Myゴルフダイジェスト

【わかったなんて言えません】Vol.85 中西直人 #1「パワーポジションを見つけよう」

「ゲンちゃん」こと時松隆光がプロを招いてトークをする連載「わかった! なんて言えません」。今週からのゲストは大阪府出身の中西直人。今年からJGTO選手会の副会長を務める中西と、前選手会長の時松。話はおのずと「新選手会」の話題に。

TEXT/Masaaki Furuya PHOTO/Hiroaki Arihara

ホスト/時松隆光

1993年生まれ、福岡県出身。ツアー通算3勝。プロ10年目。テンフィンガーグリップで戦う。愛称は“ゲンちゃん”

ご指名/中西直人

1988年生まれ、大阪府出身。日本大学卒業後、2010年プロ入り。19年に初シードをつかんだ。「SANRISE」は自ら立ち上げたオリジナルブランド

時松 中西さんは今シーズン、選手会の副会長です。

中西 副会長といっても“副会長感”は何もないんだけど、役員みんなでやりたいことや目指す着地点が一緒なので、そういう意味ではすごくやりやすいし楽しいです。メチャしんどいところもあるけど(笑)。

時松 今年1月の選手会理事会は僕も出ていました。副会長は会長の指名制なんですけど、谷原(秀人)さんは会長に指名されて第一声で、「直人としたい」と言われましたよね。

中西 「えぇ~」という感じだったけど、でもああだこうだ言いたくなかったので、二つ返事で「はい、やります」と言ったね。昨年、谷さんがヨーロッパの試合に出ているときにも電話をしてきて、選手のため、ゴルフ界のため、ということを話すんです。「何で選手会でこういうことをしないんだ」「僕は今年理事に入ったばかりでわからないですよ」というような話をしていた。こういう意見を持っていて、フラットな目で見ることができる人に会長になってもらいたいと思っていたので、僕も谷さんと一緒にやりたいと思いました。

時松 僕も選手会長は谷原さんでよかったと思います。何年間も海外でプレーした経験もあって、いろいろ見てきた人だから。選手会長を受けたからには、海外の夢はいったん置いておくとはおっしゃっていましたね。

中西 僕は二足の草鞋どころじゃなく四足の草鞋なので(笑)。でも、全部中途半端にしてしまうことだけは避けたいと思っている。

時松 四足って?

中西 プロゴルファー、アパレル、ユーチューブ、試合の企画とかもやっているし。

時松 クラウドファンディングで資金を集めたりしていますね。

中西 今年は3月と7月のオープンウィークの週に2回試合を予定していたんだ。3月の試合は大成功で、最大で5.7万人の視聴者があった。でも、自分がツアーで選手も副会長もしながら試合をプロデュースするのはさすがにしんどくて、7月は僕が主催じゃなくて別でやってもらうことになっています。

時松 ところで、中西さんはどうして飛ぶんですか。

中西 そんな飛ばないよ。

時松 いやいや僕からしたら飛びますって。僕、今年から筋トレもやっているんですけど、飛ばすためには筋トレはどうなんですかね。

中西 筋トレは必要だよね。でもそれは、速く振るためのトレーニングというのではなくて、速さに耐える体を作るためのトレーニングだと僕は考えている。

時松 速さに耐えるためのトレーニング、ですか。

中西 うん。クラブを振る速さって、トレーニングをしなくても出るんです。むちゃ振りすれば誰でもヘッドスピードは結構出せる。でも、その速さに耐えられる体というのを持っている人は少ないんだよね。

時松 速く振ることは誰でもできるけど、思い切り振るとバランスが取れなくなる。そのバランスを保つためのトレーニングが必要と。それって、体幹を強くするということですか。

振るスピードに負けない体をつくる

「1メートルの高さの台から飛び降りて着地したとき安定して止まっていられるような姿勢がポイントです」(中西)

中西 それは自分のパワーポジションを探すということなんだよね。

時松 パワーポジションって、何ですか?

中西 誰にもナチュラルに一番力が入るポジションがある。簡単に言うと、ジャンプして着地をして重心が下に落ちたときのポジション。これが一番力が入るパワーポジションです。

時松 そのパワーポジションは人によって違うんですか。

中西 違います。まず、ジャンプして着地したときに重心がつま先寄りなのか、かかと寄りなのかという違いがあります。

時松 どのくらいの高さのジャンプをしたらいいんですか。

中西 1メートルの高さの台から飛び降りて着地したとき、もっとも安定して止まっていられるような姿勢と言ったほうがいいかな。

時松 そうなんですね。

中西 それで、一番バランスが取れるパワーポジションは股関節です。源ちゃんは股関節というとどんなイメージ?

時松 ここ(鼠径部)ですよね。

中西 でも実は、そこじゃないんだよね。股関節は英語ではヒップジョイントって言う。お尻と腰のつなぎ目、ここが股関節なんです。日本では、股関節を入れろというと鼠径部を入れるようにする。でもアメリカ人に股関節を入れろと言うとお尻をヒョイと高くする。確かに、お尻をドッシリと構える後傾姿勢より、お尻を持ち上げた前傾姿勢のほうが体幹が安定するということは言える。もちろん骨格も違うから、一概にどっちが正解かはわからないけどね。

時松 なるほど。体幹を安定させるのはお尻の位置なんですね。

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より

こちらもチェック!

  • プロゴルファーの中西直人が、ワンデートーナメント「THE TOURNAMENT for the FUTURE ~子どもたちへの贈り物~」を今年3月に開催すると発表。運営資金の一部をクラウドファンディングで募るという初の試みに注目が集まっている。開催の経緯や狙いについて、本人を直撃した。 なかにし・なおと。1988年生まれ、大阪府出身。2018年のQTを突破し、19年からレギュラーツアーフル参戦。YouTubeを積極的に活用するなど、持ち前の明るいキャラクターで人気 3月13日(日)に岐阜県の瑞陵ゴルフ倶楽部で開催される「THE TOURNAMENT for the FUTURE ~子どもへの贈り物~」。木下稜介や浅地洋佑、比嘉一貴など、優勝経験のある実力者を含めた男子プロが参戦予定で、賞金総額は500万円。プロ2人とジュニア2人が同組で回り、ストロークプレーで争われる。画期的なのは、インターネット経由で資金を募る「クラウドファンディング」を利用していること。発起人である、プロゴルファー・中西直人に話を聞いた。 GD 大会の構想はいつからあったんですか?中西 初めて思いついたのは2年前。「フューチャーGOLFツアー」(大相撲の地方巡業をモデルにした石川遼発案のミニツアー)に参加したときに、選手もジュニアもみんなが楽しんでいて、すごくいい試合だと思ったのがきっかけです。GD そこから実際にやろう、となったのはいつごろですか?中西 去年の8月、KBCオーガスタのときに、キャディの対馬さんに「こういうトーナメントがしたい」と相談したら、二つ返事で「じゃあ、やりましょうよ!」って。GD けっこう軽いノリで決まったんですね。中西 軽いノリというわけではないんですが……。ただ「思う」ことは誰でもできますが、実際に「やる」のは簡単ではないですよね。対馬さんがそうやって言ってくれたから、よし、やろう! って思えたんです。GD 今回、クラウドファンディングを使おうと思ったのはなぜですか?中西 僕は「みんなで作り上げる」のが好きなんです。トーナメントは通常、メインスポンサーがあって、そこがすべてを負担する形になる。そういう大会もとてもありがたいのですが、プロ、ジュニア、ゴルフ場……全員でひとつのトーナメントを作り上げる、ということにトライしてみたかったんです。GD ゴルフ場に関しては、岐阜の瑞陵(ずいりょう)GCでの開催ということですが、これはどのような経緯で?中西 昨年12月の段階で、(中部~関西で8コースを運営する)信和ゴルフさんに相談したところ、すぐに動いてくれて。日程が3月13日の日曜ということもあり、どこもすでにクラブ競技で枠が埋まっていたのですが、無茶を言ってお願いして、なんとか瑞陵GCで枠を空けてもらうことができたんです。男子のポテンシャルを発揮できる戦略性の高いコースでもありますし、選手にも見る側にも楽しんでもらえると思います。GD ギャラリーは入れるんですか?中西 入れたいのですが、一般営業日なので今のところ難しそうです。中継はインターネットでのライブ配信を予定しています。GD 出場選手にはどのように声を掛けたんですか?(2月6日現在の参戦予定者は浅地洋佑、池村寛世、出水田大二郎、片岡尚之、亀代順哉、木下稜介、香妻陣一朗、比嘉一貴)中西 シンプルに「出て」って(笑)。賞金のこととか、具体的な中身のことをまったく言わず、熱い思いでやっていること、ゴルフ界を盛り上げてほしい、ということだけを伝えて。そうしたらみんな二つ返事でOKしてくれました。 子どもたちの記憶に残る大会にしたい GD ちなみに賞金はどれぐらい出るんですか?中西 優勝賞金が200万円。その他ドラコン賞やイーグル賞なども含めて、総額500万円の予定です。GD 1日競技、10人のフィールドで優勝賞金200万円というのは選手にとっても大きいですよね。中西 選手のモチベーションになることももちろんですが、一緒に参加した子どもたちに対しても、「プロって1日でこんなにもらえるんだ!」と感じてもらいたいなと。GD 大会名に「子どもたちへの贈り物」とありますが、これにはどういう思いが込められているんですか?中西 僕が小学6年の頃、父に連れられて観にいった男子ゴルフの試合で、見飽きて寝転がっていたら、通りがかったプロからボールをもらったことがあったんです。名前を見ると「丸山茂樹」と書いてありました。ボールをくれたときの一瞬のやさしさと、プレーに入ったときに切り替わる真剣な表情がとてもカッコよかった。そこから僕はゴルフに没頭するようになったんです。子どもの頃のそういう記憶って、今でも強烈に残っている。一緒に回る子どもたちにも、プロとして憧れられるような姿を見せたいと思います。GD 女子ツアーは盛況ですが、男子ツアーには厳しい声も寄せられています。今回の活動も含め、今後さらに男子ツアーを盛り上げていくためには、どんなことが必要だと思いますか?中西 厳しい声が寄せられていることに関しては、僕はむしろありがたいことだと思っています。だって、ゴルフが好きじゃないとそんなこと言わないじゃないですか。それだけゴルフを好きな人が多いんだ、と。人間はどうしても比較したくなる生き物。でも、男子ツアーと女子ツアーの良さって違うと思う。違う土俵にあると思うんです。よく男子ツアーは凄すぎて(自分のゴルフの)参考にならない、と言われますが、僕からしたら、参考になられたら困る。参考にならないようなことをするのが僕たちの仕事。ものすごい飛距離とか、こんなところから狙うの? というような男子プロにしかできない技を楽しんでほしいと思います。    *  *  *オンラインでのインタビューを終え……「今日は練習ですか?」「いえ、梱包してました」なんと、自身のオリジナルブランド「SANRISE」の商品を自ら梱包し、発送しているという。「このほうが、買ってくれる人も嬉しいじゃないですか」中西プロがファンから、選手から、愛される理由が分かった気がした。 「THE TOURNAMENT for the FUTURE ~子どもたちへの贈り物~」 開催日:2022年3月13日(日)本大会、3月14日(月)プロアマ大会会場:瑞陵ゴルフ倶楽部(岐阜)賞金総額:500万円 >>クラウドファンディング募集ページはこちらhttps://readyfor.jp/projects/for_the_FUTURE_GOLF こちらもチェック!