Myゴルフダイジェスト

【LIVゴルフ】初戦を制したシュワーツェルが6億4000万円獲得! 木下稜介は13位タイでも4860万円

さまざまな物議をかもしながらついに開幕したLIVゴルフ。ロンドン郊外で開催された初戦では、マスターズチャピオンのシャール・シュワーツェルが優勝を飾った。

栄えある初代チャンピオンに輝いたシュワーツェルが獲得した賞金は、個人戦優勝の400万ドル(約5億4000万円)に加え、4人1組の団体戦優勝分75万ドル(1億円超)。ゴルフ史上最高の6億4000万円に達した。

日当に換算すると2億1000万円、1ホールあたり1200万円というから驚異的。最下位の選手にも日本国内ツアーの優勝賞金並みの1600万円強が支給された。

日本勢は13位タイに入った木下稜介が36万ドル(4860万円)を獲得。これは国内最高峰である日本オープンの優勝賞金を上回る。メジャー2勝のM・カイマーとともに15位タイに入った香妻陣一朗が25万ドル(3375万円)、谷原秀人は38位タイに終わったが14万ドル(1890万円)を獲得した。

つい最近まで、1試合で1億円稼ぐのが破格と思われてきたが、新ゴルフリーグ時代の幕開けとともに5億、6億という数字が平気で並ぶようになった。

プロが賞金を稼ぐためにプレーするのは至極当たり前なことだし、名誉やレガシーよりお金を取る選手がいておかしくない。しかし今回問題になっているのは、高額賞金の出どころだ。

LIVゴルフは、サウジアラビアの公的ファンドの投資によって運営されている。同国は、反政府寄りのジャーナリスト殺害に関わっており、国内では女性や同性愛者への差別や虐待などが横行しているとされている。西側諸国から批判される人権問題から目をそらすためスポーツ団体やイベントに投資する“スポーツウォッシング”の手段にゴルフが使われているという見方もある。政治とスポーツは別だが、考えさせられる問題であることは確かだ。

13位タイで5000万円近い賞金を獲得した木下(写真は2021年ZOZOチャンピオンシップ。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より

こちらもチェック!

  • 皮肉にも、先日開催された「全米オープン」会場でも、LIVゴルフの話題はひっきりなしに飛び交っていた。そこで各選手の反応を見てみよう。 まずは試合直前となる6月14日、会場となるザ・カントリークラブで久しぶりとなる記者会見に臨んだP・ミケルソンは、LIVゴルフ参戦について「自分の決断を不快に思う人、感情的に許せないという人が大勢いるのはわかっている。でもこれは僕自身が下した決断。いろいろな意見があっておかしくないし、皆さんの意見を尊重している」とし、表舞台から姿を消していた4カ月については、「時間が必要だった。気持ちを整理し(ギャンブル依存症の)セラピーも受けた。家族と過ごす時間ができて良かった」と述べている。一方、ディフェンディングチャンピオンのJ・ラームは「確かに賞金はすごいけれど、僕は世界最高の相手と戦いたいだけ。私が興味を惹かれるのは(お金ではなく)歴史と“レガシー”」と語り、参戦を否定。弟のチェースが第1戦に参戦したB・ケプカは、「今は全米オープンに集中したい。この話題はうんざり」と、たびたび出るメディアからの質問にいら立ちを隠せない様子。松山英樹は「面白そうだとは思いますし、興味はあります」としたうえで、「PGAツアーに出られないんだったら行く気はない」と断言した。R・マキロイも「LIVに出たのは多くが40代、ミケルソンは50代。我々の多くはこれからツアーで最高の日を勝ち取りたいと思っている。心を動かされている我々世代(以下も含め)は多くない」と語った。しかし、頭ではわかっていても、実際に優勝したシュワーツェルが6億4000万円を手にした様子を目の当たりにした選手たちに新たな感情が芽生えてもおかしくない。「ゴルフが分断してほしくない」というマキロイの訴えは至極正論だが……。 はなから興味のない選手には、この話題はうんざり? 週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より
  • 今年の全米オープンにかけるUSGA(全米ゴルフ協会)の期待は大きい。なにしろ全米オープンこそが、USGA最大の資金源だからだ。 コロナ以前の19年、USGAは2億1090万ドル(約280億円)の年間収入があったが、このうちの78%、1億6500万ドルを全米オープンで稼ぎ出しているという。一方、費用のほうはというと、地区予選や本戦の賞金1250万ドルを含めると9500万ドルほどかかっており、大まかにいえば、残りの7000万ドルが実質的な利益となり、それがUSGAの活動資金の一部となる。USGAの収入で最も大きいのは放映権料で、19年はFOXなどにより、1億1359万ドルが支払われているが、これは主に男女の全米オープン、全米シニア、全米アマの放映権料からなると言われるものの、実際は大部分が男子の全米オープンが占めていると見られている。今年は、全米女子オープンの賞金総額が550万ドルから一気に1000万ドルとなり話題となった。優勝賞金が180万ドルは女子ゴルフ最高額で、男子にも追いつきそうな勢いだが、マイク・ワンCEOによれば、「これはProMedica(医療系の非営利団体)がパートナーになったおかげ。USGAは賞金に関して、儲けてもいないし、損もしていない」と語っていた。テニスの全米オープンのように男女平等の賞金額を求める声もあるが、「女子ゴルフの視聴率は、男子の5分の1にとどまる」ため、同じ土俵で語ることはできないとし、現在、全米女子オープンの収支は1000万ドル前後の赤字だという。話を全米オープンに戻す。FOXは、15年から12年契約で10億ドルという大盤振る舞いをして放映権契約を結んだことが話題になったが、他の人気スポーツとの放映スケジュール調整が難航した結果、放映権を手放し、現在はNBCが受け継いでいる。4年後には契約更新、契約交渉は24年ごろから始まると見られるだけに、今から男女の全米オープンのブランドイメージを高める必要に迫られているということだ。 2021年大会はジョン・ラームが優勝賞金225万ドルを手にした(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より
  • 世界中の注目を浴び、シーズン開幕を迎えた「LIVゴルフ招待シリーズ」。初戦は大方の予想通りだったり意外だったり、さまざまな選手が試合を賑わせた。 その筆頭は、「やっぱり」という声が聞こえてきそうなP・ミケルソン。以前から、たびたび参戦をほのめかしていただけに、予想通りの結末だろう。しかし、S・ガルシアやD・ジョンソンがPGAツアーカードを放棄して“完全移籍”したのに対し、永久シードを保持するミケルソンは、あくまでもPGAツアーのステータスを維持したいと考えている。すでに全米オープンを主催するUSGAは“LIVゴルフ組”を受け入れるとしており、「全米オープンでプレーするのを楽しみにしている」とミケルソン。多くのスポンサー契約を切られた彼にとって、優勝賞金5億円のLIVゴルフへの挑戦は、経済面での切実な思いが反映されているのだろうか。意外だったのは、“アマチュアの星”がLIVゴルフからプロデビューしたこと。21年の全米アマチャンプ、J・パイオットは、キャリアのスタートをLIVゴルフに委ねることを決断した。これまでは、有望選手でも下部ツアーで下積み生活を送るのが常だったが、彼は「出れば必ず賞金をもらえるほう」を選んだのだ。パイオットには、すでに約1億3000万円の契約金が支払われたという情報もある。試合に出るだけで経費がかかり、PGAツアーの場合、予選落ちなら賞金はゼロ。その現実を考えれば、契約金や高額賞金は若手にとって、大きな魅力になるだろう。ちなみにパイオットはPGAツアーのメンバーではないため、LIVゴルフに出ても制裁は適用されない。さらに第2戦にはB・デシャンボーとP・リードという2人のメジャーホルダーが参戦をほのめかせたことも世間を騒がせた。デシャンボーは以前、自身のSNSでLIVゴルフ入りを否定していたし、リードは噂すら立っていなかっただけに、こちらも意外。いずれにせよ、有望な選手たちの流出は、PGAツアーにとって頭の痛い問題だ。 第2選から出場予定のB・デシャンボー(写真は2022年マスターズ。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より こちらもチェック!
  • 今シーズンも熱い戦いが繰り広げられ、盛り上がりを見せている国内女子ツアー。プレーはもちろんのこと、その華やかなゴルフウェア姿にも熱い視線が注がれている。そこで、週刊ゴルフダイジェストでは、コースを彩った前半戦の女子プロ「ベストドレッサー」を読者の皆さんの投票によって選びたいと思います。あなたが「ベストドレッサーはこの人」と思う女子プロの名前を教えてください。投票していただいた方のなかから、抽選で豪華賞品を各1名様にプレゼント! プレゼントNo.1ゼクシオ「キャディバッグ」 ●サイズ/9.5型●重さ/3.1㎏●カラー/ライトブルー プレゼントNo.2ヤマハ「RMX VD UT#4」 ●ロフト/22度●ライ角/57.5度●シャフト/純正(S) プレゼントNo.3スワンズ「Df.pathway PW-0167 MBK」 ●紫外線透過率/0.1%以下(UVカット99.9%以上)●重さ/20g●可視光線透過率/29%(偏光度90%以上) プレゼントNo.4Shot Navi「AIR」 ●本体外寸/34×41.5×12㎜(ベルトを除く)●重量/20g(ベルトを除く)●防水仕様/IPX7/3ATM●連続使用時間/約8時間 プレゼントNo.5フットジョイ「ジョイトゥザシーズンマルチケース&シューズケース」 ●マルチケース/W25×D4×H12㎝●シューズケース/W23×D14×H33㎝ 投票期限は7月1日(金)正午まで。発表は7月12日発売号にて! 応募はこちらから