Myゴルフダイジェスト

腰痛のおかげで飛距離が伸びた!? 塚田好宣がハワイ予選の狭き門を通過し全米シニア本選へ!

初戦で優勝、2戦目も3位と国内シニアツアーで好調の塚田好宣が、今度は「全米シニアオープン」への切符を手にした。

さる5月16日、ハワイのワイケレCCで行われたハワイ会場の予選会で、単独で渡米した塚田は見事に1位通過。6月23日に開幕する本戦への出場を決めた。帰国した塚田に本戦への意気込みを聞いた。

「シニア入りした3年前から、ずっと世界に出て戦いたい、米シニアツアーに挑戦したいと思っていました。でも当時はコロナで挑戦できず、今年になってやっと移動制限が解かれたので、長年の夢を実現しようと挑戦したんです。世界に出たい理由? プロの試合はどこも大変だけど、同じ大変なら、賞金が高く、華やかな舞台で世界の一流とやり合いたい。プロなら誰もが考える単純な動機です(笑)」

予選は単日試合で、ハワイから本戦への出場枠は1名。小雨が降り続くなか、韓国のイ・ハキエルと8ホールに及ぶプレーオフを制しての宿願達成だった。

「歩きで雨中の8ホールは本当に疲れました。日没が迫っていて、限界かなと思ったけど、向こうのショットが乱れ始めていたので、イケる予感はありました。予選会場をハワイにした理由は、日本から近くて経費が安く済むから。それでも30万円近くかかりました。本戦に行ける枠は1名ということで、厳しいのはわかっていましたが、例年なら予選出場者が80人前後なのに、今年は約30人と聞いてチャンスはあると思っていました」

昨年、全英シニアで8位に入り、メジャーでの手応えも課題もつかんでの挑戦だった。

「課題はドライバーの飛距離です。帰国後、腰痛のリハビリで、体の使い方を学んだら、結果的に飛距離が伸びた。メジャーの舞台で世界の一流と張り合えるかと思うと、いまからワクワクしています」

52歳の“新生”塚田、海外での活躍が楽しみだ。

シニアの舞台で頂点へ!(写真は2021年日本シニアオープン。PHOTO/Hiroshi Yatabe)

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月14日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Yoshinobu Tsukada、Masayoshi Nakayama 7月22日~25日に開催された全英シニアオープンでシニアのメジャーに初挑戦し、8位タイの好成績を残した塚田好宣プロ。コロナ禍での海外メジャーの様子をレポートしてもらった。 塚田好宣 つかだよしのぶ。1969 年生まれ、千葉県出身。ツアー1勝。大学卒業後、アメリカ、オーストラリアと渡り歩き、日本のプロテストは1999 年に合格。2年前にシニア入り 「ローカルで勝ち上がって出場権を得たプロと友だちになりました。お互いにがんばって、また来年会えるといいなぁって思います」写真左から塚田、J・プラクター、P・チェリー、プラクターのキャディ。プラクター92 位タイ、チェリー140 位で決勝ラウンドへ進めず 今シーズン最後となるシニアメジャー、全英シニアオープン(英国・サニングデールCC)に昨年の賞金ランキング10位以内の出場資格で参戦した塚田好宣プロ。初挑戦で8位タイという好成績を収めたが、コロナ禍のメジャーはいろいろと制約が多かったと語る。「出発の2日前にヨーロピアンツアーが申請コードを送ってきて、その登録を済ませないと飛行機に乗れないのだけど、うまくいかなくて。何とかクリアして到着し、そこからは隔離免除の特別措置に従いました」移動はレンタカーで、ゴルフ場と指定ホテルの行き来のみ。外食は禁止。期間中に2回、PCR検査を受けるなどが免除の条件だったという。試合会場でもコロナ対策の規制が敷かれていた。「少し勝手が違いましたが、やはりメジャーは格別。挑戦できてよかったです」 ここが違った1ゲートで毎回スマホ画面を提示 「メディカルチェック10項目がすべてクリアしていないとコースへは入れません。毎回、ゲートの係員に見せていました」 ここが違った2プレーヤーズラウンジがない 「通常、海外の大きな試合にはプレーヤーが集えるテントがあるのですが、今回はナシ。ランチは紙袋に入れて提供してくれました」メニューはパスタ、サンドイッチ。ドリンクは数種類から選択可能。あとはフルーツもあった ここが違った3記念グッズの売り場がない 「メジャー大会の風物詩的な記念グッズ売り場がなくて残念。でも、たくさん買おうと思っていたので散財しなくてよかったかな(笑)」 ここが違った4スコアカード交換はナシ 「通常は本人用のスコアカードを受け取って、それを同伴競技者と交換するという手続きを行うけど、コロナ対策で今回はしませんでした」 「念願の海外メジャー出場で妻孝行ができました」メジャー初出場・中山正芳 「塚田くんみたいに英語がしゃべれないのでいろいろな手続きが大変でしたが、メジャーの雰囲気、堪能しました。夢がかなって、キャディをしてくれた妻も喜んでくれましたし、有名なプロたちと写真が撮れてご満悦でした」 左からJ・フューリック、E・エルス、M・A・ヒメネス、B・ランガー 月刊ゴルフダイジェスト2021年10月号より
  • TEXT/Masato Ideshima PHOTO/Yasuo MasudaTHANKS/季美の森整形外科 少しでも長くゴルフを楽しむため、40~50代から取り組んでおきたいアンチエイジング術を紹介する本特集。ここからは一昨年シニア入りした塚田好宣プロに、ゴルファー寿命を延ばすために役立つ体ケアの方法を聞いていく。 塚田好宣プロ 1969年生まれ。千葉県出身。ツアー1勝。大学卒業後、アメリカ、オーストラリアと渡り歩き、日本のプロテストは99年に合格。2年前にシニア入りを果たし、シニア初優勝を目指す 松田祐弥さん 千葉県にある季美の森整形外科所属。理学療法士。豊富な経験と知識を持つ体のスペシャリストとして多くの人々をサポートする >>ゴルファーのためのアンチエイジング<前編>はこちら 腰痛がきっかけで体のケアを始めた 2年前にシニア入りし、優勝が待ち望まれる塚田好宣だが、今年の1月には腰痛に悩まされていた。当初はブロック注射を打ったり、いろいろと治療をしたものの効果はほぼない状況。しかし、同い年の篠崎紀夫が通っていた整形外科を紹介してもらったことで光明が見え始めたという。さらにそこにはこの先も長く戦うために必要なことへの発見があったとのこと。さっそく真相を聞くため、塚田を訪ねた。「ここで初めて診てもらったときに言われたのが、姿勢が悪いということでした。それでまず真っすぐに立てるようにということから始めました。O脚ではないけれど少し足の接地がよくなかったので、足の内側が着くようにする。そこがスタートだったんです」これを2月からやり始めて、塚田は7キロほどの減量に成功している。食事面で以前よりは気を使い始めたものの、好きなものは食べているし、毎日お酒も飲んでいるという。それなのに体重が落ちて、しかも体調面でもよくなったことを実感している。「姿勢が良くなったことで、ちゃんと歩くことの重要性に気づきました。いい姿勢を保つには支えるための筋力が必要になる。それで自分がスウィングで地面をいかに踏めていなかったかがわかりました。もともと自分は体が開くクセがありました。バックスウィングは右サイドで引っ張って上げていたから右足は外に開きやすくなる。そうじゃなく、右足は開かずに左側をクルッと回していく。右側は逆に絞る。そうすることで地面を踏むように足を使えるようになりました。体を整えることは治療とか予防の意味を持つだけじゃなく、ゴルファーにとってはスウィングを持続させるために必要不可欠なことなんだと今は実感しています」塚田はもっと前からやっておけばよかったと半ば後悔している。だからこそ自分より若いゴルファーに体のケアを本当にやっておいたほうがいいと警鐘を鳴らす。塚田を担当する松田祐弥さんは、腰が痛いからといって腰だけを治療するわけではなく、なぜ腰が痛いのか、腰にどう負担がかかっているのかを見極めることが大切なことだという。「腰に負担がかかっているということは体の前側、胸骨の周辺が張っている可能性があります。塚田さんの場合もそうでしたが、痛めている箇所とは違う箇所の状況を見極めることも非常に重要なことなんです」 正しい姿勢を作るストレッチ Exercise 1テニスボールで筋膜はがし 仰向けに寝た状態で肩甲骨の間にラップで包んだテニスボールをセットし自重で筋肉をほぐす。肩甲骨は背中や首などの筋肉とも繋がっており、腕を滑らかに動かす働きを担っている。背中や首と繋がった筋肉が疲労すると、筋肉が肋骨にへばりつくような形になってしまう。腰と胸も同様にほぐす(3カ所を5分くらいかけて行う) Exercise 2バランスボールを頭上に持ち上げる 緩めた胸骨周りを引き上げて、背中が丸まらないようにするトレーニング。バランスボールを上に上げる際、あごを出さないようにすること。あごが出ると肋骨が丸まってしまう。ポイントはつま先を上げて腕を張ること。かかとで地面を蹴ることで腰が立って腹筋に力が入る●10回1セット×2回 Exercise 3棒を背中側に引き下げる エクササイズ2で胸骨周りの筋肉が引き上がったら、棒を両手で握って頭の上に持ち上げた状態から、肩甲骨を寄せながら引き下げる。胸が丸まらないよう背筋で固定できるようになる。肩甲骨周りをしっかり意識しながら行う●10回1セット×2回 Exercise 4片足立ちで上半身と下半身をねじる 上半身と下半身を別々の方向にねじる体幹トレーニング。左右が同じ出力になるようにしてねじり、バランスを保ちながら片足で立つのがポイント。ぐらつかないようにすることで体幹力が強化され、正しい姿勢で立つために必要な筋力が身につく●一呼吸(息を吐きだす)×2回×左右 Exercise 5回旋トレーニング 両手で重りを持ち、両腕で作った三角形を崩さずにへそから上を回す。背中で耐えて、肩が上がらないようにするのがポイント。ねじりと回旋のためのトレーニングで、重りがなければボールでもいい。下を固めて上をしっかりひねる動きを意識する●左右10回×2セット ゆがみが消えたらスウィングがよくなった! 正しい姿勢で立つという当たり前のことができなったため、無意識の間に体に負担がかかっていた。思い通りの箇所にクラブを動かせなかった原因は、体を正しく動かすための姿勢が作れていなかったから。逆に今は姿勢がよくなったことでいい位置にクラブが勝手に上がるようになり、体も楽になったという 一連のエクササイズを動画で解説! 月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より