすい。手元を引き上げないと手前をダフってしまうので、正しい動きが身に付きます」 動画でチェック! スプリットハンド打ち ハンドファースト習得ドリル2芝をこすりながらティーを打つ 「ドライバーのヘッドを体の右にセットしたら、ソールを地面から離さずに芝をズルズルとこするようにして体の回転でティーを打ち。これが最新のギアで飛ばせるハンドファーストです」 動画でチェック! 芝こすりドリル 【第3弾】“上向きの力”を使いこなそう!へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2021年5月25日号より
  • TEXT/Toshiyuki FunayamaPHOTO/Yasuo Masuda、Tadashi Anezaki、Yasuhiro JJ Tanabe、Blue Sky PhotosTHANKS/高室池GC 軽くて長いデカヘッドドライバーでより遠くへ正確に飛ばすキーワード。近頃よく耳にするのは、「シャットフェース」、「ハンドファースト」、「シャローイング」。この3つをテーマに、日本とアメリカのスウィング事情に詳しい吉田直樹プロに聞いてみた。まずはシャローイングのホントとウソ。いままでちょっと誤解していたシャローイングの謎が解けるはずだ! 解説/吉田直樹1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで過ごし、世界の有名コーチの指導を受けた経験を持つ。現在は谷原秀人、上井邦裕、石川明日香のコーチを務める。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」主宰 そもそも「シャローイング」とは? 「ヘッドが手の軌道よりも下を通る現象です」 ハーフウェイダウンの段階を後方から見たときに、ボールと手元を結んだ『手の軌道』よりも『ヘッド軌道』が下を通る現象をシャローイングという。ヘッドがシャロー(緩やか)な入射角で下りてくることからこう呼ばれる シャローイング「する」ものではなく自然と「なる」もの GD ダウンスウィングでシャフトを後ろに倒し、ゆるやかな軌道でボールをとらえる。PGAツアーのほとんどの選手が取り入れているというシャローイングですが、どんなメリットがあるのでしょう。吉田 簡単に言うと、ヘッドスピードアップの効果が期待できて、左右のブレも減ってショットが安定します。GD いいこと尽くめじゃないですか。ぜひマスターしたいので、シャローイングのやり方を教えてください!!吉田 ひとつ、勘違いしちゃいけないのが、シャローイングは能動的なものではなく、受動的に起こる現象だということ。GD 意識的に形だけ作っても意味がない?吉田 そのとおり。あくまでも運動力学的な現象であって、クラブを速く、正確に振ろうとした結果、自然に“そうなる”のが正解です。GD どうやってその現象を起こすかがポイント?吉田 昔はクラブが重かったので、ダウンスウィングで自然と倒れてくれましたが、最新のドライバーは軽くて長いですよね。体を主体に振るプロは軽くても自然とクラブが倒れてシャローに振れますが、手打ちが多いアマチュアはクラブが倒れずに、立ったまま下りてきてしまうんです。GD どうすればダウンスウィングでシャフトが倒れる?吉田 ポイントは大きく分けて2つあります。ひとつはインサイドからボールをとらえること。もうひとつは腕の脱力です。そのコツを詳しく説明していきますよ! シャローイングすると助走距離が長くなる シャローイングすることで、クラブヘッドが動く距離が長くなる。ボールに当たるまでの助走距離が増えるので、ヘッドが最大加速した状態でインパクトを迎えることができるようになる シャローイングは今に始まった話ではない ベン・ホーガン(1930年代~)リー・トレビノ(1960年代~)往年の名手のスウィングを見ると、多かれ少なかれシャローイングが行われている。「シャローイングは新しく生まれた理論ではなく、あくまで自然に起こる物理的な現象。意識的に形だけを作っても上手くいかないんです」(吉田) ゴルフだけがアウトから下ろしてしまう 吉田 たとえば、テニスや野球のように、自分に向かって動いてくるボールを反射的に打ち返すときは、みんなインサイドからラケットやバットを振っているんです。GD ゴルフだとそれができなくなっちゃう?吉田 それはゴルフが止まっているボールを打つスポーツだから。ボールに対して、フェースを真っすぐ当てようという意識が働くと、アウトから振る動きになってしまうんです。インサイドからクラブを振ろうとした結果、自然に発生する現象がシャローイング。ボールをインからとらえる意識を持ち、当てにいくスウィングから脱却しない限り、プロのようなシャローイングは永遠に手に入りません。 テニス:飛んでくるボールを反射的に打ち返す 「相手が打ってきた球を動きの中で反射的に打ち返すテニスは、自然とラケットをインサイドから振っていきます」 野球:手元よりもヘッドを遅らせて振る 「野球のバッティングもテニスと同じ。重いヘッドをいったん後ろに倒してから、手元よりも遅らせて振っていく。これが長い棒の先端を効率よく走らせるコツなんです」 ゴルフ:ボールに当てようとして外から下ろしてしまう 「ゴルフがテニスや野球と違うのは、ボールが止まっていること。そのため、どうしてもボールに対してフェースを真っすぐ当てにいく動きが出やすい。手先で操作するので、外から下りてきてしまうんです」 インから下ろせばシャフトは自然に倒れる インから下ろせばシャフトは倒れる「テニスや野球と同じように、ボールをインサイドからとらえる意識があれば、ダウンスウィングでシャフトは自然に倒れます。フェースを真っすぐ当てようとすると、アウトから下りてシャフトが立ってしまいます」(吉田) ムチをしならせるときの腕使いと同じ! GD 腕や上体の力を抜けと言われても、アマチュアはなかなかできないんですよね。吉田 たとえば、ムチをしならせて先端をビュンと走らせるには、力を抜いて腕を柔らかく使わないとムリですよね。ゴルフのスウィングも同じなんです。とくに、右手に力が入るとダウンスウィングでクラブが立って下りてきてしまうので、シャローイングとは真逆の動きになります。GD 利き腕は力を出せるし、器用に動かせるから、無意識に力が入っちゃう。上手に力を抜くコツはないですか?吉田 腕相撲にたとえると、力んでしまう多くのゴルファーは、切り返しからパワー全開で勝ちにいこうとしちゃう。軽いクラブでこれをやると、クラブは外から立って下りてしまいます。切り返しの瞬間は力を抜いて、相手に押し込まれるような感覚があるといい。切り返しからハーフウェイダウンまでは劣勢だけど、インパクトで一気に逆転する。そんなイメージです。 ムチを振るイメージで右腕を脱力 「長くてグニャグニャに軟らかいムチをしならせて、先端をビュンと走らせるには、腕の力を抜いてしなやかに使う必要がありますよね。クラブヘッドを効率よく走らせるのも、これと似た動きが必要になるんです。手や腕が力むとシャフトをしならせることができません」(吉田) <ドリル1>右手1本でドライバーを打つ 「右手1本でドライバーを持ち、ティーアップしたボールを打ちます。両手で持ったときよりも、クラブの重さやヘッドにかかる重力を感じやすいはず。ムチをしならせるようなイメージで力を抜き、腕を柔らかく使って振ります」 <ドリル2>スティックに沿ってインサイドから振る 「ダウンスウィングで手元が腰の高さに下りたとき、クラブは飛球線と平行ではなく、ヘッドが遅れた斜めの状態が理想。その向きにスティックを置いで軌道を確認する」 切り返しで右手のひらが上を向いてますか? 吉田 トップの形を作って右腕の力を抜き、手でクラブを引き下ろさずに、その場に残したまま体を左に回転させて切り返してみてください。GD 自然とクラブが後ろに倒れますね。なるほど! 切り返し時の「腕相撲で押し込まれる感覚」がこれですか。吉田 クラブの重さとヘッドに働く重力で、自然とシャフトが倒れるんです。このとき右手のひらはどこを向いていますか?GD 真上を向いていますね。吉田 右手の力が抜けていると、体の回転に引っ張られてひじから下の前腕が回外し、手のひらが真上を向くんです。GD これがシャローイングの正体なんですね。でも、ダウンでフェースが開いて、ヘッドも振り遅れる感覚があるから、まともに当たりそうな気がしません。吉田 たしかに、シャローイングの動きだけだと、そうなりやすいですね。そこで大事なのが、フェースをシャットに使う動作。これについてはまた別の機会に説明させていただきます。 脱力していれば自然と手のひらが上を向く 「切り返しで腕の力が抜けていれば、体の回転で切り返したときに、右ひじから先の前腕が回外し(外側に回り)、シャフトが後ろに倒れ、手のひらが真上を向きます。手でクラブを引き下ろすとこの動きは生まれません」 <ドリル3>ドライバーとスティックを一緒に持って素振り 「右手の力を使ってクラブをアウトサイドから下ろしてくると、スティックが体に当たってしまいます。慣れてきたら、ボールを打って動きを確認します」 【第2弾】シャローイングを極めるには「シャットフェース」が不可欠へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月23日号より