Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 【“せごどん”大研究】「直すところがない」ジャンボも絶賛! 16歳の西郷真央と今のスウィングを比べてみた

【“せごどん”大研究】「直すところがない」ジャンボも絶賛! 16歳の西郷真央と今のスウィングを比べてみた

2018年の1月にジャンボ尾崎ジュニアレッスン会に参加した直後、小誌連載「キミこそ王子だ!!」に登場していた西郷真央。当時からスウィングは完成されていたという。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara

麗澤高校1年時の西郷真央

ジャンボのもとで素質がさらに開花

高校1年でジャンボ尾崎のジュニアレッスン会に参加したときに、「直すところがない」とジャンボ尾崎から直々に言われたという西郷真央。小誌連載「キミこそ王子だ!!」で当時の西郷を取材していたプロゴルファーの武市悦宏は、現在のスウィングを見てこう語る。

「トレーニングや練習の成果で筋力と柔軟性がついたのでしょう。当時より捻転が大きくなり、力の連動がよくなっていますが、基本的にはスウィングは変わっていません。基本に忠実なアドレスから大きなウェイトシフトで振っていきますが、左足がしっかりしているので体幹がブレず、体のなかで収まっています。だからこれだけ腰を回しても振り遅れることがない」


ジャンボのマネジャーで西郷を間近で見てきた宮下修さんは「ジャンボさんは1期生を前にして最初に『ジャンボ邸は高校じゃない、自分でゴルフを研究していく大学院です』って言ったんです。それができるジュニアはなかなかいないんですが、“せごどん”(西郷)はスウィングやゴルフを見ることが好きで研究熱心。みんなと和気あいあいと練習しますが、すごくストイックです」

2018年1月(高校1年)の1Wスウィング<明治ゴルフセンター>

2022年3月(20歳)の1Wスウィング<明治安田生命レディス>

ジャンボ尾崎から贈られた素振り棒の効果は絶大

こちらもチェック!

  • 今年から西郷真央の所属先となった島津製作所、スポンサー契約を結ぶGSユアサ、そしてクラブ契約を結ぶミズノ。歴史あるこの3社のサポートが、今シーズンの躍進につながっているのかもしれない。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara オフは「54度」を重点強化 開幕直前に所属先が変わり、新たなスポンサーを迎えた西郷真央。奇しくも、その直後に初優勝。そしてその後の快進撃……。このオフに何か変化があったのか? 師匠であるジャンボ尾崎のマネジャーを務め、西郷を間近で見続けてきた宮下修さんはこう語る。「昨シーズンは勝てませんでしたが、自分で崩れて優勝を逃したのは最終日の9番で池に入れてダボにした20年アース・モンダミンのみ。それ以外は自分のプラン通りにできていて、誰か1人がその週に抜きん出ていただけ。ジャンボさんも『今のゴルフで勝てないはずない。このまま続けていけ』と言っていましたし、いつかは、と思っていました。でも、シーズンを経験して、課題が分かったんだと思います。オフは午前中にトレーニング、午後はひたすらアプローチの練習をしていました」 オフ練習の成果か、リカバリー率が昨年の24位から今季は1位へと劇的に改善された 【クラブ契約】ミズノ ●1906年創業 昨秋から使う「ST-X 220」はつかまりがよく、イメージどおりのフェードが打ちやすいという。アイアンはヘッドの抜けが良く、距離がしっかり出る「JPX921フォージド」。ウェッジは一昨年までは50度と57度の2本だったが100Y前後と100Y以内を強化しようと50・54・58度の3本に昨年から変更。「反射しにくい仕上げに」との本人からのリクエストでブラック仕上げに 【所属先】島津製作所 ●1875年創業 昨年4月からスポンサー契約を結び、今年の3月から「所属先」になった島津製作所。昨年7月に「ともに世界へ」「初優勝おめでとう」の横断幕を作製し、社員が常に試合に持ち込んでいたという。今年の開幕戦でやっと日の目を見たが、「初優勝」だけに一度しか使えず。しかも続けざまに優勝。3勝目のヤマハレディース優勝時には、なんとか新しい横断幕(写真下)が間に合い、18番ホールのスタンドに掲げられた。 【スポンサー】GSユアサ ●GS(日本電池)1895年創業 「100年以上にわたって蓄電技術で社会を支え続けている、歴史ある企業にサポートしていただけることになり大変光栄です。GSユアサ様のように、『革新と成長』を続けて世界を目指し、皆様に良い結果をご報告できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします」と契約締結時にコメントを出した西郷。早くも良い結果を報告し続けている。 こちらもチェック! 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より
  • 今季すでに3勝と驚異的なスタートダッシュを切った西郷真央。一躍時の人となった20歳はどんなゴルフ人生を歩んできたのか。その足跡を辿ってみた。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara、小誌写真室 全国中学校ゴルフ選手権団体を3連覇 麗澤中学に入学した2014年の8月、当時2年の吉田優利、長野未祈らと全国中学校ゴルフ選手権で団体優勝。翌2015年も吉田優利、長野未祈、そして西郷の1学年下の六車日那乃と連覇。中学3年でも制覇し、3連覇を果たした(麗澤中学は2013年~2018年まで女子6連覇)。写真は2016年に全国中学校ゴルフ選手権を制覇した麗澤中学のメンバー(六車日那乃、佐藤杏莉、吉澤柚月)で左端が西郷。 吉田優利とプロ同期だが中学、高校では1年後輩 麗澤高校2年のときに1学年先輩の吉田優利が日本女子アマを制覇。翌19年には西郷が制覇し史上初の同一校大会連覇。「運動神経もよく、野球のような球技をしたときも、すごく上手だったのをよく覚えています」(麗澤中・高校ゴルフ部顧問佐坂浩二さん)。 現在の師匠はジャンボ尾崎 高1の冬に「第1回ジャンボ尾崎ジュニアレッスン会」に参加し、その後「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生に。「せごどん」という呼び名も、ジャンボ尾崎が命名。「ジャンボさんのところに入門してから自信を持てるようになりました」(西郷)。 現役の女子大生! 稲見萌寧の後輩 高校3年でも受験可能となった19年プロテストに同級生の山下未夢有らと合格。大学は当時3年生に稲見萌寧がいた日本ウェルネススポーツ大に進学。昨年2位が続いたが、最終戦リコーカップ終了後に稲見から「大丈夫、勝てるから」と言ってもらったという。初優勝した2022ダイキンオーキッドでは先輩・稲見と同級生・山下が祝福(上写真)。 ゴルフを始めたときからミズノのクラブを愛用 父親がミズノプロを使っていたことから、「ゴルフを始めた頃からミズノのクラブを使い、ずっとミズノとともに戦ってきました」。小学6年から中学3年まではミズノゴルフアカデミーにも在籍するなど、ミズノと縁が深い。2020年2月にはミズノとブランドアンバサダー契約を締結。 最終日は黄色が多いが好きな色はピンク 着たいウェアを決めると、なぜか黄色になることが多いというが、実は好きな色はピンク。プロテストのときも最終日にピンクのウェアを着て見事合格(左写真)。今年のヤマハレディース最終日もレインウェアの下はピンク色のポロシャツを着て2週連続優勝を果たした。 愛犬「ちろる」の写真が試合中の癒し ヤーデージブックカバーに愛犬のプードル「ちろる」の写真を貼り、苦しいときは眺めて癒されているという西郷。前億を転戦してなかなか家に帰ることができないが、心の中でいつも一緒に戦ってくれる大切なパートナーだ。 こちらもチェック! 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より